FC2ブログ

2019年6月30日(日) 六月最終日は、My紅茶ふぇす、のMy紅茶づくり

●My紅茶づくりをお手伝いさせて頂いて5年目。昨日摘んで、既に萎凋済みの在来茶葉を自分で揉んで紅茶にするこの企画。本日、お伺いして、皆さんの努力の様を見学させて頂きながら、乾燥作業等をお手伝いしました。今回の参加は16名、という事で、大規模なイベントになっています。
a1_20190630172418414.jpga2_201906301724204b8.jpg
□昨日摘まれて、一晩萎凋させた在来茶芽。自分の分は自分で摘んで、そして、それぞれで萎凋させてあります。萎凋による減水率はだいたい30~40%。
a3_20190630172421654.jpga4_20190630172422a69.jpg
□萎凋させた茶葉を、ビニール袋に入れて、揉みます。中の湿度、を保ちつつ、発酵を進めながら、という形。だいたい1時間半位。皆さん頑張ります。
a5_20190630172749aff.jpga6_20190630172750e94.jpg
a7_20190630172751aec.jpga8_20190630172753142.jpg
a9_201906301727545c6.jpg
□それぞれが作った紅茶を最後に皆でティスティング評価します。摘み方、製造により、それぞれに個性のあるお茶になっています。全体としては、ミル芽摘みのためか、香りが素直で柔らかく、味わいもミル芽味のモノが多かったのですが、中には、摘んで芽の関係か、花香がしたり、味わいがストロングだったり、と面白かったです。
●これが、また、夏越え、冬越えして、味わいや香気が変化する楽しみがあり、それが発酵茶、の良いところで。
●毎回行かせてもらって、こちらが勉強になるイベント企画です。
[ 2019/06/30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月29日(土) 雨予報

●今日の雨予報。まだ降り出さないけど、明日の予定に影響するので、はっきりして欲しいなぁ。とはいえ、明日は一日雨予報。でも、紅茶づくりは可能だからいいのか。湿度が高い事が発酵にどう影響するのか。
●昨年のお茶と、今年のお茶と、4年前のお茶を飲んでみる。保管の関係もあるのか、年を経たお茶は、味わいのこなれ感があり、飲みやすくなる。そして、今年のお茶は、フレッシュ、ある意味のトンガリが感じられて、それはそれで楽しいのだけど。どちらにしろ、16号㊤以上の大頭系。形状も見ていて楽しい。
a1_20190629092428cd4.jpg
a3_20190629092431222.jpg
□2018年産一番茶の16号㊤。摘採時期を少し外しておっきいけど、細身に作れているのは、製造ラインの問題かな。
b1_20190629092432dc5.jpg
b3_20190629092435593.jpg
□2019年産一番茶の16号㊤。どうしても、今年は揉み切り感を得られなかった。やっぱり、ラインのせいかな。味わいはよろし。少々、尖がっているのは、フレッシュだから。
c1_2019062909243832f.jpg
c2_2019062909244057d.jpg
□2014年産の二番茶の14号㊤。ヒネ感もあり、二番茶でもあり、それでも飲めるのは凄いなぁ、と思う。
[ 2019/06/29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月28日(金) 淡々と

●朝から、品評会出品茶の仕上げ火入れを見せて頂いて。あー、勉強になるし、楽しい。
a3_201906282129573a2.jpga4_20190628213004a93.jpg
●そして、乾燥機、かと思ったら、碾茶炉だったという事実。楽しいわ、色々な意味で。
a1_20190628212954e52.jpga2_20190628212955d57.jpg
●それにしても、はっきりしない雨続きの予報。色々とやらなくてはいけない事がたくさんあるのに、どうしよう、だよ。
[ 2019/06/28 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月27日(木) 酔い疲れ

