FC2ブログ

2017年6月30日(金) 五十肩が厳しすぎて

●今日は月末、金曜日。藤枝発で島田で会議があり、その後、磐田の事務所まで行き、インフル関係の研修会。それが終了後、菊川の経営体へ行き、施肥改善の話等を7時過ぎまで。その間、ずっとずっと、五十肩痛いです。首にも来ているし、やばいなぁ、と。
●施肥の話は、土壌から、お茶づくりから、効果から、色々と。まだ、この事を面白がってくれる人がいるんだ、と思うだけで嬉しくなります。より効果的な濃度効果手法をに行きつければ、という事でしょうか。
b9_20170630213424590.jpgb93_201706302135014fa.jpg
c5_20170630213424406.jpgc6_2017063021350214a.jpg
●お茶は面白い。そして、難しい。いつまでたっても、そうだ。
●8時過ぎに藤枝の事務所へ戻り、それから帰宅。別件で又、今後検討事項が持ち込まれたけど、何とか上手に転がしたい。
●五十肩ひどし。明日、腕上がるかな。
[ 2017/06/30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2017年6月29日(木) 技術屋を意識する時

●今日の午前中は、御前崎へ行き、経営体の方とお話。テーマが、収量性の確保とか、青いお茶はどう作れば、とか、まぁ、ある意味でワクワクする話で、技術の血が騒ぐわけです。だから、話が、どんどん発展してしまい、嘘っこ液肥の話まで行って。でも、だからこそ、この仕事は、面白いと思う訳です。
●午後からは、今の仕事の月例反省会。現在の状況の不満を訴えつつ、それが言っていい事かどうかを取捨できない大人でない自分がいる訳です。でも、所詮公務員だから、という事を言っていたら面白くない、ので、面白い事をやっていくためにも、抵抗勢力でいいかと。でも、若い子達をそれに巻き込むつもりはありません。
●会議終了後、そのメンバーでの飲み会。何と真面目な話ばかりなのか。でも、その分お酒が進んで、久しぶりに酔いました。
a1_20170629233119513.jpg
□〆のスイーツは、冷凍されたプチケーキ。アイス?じゃないの、って感じでした。
●帰りの電車の中で、大好きなミニオンズの吊革広告が。それを撮っていたら、この人、水着エロ、という目で見られました。女性の水着より、可愛いミニオンズなのに。誤解です。パルコ行かないし。
a3_20170629233119d35.jpg
●そして、酔っぱらいは、帰りがけに、なぜかジュースを買いだめして、橋に置くという暴挙。バカ?
a2_20170629233118c3f.jpg
□でも、4本自販機で買っても500円以内に収まりました。
●明日は金曜日。藤枝発で、島田⇒磐田⇒菊川と、やはり移動時間長いです。




[ 2017/06/29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2017年6月28日(水) 色々とツイていない

●今日は朝から、右肩から肩甲骨にかけて痛い。五十肩なんだろうが、肩甲骨剥がし等をしてみても一向に改善しない。一日、そんな感じで気分が悪かった。
●そんな状態で、奥さんから、もらい事故で、車が破損、という連絡。身体は無事だったようだが、その件では、戻ってみたら、色々と処理上で問題があるんじゃないか、という事で、再調整の必要あり。あー、事故られた方が苦労するって、何?
●お城の局長さんと語る会、という催しの後、局長さんと部のメンバーで懇話会。水曜日のため、そんなに重たくなく飲んで帰路へ。
●肩もまだ痛いし、事故問題もあるし、明日は天気次第で予定も変わるし、色々と、まぁ、色々とツイてないです。昨日は、お茶に嫌われてしまったし。しかし、あれだけ揉めないのも、何というか、何で?と言いたくなります。お茶、まだまだ奥が深いです。
a6_20170627220332172.jpg
□こんなまだ伸び切っていない状態で、あとはお願いします、と言って、次の仕事へ行かなくてはいけなかった、辛さ。特にその前の揉み状態が良くなかったので余計に、悲しかった。
●家の前の巴川も、しずーかに。
a1_20170628224917bee.jpg

[ 2017/06/28 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2017年6月27日(火) お茶が揉めない|д゚)

●色々とありますが、朝から地名へ。
a1_20170627220326f6c.jpg
□一つの試験。100倍でこれか。本当にこれだけ? 昔の記憶が違っているのか。でも、これで済むなら、これも一つの方法? 失敗も成功も全てが結果になって、次へいざなってくれる。
●お茶揉み、ですが、えー、二番茶だと、ダニ付き茶だと、雨も降ってないし、と色々含めて、なめてた、のか。揉めない。粗揉で揉みきれない。殻を破れない。それでいいか、と妥協してしまう。その結果、中揉が終わらない。いつまで経っても終わらない。まともに揉んでいるのに2時間を超える理由が分からない。精揉途中でタイムアップ。任せてしまいました。本当にお茶が揉めなくなったのか、私の感覚がおかしいのか、直前の硫安液肥が効いているのか。多分効いているけど、どこへそれが分配されているのか。あー、やはり、そこをキッチリと押さえないとダメだと思った今日でした。お茶、どうなったかな。
a2_20170627220327011.jpg
a3_20170627220327f0f.jpga4_20170627220329e0d.jpg
a5_20170627220332773.jpga7_2017062722033541e.jpg
□揉んでも揉んでも乾かない。なぜだぁぁ。というか、揉みきれないし。
●久々にお茶揉んでいる最中に不安感にかられました。楽しいくないよぉ。
●そして、そんな最中も、電話が来て、色々と調整したりして、予定が埋まっていくのね。
●そして、夜は、清水まで夜会合に。3年越しの事に、一つの方向性が出た、という答えでいいのだろうか。あとは、前へ進むだけ。
●それにしても、お茶が揉めないショックからしばらく立ち直れない感じ。
●明日は雨ですが、磐田へ、・・・。
[ 2017/06/27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2017年6月26日(月) 始まりなのに、うまく回らない

●週の始まりなのに、色々とうまく回らない。藤枝発で磐田へ行き、森へ行き、島田へ行き、川根へ行き。戻れば、菊川からアポどりがあったり、事業調整が出来てなかったり。あー、月曜日、回らない。
a2_20170626200737991.jpg
a3_201706262007400e8.jpga4_20170626200741d41.jpg
□雨が少ないため、赤ダニが思いっきり二番茶新芽へ上ってきています。やばいよ、やばいよ。
●戻ったら、また、連絡調整。その点については、ちょっと待ってもらいたい、と言われている事で、あー、どうしよう。
●回らない。
●頭の中はグルグルしているのに。寝るか。寝るしかないか。
[ 2017/06/26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2017年6月25日(日) My紅茶づくり二番茶

