FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

2013年5月11日(土) 一ヶ月ぶりのお休み

●昨日の紅茶製造を取りやめたため(月曜日に延期)、今日は4月14日以来のほぼ一ヶ月ぶりのお休み。お茶時期、しょうがない、とは思いつつ、雨に当たる事もなく、連続勤務が続き。やはり、所々で休みがないとダラダラとしてしまう気分の場面もあり、よろしくないなぁ。しかし、やはり身体がきつい、歳だから。
●今朝は時間に余裕があったので、頂いた新茶を淹れて飲む。新茶だなぁ、の味わい。でも、今年のお茶はやはりタイミングがあり、それにより味わいに差が出てくる。やはり自然の恵みなんだなぁ。後味の良さは素晴らしい、でも、作った人らしくない大人しさ。
F1000857.jpg F1000858.jpg
●朝からダラダラしていると、身体のあちこちに疲れ発生状態に。やはり走り続けないと悪い所が分かってしまうんだ。お昼からは、清水の茶農家さん宅へ。お茶と関わってからずっとのお付き合い。今年の色々なお茶を飲ませてもらいました。「おおいわせ」も「やまかい」も今年のお茶らしくなく味濃厚だった。サンルージュは野菜茶業研究所から頂いた参考品のようです。
F1000862.jpg F1000863.jpg 
【おおいわせ】
F1000864.jpg F1000865.jpg 
【やまかい】
F1000866.jpg F1000867.jpg
【サンルージュ】
●今日の一冊。吉田健一[著]『酒に呑まれた頭』【1995年,㈱筑摩書房,¥500税込】。著者は宰相吉田茂の息子で、文芸評論家。しかし、個人的イメージでは、食酒エッセイスト。筆からこぼれるユーモアセンスもさることながら、やはり育ちの良さから垣間見える上流階級から覗く下賤、という視点もなかなか好きである。しかし、早くお酒呑みたい。
IMG_0001_20130511014415.jpg
[ 2013/05/11 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/131-d6c164e4