FC2ブログ

2017年3月31日(金) これで短い清水のお茶の時間も、おしまい、・・・

●清水茶産地でのお仕事最終日。2年間は短すぎだ。やっと仕掛けに乗っかってくれる人達が出てきて、また、頑張っている若い子達が結果を出したり、面白い事に取り組んだりと、一緒にやっていて楽しくなっていたのに。
●結局は、組織で生き残る術を学びなさい、という事なのだろう。でも、私は私。どこへ行っても、やる事は、やはり、お茶を面白く楽しみたい、という事だ。そして、最高のお茶を目指して。
●そして、最終日の仕事。回ってない。しかも、終業時間ギリギリで持ち込みがあり、マジッすか、という感じで最終日も時間外での仕事をやって(>_<)。
●そして、課の送別会。勿論、自分持ち。それでも、この課は楽しかった。自由だった。もう、こんなメンバーになる事はないのだろう。益々住みづらい職場になっていくのだろうけど、いつまでも、やはり、自由でいたい。
a1_2017033122272425a.jpg
a2_20170331222725793.jpg
a3_20170331222726209.jpg
a4_201703312227276ee.jpg
□軍鶏って美味しいんだなぁ、と。
●明日、やっぱり、職場へ行く。4月1日だけど。勿論、片付かない旧所属へ。
●鳴見なる[作]『ラーメン大好き小泉さん⑤』【2017年,㈱竹書房,\580+税】。ラーメン大好き、そして小泉さんの食べっぷりも好き。今度はアニメになるんだなぁ。
IMG_0004_20170330202759d6e.jpg
●今回の異動は予想外でした。そして、そこに嵌まるのか、という職場、職域に。でも、それを逆手にとって、自由にやる、自由に生きる。やっぱり、お茶好きだから。ブログの題名も素直に「山のお茶好き日記」に変更です。
[ 2017/03/31 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2017年3月30日(木) 引継ぎ

●今日がギリギリの仕事を昨夜は朝の4時半までやっていたので、眠い(T_T)。でも、今日は、自分の仕事の引継ぎなので、とりあえず、職場へ。引き継ぐ相手は、この職種の大先輩で、今回、退職されての再任用という事で、私の後仕事をして頂く形に。
●現場もよく知っているし、お茶の技術的な事にも卓越していらっしゃるので、心配する事はないのですが。とはいえ、お渡しする仕事が、表の書きっぷりはいいし成果も出る形にしてあるけど、裏ではドロドロした問題点山積みの事ばかりで。そんな裏の話ばかりを引継ぎでは伝える訳で。あとは、引き継いだ方の判断で、いいようにして頂ければ。
●事務文書引継ぎを1時間半ほどやらして頂いてから現場へ。会いたい方々にお会いして話ができたので、良かった。
a1_20170330202316ee9.jpg
□お茶を頂きながら、1時間ほど。やはり前を向いた子達の話はいい。前へ進むはずだ。
●お昼は、山の中の数少ない食事処で、チャーシュー麺食べました。本当に昔ながら、のという味でした。
a2_2017033020231981c.jpg
□美味い、不味いではなくね。
●そして、まだまだ片付かない仕事も含めて、明日一日だけとなってしまった。持ち帰り荷物も山ほどあるし、それなのに明日の夜は、課の送別会を、送別される人間からも会費取ってやる、て言っているし。まぁ、最終日もドタバタになりそうです。
●西川魯介[作]『まかない君⑤』【2017年,㈱白泉社,\571+税】。何だか作って食べるだけの漫画に落ち着いてしまったようだ。
IMG_0002_201703302027523ff.jpg
●今日は眠かった。特に5時を回ってからがひどかった。人間、やはり睡眠は必要だ。明日が年度最終日。そして今の職場の最後の日、である。
[ 2017/03/30 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2017年3月29日(水) カウントダウン、やばい

●カウントダウンが鐘の音が聞こえているのに、さっぱり進まない仕事の片付けと引継ぎの準備。今日も今日とて午前中は、茶工場方向性の関係機関打合せが入って、また、午後からは、今回の異動に絡んでの、お城呼び出しでの、今度の仕事は何やるのレクチャー&プレッシャーストレス、の打合せでした。そして戻ったら、明日のこちらの仕事の引継ぎの書類準備と、今週の会合報告書づくり。
●事務所に9時までいたけど、本当に眠くてしょうがなくなり、退散。家に帰ったら、息子のパソコン設定で2時間。メールアドレスの設定やgmailの同期が本当によく分からないし、色々なパスワードを設定させられて、ゴチャゴチャになってしまうという混乱。
●何とか終わってから、やっと、こんなの書いていますが。明日までに一つ書類をあげなくてはならず、とりあえず、今からやります。
●金明哲先生の『Rによるデータサイエンス第2版』。このRグラフを見ていると、何となく分かった気になるのですが。第1版は本当にRを知る上では勉強になりました。これも勉強せねば。ただ、今度の仕事では、あまり関係ないのかも。
IMG_0001_20170329235431d58.jpg
[ 2017/03/29 ] 統計 | TB(0) | CM(0)

2017年3月28日(火) 今日はまた引継ぎで、そして夜会議

●時間がないのに、今日は引継ぎで藤枝へ。そこから、現場の牧之原まで前担当に案内してもらって。先日の磐田と異なり、この地は、20年前、10年前と関わってきた管内なので、現場へ行っても、知った顔で、色々と話をさせてもらいました。お茶もそれ程早くは始まらない様子のため、四月になったら、お茶前に、再度お話聞きに来ますと約束をして。そんな引継ぎの日でした。
a1_20170328230247995.jpga2_20170328230250ba9.jpg
●夜は夜で、昨日に引き続き、碾茶の会議。H29年度実証圃どうしましょうか、という話でしたが、碾茶栽培における施肥の話になり、かなり脱線時間を取ってしまいました。多肥は現象の要因であり、品質向上の技術ではない、という事。そんな話です。
●気がつけば、あと3日しか残っていない。やりかけ仕事や、昨日今日の報告書関係も、いつやったらいいの、という感じ。明日も午前も午後、別々会議で埋まっているし。来週の新職場での仕事予定もどんどん決めていかなくてはいけないし。完全に回っていないのに、頭の中はグーるグルです。
●早く寝よう。
[ 2017/03/28 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2017年3月27日(月) やばい、やばい、やばい