●今日は、静岡市の栃沢で行われるMy紅茶づくりのお手伝いに、朝から。昨日摘んだお茶が既に萎凋されていて、それを揉む作業から乾燥からをお手伝い。萎凋が30~45%と結構進んでいました。そのため、あまり水が浮かず、発酵がやや弱めの感じで。でも、紅茶の水色は紅く出ていて、らしかった。また、味わいに渋みが強く残ったのは、やはり、少し発酵が弱かったのと、在来種の関係か。しかし、その渋味は口に残るものではなく、抜けるような渋味で、それが日本の茶種ぽいのかなぁ、と。それにしても、回を重ねるにつれて、参加者の方々の技術も向上し、らしくなっています。
a1_201706251517363b1.jpg
a2_20170625151737270.jpga3_201706251517382c0.jpg
a4_20170625151740bba.jpga5_20170625151741cd1.jpg
a6_20170625151743838.jpga7_20170625151745cea.jpg
a8_20170625151747628.jpga9_20170625151748d53.jpg
a91_20170625151914244.jpga92_20170625151915841.jpg
a93_20170625151917db7.jpga94_20170625151918547.jpg
a95_201706251519205af.jpga96_2017062515192173a.jpg
a97_20170625151923e0b.jpga98_20170625151924617.jpg
●やはり、作り手の、摘み方から萎凋具合、そして揉み方により、個性が出ていて、面白い取り組みだと毎回思います。
●何にしても参加者が楽しんでいる、というのがいいなぁ、と思います。
●そして、山を下りて、気を抜きます。やはり、運転が厳しいかなぁ、と。
●明日からの雨模様は如何に。今週、色々とやる事はあるのですが。
[ 2017/06/25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2017年6月24日(土) 寝倒した

●昨日のお酒、大したことなかったのに、一日ダメで寝倒した。グルングルンの影響を真剣に心配する。明日は雨模様。
●昨夜からネット回線がおかしくて。断続的に切断が行われ、つなぎが悪い。サイバー攻撃?
●先日の火入れした13号抜き㊦16号抜き㊤のお茶を淹れてみる。味わいは、青みは抜けて、あー、ホッとするいい感じ。そして、H28製造のためか、落ち着いた味わいとなっている。そして、写真以上に細く小さく見える。お茶って面白いなぁ。
a2_20170623233656d6f.jpg
□火入れの棚乾での写真。
a1_201706242158351c2.jpg
□急須の中での写真。アップだから。直眼では、細身感が半端ないけど。
a2_2017062421583700c.jpga3_201706242158382b4.jpg
a4_201706242158398df.jpga5_201706242158410e0.jpg
a6_20170624215842ee5.jpga7_201706242158447d4.jpg
●明日は、My紅茶ふぇす。
●きくち正太[作]『瑠璃と料理の王様と⑤』【2017年,㈱講談社,\590+税】。今回は焼き物と料理。そして下戸は何を求めるか。
IMG_201706241817158c3.jpg
[ 2017/06/24 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2017年6月23日(金) 飲んで語って

●今日は、今の仕事の毎月の月例会議。進捗報告を行い、色々と意見をもらう場。6月なので3回目になるが、これでいいのか、と悩む場面です。
●そして、暑くなってきた時期のため、会議終了後のアフター5で、会議参加者で飲み会。昨日のグルグルが心配だったのですが、そんなに飲まなかったし。でも、何となく後頭部が重い感じがするのは気のせいかなぁ。
b1_20170623233306997.jpg
□刺身盛り。
b2_20170623233309910.jpg
□生西瓜サワー。本当に小玉西瓜が半分出て来て、これを絞って淹れるという暴挙。今年の初西瓜、思った以上に甘く美味かった。
b3_20170623233309e03.jpg
□イカ焼き。これ好きだけど、肝がないのが残念。
●もっと料理は色々出たのですが、話に夢中ですっかり写真を撮り忘れる。そして、事務所の中で、自分が一番人に興味がない、気を配ってない事が確認されてしまった。
●昨日、仕上調整を行ったH28年産のお茶。火入れをしている時には感じなかったけど、思ったより良いです。
a1_20170623233654e41.jpg
□20号抜き㊦。
a2_20170623233656d6f.jpg
□13号抜き㊦、16号抜き上。
a3_20170623233701142.jpg
□火入れ後の20号抜き㊦。
●お茶の火入れも楽しいし、奥が深い。
●そして、おくひかり圃場。昨日と違うアングルでの写真。あー、早く揉みたい。
a4_2017062323370128e.jpg
a5_20170623233701b30.jpga6_201706232337037c5.jpg
□硝安処理を直前硫安処理に変更して、どう影響するか確認。
●お酒の影響か、後頭部が重たいし。やっぱり、天井グルグル、やばいのか。
●喜国雅彦[著]『本棚探偵 最後の挨拶』【2017年,㈱双葉社,\722+税】。本当に最終巻なのか?
IMG_0003_20170620222920760.jpg
●明日から、静岡の栃沢で、3年目のMy紅茶づくりが始まる。明後日から参加予定。
[ 2017/06/23 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2017年6月22日(木) 雨蛙

●今日はダメな日だった。色々な点で。
●地名へ行ったら、思った以上に、おくひかり伸びていた。雨と摘採のタイミングが、・・・。
a1_20170622225759f5a.jpg
●そして、昨日の雨の影響か。雨蛙が。
a2_201706222258024b2.jpg
●車の運転中に世界がグルングルン回る状態を初体験。やばいのか。本当に死ぬかと思った。
●やばいのか。
●夜は、清水で会合。やはり、皆で情報と考え方を共有化した上で意見交換をする事が大事。一歩一歩進みそうです。
●喜国雅彦[著]『本棚探偵の生還』【2014年,㈱双葉社,\759+税】。最終巻が出ていたので、買ってなかったこの巻を購入。本は好き。
IMG_0004_201706202229215e2.jpg
●明日は磐田。朝起きて天井がグルングルンしていたらどうしよう。そうしたら、休む。
[ 2017/06/22 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2017年6月21日(水) 大雨の影響が多大に

