FC2ブログ

2017年10月27日(金) 山のお茶(川根本町茶品評会出品茶)茶商評価会

●今日は、静岡茶市場を会場に、川根本町茶品評会出品茶、川根茶だけでなく、清水、磐田等、他産地の生産者も出品した品評会茶を、山のお茶を扱う茶商の方々に評価してもらい、その後、意見交換会を行うという企画を実施。出品茶生産者と山のお茶に気持ちを持つ茶商の方々、そして関係機関の担当者が集う中で、久々に見る、あー良いお茶だなぁ、というお茶を拝見しながら、産地、作り手の個性等を確認していきました。そして、評価終了後に、会場を移して、意見交換。茶商の方々の拝見評価を聞いた後、山のお茶の今後は?というようなディープな話題も出る中で、このような場を続けていく事が大事、という結論に出席者においてなる、という良い形での集いとなりました。
b1_2017102720325911b.jpgb2_20171027203301f04.jpg
b3_20171027203303fa9.jpg
b4_20171027203304ed1.jpgb5_20171027203306d9d.jpg
b6_20171027203308526.jpg
b7_20171027203309715.jpgb8_201710272033103b1.jpg
b9_2017102720331157c.jpgb91_20171027203313b5f.jpg
c1_20171027203428167.jpgc2_20171027203430cbb.jpg
c3_201710272034318f3.jpgc4_2017102720343282a.jpg
c5_20171027203434533.jpgc6_20171027203435caf.jpg
c7_20171027203437e08.jpgc8_2017102720343852f.jpg
●参加いただいた茶商の方々から、山のお茶の必要性、そのためにもっと力を入れた取り組みを、という言葉ももらい、参加した生産者からも、自園のお茶を作り続けていく自負と強い意志を示してもらいました。そんな事を継続、実現させていくために、関係者もどんな事が出来るのか、真剣に考えていく必要があると、再認識するところです。
●色々な意味で真面目な話の中で、2時間半の時間が過ぎましたが、次へつながる、という良い形が見えそうです。
●終了後、後輩衆と反省会を兼ねての軽く一杯に。ワインと生ハム、チーズを楽しみ、早めの解散で終了。来週も仕事を頑張らねば、という思いとなりました。
a1_20171027203914350.jpga2_20171027203917d82.jpg
a3_20171027203919a99.jpg
a4_2017102720391903f.jpga5_20171027203920d11.jpg
a6_2017102720392219c.jpg
□ワインの酒場、相変わらず、美味し、です。
●明日は土曜日。今週も色々あって疲労蓄積ですが、雨の土曜日をのんびり過ごします。
[ 2017/10/27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)