●異動まで、あと一週間になってしまったのに、片付かない上に、今週は、仕事が何個も入っていて、はっきり言って回らない状態になっている。
●そして、今日は変な天気で、寒い上に、雨が降ったりやんだり。外の圃場巡回をしたりしたので、気持ちも身体も冷え切ってしまいました。そして、碾茶の件で、夜まで会合。これは明日も。
a2_20170327211256f00.jpga1_201703272112537d3.jpg
a3_20170327211257521.jpga4_20170327211258a6b.jpg
a5_2017032721125980f.jpga6_20170327211300073.jpg
a7_2017032721130177f.jpg
□しかし、お茶に触ると元気が少し出る。
●そんな訳で色々な事が終わらないのに、明日は引継ぎで、牧之原まで行ってこなくてはいけない。次の仕事の落とし所がまだ見えていないので、どこまで入りこむべきか、という判断も難しい訳で。成果と実際。それ以上に、お茶時期にお茶に触れるのか、という問題もあったりして、色々と気持ちがペシャンコに押しつぶされていく感じがします。
●お茶時期迎えるのに、気持ちよくないなぁ。大丈夫かな、自分。
●明日も冷え込む予報が、・・・。
[ 2017/03/27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2017年3月26日(日) 片付け、続き

●今日は朝からの雨模様の中、昨日の続きで事務所へ。今日は、やり残した仕事(まだあるのか)と引継ぎ書類関係の整理、作成を進めます。
●この春の時期に雨がシトシト。この雨が肥料の移動に効く?のか効かない?のか。施肥資材、うね間土壌の状態、にもよるのだけど、雨上がりで気温が変わった際の茶樹の色合いは大事だなぁ、と思う。一方で液肥施用をやって頂いている方々の茶園は?と気になってしょうがない。本当は、古葉のLP調査なんかをして、N量の動態を追っかけたりしたいのだけど。揉んで違う、そんなお茶になってくれるといいなぁ。
cc3_20170326081725e42.jpgcc4_2017032608172714c.jpgcc6_20170326081727284.jpg
cc7_201703260817296cc.jpgcc99_201703260817336ca.jpgcc91_20170326082147378.jpg
cc991_20170326081730ff5.jpgcc992_20170326082149189.jpgcc98_20170326081731b30.jpg
□こんなお茶が揉めるのは、勿論、生葉、そして製茶機械。最後に、それらを理解して揉むという事を茶師が考えているかどうか、という点に尽きる。葉打ち、粗揉の感覚を今年も思い出す事ができるか。今から楽しみだ。
●今度の新職場での仕事は、そんな現場でのお茶つくりがどうのうこうの、という点からはかけ離れた事をしろ、という天から声が発令される、と思ってはいるが、自分のお茶に対する原点、基本、根本、がどこにあるか、と言えば、やはり、清水で教わった、お茶を感じながら、お茶を理解する、という所に行き着いてします。経営としての茶業、当たり前に凄く大事ですが、そこに必ず、お茶が好きだからお茶やっているんだよ、と言える、言ってくれる茶農家、茶業経営者の方と一緒に、先へ進んでいきたい、と思っています。
●とりあえず、お茶時期には、お茶揉みテーマパークへGOだ。
●子供と二人のため、仕事から帰ってから遅いお昼を食べに街へ。前から行ってみたかった「立ち食いステーキ」へGOして、サーロインステーキ270gとガーリックライスを食べましたが、美味かった。肉を食べた実感。90gで500円プラス(税抜き)なので、次は360gに挑戦してみようと思う。肉うめっぇぇぇ。
a1_20170326150328a18.jpga2_20170326150330906.jpg
a3_2017032615033496d.jpga4_20170326150333791.jpg
●肉が食べたくなる状況というのは、基本ストレスなのかしら?
●明日は、茶園巡回と夜まで会議だ。引継書まだ出来てません。とりあえず、机の片付けだけ、土日で終わった。
[ 2017/03/26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2017年3月25日(土) 片付け

●今日は朝から事務所で片付け。引継ぎ準備、というよりは、まずは、場所空けのための片付け。色々と問題ある書類が山積みで、いちいちそれを片付けて行きます。
●結局、一日事務所で作業、て感じでした。
●明日は雨みたいですが、明日は、引継ぎ書類を整えないと。
●倉科遼[原作]ケン月影[作画]『荷風になりたい-不良老人指南-①②』。荷風、粋だなぁ。エロだけど。高田純次も粋なんだよなぁ。
a1_20170325184903d2f.jpga2_20170325184900928.jpg
●次の一年職場の事を考えると、思いは色々。でも、私は私だ。お茶がお茶であるように。これだけだよ、本質は。
cc92_2017032518543514d.jpg
●夕飯は息子と二人でスシローに。スシローラーメンを2杯も食べてしまった。美味しい出汁だ。
a0_20170325203436ae7.jpg
□エビ出汁味噌ラーメン。
a1_201703252034384a6.jpga2_20170325203438b5a.jpg
a3_2017032520344016e.jpga4_20170325203441ea5.jpg
a5_201703252034437aa.jpga6_2017032520354859a.jpg
a7_2017032520355030f.jpg
□鯛出汁塩ラーメン。
b1_20170325203552e03.jpg
□こちらはラーメンもあったので6皿で腹パンパンなのに、15皿食べて、更にデザート。つくりが違うなぁ。