●昨晩は、久々の統計飲み会。4件ほどハシゴして、最後は1時過ぎで歩いて自宅まで帰りました。8000歩。どのお店も美味しくて、そして、新たな知見というのか、知というのか、知る事ができた事が。やっぱり、出会いモノって大事だなぁ、と思いました。
●特に2軒目のウイスキーの専門店では、いままでに経験したことのない味わいを体験して。予想をはるかに超えたモノがあるんだ、という感動。良かったなぁ。マスターに言わせれば、まだまだ色々なモノがあるとの事で、これから経験を積み上げていきたいなぁ、と思う次第。
●そして、全てのお店で、お茶を持ち込んで、チェイサーでお茶を飲むという暴挙。でも、悪酔いしないんです、お茶をチェイサーにすると。綺麗な緑の茶葉がグラスで映えるのもいいんだよなぁ。
a1_201906271728160f6.jpga2_20190627172817d5f.jpg
a3_20190627172819d62.jpga4_201906271728203a9.jpg
a5_20190627172822aca.jpga6_20190627172823915.jpg
□初発は、定番の「ふじの井」。やっぱり、どれも美味しいです。
a7_201906271728251d1.jpg
a9_20190627173228bf4.jpg
a91_201906271732306ed.jpg
a93_20190627173233988.jpg
a95_20190627173236b76.jpg
□何というか、知らない事がまだまだたくさんあるだ、という幸せ感。これから知る事のできる幸福。いいなぁ。
b2_20190627173419b80.jpg
a97_201906271734150e9.jpg
□そして、何とも美味い、ワインのアテ。幸せだよ。
b1_201906271734178ee.jpg
□そして、ブレブレの帰り道。歩いて1時間です。酔っぱらいだから出来る。
●そして、朝から磐田へ行き、午後はお城で会議。もう、頭働いていませんでした。そんな一日。
●でも、知る事の出来た幸せな昨日を、また次の機会へつなげたいなぁ。
[ 2019/06/27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月26日(水) 何故?

●スムーズに進んだと思った事が、いきなり、振出しに戻るような事になっていて。何だかなぁ、と誰に文句を言う訳でもなく思うしかないのですが。辛いなぁ。
●明日は大雨予報。そして、台風の接近って。そんな季節なのかなぁ。つらみ。
●今日は久しぶりに、本当に久しぶりに、統計飲み会。色々と積もる話をさせて頂こうと思う。なので、詳細は明日以降。
b4_20190626171949ed2.jpg
b93_20190626171951d88.jpg
b97_201906261719529b4.jpg
□やぶきた。少し頑張り過ぎたのか、艶っぽくないのが残念。
[ 2019/06/26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月25日(火) 茶畑へ

●まだ摘採が終わっていない事を祈りながら、圃場へ。まだ終わっていなくて、枠摘み調査行えました。推定収量で400~700㎏程度。出開き度は20~70%。まぁ、データとしてはいいのではないのでしょうか。本当は、エンドポイントに近いタイミングでもう1回やれれば言う事ないのですが。
a3_20190625204140a66.jpg
a1_2019062520413796a.jpg
a2_20190625204139b3c.jpg
●さてさて、昨日も載せたこのお茶について、悪だくみプロジェクトを行っていく事に。7月に打ち合わせを行い、来年に向けた取組拡大、更なる技術追及を目指します。やるぞ。
a8_20190624215924e2d.jpg
b4_20190624215927647.jpg
●ベタベタになるお茶、その理由を追求。
[ 2019/06/25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月24日(月) 雨で予定変更

●今日は朝から現地茶園調査へ赴く予定でしたが、雨模様で急遽、明日の予定と入れ替えて対応。梅雨なんだなぁ、と。
●帰宅の時間も予報と異なり、場所場所でザンザカ雨が降っていて。明日の調査もどうなってしまうのか。朝、判断。
a6_201906242159258a0.jpg
a8_20190624215924e2d.jpg
b4_20190624215927647.jpg
b8_2019062421592849f.jpg
●やっぱり、このお茶、ちょっと違った。高濃度液肥、やはり、答えをもっているんだなぁ、と思う。その答えを説明できないだけで。
[ 2019/06/24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月23日(日) やっぱり

