FC2ブログ

2016年3月14日(月) 今週は腰痛なしでいきたいものです

●今日は朝から雨。そのため、月曜日ですが、徒歩&電車通勤で。何とか腰痛は回避している模様。でも、無理はしないように、くしゃみの時、とっても気をつけています。
●午前中は、清水の自園自製自販農家さんと打合せ。今年の茶期に試行する施肥とそれに基づき、品質&収量の向上を狙った施肥体系の見直し、という事でしょうか。そこを足がかりに経営改善を図る、という形。何にしても変化のある、変化の出る取り組みをしないといけません。お茶を飲みながら話をする、は茶農家の特権です。
a1_20160315003144ec1.jpga2_20160315003155330.jpg
□雨の中での作業。これがどう効果を産むか。色々な意味で追跡調査も予定します。
a3_20160315003200a5c.jpg
a4_201603150034337ce.jpga5_2016031500315975a.jpg
□お茶飲みながら。また、百年樹の手揉み茶を頂いて(在来? 釜炒りぽい香気です。萎凋している感じかな)。
●午後はジムやりますが、月曜日、気持ちがあまり入って行きません。
●夜は、本山釜炒り茶研究会というものにH班長と一緒に出席させて頂きました。生産家、そして茶商、試験場の研究者等が寄っての意見交換、持ち寄り茶(萎凋、発酵茶)の互評等を。話を聞いているだけで、面白いし、勉強になります。レベルのある方々の話は、色々な意味で参考になります。昨年度までは川根本町で自由に色々と試験もさせて頂いたりしていたのですが、今年は、場探しから始まって、萎凋発酵についてはほとんど手をつける場面もなく。そんな意味合いの中ですが、吸収できるものは吸収しないと、と思う訳です。7時に始まり2時間話で、その後1時間以上互評。事務所に戻ったらイイ加減イイ時間になっていました。自宅へ戻ってギリギリ午前様でない、という感じ。さて、聞いた事を活かす場面をつくらなくては。
b1_2016031500344019e.jpgb2_201603150034300b7.jpg
□H班長持ち込みの、ハイナンのハウス新茶H28。お茶の判る衆だけに結構手厳しい意見も。
b3_20160315003431b92.jpg
b4_201603150045108f1.jpgb5_20160315004524a19.jpgb6_201603150045324a2.jpg
□研究会参加メンバーの方々、です。一言ずつ、という意見交換がこの人数で2時間掛るという、すごい話。
b7_20160315004942af3.jpgb9_201603150049387dc.jpgb91_2016031500494176b.jpg
□互評も真剣。萎凋、発酵の香気がムワムワと漂っています。
●色々な方の考え方、意見、志向、それらを確認させて頂き、自分の思うところの方向性の修正も図りつつ、でも、試す事は試す、をしていかないと、と思っています。お茶時期ももうすぐだし。
●と、こんなの書いている間に寝ろよ、と自分に言って。
●今日の一冊。魚田南[作]『はらへりあらたの京都めし③』【2016年,㈱祥伝社,\680+税】。京都めし。というか、これはどう考えても、京都限定ではないだろう、というような京都学生めし、になってしまっているような。とはいえ、京都という言葉に素直に惹かれてしまいます。時間つくって、京都行きたいなぁ。
IMG_2016031500554280b.jpg


[ 2016/03/14 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/1195-88034038