FC2ブログ

2020年8月26日(水) 二番茶

●これも、H28年産と書いてあったので、その頃につくった液肥二番茶の頭。二番茶だし、頭だし、と思うのだけど、それでも、しっかりと揉んであって、飲み口も柔らかく、お茶づくりに思うところあり、と飲む度に感じさせてくれる。このようなお茶も十分に用途なりの目的があるんだよなぁ、と。
b1_20200823100738105.jpg
□再火前。まとまっていると雑ぱく感が強いのだけど。
b2_20200823100739420.jpg
□再火後。色みが良いのは、やはり、おくひかり、だからだよなぁ。濃緑。
b3_202008231007419ae.jpg
□淹れるために急須に落とすと、きっちり揉んである事がよく分かる。二番茶、頭、だけど。
b4_20200823100742cc7.jpg
b5_20200823100744443.jpg
□葉が開き、でも、出過ぎない感じ。二番茶の大型感、硬葉感もあまり感じないんだよなぁ。
●やはり、芽づくり、茶葉づくり、に尽きるんだなぁ。その上で、キッチリとお茶を揉むという意識。
[ 2020/08/26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)