●さて、仕上げ調整をやる段階で出た、出物。とはいえ、本茶の再調整の出物なので悪くはない、形の見栄えが、という話。
●液肥おくひかり、18号㊤。お茶を見てみると、やっぱり、16号処理をしていないため、いわゆる16号㊤の頭、と言う部分が混じっている感じ。見た目はよくない。でも飲んでみると、おくひかり、なんだよなぁ、と分かっていながら、ウマいお茶になっている。
a1_20190623085755d83.jpg
□形、写真で見るとそんな悪く見えないなぁ。気持ちの問題か。
a2_20190623085757b09.jpga3_20190623085758472.jpg
a4_20190623085800e12.jpg
□しかし、スマフォのカメラが変わったせいか、おくひかり、だからか、茶葉の色が濃緑、で良いように見える。
●地名で処理をしてもらっている「おくひかり」は、点滴チューブ敷設による処理をおこなってもらっているため、施用回数が、いわゆる、一般茶園と異なる。一般茶園は、液肥3回掛けて、という感じなんだけど、おくひかり、は、3月下旬から摘採までの間、週1回、おおよそ6回から8回の回数処理される。とはいえ、今年は更に散布水量は減らし(10a500㍑程度)、濃度はやや高め(1000ppm程度)に設定してあるので、液肥処理量、投入N量としては大した事ないのだけど、やはり、濃度感が、液肥やぶきた、とは異なる。
●先日も、仕上げ調整をしにいった時に、役場のT室長と話をした際に、液肥のタイミングは?と聞かれて、答えに窮する場面があり。結局、新芽生育期においての処理で結果、現象発現にはつながっているのだけど、その本当に効果タイミングはつかめていないのが事実。それをやろうと思ったら、時期別処理区を設定して、それぞれのN吸収量等を時期別に調査する必要があり(やろうと思えばできるのだけど、試験場にいるなら)、今の現状ではそれへの対応は無理、という事で。
●それでも、回数を重ねるのが効果的なら、更に、濃度と液肥量の簡素化を図る必要があるのかなぁ、と思うところ。
●それにしても、お茶って、面白いよな、絶対。
●買い物ついでに外でお昼。ベトナム料理のサイゴン、で生春巻きと何故かエビチリのランチを。デザートのバナナチェーが美味しかった。
b1_20190623135738a14.jpg
b2_201906231355515a3.jpg
b3_20190623135553382.jpg
b4_2019062313555631f.jpg
●明日は茶園調査だけど、雨の具合が心配だ。
[ 2019/06/23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月22日(土) スマフォ更新

●現在のスマフォがバッテリーがダメで(内臓)、全然使い物にならないので、新しいのを購入。すると、データの移行等が上手くいかず、最初は電話帳が文字化けして使いモノにならない状態に。仕事にならない、と色々とやり方を変えて、再々チャレンジしていたら何とか復活。
●使うアプリも最小限なのに、何でこんなに手間が掛かるかなぁ。これからの時代に生きていくのに向いてない人間だという事を再認識した。
●それで半日以上がつぶれて、何もやる気がおきず。
b91_20190622160949f7e.jpg
●癒されない。
[ 2019/06/22 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月21日(金) 仕上げ調整