[ 2017/03/25 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2017年3月24日(金) 結局は、砂上の楼閣を積み上げろ、という事のようだ

●今日は、新しい職場へ引継ぎのため、今度ペアで仕事をする子と一緒に訪問。遠い。
●初めての産地であり、そして、まともに話した事もない方々を対象に、結果を出せという事のよう。それも、期日は夏までに、という事のようで。結局は、現場を、ではなく、お城を向いた、砂上の楼閣を積み上げて、それが形になって見えればいい、という事みたい。
●それならそれで話は簡単で、砂上の楼閣づくり得意ですから。その中身をどう詰めて行くかは、じっくりと現場で話をしながら進める事になるのでしょう、という事。
●何と言うか、俺、こんな事のために異動?と言いたくなりますが、土日は、お茶揉みテーマパークを渡り歩く予定なので(自由の出入り可の許可も、各経営者の方から頂いておりますので)、それを楽しみに頑張らなくては。
●お昼は新所属の最寄り駅前で蕎麦食いました。
a1_20170324214243fee.jpg
□きわめて、普通。
●来週は、隣りの事務所のもう1ヶ所の産地へ行って、同じ話を聞くと。そちらは、ほぼ、対象が分かっている方々なので、気楽ではあるのですが。ただ、結局は、上を、お城を見ながら、見せる風船と、現場と一緒になりながらその中身を詰め込む作業、それを上手に使いこなせ、という事でしょう、と理解しました。
●期間限定だし、そんな意味で、こんな時に、B型の血は騒ぐのです。
●明日は、職場へ行って、お片づけ仕事を。あと一週間しかいられないのに、来週も目いっぱい仕事入っているし。ふぅぅぅぅぅ、と。
●お茶揉みテーマパーク。すぅげぇぇぇ楽しみ。今年も最高のお茶、揉んじゃうぞ。
a4_201703242148464a7.jpg
a5_2017032421484895d.jpga6_20170324214849f00.jpg
●心がうずく、ワクワクする、そんな時間を早く。
●そういえば、今日は、事務所の送別会でした。ホテルの1ルームを借りての80人位の会でしたが、料理は、・・・。まぁ、場所代という事で。駅が近いので、帰りは楽でした。4月からの定期も買えたし。

[ 2017/03/24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2017年3月23日(木) 最後の奉公

●今日も朝から、残務というか終わっていない仕事処理。片付かない。間に合わない。
●午後からは、S農協の茶業者大会へ。碾茶の話を15分程させて頂きました。最後の御奉公というところですか。知り合いの方々と話をしながら、2年は短いなぁ、と感じています。やり始めた事が結末までいってない、そんなのばかり、というが心残りであり、辛いところですが。ただ、どこへ行っても、色々な事はつながってくると思っています。お茶の事を思っていれば。
a1_20170323204720cde.jpg
a2_201703232047223cf.jpga3_2017032320472373b.jpg
a4_20170323204725908.jpga5_20170323204726de4.jpg
□坊主頭のM君。とっても良い声で話をしてくれました。坊主頭とのギャップがすごいんだよなぁ。
●お茶前に、2-3回、液肥について農家さんに話す機会があったのですが、今日も、もう1回目の処理したよ、とか、やってみるつもり、というような話を聞かせてもらう機会があって。なぜ?という部分は仮説しかないのですが、複数の方が試行してくれる事で、そのブラックボックスを埋める事が出来てくるかもしれない、と思ったりもしています。そんな意味で、新しい職場でも土日休みは、布教の結果を確認するためのお茶揉みだなぁ、と思ったりしています。
●結局、自由にやる、つもりです。面白い事には、人は耳を傾けてくれるのだから。
c6_2017032320530438c.jpgc7_20170323205306adb.jpgc8_20170323205307039.jpg
●お茶に触っていないとおかしくなってしまう、多分。だから、現場へ行ける職場であってほしい。4月からの場所も。
[ 2017/03/23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2017年3月22日(水) 段々と情報が入り

●新しい職場での様子が何となく分かってきたのですが、それでも、まだ何をどうやって、どうしていくのかが、よく分からない。不明。
●一方で、異動に対して、色々なお声掛けを頂き、ありがたいです。また、一緒にやれる日を、近い時間軸で持てるよう、にしていきたいと思ったりしています。
●一方で、異動のための、緩々とやっていた仕事のまとめと後始末。引継ぎのための準備と片付け。今週末まで含めて、ちゃっちゃとやらないと色々間に合いません。
●あー、気持ちばかりが焦ってしまう、イイ歳なのに。
●ゆづか正成[作]『神食の値段②』【2017年,㈱講談社,\620+税】。何だか展開が遅い上に、美味しい感じがしない。何故だろう。
IMG_0002_20170321193131cae.jpg
●明日も、片付けと準備の繰り返し。
[ 2017/03/22 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2017年3月21日(火) 異動決定

●今日、異動が出て、西の方の担当になる事が決まりました。勤め人なので、異動はしょうがない、と思うのですが、2年掛けて、やっと、これから動き出す多々な事をやれずに去るのは何とも悲しい。
●その上で、行く場所が初めての所なので、また一から、農家の人との関係性とか、産地特徴とか、色々な事を構築していかなくてはいけないというのが、物凄く重荷というか、不安を煽っています。
●何でかな、と思わずにはいられないのですが、結局は、抵抗勢力は評価されずに、歩と同じで、使われておしまい、なんだろう、と。
●とはいえ、新しい場所でやるしかないので、やります。が、通勤が乗換乗換で大変。それだけで気持ちがダウナーです。通勤電車の中で何してこう。
●しょうがない。でも、液肥の結果だけは自分で確かめたかったな。
●ムー別冊『消された日本超古代史の真実』【2017年,㈱学研プラス,\700税込】。こんな時はこんなモノで気持ちを紛らわすに限ります。
IMG_0001_20170321193128f15.jpg
●明日からは、引継ぎ等の準備を含めて、今の仕事の整理をしないと。
[ 2017/03/21 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2017年3月20日(月・祝) 追い込み、自分を

