FC2ブログ

2017年9月16日(土) 台風接近中

●台風接近の余波で朝から雨がチラホラ。明日辺りが一番ひどくなる模様で。三連休とはいっても、という感じです。
●2014年産の川根茶を冷蔵庫から引っ張り出してきて、久々に平口のシャンパングラスで、啜り飲みしました。N封入と冷蔵庫保管のため、ヒネ感は全くなく、味わいも秀逸。やはり、レジェンドのお茶だけはあります。ただ、やはり年月を置くせいか、味わいのまろやかさは濃度感高くなっていて、あー、何というか、良いなぁ、と思う訳です。こんな贅沢なお茶をどう楽しもうか、と画策中。
a1_2017091609405160c.jpg
a2_20170916094055dfc.jpga3_20170916094056d4f.jpg
a4_20170916094058766.jpga5_2017091609405849e.jpg
●こちらも、2014年産の川根茶。こちらは、保管が悪くて、ややヒネ感があったため、再乾燥したのですが、味わいは、やはり、レジェンドのお茶だけあって、良し。管理温度の影響もあるのか、本当に、味が、こなされているというか、あー、単純にいつまでも飲んでいたくなる、やさしい味わいです。幸せ感満載。贅沢なお茶が冷蔵庫に幾らでも眠っているのが如何にも勿体ないです。
b1_201709160947519fa.jpg
b2_2017091609475372d.jpgb3_20170916094755437.jpg
b4_20170916094758cf2.jpgb5_201709160947593d4.jpg
●こんな事を書きながら、ヒネ感という言葉を使うのですが、まぁ、熟成、という意味合いでもあるのですが、ヒネという言葉が何となく、いいイメージになくて。こなれ、という言葉も、味がこなれて丸くなる、という意味合いで自分では使っているつもりなのですが、何となく、粉々になっているというような印象も。何だか、伝える言葉って難しいのですが、色々な意味で、年数経過の保管茶の美味しさを伝えられれば、と思う訳です。
●それにしても、やはり、川根茶、そして、それをつくるレジェンド達、その本質が、お茶に出ているなぁ、と思います。
●と、グラスのみをしつつ、やっぱり、急須で淹れる方がお茶は確実に安定すると思っている、自分。というか、急須で、自分の好みのお茶を好みの形で淹れられる幸せを感じながら、急須のみしてます。贅沢だなぁ。
c1_20170916145955a89.jpg
□H28&29川根おくひかり二番茶ブレンド。煎を重ねる事で、芯からのうま味が感じられる、一方で、今年のお茶のフレッシュ感もあるお茶で、好きです。
[ 2017/09/16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)