FC2ブログ

2015年11月25日(水) 平穏には過ぎないのが世の習い、KKKs来襲

●今日は雨予報、その上、とっても冷え込みます予報だったので、徒歩&電車通勤、厚手で職場へ行ったのですが。確かに雪でも降りそうな雲の様子でしたが、結局、帰るまで雨は降らず、でしくじった、と思った一日。
●たまりにたまった報告書類を朝から順番に書き込んでいきます。結局一日かかって5本の報告書。その間に、大丈夫なんだか、と他人事で思っていた来週から始まる上の階の部主体のKKKs関連で、うちは余裕がないのでお茶の事だからお前のとこでやれ(とは言っていませんが、ニュアンスです)、という話が突然。来週だよ、来るの、はぁぁ、て感じですが。昔に比べると大人しくなったので何も言いませんが(少し言った)、分かっているのに対応しない状況にはイライラと腹立ちする訳で。とはいえ、我々の直接仕事ではないので、お手伝いはしますが、責任は取りません態度で臨みます。2か月前に来る事分かっているんだから、対応しろよ、最初から、と心の中で思っています。
●そんなイライラが募ると職場では、飴をなめる。本当はカロリーとか考えるとあまりよくないのですが、よく食べます。これは、ドラえもんハイチュウのどら焼き味、てどんなかな、と思っていたのですが、どら焼き味でした。すげぇなぁ。
bb1_201511251917008ba.jpg
□ドラえもんは永遠のアイドルですが、こんなモノが商品で出ているんだなぁ、と。ハイチュウ久しぶりに食べましたが美味しかったなぁ、普通に。
●そして、マイボトルで持ち込んだお茶がなくなったので、頂きモノの、清水のお茶、飲みます。濃旨の方が確かに美味い。
bb2_20151125191702bc2.jpg
□そして、やはり、缶入りもそうですが、アスコルビン酸臭が気になります。歳かな。
●仕事関係、後始末仕事ばかりになっていて、色々とイライラするのですが、まぁ、役割ですからしょうがないと割り切って。でも、一方で、気持ちを持って一緒にやってくれなければ、幾らでもダメ出しします、という感じです。お互い様ですから。
●明日は夜、両河内へ。
●今日の一冊。月子[作]『最果てにサーカス①』【2015年,㈱小学館,\630+税】。小林秀雄と中原中也の関係。評論家としての小林秀雄にあこがれた時があった。なぜなら、自分は中也(天才)にはなれないと分かったから。逆に中也(天才)を理解したいという渇望を持っている小林に自分を重ねてみたくなった、時期があった、という事で。根は理系ではなく、文系人間だなぁ、と本当に思う。そして、この話がどう展開するのか、心理が描けるのか、泰子はどう絡むのか、楽しみです。
IMG_0001_2015112519240212a.jpg
[ 2015/11/25 ] コミック | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/1085-764513d8