●明日の異動を思うと憂鬱ですが(異動があってもなくても、大変で、面倒)、しょうがない、時の流れと思って対応するしかないと。
●一方で、先日講演をして頂いたK先生の発表スライド等を確認しながら、ここは共通、ここは意見違い、ここは勉強なる、等と頭の中身整理。特には、やはり、茶樹の樹づくり施肥の場面でのカルシウムの影響性については、やはり、土壌肥料を専門とされてお茶に限らずで色々な作物を研究されて来られた方なので、素直に勉強になります。
●どうしても、酸性度が強い茶園土壌の場合、石灰(カルシウム)自体を土壌改良剤、酸度矯正剤として捉えがちなのですが(そのために逆で考えれば、カウンターイオンとして、N吸収抑制につながる)、特に夏場、端的に言えば、うね間から過剰に分解放出されるN成分の抑制と、カルシウム自体の吸収による細胞強化という点を、どう可能技術として反映させるか、と思うところです。
●と書きつつ、本当にカルシウム(Ca)の効果性?て、植物整理の本をひも解くとよく分からない?
a1_20170320134309c5d.jpg
□増田芳雄[著]『植物生理学[改訂版]』より。
●結局、Caの存在部位だという事か。その存在量の影響性という事でもないだろうに。カルシウムの過剰存在の影響性という事をどう考えるべきなのか。それとも、それは考え過ぎなのか。
b2_201703201405482e1.jpg
□テイツ&ザイガー[著]『植物生理学第3版』より。
●一方で、テイツ&ザイガーの本を読み返していく中でイイものを見つけた。濃度勾配による吸収量的影響。
b1_201703201405464e8.jpg
●限界濃度というものを、時間レンジとの関係でどう設定するか、そういう事か、と思ってしまう。その濃度勾配と時間との関係性、初期濃度と拡散濃度の展開と、施肥タイミング、品質との関連性。絶対にそこに答えがある、そう思ってしまう。楽しい。
●何とかしたいなぁ。
[ 2017/03/20 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2017年3月19日(日) やっと

●金曜の夜から吞み会続き。やっと、お休みになったなぁ、と感じています。朝のお茶が美味しい。
●つくっていて嬉しくなるようなお茶をつくりたい。気持ちが踊るような。それでいいじゃない、と昨夜の会話を思い出しても、考えてしまう。みんな振り回されてしまっている。本来はそうではないのに。手段が目的化する事で、全てがおかしくなっている。目的のための手段、手法、そうでなくてはいけないと思う。ただ、手段、手法は常に進化、進歩、改善、提案されなくてはならない。あくまで選択肢の一つとしてだが。それは絶対化する事で、思考停止になってしまう、それは間違えてはいけない。
a3_2017031908025244a.jpg
a1_20170319080250da0.jpga2_20170319080251844.jpg
□篩分けはしっかりやるべきだ。火の入り方も異なるし。
●今年のお茶時期に、昨年2-3人だった液肥の取り組みを、5-6人の人がやってくれそうな話。それで、また自身が経験、確認、できる事象が増加し、確信に至る方向に持って行ける。その確信が真実につながれ、そこからの展開は、また五里霧中でない道が開ける可能性が出てくる。本当に楽しみだ。これからのお茶時期に、色々な雑音が入らない事を祈るばかりだが。
b4_20170319080836ce0.jpgb5_20170319080839ecc.jpgb6_20170319080840ffb.jpg
□粗揉でしっかり揉んである揉捻のお茶団子は気持ち良い位に張りがあり艶艶している。弾力もあり、揉める揉める、千切れず揉める、という事。表面に浮き出るのではなく、お茶を弾力をつくる潤滑油のような内部水分の揉み出し。すげぇぇ、と自分でも思ってしまう。
●ブログで、四六時中お茶の事ばかり考えているように書いているが、普段仕事の事を思えば、ほぼそうである。どうしたら、何で、どうやったら、何とか、そんな事ばかり考え、お茶時期を心待ちしている。お茶農家でもないのに、やっぱり、私はおかしい。
cc98_201703190819063d9.jpgcc99_20170319081907ebb.jpgcc991_2017031908190881e.jpg
●誰も思わない、思おうとしない、本質。それを夢想するだけで、それの証明に近づけると思うだけで、何でこうもワクワクするのだろう。そして、それをお茶を揉むという感覚の中で確かめられる事が幸せである。
●合格の二人のお祝いとして、焼き肉喰い放題に。相変わらず自分は食べ方が分からず時間最初の15分で沈没。でも、野菜クッパが思った以上に美味しかったなぁ。それでも、食べるなら美味しいモノを少量ずつが良いなぁ。
b1_20170319213135f4d.jpg
b2_201703192131369a2.jpgb3_201703192131373a1.jpg
b4_20170319213140535.jpg
●明日も休みだけど、職場へ書類の片付けにでも行こうかしら。
[ 2017/03/19 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2017年3月18日(土) 飲み続け