●朝は職場へ仕事に。色々とジムを片付けて、午前の時間中に川根へ移動。待望の仕上げ調整です。
●とりあえず、今年の液肥やぶきた、を16号篩で㊤㊦へ。16号㊤は大頭として外し、その後は、20号篩で回しで抜いたのを30号で篩って、30号㊦は粉でこれまた外し。残った20号㊦は、唐箕で簸出しを行い、16号㊦とガッチャンコ。元々3kgで、その残りが2.1㎏だったため、半分に分けて、16号㊦20号㊤30号㊤のお茶を18号篩で篩い直して、18号㊤と下に。結局、やぶきた、では16号㊦と18号㊦の2種類をつくる、って形に。
●その後、液肥おくひかり、を1kg程度、K場長が用意してくれていたので、それは、最初から18号篩で篩って、その18号㊦を使う形に。最後は、両者を棚乾で、40分強乾燥させて終了。川根本町茶品評会へ出品します。
a0_20190621182750693.jpg
□篩振動機。便利な道具が全て揃っているので一人でやっていても余裕のよっちゃん。
a1_201906211827519a7.jpg
□やぶきた、の原茶。これから、仕上げ調整をしていきます。
a2_20190621182753485.jpg
□とりあえずの、16号篩㊦。
a3_20190621182754605.jpg
□こちらが16号篩㊤。大きさが違うなぁ、はっきりと。
a4_20190621182756290.jpg
□そして、20号篩で篩うと粉の汚い感じがなくなって。
a5_201906211827576fd.jpg
□そして、こちらは、18号篩㊦。比べると小さいなぁ。それでも、計算上では50%程度は抜けるんだなぁ。
a6_2019062118275953e.jpg
□そして、こちらは、おくひかりの18号篩㊦。色目が違うなぁ。
●今年のお茶は、製造ラインの関係もあり、ちょっと上乾きぽく、肌が汚い感じはしていて。その上、コナレてしまっている感じは強かったけど、粉、という所ではそれほどひどくはなかったなぁ。
●あとは、味がどんなだか。
●それにしても、こうやってお茶に触れていると嫌な事は本当に忘れられて嬉しい。お茶好きだなぁ。
●とりあえず、帰ってから、飲んでみた。「頭」。16号篩㊤。大きいけど、冷水で淹れている間は、味わいは、うま味、そして濃度感のある口当たり。熱湯出しにすると、渋味が触るけど、嫌味はない。頭だから、細かい粉等の影響が出ないからなんだろうなぁ。
a1_201906212140161b2.jpg
a2_20190621214017c54.jpg
a3_20190621214019036.jpg
●アップで見ると、やっぱり、大きいなぁ、と。でも、しっかり味わいはあります。
[ 2019/06/21 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月20日(木) 理解されない

●多分に説明が足りないのだと思うが、理解されない。分かってもらえない。でも、それが繰り返されると面倒になってくる。
●元来、面倒くさがり屋だから。あー、面倒だ、色々と。
●明日はやっと、品評会出品用のお茶の仕上げ調整に行ける。やっとだ。
b2_2019062021263899b.jpg
b5_20190620212639796.jpg
b7_201906202126412c2.jpg
b93_20190620212642e4b.jpg
b991_20190620212644c19.jpg
●こっちのお茶だから、さて、どこまでやれるか。やる事が可能なのか。それはそれで楽しみですが。
[ 2019/06/20 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月19日(水) 話を聞く

●話を聞く、のが仕事、と言っても過言でない。その中から、次へ繋がるワードが出てくれば、それを実現するための支援を行っていく。そんな意味で、人の話を聞ける人間にならなくてはならない。色々な意味で。無駄と思えるけど、必要な仕事。そう認識している。
●しかし、色々な話を聞くのは疲れる。聞き流しているのではなく、聞き理解しそこから答えを探さなくてはならないから。疲れる訳だ。
●金曜日には、お茶の仕上げ調整に行く予定。お茶にふれる事で気持ちが再生される、のだと思う。
a8_20190619205938d59.jpg
b6_20190619205939032.jpg
●お茶が好き。多分、絶対。
[ 2019/06/19 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月18日(火) 一歩一歩

●今日、停滞し行き詰まっていた案件が1件、ちょっと前に進んだ。このまま順調に進んでもらいたい。
●とりあえず、何もかも一歩一歩進んでいくしかない。そうしない限り、変わらないのだから。
●まだ、眠い。
a1_201906182040239d3.jpg
●朝日に向かって。朝日のように爽やかに。
b4_20190618204055f04.jpg
●心の底から満足できるような。お茶をつくる、お茶づくりに携わる、というのはそういう事だ。
[ 2019/06/18 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月17日(月) 眠い