●今日は一日大雨です。そんな中で、藤枝経由で磐田へ行く予定としていたのですが、結局、直接磐田行きを判断。これが失敗。
●朝から土砂土砂と。そして、昼間から午後にかけて降りがピークに。とはいえ、日中はジム仕事していましたが。
●夕方から、金谷の現場での事業打ち合わせの仕事のため移動。大雨で混乱している在来線に何とか乗って、金谷駅まで移動し、仕事の相方のN君に公用車で拾ってもらいます。
a1_20170621230152b85.jpg
a2_20170621230203b53.jpg
□腹ごなししてから。
●打ち合わせの現場へ。思いは分かるけど、その整理が、・・・。それを本当にどう経営として見せれるのか、それを実行する根拠は、というような話を繰り返していた結果、結局8時を回って。なかなか思いは分かりますが、そこに計画と明確な戦略、そしてそれを構築する戦術が必要だという認識。難しいなぁ、色々と。
●そして、六合駅降ろしてもらい、家路へ着いたのですが、大雨の混乱が残っていて、一駅進んでは止まる列車。普段の倍掛かって、静岡駅に。疲れた。絶対に朝の判断ミスだった、と反省。
●家の前の巴川、予想以上に水が引いていましたが、お昼の大雨ピーク時は結構やばかったようです。
a3_201706212307033fd.jpg
●何にしても、疲れを取って、明日に向けての気持ちを確保しないと。
●斎藤和季[著]『植物はなぜ薬を作るのか』【2017年,㈱文藝春秋,\880+税】。茶樹の解毒作用、という視点で施肥を思う今日この頃。そんな時にタイムリーに出たので(アンモニア⇒アミノ酸、ではありませんが)、買ってしまった。
IMG_0002_20170620222918895.jpg
●明日は藤枝発の仕事で。朝、迷わない。
[ 2017/06/21 ] 科学 | TB(0) | CM(0)

2017年6月20日(火) 一日ジムやって、夜は現場へ

●朝から磐田へ。相変わらず、行くだけで一仕事気分。特に暑くなってくると動くのもしんどいなぁ、と。
●とはいえ、一日中で、事業関連のジム仕事で数字をいじくりまわして。その間に、色々と調整業務の電話が掛かってきたり。
●夜は菊川の現場へ打ち合わせ仕事で。二番茶が終わったら、会合を、という落しまで持っていけて良かった状態。
●帰りの新幹線は珍しく人が少なかった。そんな時間帯だからか。
●家の前の川は相変わらず、です。
a1_2017062022220688a.jpg
●ラズウェル細木[作]『酒のほそ道№41』【2017年,㈱日本文芸社,\590+税】。相変わらず、読むと呑みに行きたくなる本です。
IMG_0001_20170620222918499.jpg
●明日は朝から大雨予報。それでも職場へ行くのだなぁ。
[ 2017/06/20 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2017年6月19日(月) ツイてない

●今日は朝から藤枝職場発だったのですが、色々と調整事も、また、自分持ちパソコンの液晶割れも含めてツイてない日となりました。そんな中で、地名へ顔を出して、おくひかりの製造は来週の月曜日か火曜日に決まりました。
a1_2017061920472743a.jpg
a2_20170619204726b77.jpga4_20170619204730573.jpg
●なぜ、月曜日はこうも頭が働かないのだろう、なぜこんなに眠たいのだろう。
●明日は磐田へ。遠いなぁ。
[ 2017/06/19 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2017年6月18日(日) 作成

●探し物をしている時は、たまたま偶然にそれに見合うものが見つかる場合がある訳で。経営等と、わかったような分からないような事をかじらなければ仕事にならない状況に追い込まれた時に、その分からない事の一部が記載されている本が手元に来る、という事。本を買う場合、その全てを求める場合と、その中の一行の言葉、文字のみを求める場合がある。それでも、その価値は同等以上となる。
a1_20170618054122e5a.jpg
□財務会計、キャッシュフロー。とりあえず、BOで\108で。
●昨日の続きで、電子レンジでの乾燥。最低出力での時間を掛けた乾燥の味わいへの影響。本来は、川根にある近赤乾燥機でやってみたい試行ではあるのだが。
●嫌な火の入り方にはならない事は確認。ただ、やはり、本当の芯の部分には火がいかない事も確認。そうすると、やはり、揉みなのか、焙煎香を強くする必要があるのか。トロミ感のあるお茶で美味しいけど、一方で、そのトロミ感は何?という疑問も継続。お粥の上澄みを食べているようなお茶。何なんだろう、不思議だ。
a1_201706180656077bc.jpga2_20170618065609c15.jpg
a3_201706180656106f5.jpga4_20170618065612dc0.jpg
a5_20170618065613015.jpga6_201706180656154ff.jpg
a7_201706180657119f0.jpga8_20170618065712215.jpg
a9_2017061806571434f.jpga91_201706180657152b6.jpg
a92_20170618065718f0f.jpg
□氷水出しに始まり、最後は熱湯で飲みましたが。3gで楽しみすぎだ。
●美味いって何だろう?
●お昼に小僧と久しぶりに、来来亭へ。チャーハンを久しぶりに食べたけど美味かった。何というか、懐かしい味? 結局、ジャンクな味、ってことなのかな。ジャンクな味で育った舌世代にとって。
b1_20170618120205ec8.jpg
b3_201706181202102f1.jpg
□ラーメンもワンタン麺にしてしまった。なぜか、ワンタン麺好きなんだよなぁ。これもジャンク舌のせいかなぁ。
●夕方、また乾燥を試みる。時間の延長の影響性、外観香気は悪くない。乾燥と火入れ。このバランスなのか、連続性の問題なのか。そして、含水率と吸水性の影響とは。まぁ、お茶は色々と試している時間が一番楽しい。
●渡辺満里奈[著]『甘露なごほうび②』【2005年,㈱マガジンハウス,\1,700+税】。夕焼けにゃんにゃん、おニャン子クラブ、ど真ん中の世代だからなぁ。
a3_20170618054128354.jpg
●明日は藤枝発で夜まで仕事。
[ 2017/06/18 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2017年6月17日(土) 床屋へ行って、お茶を飲んで