●昨晩は美味しくお酒を飲めました。何と言っても肴がいい。茶園施肥をどう考えるか、という肴。そして、茶樹の生育を植物生理的に考える、という肴。最高だ。
●そして、今日は午前中から、結婚式呼ばれて、また飲んでいます。幸せオーラはストレスを軽減してくれます。料理も美味かったし、お幸せに。
a0_20170318145704b22.jpg
a1_201703181457063e9.jpga2_201703181457079ff.jpg
a3_201703181457087ea.jpga4_20170318145709435.jpg
b1_201703181458068f5.jpg
a5_20170318145758a20.jpga6_201703181458008b2.jpg
a7_201703181458013c9.jpga8_20170318145803776.jpg
□ケーキはウェディングケーキなのですが、本体は訳あって写真は載せられません。とっても素敵なケーキでしたが、味も抜群。甘すぎずのクリームがいいよぅ。
●夜は、夜で、お茶の大先輩の退職記念送別会。色々な意味で先輩にはお世話になっています。また、農業改良普及員というものの在り方を、言葉でなく、実践で見せてくれた方。結局、自分がそれをどう感じ取って、自分の現場に、思いとして活かせるか、に尽きる、という事なんだろう、と思います。
a1_20170318231107afc.jpga2_20170318231108963.jpg
a3_20170318231110470.jpga4_20170318231112e43.jpg
a5_20170318231113b3a.jpga6_20170318231151ff1.jpg
□味は普通。ほどほどに飲みました。そして、2次会でも、ほどほどに飲みました。三次会は、よく考えたら、昼間飲んだっけ、という事で帰宅しました。
●明日は日曜日。子供の高校の教科書購入のお付き合いです。
●21日に向けて、心の準備をしないといけない、と今日の吞み会の席でも会話でも思いました。しょうがないさぁ。
[ 2017/03/18 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2017年3月17日(金) 久々に統計飲み会で、ストレス解消

●今日は朝から、ジム仕事と調整仕事をしています。そして、電話では、ここ2年一緒に仕事をやってきた市の職員の方の異動の話を聞き、残念。まだまだ一緒に面白い事をやれたのに、と思うのですが、もっと言えば、頼りにしていた二人が替わって、果たして今まで通りに仕事が進むか、という事を不安視しています。いっそう、自分も21日に、・・・、との思いが頭をかすめたりします。
●そんなこんなで、夜は久々の統計吞み会。その待ち合わせの本屋で、こんなポスターを見つけて、あ、これは観に行かないと、と思って、よく見たら、今日でおしまい、でした。悲しい(T_T)。
a1_2017031801115272c.jpg
□もっと早く気づいていれば。
●会では、相変わらずの学術的視点における茶栽培の在り方等の話を、美味しい比内地鶏のお店で喧々諤々。とはいえ、美味しいの連発に、最後の〆の雑炊が本当に美味かった。良いお店です。
a2_20170318011153234.jpga3_20170318011154f97.jpg
a4_20170318011155269.jpga5_20170318011157342.jpg
a6_20170318011411401.jpga7_2017031801141330a.jpg
a8_201703180114152f5.jpga9_201703180114166b6.jpg
a91_20170318011417143.jpga92_20170318011506607.jpg
a93_2017031801150798a.jpga94_201703180115087a4.jpg
a95_201703180115105a4.jpga96_201703180115128b7.jpg
a97_20170318011603e3b.jpga98_20170318011604956.jpg
a99_20170318011606265.jpga991_2017031801160792a.jpg
□それにしても美味しそうな鶏料理ラインナップだ。
●そして、この美味しいタイミングでも、N村氏から、ディープランニングの講義を受けます。教科書。
b1_20170318011722962.jpg
●それにしても、あまり施肥等で騒がなくなったのは、雄弁は銀・沈黙は金、から来ていることなのかしら。とはいえ、肥料変革チャンスだと個人的には思っています。
●そして、飲み足りないので2次会へ。お酒呑みながら他愛のない話をしていました。
c1_20170318011724f2e.jpgc2_20170318011724b9f.jpg
c3_201703180117266f4.jpgc4_20170318011727176.jpg
c5_20170318012121aab.jpgc6_20170318012123b75.jpg
□そして、何故か登場するのは、ベトナムの、朝鮮人参烏龍茶、だと。飲んでみましたが、香りは麦チョコ、味は朝鮮人参風、苦味あり、でした。
●明日は、結婚式に呼ばれています。そして、夜は大先輩の退職記念送別会、です。
[ 2017/03/17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2017年3月16日(木) 今日も法螺話の席を務めています

●朝から、相変わらず、問題案件の書類の再修正が掛かり掛かり掛かり、で気持ちがダウナーです。
●そして午後からは、一番茶前に昨年度製造のお茶拝見会に参加し、色々とお茶を見せてもらい、その後には、先日に引き続き、法螺話の席を務めています。今回のお客様は、初手の方々ばかりで、おそらく話についてこれないだろうから、と更に話をヒートアップさせて、まさに法螺話大王としてしゃべくり7でした。
a1_2017031620091009c.jpga2_201703162009126c9.jpg
a3_2017031620091559f.jpga4_201703162009146c5.jpg
a5_2017031620091657c.jpg
□このお茶は、色目が違って、とっても気になった。製造だけでは出せない色、だと思うのだが。
a6_20170316201029f52.jpg
□これは昨年の全品1等5席のお茶との事。うーんんん。
a8_201703162010317d7.jpg
□そして、高座の資料。カラー刷りでないとグラフの読み取りが不可能なのですが、白黒印刷でした。
a7_201703162010317a5.jpg
□結構、真剣に聞いてくれていたなぁ、と思いました。
●お茶前液肥の話だったのですが、高座が終わってから、2-3人が興味ある、と色々と質問してくれました。実際にやってもらえるかどうかは分かりませんが、何か引っ掛かるだけでも思ってくれたのはありがたい、と。
●さぁ、こうして、一歩一歩、お茶時期が近づいてきます。イイお茶揉みたい。
ee6_201703162014553c2.jpgee5_20170316201458884.jpgee8_201703162014577a2.jpg
□早くお茶を揉む作業にINしたい。
●子供が落ち着いたから、私も早く落ち着きたい。21日まで、まだまだ時間が。
●久々に、表紙買いのNewtype。FSSで、MHがGTMにいつの間にか変わっていて、もうついていけない状態ですが、これも結局、私が死ぬまでに終わらないか、先にお亡くなりになってしまわれて、途中で終了か、というモノなんでしょうなぁ。そう言う意味で言うと、最近見ている、鉄血のオルフェンズなんかは、このMH戦を意識した描き方をしているなぁ、と思うのです。そんな意味では楽しめる。
a1_20170315212902070.jpg
●明日は本当に久しぶりの統計吞み会。そして土曜日は、久しぶりに結婚式に呼ばれています。
[ 2017/03/16 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2017年3月15日(水) 良かった、おめでとう、本当におめでとう

