FC2ブログ

2015年11月30日(月) 十一月もおしまいです、やばいなぁ。色々と思います。

●月曜日。今週はKKKsがあったり、ですが十二月になってしまいます。いきなり寒くなっちゃったし。
●先週土曜日11月28日の静岡新聞朝刊。川根時間の記事が掲載されていました。グラス飲み釜炒り茶「TACHIKAMA(たちかま)」が新聞記事に、それで紹介される、というのも。昨年から始めた試み。釜炒り先生のY道君や役場のT係長と提案型で、と仕掛けた事、驚きの一口を目指して。実行までに複数回の現場試行と評価を頂きながらでの昨年の川根時間でしたが。こうして、2年目にして評価につながっているのは嬉しい事です。ただ、TACHIKAMAのネーミングは、T係長と雑談の中で出た事で、それでいいの?と思わなくはなかったのですが、こうして新聞にも出ると普及しちゃうネーミングなのかなぁ、と思ってしまいます。
a1_20151128072600746.jpg
□次のステップが大事ですが。でも、県内で萎凋しない釜炒り茶に取り組み、全国茶品評会に取り組んでいるのは、川根本町だけ。しかも、香駿を使用しての出品は全国的に皆無。そんな意味で価値ある商品づくりをしていると思います。
10302179_528927000578179_2328170016984925269_n_20151128073009ed1.jpg
a3_20151128073011ecd.jpga6_2015112807301320d.jpg
□釜炒り茶のグラス飲み関連の写真を幾つか。自分達が狙った、飲んでもらいたい味わいを提供するための手段、としてのTACHIKAMA。いいモノは色々な場面で使わせてもらいます、今の現場でも。
a1_20151128073453511.jpg
a3_20151128073458a2d.jpga5_2015112807345999a.jpg
□そんな意味でJAしみずが行っている品評会入賞茶のグラス飲み。ありです。
●そして今、自分が思っているのは、グラス飲み用のお茶をつくっちゃえ、という事で。形状から浸出から。そして、どの部分を味わってもらい、それがどんな商品になるのか。ヒントは以下のお茶。これを伸ばさなきゃいいじゃん、て思っています。細く細く。でもね、て感じです。
cc7_20151128073908198.jpgcc8_20151128073910679.jpgcc91_20151128073912db5.jpg
□中揉機まででキッチリと細く尺ありで揉み込んで、最後、精揉機でピシッと伸ばしますが、伸ばさなきゃいいじゃんです。グラス用のお茶づくり。提案型。ありだなぁ。でも、中揉機まででキッチリ揉む思想と技術がなければ意味がない。頭の固いお茶づくり屋では絶対できない。だって、中揉機でお茶揉みしてない衆ばかりなんだもの。そして、その前に粗揉機でお茶揉めてないじゃん、乾かしているだけじゃん、だから、火入れ乾燥に頼らなくてはいけないんだよなぁ。お茶、揉もうよ。お茶揉み、て言うんだから。芯残りが結局、邪魔をするんだよなぁ。
●と、いような土曜日に靴屋quasiへ行って、O代表と話している。そこから、新たな展開がみえそうな感じ。やるしかないのよ。
●明日から12月。色々とありますが、とりあえず、乗り越えるために頑張る。
●今日の一冊。「このミステリーがすごい!」編集部[編]『5分で読める!ひと駅ストーリー「食の話」』【2015年,㈱宝島社,¥640+税】。アンソロジーではなく、全作書きおろし。贅沢な本です。
IMG_0003_2015112803513725a.jpg
[ 2015/11/30 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/1090-587aab18