FC2ブログ

2019年3月24日(日) 迷い

●今の職場は通うに遠い職場で、通勤で往復4時間弱拘束される。通勤はしょうがない(本当はしょうがなくない、と思っているけど)のだけど、休みの日何かに、ちょっと仕事をとか、あ、行かなきゃ、とか思っても、往復距離時間を考えると躊躇してしまう。そんな意味で、近い職場での仕事の効果、能率と遠い職場でのそれは絶対に差が大きいと思っている。それを少しでも縮めるために、四月からは車通勤に変更。そこまで気合を入れる必要があるかどうかは本来的には不明であるが。
●昨年作ったお茶。液肥おくひかりブレンド。篩調整をしてあるお茶で、荒茶だけど仕上げ茶、みたいな。火入れを色々と勉強する中で、荒茶と仕上げ茶の線引きが自分でもなかなか難しいと思っている。強い火を入れる気持ちが全くないため(その結果として、開封後の酸化による劣化は早いが)、何をもって、仕上げなのか、という点が、発酵茶の中の紅茶と半発酵の様々な種類のように不明に感じている。
a1_201903240831452c7.jpg
a2_2019032408314773d.jpga3_201903240831487b5.jpg
a4_2019032408315034b.jpg
●花粉がひどく、一日家の中に避難していました。グラフ書いたり、片づけしたり。
●N率と繊維の関係。この交差が何を示すのか。ちょっと考えよう。
丸池(N率と繊維)②a
□初期値はミル芽。そして生育に伴いN率減少、繊維率増加。N率減少と繊維率の増加トレンドが異なるという事?それは収量と関係があるのか?
●収量性との関係で見れば、収量が増加すれば繊維率は上がるので、ようするに生育速度(収量増加速度)に差があるため、繊維率が高いようにみえる(同一時間における収量差が、繊維郷して出ている)だけ、なのか。
丸池(繊維と予測収量)a
□そして、これで見れば、同一繊維率における収量差は明らか。でも、それは品質ではなく、芽数の問題?
[ 2019/03/24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)