FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

2016年7月29日(金) お城の会議でグダグダ

●今日はやっと金曜日。今週は、結構重い夜会議が続いたせいか、今日は朝から眠いし、報告書はたまっているし、それなのに何も進まないのが実情です。とりあえずは、来週の金曜日に予定するお茶屋さん回りの訪問調整をして、何とか午前午後お伺いできる形に。良かった。
●午後からはお城で会議。組織としてとか、仕事としてとか、という事ではなく、個人的感想としては、誰のためにやる事なのか、という事を再度考えるべき、と思わなくはない話が続く、みたいな感じでした。だからといって、自分がそれを言っても、詮無い話なので、睡眠不足もあったし、頭働かず、怒らずで、過ごしました。
●事務所戻って、ちょっとやらなきゃ、という仕事が複数蓄積していたのですが、いい加減ダメダメ君の心のため、とりあえず、持ち帰り残業とさせていただきました。明日頑張ろう。そう言う奴は絶対やらないんだよな、と自分で突っ込みを入れながら。
●とりあえず、明日の朝は時間はそれほど気にしなくていいので、ゆっくり徐々にアイドリングしながら仕事モードを創ろうと思っている次第です。
●そう言えば、今日飲んだ、やぶきた、が味は悪くないのだけど、結構ひいていて。開けてから、まだ一週間なんだけど、やはり茶缶での保管が甘いのかな、と。でも、やっぱり火入れの関係もあるんだろうなぁ、と。逆に、キッチリ揉んである荒茶の方が、香気も悪くなくもっている感じがします。やっぱり、しっかりお茶揉んでつくらなくてはいけないなぁ、と思う次第。
●そういえば、気づかぬうちに、関東ブロック茶の共進会の審査結果が出ていました。今年は、製造に直接携わらせていただいているのですが【5月1日ブログ:S声園の品評会製造、やっぱり今年も銅だった、と園主の声が聞こえてきそうで申し訳ないです。審査結果一覧表が来ないと、どんな審査が行われたかも分からないのですが、埼玉開催ですし、やっぱり、かぶせ強しと水色青み、で持って行ったかな、と想像はする訳です。来週には県品の審査が始まりますし、果たしてどんなもんですかなぁ。
a1_20160729204503322.jpg
□7月29日付け静岡新聞朝刊より。仕上げ調整には行けなかったので、揉んだ3つのうち、どれが出品されたのかも、よく分かっていないのが実情で。意外なほどに情報って入ってこないもんです。
●揉んで揉んで揉んだ荒茶おくひかりを飲む。このなかなか茶葉が開かない感が味に現れていて、いつまでも、味が持続する。そして、余計なものを感じさせない。まぁ、水出しで飲んでいる事が一番影響しているのだろうけど。しかし、単純にこんなお茶で十分美味い、と思う自分である。
a1_201607292322208e7.jpg
a2_20160729232221295.jpga3_20160729232222a2d.jpg
a4-1.jpga4_20160729232217864.jpg
□荒茶とは何か?と最近思いつつある。香りが活きるお茶とは何か?最近そんな事を思いつつある。
●それにしても、3gの茶葉で飲みすぎる位飲んでしまう。煎を重ねる事ができる、という事は、合っているんだなぁ、身体に。
●偶の一冊。福田幸江[原作]吉城モカ[作画]川島良彰[監修]『僕はコーヒーがのめない⑤』【2016年,㈱小学館,\552+税】。まだ④を読み切ってないのですが、出てしまった。このような情報取得本は好きである。コーヒーの中に、お茶を見る。色々な意味で多様な視点は大事である。
IMG_0002_20160729210526167.jpg
[ 2016/07/29 ] コミック | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/1333-4b55cdd2