●今日は暑い一日でした。朝から床屋へ。もう40年近く通っている床屋さんなのですが、床屋の方も歳を取って、後継者もいない、という事で、今後はかなり厳しいとの話を聞いてしまいました。さて、どうしよう、という事になっていくのです、どの業界も。
●昨日お尋ねした茶農家さんで、今年品種茶を単品製造して販売商品にしたのでみて、と言われて4種渡されました。蓋椀を使って、水出し、お湯出し、お湯出し、で1種を3回飲んで、外観や香気、滋味等を確認。感想をまとめて、メールで送付。山の息吹が柔らかい味わいでよかったなぁ。いなぐち、は硬い感じが、お茶の樹、て感じで。さやまかおりは、茶碗に残った香気が発酵茶のような感じで、聞香杯で淹れると楽しいかな、と。つゆひかりは、相変わらず、どっしりとした重みのある味わい。ただ、山のお茶に慣れた口には、ちょっときつかったかな。そんな感じの感想文でした。
a1_20170617200739ba4.jpga2_20170617200741cf9.jpg
□山の息吹。やや火香を感じますが、味わいは柔らかくて、甘い。
a3_20170617200742ba1.jpga4_20170617200744c89.jpg
□いなぐち。硬い、というイメージ。硬葉という事ではなく、お茶の樹、というイメージ。自分が作るなら、芯揉みしてみるイメージかな。
a5_2017061720074530e.jpga6_201706172007469c1.jpg
□さやまかおり。さやまぽくない柔らかい甘みのお茶に。蒸しが良い感じなのか。その分、香味は、聞香の方で強く感じました。
a7_20170617200748669.jpga8_201706172007502fb.jpg
□つゆひかり。どっしりとした味わいで。少し、7132が前に出てくる感じかな。今年の気象が影響しているのかなぁ。
●こうやって飲んでみると、皆違うのは確か。あとは、それをどう伝わるように言葉にするか、だなぁ。
●一方で、低温乾燥させて、荒茶臭さを除いた液肥茶を、蓋椀やグラスで飲んでみる。柔らかい感じになったけど、やはり、茎が強いものは、後から、青さを感じるなぁ。個人的には好きな香りなのですが。
b1_20170617201358bd9.jpgb2_201706172014012d3.jpg
b3_20170617201402ea8.jpgb4_20170617201403ab8.jpg
□蓋椀の氷水出し。16号㊦18号㊤。絵面はいいんだよなぁ。
c1_201706172015599e1.jpgc2_20170617201601394.jpg
c4_201706172016067b1.jpgc3_20170617201604643.jpg
□グラスのみも好きである。こちらは、18号㊦。細かい、けど味わいは深い。
●茶工場の再編というか、合併というか、そんな事もあったりする方向なので、その関係の資料をまとめていると一日が過ぎてしまう。なかなか数字づくり、も面倒だ。
●渡辺満里奈[著]『甘露なごほうび』【2003年,㈱マガジンハウス,\1,500+税】。BOで購入。時代を感じる著者であるが、美味しい話のエッセイは嫌いではない。
IMG_0002_20170617202129c8f.jpg
●明日までに資料を作り上げないと。
●とりあえず、仮完成。メールで送付して、判断を仰ぐなり。
●そして、また実験。火入れに関する疑問から、電子レンジ(マイクロ波)の最低出力(自宅のレンジは、100W)で、長めの物体温度低温での乾燥を試行してみる。通常長くても5分程度だったのを15分やってみると、・・・。悪くないんじゃないのかなぁ、明日、また追加試験を。
c5_20170617201605a6a.jpg
●やばいなぁ、色々とやばい。頭もおかしくなっている。




[ 2017/06/17 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2017年6月16日(金) 今週は遠かった(ノД`)・゜・。

●今週は磐田行きが多く、職場が遠かった。
●今日も現場回り、上から下から東まで、と行ったり来たりで車の運転時間が長い長い。
a1_20170616213303b8f.jpg
●お茶を頂きながら、経営体の取り組みの話を2時間ほど。そして、Nさんはとっつきにくい人だと思っていたけど、話をするとそんな事はなかった、と面と向かって言われた。そうか、そんな奴なんだ、私は、と自覚させられるのであった。
●色々と仕事がたまり、更に二か所の職場を毎日行ったり来たりもあるため、いつも仕事荷物を抱えて、帰宅の途へ着かなくてはいけない。その荷物が今日は馬鹿みたいに重い。
●帰りの新幹線ホームで既に動くのも嫌になっている自分。金曜日だと言い聞かせて。
a2_20170616213304abb.jpg
●明日は休み。床屋へ髪を切りに行かないと。もみあげの白髪がどうしようもなくなっていて。海原雄山か。
●それでも、休み。嬉しいなぁ。久々にフルで休みます。
[ 2017/06/16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2017年6月15日(木) 月の真ん中

●今日は藤枝発で、午前もお昼も夕方も農家さんをお尋ねして、事業の話とか施肥の話とか、色々と。これはこれでいいのですが。
●仕事は仕事。それでも、それだけではつまらないので、施肥の話、液肥の話を会話にブッコンで興味を持った方には説明を入れたりしています。一番茶期と同様に、雨が降らない二番茶期。さて、このままだとどうなるお茶の樹。そんな事を思いながら、液肥処理をお願いした地名茶園を又見に行かないと、と。
a6_2017061520563999a.jpga7_201706152056409e2.jpg
a8_20170615205641023.jpga92_20170615205643750.jpg
a98_20170615205645666.jpgb2_20170615205646138.jpg
□一番茶の時。
aa2_201706110908525b0.jpg
□そして、16号㊦18号㊤だけのお茶を、お抹茶こんどう、さんで淹れてもらった。良い絵面だ。
●そんな妄想ばかりですが、やっぱり、お茶葉楽しいです。
●明日は金曜日ですが、磐田からの仕事です。
[ 2017/06/15 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2017年6月14日(水) 進まない仕事と掛かってくる電話

●今日も磐田へ。通勤の乗り換え乗り換えは、時間に縛られた感覚を脱却できず、行くだけで疲れが蓄積する。
●仕事は仕事で、事務所で、事業計画書のデータ整理をクドクド繰り返しながらやっているけど、うまく数字がつながらない。頭悪すぎである。
●色々と前を向いたり、検討したり、の電話が一日の中で何本も掛かってきて。その思いになかなか応えきれない自分に、・・・。気持ちが下がるなぁ。本当に頑張らないといけない。
●帰りは7時に事務所を出ても、まだ夕焼け状態。でも、バスがなかなか来ないんだ。時間通りに来ないバス。
a1_201706142212212cc.jpg
●そして、新幹線駅(掛川)に着くころには真っ暗に。
a2_20170614221223116.jpg
●ここで、新幹線の20分待ち。静岡までの乗る時間は13分。そして、乗る車両は、いつも2。微妙。
a3_201706142212268c7.jpg
●結局、一日でどこまで仕事が進んだか、というと三歩進んで二歩下がる状態。明日は藤枝発の仕事なので、ジム仕事が回せないんだよなぁ。金曜日も磐田へ行かなくては。
●青木幸子[作]『ぴりふわ①』【2017年,㈱芳文社,\590+税】。お茶の話から、スパイス&ハーブの世界へ。
IMG_0004_20170611091257f44.jpg
[ 2017/06/14 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2017年6月13日(火) 現場回り色々