●睡眠不足、ではないはずだが、たまらなく眠たい。春眠でもないし。なぜ?
●気疲れの色々な事が問題か。
●美味しいお茶でも飲んで早く寝てしまおう。
a2_20190617202332d15.jpg
●スマフォのバッテリーがダメなのか、すぐに落ちる。熱も持つし、替え時か。しかし、替えるとその後の設定等が大変面倒で。それを思うと、何とか、これを冷やし使う等と方向性がおかしな方に向いてしまう。冷えピタでもバッテリーの所へ貼ろうかとか。ダメじゃん。
a9_20190617202645890.jpg
●色々な場面で、早めの対処が必要です。ダメダメ君だから。
[ 2019/06/17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月16日(日) 二番茶

●14日の金曜日に、ジム仕事の合間をぬって、調査圃場のサンプリングに。しょろしょろしていると二番茶終わってしまう(そう園主からも言われていたので)ので。とりあえず、まだ、ちょっと早いかな、という感じの茶園でしたが、もう1回調査に来たい。調査時点で、処理区は予想収量で500㎏/10a位で、対照区(慣行区)は、その半分位。生育が慣行の方が遅れていて。これは一番茶の時でもそうだったので、そのズレがそのまま二番茶まで来てしまったんだなぁ、と。ただ枠摘み調査して、思った以上に柔らかい芽で、あ、そこそこ良さそう、と思いました。さて、明日まで、刈られずに残っているかな。
a1_20190615103652fb7.jpga2_20190615103653233.jpg
a3_201906151036553b0.jpga4_20190615103656df8.jpg
□処理区。良い感じで芽伸びもあり、摘んだ感じは柔らかくて。あと二日位置けば、いいかな。と、それでは、調査がもう1回できなくなってしまう。
b1_2019061510365862a.jpgb2_20190615103659a8f.jpg
b3_20190615103701993.jpgb4_20190615103702b70.jpg
□対照区(慣行区)。横から見ると分かりづらいけど、枠を置いて上から見ると、芽の粗さが如実。生育が3日程度遅いかな。
●個人的には、工場でお茶を作るのも好きだけど、やっぱり、茶園で生育見ながら調査をするのが好き。こんなことだけやっていたいなぁ、ジム仕事放棄して。畑に行くと本当にそう思ってしまいます。誰から代わってくれないかなぁ。
●また、飲んでみる「つゆひかり」。ウマいなぁ。そして「おくひかり」。比べてしまうと、やはり、品種のアドバンテージが出てしまう。ウマいの比較では。
b1_201906161619115e5.jpgb2_20190616161946c5a.jpg
a1_20190616161908568.jpga2_201906161619104ef.jpg
□上が「つゆひかり」、下が「おくひかり」。被覆の差。そして品種自身のうま味の差が出るなぁ。処理ではなく。
●お昼に久しぶりに四川京へ。相変わらずの坦々麺美味し。
a0_20190616162159c9a.jpg
a1_2019061616220085f.jpg
a2_20190616162200000.jpga3_2019061616220299f.jpg
□この大根の豆板醤漬けが辛くて美味くて好きなんだなぁ。
●明日から、また頑張らねば。日常が始まる。
[ 2019/06/16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月15日(土) うまい

