FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

2015年10月31日(土) 10月も終わってしまいました、残念、おでんづくりの日

●10月も終わってしまった。意外と出が少なかった月。来月は忙しくなりそうだ。
●土曜日ですが、タイムスケジュールで予定を動く一日です。朝、子供を部活へ送って、その足で図書館へ本を返却して、そのまま床屋へ。思いきりすっきりした頭(最近、すっきりより、スカスカとしてきた髪の毛ですが)で、おでんの材料を求めスーパーに。自分がつくる時の基本タネ、大根、卵、コンニャク(板コンと縛り糸コン)、モツ肉、を購入。それ以外では、個人的にはあまり食べないのですが、練りモノを一連で、黒ハンペン、さつま揚げ各種。
●一度帰宅し、茹で卵作りながら、大根を切って、モツ肉を串刺しに。そして、茹で卵作った鍋でモツ串の湯せん。大根は別鍋でじっくりと下茹でを。この時点で、子供の迎えに。戻ってきたら、一連を鍋で煮込み始めます。出汁はおでんの基で手抜きしつつ、パックのカツオの削り節で香味づけ、そして醤油をたらして香りづけ。あとはコトコト煮込むばかり。
hhh1_20151031162054052.jpg
hhh2_20151031162056864.jpg
□鍋は2つ。いっぱいイッパイ作ります。というか、大根を一本買いするので、それだけで鍋いっぱいになってしまうから。とりあえず、練りモノを除いた具材で煮込みます。
hhh4_20151031162059df5.jpg
hhh3_20151031162057a6b.jpg
□2時間後、かなり煮込まれた感じ。ここまでくれば、あとはとろ火で熱を維持。昔のように石油ストーブでもあれば、その上に鍋を置いて、おでんトコトコ煮込むのですが。時代が変わるというのはねぇ。
●おでん、実食。ダシが、味付けがちょっと薄いかな、という感じ。大根やモツ串の臭みは下ごしらえで抜けてはいるのだけど、もう少し強めの味付けが良かったかなぁ、と反省。半分残って、明日もおでんです。やはり、タコか。
404712_123974624421913_142486784_n.jpg□次は君に挑戦だ。
●明日は、清水両河内へ手摘み紅茶製造の見学に。
●今日の一冊。高橋由佳利[作]『トルコで私も考えた-成長編-』【2015年,㈱集英社,\880+税】。23年も経つんだ。時間というモノは思っている以上に早く流れて行く。話の中では、もう少しゆっくりとした経過を感じるのだが。歳をとる事の違和感。さて、10年後には何をやっているのだろう。
IMG_20151023205338719.jpg
[ 2015/10/31 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/1060-58963c7a