●今日も磐田行き。何でこんなに遠いのだろう、と真面目に思ってしまう。
●菊川と森、そして袋井の現場へ行って、事業関連の調整やら確認やらをしてきました。
●お昼は、森町の小國神社の傍でお茶屋さんが経営する「おにぎりランチ」を。これで540円はお得だった。味噌汁が具沢山で美味しくて。そして、おにぎりもGOODでした。
a1_2017061321562728f.jpg
a2_20170613215628423.jpg
□小鉢とデザートがつかない、324円ランチもあったので、そちらでも良いかも、と思いました。
●まぁ、現場は良いです。でも、仕事がたまる一方で。回らないなぁ。そして、遠いなぁ。帰りの新幹線、15分しか乗らない新幹線でもそんな事を思いました。
a3_2017061321563094f.jpg
●今週は、明日もう一日磐田行きです。木、金は、藤枝予定。
●石川拓治[著]『天才シェフの絶対温度』【2017年,㈱幻冬舎,\690+税】。この感覚、ってすごく大事だと思う。粗揉機での製造で、茶温の0.1℃の動きに反応して、熱風温度を2℃単位で調整するのは多分私だけなんだろうなぁ。それ自体を気にする人があまりいない、のも実際。その感覚でつくられれば、それは差を感じないはずだ。と、色々と思う訳です。
IMG_0002_20170611091256eaa.jpg
●三日連続の磐田行きで疲れはピークの水曜日になりそうです。
[ 2017/06/13 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2017年6月12日(月) 久々に

●一週間ぶりに磐田の職場へ。2事務所を広域でやっているとこんな事もあるんだ、とは思うのですが、行くと色々とたまっていて、ちょっとなぁ、困るなぁ、と思う訳です。
●そして、一日、色々と調整して、資料作成して、をやって、明日からも少し連日磐田勤めで、こっちの仕事をこなさないと。
●帰りは、ほぼ定時に帰路へ。明るいうちに、駅まで歩きます。
a1_20170612205725e9d.jpg
●それでも、帰宅には2時間掛かります。遠いなぁ。
●木村俊介[著]『料理狂』【2017年,㈱幻冬舎,\580+税】。本物のプロ、っていうのは、やっぱり、オカシイ位でないとダメなんだなぁ、きっと。
IMG_0001_20170611091252905.jpg
[ 2017/06/12 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2017年6月11日(日) 専用冷蔵庫が欲しい

●昨夜のお酒は美味しかったのですが、終電帰りの上、朝から町内の公民館掃除。ボロボロです。
●その上で、冷蔵庫に入れておいた新茶数々が、水浸し被害に遭遇。朝から家庭内も不穏です。あー、お茶専用の冷蔵庫が欲しい。本当に保管場所に困ります。
●仕上げ方、産地、飲み方、色々なパターンを目に見える形で比較すると、やはり、お茶は大変面白い。色々な事を考えてしまいますが、結局、昨夜は酔っぱらっていたしなぁ、と。それにしても、尺のあるお茶の啜り飲みはいいなぁ。
aa2_201706110908525b0.jpg
□16号抜き㊦、いわゆるトビ。でも、しっかり揉んであるお茶は美しさと優しさを兼ね備え。ただ、荒茶なので、青みを感じるのがプラスかマイナスか。
aa1_20170611090850177.jpg
□3種の並び。産地による原葉の違いも明らかな。こんな飲み方をお酒を飲みながら、チェイサーでお茶を飲む。楽しすぎ。
●いい経験をさせてもらいました。また行かせて頂こう。
●昨日のお酒が内臓に来たのか、食べ過ぎたのか。一日フラフラっとした感じで過ごしてしまいました。暑いし。
●お昼は子供のリクエストで久々の回転寿司。あさりうどんが身体に沁みました。
a1_20170611195111a82.jpga2_2017061119511352c.jpg
a3_20170611195114d21.jpga4_20170611195116681.jpg
a5_20170611195117442.jpga6_20170611195119c22.jpg
●明日は久々に磐田に出勤。色々と溜まっているんだろうなぁ。たまりません。
●木村紺[作]『巨娘④』【2017年,㈱講談社,?】。ギャグもいいが、やっぱり「からん」のような話をまた描いてもらいたい。
IMG_0003_201706110912568dc.jpg
[ 2017/06/11 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2017年6月10日(土) 仕上げを手伝う

●今日は清水の衆が、川根本町茶品評会に出品するお茶の仕上げ調整のお手伝いです。とりあえず、色々と話をして、お茶をみて、思う事多々ありますが、今日は写真だけ。
a1_20170611005348c88.jpga2_2017061100534985d.jpg
a3_20170611005352b2d.jpga4_201706110053533e4.jpg
a5_20170611005353072.jpga6_20170611005355d0c.jpg
a7_20170611005451a24.jpga8_2017061100545397f.jpg
a9_20170611005454d1f.jpg
a91_2017061100545584c.jpg
●そして、朝から夕方まで、お茶にお付き合いした後、お茶農家さんに誘われて、静岡市駿河区の「お抹茶こんどう」さんへ。飲み屋さんなんだけど、お茶に物凄くこだわっていて、という話を聞いていたのですが、実際に飲みながら、拝見、お茶評価している店主とお客って何だろう?という位、楽しかったです。これも、とりあえず、写真だけ。
b1_20170611022139ece.jpgb2_201706110221413cd.jpg
b3_201706110221429ed.jpgb4_201706110221446be.jpg
b5_20170611022145ae6.jpgb6_20170611022147eb2.jpg
b7_20170611022246404.jpgb8_20170611022247ebe.jpg
b9_20170611022249df0.jpgb91_201706110222503dd.jpg
b92_20170611022252af6.jpgb93_201706110222549c3.jpg
b94_20170611022425765.jpgb95_20170611022427d8c.jpg
b96_20170611022428c64.jpgb97_20170611022430c66.jpg
b98_20170611022431cb7.jpgb99_20170611022433e1c.jpg
□何を自分達で持ち込んだお茶を飲み、評価?
b991_20170611022627db3.jpgb992_20170611022629168.jpg
b993_20170611022630b6b.jpgb994_201706110226322a4.jpg
b995_20170611022633d34.jpgb996_201706110226351f7.jpg
b997_20170611022636af9.jpgb998_20170611022638402.jpg
□最後は、お鮨で〆させて頂きました。
c1_20170611022817ba3.jpgc2_2017061102281826e.jpg
c3_201706110228205b8.jpgc4_201706110228218e5.jpg
c5_20170611022823e79.jpgc6_201706110228241bd.jpg
□お酒も美味しかった。久しぶりにガンッと飲んでしまいました。明日が大変なんだろうなぁ。
●やっぱり、お茶やっていて良かった、て真剣に思いました。お茶お酒を飲みながら。そして、最終電車にも乗れて何とか自宅へ。
●東野圭吾[著]『赤い指』【2006年,㈱講談社,\1,500+税】。何だろう、このトリック、どこかで見たのか読んだような気がする。ドラマ?
IMG_0003_20170604081026235.jpg
●明日は朝から、町内会隣組の公民館掃除です。
[ 2017/06/10 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年6月9日(金) 自分的には、液肥茶互評会、のつもり