●今日も朝からソワソワと落ち着かない日。お昼に、LINEで連絡が入り、良かった、おめでとう、本当におめでとう。
●今日は、それだけ、後は何も言えない。良かった。
●これで、3月の重たい事は、自分の異動発表だけだ。21日。動く予定はないが。
●眉月じゅん[作]『恋は雨上がりのように⑦』【2017年,㈱小学館,\552+税】。アニメか。これもアニメ化かぁ。アニメになったら、気持ちが純純してしまうなぁ。
IMG_20170312175121c52.jpg
[ 2017/03/15 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2017年3月14日(火) バカみたいな話だからこそ、面白い

●今日は朝から雨模様で、荒荒と職場へ足を運んだのですが、昨日作った報告書が、事業的に報告が不適切、との指摘を受けて、散々な作り直しに、時間を思いきり盗られてしまいました。いい悪いではなく、これが組織、公僕なんだなぁ、と認識する次第。
●結局、折り合いをつけられる落とし所へ持って行って、という形で、とりあえず、お・し・ま・い。
●夕方からは、バカみたいな、でも面白い話を、というリクエストに応じて、春の液肥効果の話をさせてもらいました。本当か嘘かは分からないけど、面白い、やってみようと思うワクワク感がある等、そして、ローリスク・ハイリターンだろ、みたいな言葉を述べてもらえるありがたい方々に話を聞いてもらって。その後の懇親会でも、やってみて、結果が出るかもしれないし、何の効果もないかもしれない。でも、それを又ネタに皆で話をすればいいんじゃないの、という落としでした。
a1_20170314221445019.jpga2_20170314221448c16.jpg
□パワーポイント使って、真面目に30分位、高座を努めました。面白ければいいじゃん。
b1_20170314221449ff7.jpgb2_2017031422145087a.jpg
b3_201703142214526ee.jpg
b4_201703142216200bc.jpgb5_20170314221622ca6.jpg
b6_2017031422162326b.jpgb7_2017031422162572e.jpg
b8_201703142216260b5.jpgb9_20170314221719e3f.jpg
□会話が楽しい懇親会でした。鯛飯が結構美味かったす。
●結局は、おもしろい、と思えるかどうか、それを、現実の茶業経営に反映できるかどうか、だからこそ、新しい事に取り組もうと思う、という事なんだろうな、と思います。
●今日の話を聞いて、もし、一人でも二人でも試してみよう、と思ってくれたら、お茶時期に又、訪れる事が出来る場所が増えてくれます。
●結局、今のような仕事で大事なのは、現場に居場所がある事、それも面白い事が出来る居場所がある事、だと思っています。だからこそ、他のくだらない仕事を我慢して生きていける。これをやめろ、と言われたら、多分、こんな組織にいる意味は自分は持てないだろう。
●青木光恵[作]『不登校の17歳。』【2017年,㈱KADOKAWA,\1,000+税】。久々の青光。教育ローンの話等は、まさに今の自分の状態とシンクロして身につまされた。とはいえ、勉強したい事を、学びたい事を、やりたくて、大学へ行く、という心が欲しい。
aa1_20170304110326e87.jpg
●明日は、また一つの基点の日。良い結果が出る事を祈るばかり。一生懸命やっていたのは見ているから。良い結果につながるように。そう思っています。
[ 2017/03/14 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2017年3月13日(月) お茶が近づいている

●また一週間が始まる。そして一歩一歩、お茶が近づく。
hhh1_2017031319565125f.jpg
□こんなピンピンで、急須に入れづらいお茶、をつくっていたい。
●昨日の、蒙古タンメン中本の影響が、夜中に出て、何度もトイレへ足を運んで、お尻痛い状態でした。今朝もお腹が重かった。
●今日は完全にジム日。報告書類の作成、そして、今週の講演スライドの準備、等等、月曜日は眠たいのに、とこなしています。
●早くお茶時期に。
cc3_20170313200031dfc.jpgcc4_20170313200032dfc.jpg
□この青みがかった茶芽は、やはり硫安の影響なんだろうなぁ、と妄想。硬そうなイメージの茶芽ですが、思いっきり揉めます。
●高井研一郎課[作]『続横浜百年食堂』【2017年,㈱少年画報社,\600+税】。優しい絵を描く作者でした。六平太の頃からずっと。そして、物語もやさしい。
IMG_0001_20170304103332d1a.jpg
●明日は、今週一発目の研修会でのおしゃべり。さて、どこまでが本当の話、なのか。
[ 2017/03/13 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2017年3月12日(日) 住む処決め

