FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

2015年11月6日(金) 久々の大人飲み会

●忙しかった今週、夜は久々に先輩方に誘われての大人飲み会です。
●多分、明日、詳細を記載します。
●ネット、Amazonで買いました。重たい、瓶が。375ml、これで1080円。果たして、・・・。
jj1_2015110523240855d.jpg
●細ヨレのお茶について。今年、粗揉、中揉で少し無理をして未知の領域の試行をさせてもらった。そんな中で、適正な条件設定さえできるのなら、まだまだ揉めるという感触をつかませてもらっている。一方で、その処理をした後の精揉の扱い等をどうするのかは、答えは出ていないが。お茶を適切に揉む事を意識した製造が来年のチャレンジになりそう、という事を、一番茶が始まる時期まで生産家の方々と語り合って行くのだろう。早く試してみたい。
cc4_201511060024107b0.jpgcc6_2015110600241285c.jpgcc7_201511060024150a1.jpgcc8_201511060024152b9.jpg
□おくひかり。施肥、まだまだ追求できる、茶葉への反映、ありだなぁ。
f1_20151106002655d00.jpgf2_20151106002656cbc.jpgf3_201511060026586c6.jpgf4_20151106002659ae1.jpg
□大きな葉ほど、キッチリと揉んであげなければいけないと思う。乾いてしまう、なんて嘘っぱち。乾かしているんだ、それは。エライ方々はそれが分からないんですよ。
ee4_201511060031402a3.jpgeee5_20151106003141cdd.jpgeee6_20151106003142e26.jpgeee7_2015110600314447c.jpg
□揉みきってやる、いつか、こんな茶葉でも。でも、内質がついてくるなら、お茶は揉めるんだ。そんな茶葉をどう作るか。それこそが技術だ。
a5_201511060036256a1.jpga6_2015110600362786e.jpgaaa2_20151106003630100.jpgaaa3_20151106003631015.jpg
□二番茶だけど、茎が目立つけど、でも、揉む、キッチリ揉む。手を抜こうと思えば抜けるけど、それはもうお茶づくりでない。作業。作業だけやるなら、自分はお茶は揉まない。いいじゃん、さわらないで、機械に任せれば。
b2_20151106004015403.jpgb4_20151106004017f43.jpgb5_20151106004018328.jpgb6_2015110600402094a.jpg
□この手が全てを覚えている。そして又、次の新しい感覚を求めている。まだまだ、揉める、まだまだお茶は変わる。
●粗揉機で語りかけてくれる茶芽の言葉を理解し、そして会話をしながら、最高の状態へ。お茶が自ら姿を示してくれる。
●お茶づくり、は楽しく、また苦しく、そして、限りないものです。
●まさにお茶狂いである。
●今日の一冊。雨隠ギド[作]『青い鳥より』【2015年,㈱新書館,\600+税】。好きな作家さんなら、例え、男×男の物語であっても、自分は全くそちらには興味はないけど、許す。本命漫画は他にあるし。それでも十分面白い。
IMG_0002_20151030203547d3c.jpg
[ 2015/11/06 ] コミック | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/1066-ef543874