●今日は午後から、清水の自園自製グループの一番茶互評会が行われ、その中で、今年の3月に情報提供した液肥茶のお茶も確認する、という事で、自分的には、液肥茶互評会、というつもりで参加。一番茶前に投げ掛けた事をやってくれた方々が集まって。どんなモノになっているのか、また、どんな事を感じてくれたのか。
●とりあえず、午前の時間を使って、会のための資料を何とか作成。本当はもっと突っ込んだ試験や調査をやれたらなぁ、と思ってはいるのですが、なかなか環境がそれを許さない。今日だって、休暇対応だし。誰か、面白い事やってよ、と言いたいけど、期待はしてないからなぁ。
aaa1.png
aaa2.pngaaa3.png
□しかし、こんなモノでも書いて、書き直して、という事をやっていると色々と考える訳です。それが楽しいといえば、楽しいのですが。こんな事ばかりやっていられたらなぁ。
●とはいえ、書いてある内容が、結局、感覚から抜け出せないのが悲しい。違う、のは分かる、自分は分かるのだけど。
●揉んでいて違う。これをどうキッチリと評価に結び付けられる形にするかが、やっぱり、ポイントなんだよなぁ。
a95_2017060909362440a.jpga97_20170609093626268.jpg
a991_20170609093627bc6.jpgb1_20170609093628ae0.jpg
●お茶を揉む、という点から感じられることを明確にできればなぁ。
●そして、清水へ行ってきました。ありがたい事に、結構皆さん処理に取り組んでくれて。でも、差はないよね、わからない位なら手間が面倒、効果が判然としないのは効果がないのと一緒、等等、厳しいご意見を頂きました。今年の状況下では、昨年に比して、差が出にくい状況だったという事は現実ですが、それは言い訳にならない、という事。
a1_20170610001551abe.jpg
a2_2017061000155322c.jpga3_20170610001556b58.jpg
□実行してもらっただけに、期待感とのギャップが大きかったんだと思う。
●とはいえ、でも、そんな話の後に一杯会へ参加し、そこでも色々と意見交換。差はないというけど、同一圃場における比較処理(川根本町地名)では、明らかに差がみられる。でも、それを一般の方が認識、理解できるようになれるのか、という現実の対応の部分が弱いなぁ、と思う訳です。
b1_20170610001556f8a.jpg
b2_20170610001557086.jpgb3_20170610001559bf9.jpg
●そして、その席で意見交換する中で、次の2点の話に。一つは、チャという植物にとって、アンモニアは毒だから、解毒するしかない、という事。その結果論として、テアニン等、アミノ酸への代謝、集積につながるんだ、という事では。そして、もう一つは、硫安処理区における茶芽の硬さ(粗揉で揉み込めてしまいますが)は、やはり、硫酸根によるストレス影響性でしょう、と。つまり、植物のストレス耐性の中で、細胞を硬くする方へ、でも、中身は詰まっている(解毒作用効果)ので、揉み込めてしまう。そんな事が再整理の対象となります。やっぱり、色々な場面で話が出来る事が大きいと思いました。
●そんな意味で、また会へ誘ってください、とお願いし、気持ち良く帰る事ができました。
●東野圭吾[著]『ナミヤ雑貨店の奇跡』【2012年,㈱角川書店,\1,600+税】。BOでしか買わないけど、面白いよな、東野圭吾。BO価格だからか。ちなみに\200の20%off。
IMG_0001_20170604081024e50.jpg
●明日は、清水のお茶の品評会出品茶調整のお手伝いです。
[ 2017/06/09 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年6月8日(木) 今日も今日とて、人と話して、整理して

●あー、今日も藤枝発ですが。忙しいです。
●雨の中、午前中から牧之原回りして、一旦事務所へ戻り、また夕方の時間から牧之原回り。そして、夜会合で打ち合わせ。なかなか一日、喋りーの、聞きーの、と忙しい、そして疲れる一日でした。
a2_2017060822583337d.jpg
□そして、疲れがピークで、思わず、マンゴーかき氷、アイス乗せ等を頼んで食べてしまいました。思わず、美味い。
●昨日よりは早めに家に帰れたものの、明日の互評会用の資料、しかも液肥感れの資料が出来ていないため、今から急ぎ作成。あー、終わらない。
b2_201706082306520f3.jpg
□とりあえず、2ページ目を作成中。施肥方法を入れて、何とか両面2枚に修めたい。
●それにしても、眠い。昨日の睡眠不足が祟っている。
●東野圭吾[著]『夢幻花』【2013年,㈱PHP研究所,\1,600+税】。植物とか、その謎とか、由来とか。大好き。だからこそ、今の道を進んでいるのか。でも、逆か。謎好きがたまたま、植物方面へ行った、と。
IMG_0002_2017060408102543a.jpg
●明日は午前中は資料作成。午後から、互評会へ参加。
[ 2017/06/08 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年6月7日(水) 夜まで、そして午前様ギリギリ

●今日は藤枝発ですが、夜は掛川で。話すことが次につながるなら、・・・、話しますよ、いくらでも。
●昼間は、牧之原から森町まで、そして夜は掛川へ。次を見据えて、という話をさせてもらいましたが、やはり、今が何とかなっている所ではあまり響かないようで。もっと前向きな話をしてもらいたい、位の事を言われました。それでも、足元を見てから前を向いても遅くないですよね、と言わせてもらいましたが。まぁ、こんなもんでしょう。
a1_20170608000454fb9.jpg
□仕上げ調整した品評会出品の深蒸し茶をみせてもらいました。こんな風なんだなぁ、と。
●何にしても睡眠時間を取らないと。明日も藤枝発、というのが有難いのではありますが、やはり夜まで仕事。
●ジョン・ダーントン[著]嶋田洋一[訳]『ネアンデルタール』【1996年,㈱ソニー・マガジンズ,\1,800+税】。起源とは、真実とか。それがエンターテイメントでもいいから。そんな話、好きです。
IMG_0004_20170604081029ca4.jpg
●昨日抜いてきた16号㊤を見てみましたが、いいじゃない、と思ってしまうのですよ。
a3_20170608001247a08.jpg
□16号㊤ですが、完全に出物扱いです。贅沢。
[ 2017/06/07 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年6月6日(火) 仕上作業で色々と思いました

