FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

2015年12月22日(火) 休みの合間に仕事してる、みたいな

●昨日、川根へ行ってしまったので、本日は出勤(当たり前か)。そして、明日はまたお休みです。
●仕事は、ちょっとちょっとジムやって、電話で視察日程の再調整したり、訳分からない補正事業のどうしよう?対応をしたり。果たして、どうなる事やら。
●午後からは、ペガサートというセノバの傍のビルで、輸出茶関連の関係機関会議。発言する場面まではそれなりに頑張っていましたが、話が半分頭を通り過ぎていく感じでした。なかなか実際が難しいのだよなぁ、それに、本当に現場のためになるのか、と思うと。副産物的に考えている茶園の管理とか、出来あがる製品とかの利用をキッチリやる方がいいかな、と思ったりします。
●家の前の巴川で、月の写真を上弦半月でしたが、写真ではよく分かりません。
b1_20151222174006e8b.jpg
□車のライトと月が同じようになってしまっています。
●同じ課に畜産の担当がいて、美味しいお肉の斡旋をしてくれるのですが、美味しい豚肉「TEE TON(茶豚)」にはまっていて。お値段も結構するのですが、味が違う。脂が美味しい。以前、2kg程買って(6000円位だったかな)堪能したのですが、その味が忘れられず、年末も斡旋を、とお願いしたら、出荷に総量規制があるようで、難しいです、と言われてしまった。次は年明けかな。そんな時に、東海林さだお先生のこの本を読んで、涎をたらすのだなぁ。美味しいなぁ。
IMG_0001_201512221740153de.jpg IMG_0002_20151222174015bde.jpg
□何でこの人はこんな美味しい文章が書けるのだろう。
●そして、先々月食べたトンカツ。1枚200g位で2枚ずつ家族で食べた。美味かった。
qq1_2015122218341079b.jpg
□美味しいモノを食べてしまうと。本当に舌というモノは贅沢で、正直です。
●明日は毎年恒例の武道館へ。
●今日の一冊。嵐山光三郎[著]『桃仙人 小説 深沢七郎』【2013年,中央公論新社,\571+税】。語られる「深沢七郎」氏についての前知識が全くなし。それでも読み進めるのが本キチである。人であり、人である、人であれ、という事か。人は人として生きている。
IMG_0001_20151214203651d19.jpg
[ 2015/12/22 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/1112-caa08acb