●梅雨だったんだ、と変な天候に朝から悩まされる。とはいえ、降ったり降らなかったり。
●静岡楢尾のMさんから、今年のお茶を送って頂いた。「被覆つゆひかり」。K山園が扱う本山茶のトップブランドのお茶として取り扱われるMさんのお茶(その品種は「やぶきた」)だけど、被覆処理をして作る「つゆひかり」は、少量生産のため、なかなか飲む機会がない。そんなMさんは、私の提案する高濃度液肥処理に興味を持って取り組んでくれていて。毎年、美味しいお茶をサンプル提供してくれるのだけど、今年のお茶も良い。「つゆひかり」自体が、うま味が強く、色目の良いお茶なんだけど、それが被覆で強調されているとはいえ、被覆にありがちな嫌味がなく、素直にウマさが身体に沁みるお茶になっていて。何というか、お茶って、やっぱり作り手の心意気、高みを目指そうという意志、そんなものなんだろうなぁ、と。思わず、電話してしまいました。これから、良いモノを作る作り手もいなくなっていくので、そんな意味で、良いモノを作り続ければ、それは求められるモノになっていく、という話を。それにしても、うまい。開封してしまったけど、脱酸素して再度保管に回したい位の味わいです。
a2_20190615102714385.jpg
a3_20190615102715c9b.jpg
a4_20190615102716330.jpg
a5_201906151027185c0.jpg
a6_20190615102719242.jpg
●そんな意味で言うと、この「やぶきた」と比べても、やはり「つゆひかり」のアドバンテージってあるなぁ、と。元々の素材の差、という事になるんだろうなぁ。
a1_201906151027123f7.jpg
[ 2019/06/15 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月14日(金) 眠い

●前日に無理すると翌日に反動がある。その結果、無理した分を無駄に消化する一日になってしまう。だから、普通に毎日過ごせばいいのに。
●現場へ行って話をしている分には良いのだけど、会議で人の話をただ聞いているだけだと、無茶苦茶眠くて、ダメ。
●結局、夜は雨になり、うつらうつらしながら帰宅しました。明日は休もう。
b2_201906142015182e7.jpg
b7_201906142015191bc.jpg
b92_20190614201521957.jpg
●こんな写真ばかり連日載せて。やっぱり、お茶が好きなんだなぁ、と思う。心から。
[ 2019/06/14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月13日(木) 仕上げ調整に行きたい

●「仕上げ、やっておきますよ」と前々前職場のH君から連絡が入ったけど「どうしてもやらせて」とお願いして。何とか来週には時間を作って行かないと。やっぱり、直接やらないと分からない事、理解できない事、ってあるんだよなぁ。経験大事。
●色々と仕事でゴタゴタしていて、現場でも資料づくりでも、ダメダメで、結局、午前様直前。眠い。運転しながら眠い。そんな状況で危なくてしょうがない。でも、車で行っているから、遅くまで職場にいても我慢できる、という具合。
●それにしても眠い。
●昨日、前々の職場の現場の茶農家さんから品種に関する問い合わせ。そうやって聞いてくれるだけでありがたいなぁ、と思う。人とのつながりって大事だなぁ。
●眠い。
●とりあえず、眠りたい。
b4_20190613235258935.jpg
●お茶に夢中になっていられる時期は本当に年間の中で数日で。あとは、惰性。
a91_20190613235405299.jpg
●だからこそ、最高を知りたいのさ。
b2_2019061400011405c.jpg
●どこに行けばあるのか、ないのか。幻想なのか。思い込みなのか。
●それでも探し続けるしかないのさ。人だから、こそ。
[ 2019/06/13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月12日(水) 有言実行

●昨日聞いた、説得力のある言葉。やっている人だから言える。
●言うだけなら、何でも言える。やるだけ。
●本当に言葉として重たいと感じた。
●やるしかないんだよなぁ。
a5_201906122032565ab.jpg
□お茶を作る事の楽しみと重み。
b3_20190612203333877.jpg
□感じよう、お茶というものを。
[ 2019/06/12 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月11日(火) 場・タイミング

●今日は、先送り先送りしていた、五月の休日出勤の振替休みをやっと取りました。とはいえ、午前中は、ジギョウ絡みで職場へ行ってシコシコ仕事をしていましたが。
●午後から、前々職場の関係等からの場に出席し、色々と勉強になりました。やはり、機会とタイミングって大事だなぁ、と思う訳です。それでも、積極的にそれに参加する事は望まないのですが。歳?
●明日は明日で、まだまだ仕事しなくては。当たり前ですが。
a8_201906111851561e7.jpg
□場、タイミング、そして気づき、大事だなぁ。
b1_2019061118523593c.jpg
□こんな芽の集合体なんだよなぁ、お茶って。それはそれで凄い事だ。群落。
[ 2019/06/11 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月10日(月) テンパりが、頭痛に移行