●品評会出品茶の仕上げ作業を篩のみ、でやる、というパターン。篩抜きでどこまでやれるのか、という作業です。
a1_20170606225629d65.jpg
□こんな作業で。
a2_20170606225631942.jpga4_20170606225633081.jpg
a3_201706062256343c3.jpga5_2017060622563617e.jpg
●篩の番手を替えて、色々と抜いてみました。とりあえず、16号㊤㊦で、㊤が25~30%位。そこは使えないので、㊦を20号で篩って、その20号下を抜きではなく、回しでやってみたり。その結果として、20号抜き㊦を20号回しでやって、15~20%。
●液肥やぶきたと液肥おくひかり2種の3ホイロが3kgずつ。それらから、町品用3点(1kg)と参考出品用2点(0.45㎏)を作りました。
●18号抜きしたり、16号㊦18号㊤を作ったり。トビはそのままで残して尺ぽくしたり。やっぱり、今の製造なら十分抜けるし、やっぱり、16号㊦でも、大きく見えてしまう。そんな意味で、色々と考える訳です。品評会がどうのこうではなく、如何に、お茶をつくるか、という事を。
b6_20170606230342079.jpg
□結局、5種作りました。
b1_20170606230335b62.jpg
□16号㊦20号㊤。20号㊦回しは除く。液肥やぶきた。
b2_201706062303370ab.jpg
□18号㊦20号㊤。20号㊦回し㊤は合わせ。液肥おくひかり・硫安。
b3_201706062303394bc.jpg
□16号㊦20号㊤。20号㊦回し㊤は合わせ。液肥おくひかり・硝安。
b4_20170606230340bf4.jpg
□20号㊦回し㊤。液肥やぶきた。
b5_20170606230342cc1.jpg
□16号㊦18号㊤。液肥おくひかり・硫安。
●20号抜き㊦回しでも、十分尺があるお茶が作れる、と思うのです。後は、本当にどれだけ抜けるお茶ができるか、ですが。30%まで持っていけたら。でも、できそうだけど。
d2_201706062310392e0.jpgd3_20170606231039ce4.jpg
□拝見しましたが。旨いんだよなぁ。でも、やはりそれぞれ違っていて。硫安が、トマトの匂い(玉露の審査拝見の時に感じる奴)がして、やっぱり、アミノ酸香なのかなぁ、と。あとは、今年はやっぱり、回数を重ねた方がしっかりと味に反映されている感じ。やっぱりタイミングあるんだろうなぁ、と。
●さて、そんな、液肥おくひかり圃場で、二番茶に向けた処理をしてもらっていますが、この生育では、早くても、7月に入ってからの摘採だなぁ、と。
c1_20170606231032cfb.jpg
c2_20170606231033b3c.jpgc3_201706062310365cd.jpg
□二番茶の萌芽ってよく分からないけど、でも、まだまだ、ていうのは分かる。とりあえず、硝安処理してもらってますが、タイミングで硫安に切り替えてもらおうかなぁ、と。
●そんなこんなで何とか仕上げ調整作業を終わった頃、上で、JAの共販委員会の一番茶互評会をやっていたので、覗かせてもらって、皆さんいらっしゃたので、色々と話をさせてもらいました。良いタイミングでした。
e1_201706062310410d7.jpg
●それにしても、やっぱり、20号抜き㊦、そして、それの20号回し㊤、は、ありだなぁ、と思う。このお茶を見ていると。
d1_201706062310369b7.jpg
●夜は、清水で共同工場の方向性検討。昨年度からの積み残しで、関わりも責任もあり、出席。色々とありますが、前へ進める形になってくれれば、と思う所です。
●高橋仁[著]『運命のバーカウンター』【2013年,㈱幻冬舎,\1,400+税】。組織というか、会社というか、起業の在り方。とはいえ、目的が一番大事ではないのでしょうか。
IMG_0005_2017060408102994e.jpg
●明日も藤枝発。明日、明後日は、牧之原回りですが、明日の夜は掛川で、茶工場どうしますか?という話をする場面ありで、今から胃が痛いです。チキンなので。
●それにしても、20号㊦と16号㊦のお茶の違い。本当はどちらも悪くない、悪くない。でも、どこを目指す。何を目指す。
aa1_2017060623340065f.jpgaa2_20170606233402d6a.jpg
□やっぱり、ぱっと見では、20号㊦には見えない。当たり前に尺があるし。
[ 2017/06/06 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年6月5日(月) 今週は忙しいぞぉ、そして眠たい、眠たい

●今週は磐田から開始。でも、事業関係で牧之原地域関連で忙しい一週間となりそうです。それとは別に、夜仕事も立て込んでおり、という感じですが。でも、品評会茶仕上げ調整と、液肥茶の互評会はしっかりと押さえて。
●磐田の事務所へ着くともう一仕事を終えた疲れが。今週の打ち合わせ用等資料の作成を半日ちょっとやって、午後から森町へ。30代の若い茶農家さんのお話を聞き、元気をもらいました。お茶が好きだからやっている、という言葉が本当に重たい、と感じます。その視点がないと、やってられないなぁ、と。
●帰りは、バスには乗れたけど、その後の電車から新幹線のつなぎが悪く、結局、電車で静岡まで。1時間グタグタと電車の中にいるのが何とも遠いなぁ感を醸し出します。
●日が伸びて、七時前は明るいのに、帰ってきたら真っ暗。そんな職場へ通う毎日(毎日ではないけど)。いつまで続くかなぁ。
a1_20170605211314149.jpg
□自宅の前の巴川の様子。空が曇って来ていて。明後日は雨みたいだし。
●明日は藤枝発。川根へ足を伸ばします。
●中村航[著]『あのとき始まったことのすべて』【2010年,㈱角川書店,\1,400+税】。やさしい、そして、懐かしい、そして切ない、そんな話をこの歳になって読むと、ついつい涙腺が緩くなってしまう。
IMG_0006_20170604081030032.jpg
[ 2017/06/05 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年6月4日(日) 仮装

