FC2ブログ

2013年4月21日(日) 初取引

●今日は、川根茶の初取引がJAおおいがわ川根茶業センターで行われ、20点を超える出荷茶が取引に供されました。川根地域の生産者も茶商も関係者も一同に会して、今年の川根茶の隆盛を確認するとともに、活発な取引が行われました。良いお茶が出ていたなぁ。本日の最高値は2万5800円のカブセ茶でした。
hatu1.jpg hatu4.jpg hatu3.jpg hatu2.jpg
●お昼からは、町内茶園巡回。今日は旧本川根町で一番標高が高い茶園(700m位)の所まで連れ行ってもらいました。また、マチュピチュのような天空の茶園も併せて。川根にも、まだまだ凄い場所があるんだなぁ、と。
ten1.jpg ten2.jpg
●明日は今日摘めなかった試験揉み1ホイロ。自由度高く製造していい、と言われると本当に色々と自分の中で疑問に思っていること(例えば、葉打ちの工程の落とし方、とか粗揉の揉み込み限界とか、中揉の最低可能回転数とか)を黙って、試してしまうのだが。そんな経験が次のお茶を揉む時の糧に。頼む方もそれを前提でよろしくお願いします。
●今日の一冊。小泉武夫[著]『食いたい!男の漬け物』【2004年,㈱角川書店,¥838+税】。漬物好きである。多分、味の記憶。浸かり過ぎのぬか漬けの古漬け。また、梅干しも塩っからいおばあちゃんの梅干し。今の時代は洗練されているけど、そんな郷愁の味わいはない。富士・富士宮で仕事をしている時、女性生活改善グループの担当となり、漬物持ち寄り評価会等をやって、こんな多様なものがあるんだ、と知った。その上で、尊敬する著者の発酵食品視点のこの本を購入。色々な事が化学であり、また郷愁でもある。美味しい漬物を食べたい。
IMG_0002_20130414191645.jpg
[ 2013/04/21 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/111-4c2dbdc2