●朝から、次から次へと、という形で仕事の波が来て、それにテンパり、右往左往。
●明日予定していた品評会出品茶の仕上げ調整作業も延期させてもらいました。K場長、本当に申し訳ございません。
●仕事も結局、片付かないまま、テンパりが頭痛に移行し、帰りの運転、本当にいつの間にか藤枝や静岡へ着いている感じ。やばいなぁ。
●明日は、午後から静岡で打ち合わせがあるので、午前中だけ磐田へ。仕事片付くといいなぁ。
b6_2019061022255401a.jpg
□揉捻の茶葉。揉捻と粗揉の役割分担を進めています。
a4_20190610222644b85.jpg
□やはり、透明感のある茶葉は美味しいと思う。
[ 2019/06/10 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月9日(日) 雨

●昨夜から雨。風も強い。しょろしょろしているうちに梅雨になってしまった、というのか。この季節は色々な事が組み立てづらくなり、面倒だ。
●暑い時期。既に冷茶飲みとなっているが、飲みやすく、うまい。とはいえ、ウマいだけのお茶でいいのか、自問自答。
a1_201906090814185af.jpg
a2_201906090814199ba.jpg
●更に言えば、より複雑な味わいを求めるのであるなら、有機の活用、という方向性も。一昨日の話の中でも、そんな事を。有機栽培、有機茶を作りたい、という事ではなく、有機の活用。それは、亡くなったわっちゃんとの話の中でも出て来た事。何かあるんだろうな?という事を結果に、実現に結び付けて行けるなら、という取組。あるいは検討。何かあるんだろうな、と自分で感じなくてはいけない。この液肥茶のように。
●寒い一日。奥さんの車の車検に付き合ったら、いつのまにか、8月に出る新車の車と成約する事になっていた。チョロい客だ。
[ 2019/06/09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月8日(土) 暑い

●天気が目まぐるしく変わり、昨日の雨後が残る朝だったのに、日中は気温が馬鹿上がり。暑い。
●奥さんにお付き合いし買い物。色々な店舗を見て回るのは販売に関しての勉強になるので嫌いではない。ただ、歳を取ったせいか、歩き回るのは面倒、と思ってしまう。
●お昼は、塩ラーメンのお店へ。気象の暑さもあって、つけ麺を頼んでしまった。大盛りではあったが、ちぢれの細麺で好み。ただ、塩ラーメンのためか、つけ汁の味付けがつけ麺には弱いかな、と。
a1_20190608181646903.jpg
a2_2019060818164725a.jpg
●冷たいお茶が美味しい季節です。
b1_201605081908252a8_20190608181827139.jpg
b2_2019060818182898f.jpg
□気象環境、土壌環境が異なると茶葉がこれだけ異なる。その面白味。そして、行き着く答えに。
[ 2019/06/08 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月7日(金) 途中

●今日は、現場で、施肥の考え方等について意見交換を2時間程。今の状態で、無駄な事を積み重ねる意味なし。そんな話で、徹底した設計を年内作成し、来年度から試行、という話に展開。果たして、どうなるか。
a1_20190607205502cfa.jpg
a2_2019060720550405b.jpg
a3_20190607205505d78.jpg
□調査圃場。二番茶、写真だとそこそこ伸びているように見えるけど、肉眼では生育はまだまだ。調査も、来週後半位からかな、という感じ。とはいえ、面白いです。
●昼間、楽しい話をしてしたったので、夕方帰って来てからは、仕事半ばで、帰宅の途へ。金曜日だし、疲れたし。一番疲れるのは電話対応です。あと、調整仕事かな。
●来週火曜日は、今年の液肥やぶきたの品評会出品用の調整作業を実施予定。どんなお茶になるのか楽しみです。K場長ありがとう。
[ 2019/06/07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月6日(木) 終わりなき