●息子の高校では、仮装、という行事がある。自分がいた頃から、というかそれ以前から、ずっと、続く行事だ。見学に行ってきました。相変わらず一年生の仮装はグダグダで。でも、これが二年、三年になると、かなり見ごたえのあるものに変わっていくのだが。
d1_20170604162104600.jpg
●お昼は、街で、辛いラーメンを食べたいという奥さんの希望で、辛いラーメンを食べましたが、そんなに辛くなく、奥さん、文句ブーブーでした。私的には、別に、という感じでしたが。
b2_201706041620475e0.jpg
b4_20170604162048bd1.jpgb1_20170604162043d5d.jpg
b3_2017060416204656f.jpg
□辛いつけ麺に、チャーチュー丼を付けて食べました。チャーチュー丼がしょぼい。
●それから、伊勢丹8Fで静岡フェスが行われていたため覗きに行って、G8が出展したいたので、和紅茶とフィルターインボトルを買ってきました。
●そして一日が終了。
●家では、今年のお茶を出してみて、という繰り返し。お茶がありすぎて、本当は、次々に飲んでみたいのに、飲みきれないと思ってしまうと、開けられない。
a2_20170604075211a5b.jpg
□何て言うのか。荒茶なんだけどね。香りは清々しいし(硝安の方が、色が明るいのだよね。硫安が濃緑としたら、硝安は鮮緑、という表現なのかなぁ)。その技術的な差を明確にできたらなぁ。
●先日、そんな話をMさんとしたのだけど、やっぱり、硝安は、Nだけで、硫安は、SO4があるから、そのストレス性とか障害性とか、そんな影響なんですかね、みたいな話。さらに、硫安の生葉の方が、青白い感じ、というか。まぁ、感じ感じではなく、それをキッチリと数字に落とし込んでいかなくてはいけないのですが。
a3_20170604075213a9b.jpg
□しゃっきりポンと伸びた茶芽。早く仕上げてみたい。
●明日は磐田からの仕事です。
●河合単[作]『銀平飯科帳⑤』【2017年,㈱小学館,\552+税】。美味い、と言えるモノを食べたい。
IMG_0002_2017060120503171c.jpg
[ 2017/06/04 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2017年6月3日(土) 49歳

●語呂の悪い数字だ。4と9だもの。そんな歳になってしまいました。
●今日は土曜日、誕生日だが、普通のお休みと変わらない。少し家回りの雑草処理をして、エンチョーとBOへ買い物。
●何というか、年齢だけ見ると、歳を取ったなぁ、としみじみ思ってしまう。気持ちは全然それに付いて行っていないのだけど。上の人の言うことを素直に聞く、腰巾着サラリーマンに徹しようかな、と思う。昨日のように、キレキレで、言いたい事を言って、会議等の場の雰囲気を壊さないような。いや、会議の流れとか、会話の流れとか、で質問をしないとか、黙っているとか、そんな事をすれば、ただただスムーズに流れていく、というのは理解しているんですよ。でも、それでいいのかなぁ、と思ってしまう。でも、そんな事を思って発言するのは私だけ、という状況を見ると、やはり、黙っているべき、なんだろうなぁ。お・と・な、になりましょう。四九、④⑨だしね。もう。
e8_20170603174116492.jpge91_2017060317411579e.jpg
e7_20170603174113de0.jpge93_201706031742210db.jpg
aaa1_20170603174112174.jpg
●大丈夫。お茶に触っていられれば、幸せ、だから。
●みずしな孝之[作]『いいでん!④』【2016年,カドカワ㈱,\980+税】。いつの間にか終わっていた。残念。
a1_201706012050294b3.jpg
[ 2017/06/03 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2017年6月2日(金) 行って戻って、遠い、そして、なぜ私は、やめちまえ、と言うのだろう

●遠い、そして、半日で戻ってこないといけない、と分かっていながら、朝から磐田へ向かわなくてはいけない。考えろ、自分。
●そして、磐田で書類仕事をした後、静岡のお城へ移動で会議。
●何というか、イラっとする会議で、ついつい、潰しちゃえ、やめさせちまえ、という発言が口から出てしまう。それは、結果論で、過程を放棄しているわけではないのだが、それは皆には伝わらないのだろう。
●一人、イライラ発言で、会議が押してしまいました。申し訳ありません。
●このイライラ感は、男更年期障害なのだろうか。
●来週は、事業関連の調整、計画書作成作業でいっぱいの一杯の感じ。でも、そろそろ、川根本町茶品評会出品用のお茶の仕上げ調整を行わなくてはならない。今年、地名でやらしてもらった、液肥やぶきた1種、液肥おくひかり2種。16号か、それとも可能なら18号で篩きってみたいものだ。楽しみ。
b4_20170603020309b80.jpgc1_201706030203134dd.jpg
b7_201706030203118c0.jpgb93_20170603020313e8e.jpg
□5月7日製造。液肥やぶきた。
a94_2017060302050772c.jpga95_201706030205097ff.jpg
a98_201706030205119b9.jpgb1_20170603020512851.jpg
□5月15日製造。液肥おくひかり・硫安。
●どちらも、抜けそうな感じはしているのだが。
●そして、二番茶は、液肥おくひかり・硝安・被覆、の処理をお願いしているけど、品評会に出品が間に合うかどうかは、生育日数的にはギリギリ。その様子も確認しに行かないといけない。
●仕事の相方の奥様が無事、男の子出産。おめでとう。
●明日は久々の土曜日完全休み。
●倉科遼[原作]ケン月影[作画]『荷風になりたい③』【2017年,㈱小学館,\552+税】。人として、男として、の生き様。人生に自分が満足できるかどうか、それだけだ。
IMG_0003_20170601205033815.jpg
[ 2017/06/02 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2017年6月1日(木) 六月開始

●今日は藤枝発の仕事。午前中は関係機関会議。その中で、お前らの指導が悪いから主旨の発言を受けたので、丁寧に、そうではありません主旨の発言で返す。しかし、本当にイラっとする事が多くて。
●仕事の相方の奥様が出産しそう、という事で、相方は途中帰宅。そのため、会議終了後の牧之原地域の現場巡回対応は一人でGOとなった。行き慣れた方々ばかりのところで、駄話をしながら、本題の事業話をどう進めていくのかの確認をする。3件回って、戻ってきたら、無事生まれました、との相方からのメールが。おめでとう、良かったね。
●事業絡みの仕事量が今週末から来週にかけてアップアップしてくる形になったので、ちょっと仕事の対応スタイルを変えて進めないと回らないなぁ、と。3ヶ月目に突入の試行仕事ですが、いまだにどう回していいのかチンプンカンプンです。
●明日は、磐田発仕事で、午後から静岡で会議。
●福田泰宏[作]『まどからマドカちゃん①』【2017年,㈱講談社,,?】。えーっと、コント? 場面があり、そこでのやり取り。コント?なんだろうなぁ。でも、面白いよ。
IMG_0001_20170528170808b09.jpg
[ 2017/06/01 ] コミック | TB(0) | CM(0)