●今日は、大学生になる息子の住む処を決めるために、朝一番で東京へ。私が生活していた街より更に西のハズレに居を構える事となるのだが。まぁ、頑張れ。でも、一人暮らし、楽しいなぁ、良いなぁ。
a1_20170312171415752.jpg
□不動屋さんがこの時期はバカみたいに忙しいようで、予約10時でお願いします、と言われて、何とか到着できたのですが。ネットで決めていた物件は、悪くはないのですが、もう少し高くて、イイ物件を見てしまう、とやはりそちらに決めてしまうんだなぁ、と思いました。不動屋さんも店長さんが営業全員出っぱらいで一緒に回ってもらったのですが、そんな話をしていました。
●何にしても、お金分は頑張って、勉強して下さい。こちらもしっかり稼がないと。
●帰りがけに、奥さんのリクエストで、蒙古タンメン中本町田店へ。カップラーメン版でしか食べた事がなかったので、初挑戦だったのですが、7辛の冷やし野菜味噌タンメンと定食(ごはん+マーボー豆腐)を注文。美味い、けど辛い。辛い。喉に引っ掛かる。でも、食べる、を繰り返して、何とか完食しました。次回は、・・・、もういいです。中本はまる人が多いみたいだけど、自分はいいや。
a2_201703121714185a1.jpg
a3_2017031217141832a.jpga4_20170312171418d42.jpg
a5_2017031217141881f.jpg
□白飯とマーボ豆腐。白飯が後から貴重でした。
a6_2017031217233784b.jpg
□つけ麺。美味いけど、辛い。麺も美味い、けど、食べ進むと辛くなる。
a7_20170312172339517.jpg
□完食の証拠写真を。
●往復5時間位。ただ、横浜インターから町田の間が混んでいて。それに、東京の人、運転下手糞過ぎ。休みの日だからかな。
●BRUTUS『NEW WAVE OF TEA』を購入。外の風を感じつつ、そこへ出すモノを作るだけだ。それが役目。
IMG_0002_2017030410333486a.jpg
●明日からの一週間、が来年度に向けた仕事の山だな。
[ 2017/03/12 ] お茶 | TB(0) | CM(0)

2017年3月11日(土) 3.11です。

●3.11です。御冥福をお祈りして。
●今日は、寝て起きて寝て起きての繰り返し。疲れが溜まっているようです。
●今日はのんびりして、明日は東京へ。子供の住むところを決めてこないと。
●お茶を淹れる。これは13号篩㊦。かぶせてないのに、この色が出るのは、場所。生産地、園地の問題。お茶って面白い。
a2_20170311175814a4b.jpg
●16号㊦で仕上げれば十分。それが、6-7割か。この比率を上げる事ができる製造を、今年又仕掛けてみる。
●並木伸一郎[著]『ムー認定。最新禁断の異次元事件』。くだらない。だからこそ読まなくては。
IMG_0004_20170302110036e49.jpg
●原料供給も利益率を確保できるコスト計算の上での生産が出来ればいいのですが、そうでなければ、自分しか作れない、モノをキッチリと作る必要がある、と思う。そこにこそオリジナルがある、と。
●自分が作ったモノが、本当にこれでいいのか?と、他にはなく、不安になる位の、そんなモノを作るようになれれば、と思う。
a1_20170311200923177.jpg
cc94_20170311200925e18.jpg
□お茶って楽しい
[ 2017/03/11 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2017年3月10日(金) そろそろ年度末を感じる送別会という吞み会続き

●今日も吞み会。部の送別会。今月はそんなんばっか。でも、仕事もあるある、です。
●午前中に、両河内のJ君の所へ。H28の結果とH29の方向性について、申告数字等を確認しながら。前へ前へ、計画以上の展開と実績になっている事が、次の展開と自信になっていると感じています。そこからの展開について、こちらでフォローできる事をやっていけたら、と思うところ、です。
●午後は、書類仕事。昨日の飲み疲れで眠気が。
●夜は、部の送別会。今年の退職者は2名。今後の農業行政の在り方等について拝聴し、という形。色々と今の現状に対する不満を逆に聞いてもらったり、です。飲みもそこそこ。昨日の飲み疲れもあり、遅くならない時間で退散しました。
a0_201703102208426db.jpga1_201703102208448a6.jpg
a2_20170310220845cd2.jpga3_20170310220846333.jpg
a4_20170310220848fde.jpga5_20170310220924204.jpg
a6_2017031022092475e.jpga7_20170310220926945.jpg
□魚の美味しいお店でした。
●写真を撮っていると、今時女子みたいだ、と上司から言われました。そうなのか?と思うところですが、ブログを見られる訳でもないので、あまり気にせず、です。
●『「科学の謎」未解決ファイル』。こんな本が好きだ。分かってない事多過ぎ。
IMG_0003_20170302110036e57.jpg
●大学のやっと決まった息子の下宿決めに日曜は遠出。
[ 2017/03/10 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2017年3月9日(木) 何でこんなに詰まっているのだろう

●今日は朝から夜まで、複数の色々な事が詰まっていて。何で今日なの?と言いたい。
●午前中は、梯子を外されたように、一人浮のお城での会議。誰も言わない、言うだけ無駄と思っているのだろうか。だからこそ、言わなくてはいけない、と個人的には思っている。そして、その思いを、現場の若い子達につなげれば、伝えていけば、いいのだから。
●午後は、その若い子達の経営発表会。気持ちがある、という事だけで嬉しいし、評価してしまいます。結局、気持ち、それは、多分、お茶が好きか嫌いか、という事なのだろう。
a1_20170309213740267.jpga2_201703092137419a7.jpg
□貢大農園、期待しています。
●そして、それが終われば、あとは、はっちゃけ、吞み会です。
b2_201703092139301fb.jpgb1_2017030921393088a.jpg
b3_20170309213931a48.jpgb4_201703092139329db.jpg
□美味かった。
●そして、酔っぱらって帰れば、帰り道に、キティーがいる訳で。
c1_20170309213934811.jpg
□ガラスをぶち破って、人形を手に入れたくなる。
●森下えみこ[作]『今日も朝からたまご焼き』【2013年,㈱メディアファクトリー,\950+税】。朝は、目玉焼きがいいな。でも、お弁当だから卵焼きなんだなぁ。
IMG_0005_20170302110038336.jpg
●明日も、こんな感じかな。
[ 2017/03/09 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2017年3月8日(水) 多分に細かい落としが多くて