●時間単位で〆切があり、資料を準備し、話をし、そして、再調整、再修正、という繰り返し。終わりがないだけに、終わりを自分でつけないといけない。だから、帰る。必ず、毎日、家に帰る。それだけは守っている。
●二番茶が始まり出すが、雨が水をさす。さて、天気予報と相談しながら、現地調査もやらなくてはいけない。自分が二人欲しい。そうしたら、中仕事と外仕事に分けてやれる。でも、外仕事へ二人とも行きたがるんだろうなぁ。
b1_20190606225518e65.jpg
□お茶を揉む手、好きだ。
●明日も又現地でも中でも色々と、終わりなき。
[ 2019/06/06 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月5日(水) 週の真ん中なのにテンパり

●今日は完全にテンパりで、全く周りに気を配る余裕がなかった。自分の仕事さえこなせてないのに、・・・。無理。
●無理無理無理無理無理。やっぱり、人材って大事。チームって大事。難しい。
●とりあえず、明日も継続してテンパりです。
b8_20190605234554530.jpg
□やや上乾き。肌が汚め。揉み切りの問題。
a3_2019060523465183a.jpg
□一番茶の茶芽は本当に美しい。そろそろ、二番茶の時期だ。
●始まる。
[ 2019/06/05 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月4日(火) そろそろ

●二番茶が始まるので、調査等現場での仕事を組み込まなくてはいけないのですが、事業関連の中仕事に時間を取られて、外へなかなか目的を持っていけない。そんな職場環境が今年は特に甚だしい。何とかならないか。
●答えがない、ものを探す自由時間が必要。足りない。色々と。
b93_2019060422062119f.jpg
□このお茶の仕上げ調整に行かないといけない。時間が、・・・。
b1_201605081908252a8_20190604220654229.jpg
□この芽をもう一度揉む機会が欲しい。本当に、産地、環境って、凄いなぁ、と思う。
[ 2019/06/04 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月3日(月) Birth 51

●51年の経過をどう自身で捉えようか。五十代を一歩一歩進むしかないのだが、身体はドンドン老化、ボロボロになってくる。それを踏まえて、やれる事をやるしかない。残り少ない時間で出来る事を、キッチリと。思い途中で果てた友のためにも。
●小さい事でも重ねて行くしかない。少しでも、積み上げて行くしかない。それしかないのだ。
a4_20190603213345d7d.jpg
□多分、私には、お茶しかないのだろう、どうなろうとも。
a8_20190603213424715.jpg
□更なる高み、先を目指して。
●五十一を頑張るしかない。また、一年だ。
[ 2019/06/03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月2日(日) 停滞と波

●気持ちが停滞。気分に波。何にしても、気持ちをもっと動かさないといけないのに。何故。
a2_2019060210580005d.jpg
□お茶しかない、はずなのに。
b992_201906021058372e3.jpg
□緑。茶葉は緑。
●お昼は健康的に大戸屋。でも、食べ過ぎ。
a2_20190602165709514.jpg
●子供の高校の文化祭。仮装という演目。今年が最後だ。
a1_20190602165707a93.jpg
[ 2019/06/02 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2019年6月1日(土) もう六月か

●何だか、あっという間に時間が過ぎてしまう。何もできないまま六月を迎えてしまった。今月には又歳を取ってしまう。成長が伴わない老化のみ、という現象に何とか対応できないものか。
●朝茶。ウマい、ウマい、と言っているだけでは前には進まない。でも、そのままのお茶なのだから。あとは、どこにその境が、ボーダーがあるのか、それが分かれば、技術として明確にすることが出来る。何かあるんだよなぁ、絶対。
a9_20190601094611f06.jpg
□これが、そのままお茶になる。何かあるのよ。
a1_2019060109461323c.jpg
a2_20190601094614ee8.jpg
a3_2019060109461523f.jpg
□このヌメリ、トロミ感。何なんだ。
[ 2019/06/01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)