FC2ブログ

2017年3月2日(木) 雨の日だし、振替休みで

●昨日は、高校生の息子の卒業式。行き先はまだ決定していないが、家を出る事は確定。頑張れよ。
●雨の木曜日。2月の休日出勤の振替休み。4月から6月までの3ヶ月は、ほぼ休みなく、の日々になるので、休める時に休んでおこう、という作戦?なのか。しかし、休むのは苦手である。特に仕事を抱えている時に。
●とはいえ、今月は、液肥関係でお座敷が2件、呼ばれていて、一方、碾茶関係では3件のスライド報告をしなくてはならない。そんな意味でのPP作成の時間に充てよう。
●とりあえずの液肥お座敷用資料。先日のM笠会でのディスカッションやK先生の講演聞いての響き等で、一部資料の修正。Caの話を突っ込むかどうかはまだ自分の中で整理しきれてない(あるいは実処理対応、実経験できていない)ことから保留。とはいえ、樹づくりの部分も、もう少しキッチリと適正性という事に対してしてかなくてはいけないなぁ、と思う訳です。
aa1_20170302024616960.jpgaa2_201703020246173cc.jpg
aa3_201703020246198ae.jpg
●PPのスライドも少し見やすい形に修正。その一部に入っている秋施用N18kgの春先のLPでの立ち上がり。これをどう解釈するのか、自分としても追加試験が出来てないので、どうにも扱いに困っている部分ではあるのだけど。とりあえずは、冬越し肥料の吸収効果と捉えているが、あるいはシンク充足状態がN12㎏と異なり、その結果としてソースとしての供出性が高まったのか。秋肥と春肥の話は、その目的性、効果性の違いは明らかだと自身でも確認しているが、一方で、樹体充足のレベル、茶樹の在り方等についての整理はまだまだ出来ていない。充足した茶樹なら春肥は本当にいらないのか。K先生の提示に対して、どう自分の答えをつくっていくかが今後の課題です。
bb4_20170302025331dd8.jpgbb3_20170302025330dd1.jpg
□樹体充足をどう考えるか。とりあえず、基本整理の上で応用に。
bb1_20170302025326446.jpgbb2_2017030202532869e.jpg
□液肥の話。川根本町農林業センターのK場長の協力があってこそ、今の確認が出来ている。今年の茶期においても、おくひかり以外にも、とお願いをしてしまった。やぶきた、への効果。そして、単純化、省力化。そして、それで出来たお茶がゴールではなく、スタートとして、次のステップへ(アミノ酸とか、有機とか)進む事を思いつつ、まだまだお茶に関わっていくんだ、と思うばかり。
cc991_20170302030010cd9.jpgcc992_20170302030011dd7.jpg
●とはいえ、来年度以降、今の職場の体制も大きく変わっていくようで。その中で、仕事、として、どこまでお茶現場に関わっていけるのか。それが難しいようなら、今までは仕事の中で対応していたお茶の部分を、仕事は仕事と割り切って、自身の時間をお茶に振り分けていくだけだと。多分、そうするしかないのだろう。結局、ペーパーでしかモノを見れない人が組織を見るので、その結果として、今のような職場の人間は排除されていくのだろう(何をやっているのか分からないから)。それが自身の首を絞めるとも気付かずに。でも、そうでないと組織で上へはいけないから。現場を見ていたら、自身が排除されてしまう、そんな組織だし。
●とはいえ、お茶に関しては自由でいたいので、今まで通り、現場へ現場へ。そして、お茶にふれながら、真実を見つける形で。
ee8_20170302030718db6.jpgee95_20170302030719002.jpg
●澁川祐子[著]『オムライスの秘密 メロンパンの謎』【2017年,㈱新潮社,\590+税】。この料理って?という事に対しての答えを短いページで出してくれる。面白い本だ。
IMG_0002_2017022214564214f.jpg
[ 2017/03/02 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)