FC2ブログ
2020 081234567891011121314151617181920212223242526272829302020 10

2015年9月23日(水・祝) シルバーウィーク最終日、何もせんと

●シルバーウィーク最終日。帰宅の日です。明日から、また仕事再開。とりあえず、木金の二日間、テンションあげて仕事をこなそう。
●何にしても運転疲れ。道はそれほどの混み具合ではなかったのですが、やはり休日の運転は無理矢理の下手糞な人が多く、気持ちを含めて疲れました。帰りは第2東名を使って、あっという間にピューと。
●宿泊は伊豆長岡町(今は伊豆の国市ですか)で、とりあえず、韮山反射炉(世界産業遺産認定)へ行きました。ここも混んではいまずが、それほどのものでも。でも、反射炉饅頭とか売っていましたが。
a1_20150923133740ee6.jpg
a2_20150923133745ab0.jpga3_20150923133746cb8.jpg
a4_20150923133749f46.jpg
□反射炉、とは何かを初めて学びました。
●そして宿へチェックインまで時間があったので、韮山郷土資料館と江川邸へ。
b1_20150923133954a5a.jpg
b3_20150923134003c2a.jpg
□郷土資料館で発掘された青磁の欠片見たり、反射炉の昔の写真を見たり。
c3_2015092313414727f.jpg
□天目茶碗も発掘されたようです。
●それから江川邸へ。江川太郎左衛門の屋敷。んー、反射炉をつくった人?みたいです。
c1_20150923134000d5b.jpg
c2_20150923134002136.jpgc4_20150923134150f3c.jpg
c6_20150923134154369.jpgc5_20150923134155aa5.jpg
c7_20150923134156b45.jpgc8_20150923134624d27.jpg
c9_20150923134627e91.jpg
□史跡案内人の方が歴史的説明等を色々としてくれていたのですが、それより、細かい道具類や江川太郎左衛門の描いた絵等の方が興味を引き、また面白かったです。
●しかし、本当に史跡巡りでもしないと行くとこがない場所だ。
●お昼は「一匹の鯨」というラーメン屋へ。創作ラーメンが有名なお店のようですが、つけ麺食べました。普通に美味い。でも、やっぱり細麺が望ましい、自分の好みでは。
g1_201509231354033e9.jpgg2_20150923135409dce.jpg
g3_201509231354172cc.jpg
□平打ち麺、という奴ですか。
●宿です。まぁ、値段なりなんでしょう。でも、お茶はまずい。当たり前ですが。料理も、温かいモノが食べたいです、という気持ちにさせます。お風呂、ぬるい、狭い、源頼朝も入った隠れ湯のようですが、・・・。でも、しょうがないです、値段なりですから。
gg1_201509231405199e2.jpg
□宿の裏山がこんな状況で。この車、何なの?怖いっす。
gg2_2015092314052042d.jpggg3_20150923140526db4.jpg
□期待はしていないのですが、静岡(伊豆)へ来て、宿でこんなお茶を飲まされたら、お茶を買って行こう等とお客さんは思わないんだろうなぁ、と。。勿論、見て匂いを嗅いで、飲むのは遠慮させて頂きました(朝食の時にお茶、口をつけましたが、予想通り、裏切らない味わいでした)。
gg4_20150923140524a3f.jpg
□料理も裏切りません。見た目だけで、冷たい宴会料理。美味しかったのは後から出てきた吸い物と御飯でした。
●翌日は、温泉饅頭を「黒柳」で購入。出来たてをその場で食べたのですが美味しかった。やはり、作りたてとかは格別なモノがあるんですね。その地へ来なければ味わえないモノ。お茶もフレッシュ、て大事な一つの売りだと思いますが。
●帰りは新東名。沼津でSAに立ち寄り、上島珈琲の珈琲ソフトクリームを食べましたが、コーヒー牛乳、という感じで普通に美味しかったです。
ggg1_20150923141353b10.jpg□色目、もう少し茶色っぽい感じでしたが、写真は今ひとつ。
●お昼は温かいモノが食べたくて、CoCoイチへ。カツカレーの5倍辛を食べました。身体ヒリヒリでしたが、何となく満足。
ggg2_20150923141356920.jpg
●何もしないまま、シルバーウィーク終わってしまいましたが、ゴールデンウィークというものを社会人になって経験したことがなく、またこれから一生経験する事がないので、そんな意味で連休、悪くなかったです。どっかで休みを取ろうかなぁ、また。
●さて、明日から頑張ろう。
●今日の一冊。池上彰[著]『経済のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ』【2004年,㈱海竜社,\1,300+税】。BOで\108です。池上先生の本もこの値段か、と思いつつ、中身が標題通りの人間にとってはありがたい内容なので購入。それにしても10年前には池上先生ふさふさだったんですね。御苦労されているんだなぁ、やっぱり。
IMG_0003_20150920114256b4e.jpg
[ 2015/09/23 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://narucha.blog.fc2.com/tb.php/1022-2b469d38