FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

2016年5月7日(土) フリーの日、だからこそ、お茶を揉むのだ

●本日は、5月2日から縛り付けられた(3日はお茶に逃げましたが)糞な仕事からやっと解放されて(逃げた、あるいは忘れたふり)、お休みだし、川根へ液肥おくひかり揉みに出かけます。朝、雨がパラついていましたが、関係なく、どんどん現場へ。
●雨がやみ次第、露払いして、刈っちゃいますから、とのK場長のお言葉に甘えて、工場で待機。畑での芽合いは、2日早いかな、と感じていましたが、実際に刈ってみると結構収量が出て、刈り位置を上げての調整。
a0_201605072150468bc.jpg
□到着したては、どんよりとこんな感じ。でも、お茶揉んでいたら晴れました。
a1_20160507215118300.jpg
□おくひかり液肥処理圃場。やっぱり、ちょっと早い様な気も。
a2_20160507215104cdd.jpga3_2016050721510740b.jpg
□硫安処理区。
a4_20160507215119ed2.jpga5_2016050721541568c.jpg
□硝安処理区。
●比較2処理(硝安&硫安)とブレンド葉で、3ホイロを、川根茶魂を背負った面々と一緒に揉みます。35Kが2セットあるため、どんどん蒸して揉むなり、です。途中では、元試験場長のK先生も覗きに来たりして(全く今回の件とは関係なく、奥の共同工場へ行く途中に寄ったそうですが)、結構にぎやかに楽しく、お茶揉みが出来ました。そして、ここでも試す。揉み揉み揉み。ただ、やはり、精揉機がわからないなぁ、というのが今回も同様の結論です。
b1_20160507215427a14.jpg
b2_20160507215418877.jpgb3_20160507215425ba7.jpg
b4_20160507215423a47.jpgb5_20160507215632eca.jpg
b6_20160507215647f30.jpgb7_201605072156425cb.jpg
b8_2016050721565204f.jpgb9_201605072156543c3.jpg
b91_20160507215906e9e.jpgb92_201605072159326d9.jpg
□相変わらずの頭の良い機械達です。葉打ちから粗揉への流れ。また、中揉が楽。とはいえ、そこから先の精揉がどうも不器用で、上手くできないんだなぁ。平っぽい。最近4手のでしかやってないからかな。
●そして、最後に3ホイロの比較審査をしてみて、町品出品用1ホイロと贈答用おくひかり用2ホイロに分別。
c1_20160507215912695.jpg
□2処理ブレンド茶葉製造。
c2_20160507215923139.jpg
□硝安処理区製造。
c3_201605072159293fd.jpg
□硫安処理区製造。
●サンプリングもまずかったり、写真のサイズも違ったりしますが。揉んでいる時の感触では、硫安が硝安より粘った感じ。色目も硝安の方が黒で、硫案が明るい感じ、でしたが。飲んでみて、味は、渋味が出ますが甘い(ここが、やぶきた、と違うところ。淹れ方も検討だ)。みんなで喧々諤々しましたが、無事に、分別も終わり、終了。
c4_201605072206169f4.jpg
c5_20160507220627f03.jpgc6_201605072206246ba.jpg
□本当に幸せ時間ありがとうございました。
●清水での現地試験の情報等も提供して、二番茶期も川根で液肥試験続行させて頂く事となりました。ちょっと強めの設計を考えようかな、と思っています。
●明日は、清水で、お茶揉み。もちろん、こちらもフリーな自分で、楽しむだけです。
●今日の一冊。一日工場にいるともう何も考えられなくなって。またサボりです<(_ _)>。


[ 2016/05/07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/1250-e5d4dcfe