●多分に細かい落としが多く、確認され、指摘され、修正し、また指摘され、を繰り返して、結局、時間を無駄にしています。そんな仕事しかできない自分が情けないですが、そうやって渡って来てしまいました。
●午前中は、中学の闘茶会のお手伝いに。毎年、卒業生を対象に地元の茶農家さん発案で行っている事で、裏方でお茶の準備等をやっておりました。
a1_20170308223105fae.jpg
●そして、夜は夜で、茶工場の今後について、の打合せ会議。上がったり下がったり、の繰り返しで時間が過ぎてしまいます。が、方向性はほぼ確定。あとは、それに沿ったスケジュールを設定し、逐次進捗を確認していくだけ、です。
●年度末、忙しい。やはり、2月のKKKsが一ヶ月近くの無駄な、空白期間を作ってしまって、そのしわ寄せがきているなぁ、と感じます。お茶時期、もう目の前だよ。
c1_201703082234141ad.jpg
□ちっと荒い感じ。
c2_20170308223416047.jpg
□尺はあるんだけどな。
lll5_2017030822365632e.jpg
□釜だ、釜炒り茶だ。
m1_20170308223658aa3.jpg
□青柳風。ちょっと長めかな。
●釜炒りも久しぶりにやりたくなった。香駿の釜炒り茶づくり、本当に楽しいんだなぁ。
●飛鳥昭雄[著]『2013年「超」世界恐慌』【2012年,㈱ヒカルランド,\1,600+税】。もう2017年だ。とはいえ、世界は恐慌中。
IMG_0002_2017030211003261a.jpg
●明日は明日で、出たり入ったり。そして、心臓に悪い日だ。
[ 2017/03/08 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2017年3月7日(火) 悪だくみ、打合せ

●朝から、段取り悪く仕事をしていて、回らない回らない言うてます。眠たいし。
●お昼前に、碾茶絡みの打合せを行い、年度内実行処理と年度明け対応の調整。もう日がない、という感覚しか出てこない現状。
●午後からは、今年の一番茶に向けた悪だくみ。どこまで行けてしまうのか、それをギリギリで確かめようとする意志。面白いからやれる、という事をもっともっと皆考えればいいのに。その結果を受けて、ブラックボックスを埋めるのが私の役目。そのために、色々な処理をしてもらって、それをデータ化する事を今年の一番茶で行います。楽しいなぁ、こんな話ばかりなら。
a1_20170307202906ec2.jpg
□品評会対応についても。結果につながる形の取り組みをしましょう、という話。
●秋川滝美[著]『居酒屋ぼったくり』【2014年,㈱星雲社,\1,200+税】。前から読みたい、と思っていたのですが、文庫は出ないし、BOでも置かれてないし。やっと見つけて読む。続き、どうしようか。
IMG_0001_20170302110030938.jpg
●風も強く、冷たいし。花粉に結構やられています。お茶時期まで、長いようで短いこのタイミング。色々とやりたいのですが。
●明日は夜まで仕事だ(>_<)。
[ 2017/03/07 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2017年3月6日(月) 朝から雨模様でドタバタ、午後からは、香り茶研修会でした

●今日は、高校の面接試験で、朝の雨模様、降るか降らないかで、少しドタバタしました。面接も終わり、後は結果待ちです。
●何故か花粉がひどく、今年初めてマスクをしての通勤。マスクすると楽にはなるのですが、仕事中に眠たくなってしまう。酸素呼吸の問題か。
●午後からは、香り高いお茶づくり研修会を、中国茶専門店「萬千吉茶房」さんで。講師は、萬千吉さんの勝又マネージャーと、県茶業研究センターの勝野研究員。色々なお茶を飲みながら、の楽しく、また勉強になる研修でした。良いお茶は、本当に後に余韻が残る味わいで。美味しかった。
a0_20170306200854f49.jpgaa0_2017030620085924f.jpg
□講師のお二人。写真左が、勝又氏。写真右が勝野氏。両方とも勝字つながりだ、と今書いて気付きました。
a6_20170306200857f11.jpga7_20170306200857646.jpg
□講師資料。
aa2_20170306201303215.jpgaa3_20170306201304b12.jpg
□参加者も、その道の大家から若手まで。濃いメンバーでした。
a1_201703062011050a5.jpga2_201703062011069d2.jpg
a3_201703062011077da.jpga4_20170306201108b7d.jpg
a5_2017030620111057a.jpga8_20170306201200a86.jpg
a9_20170306201202212.jpga91_20170306201205d8c.jpg
a92_2017030620120563d.jpga93_20170306201206741.jpg
a94_20170306201359e94.jpga95_20170306201400563.jpg
a96_2017030620140221e.jpga98_20170306201405cb7.jpg
a99_20170306201459fe8.jpga991_2017030620150129c.jpg
a992_201703062015023df.jpga993_2017030620150453f.jpg
a994_20170306201505b83.jpga995_20170306201743f03.jpg
a996_20170306201556e76.jpga997_20170306201557cde.jpg
a998_2017030620155939c.jpga999_201703062016015e4.jpg
●何と言うか、凄い勉強をさせてもらっているんだなぁ、と思いました。この仕事の利点です。
●花粉回復せず。何となく身体もザワザワしてきているので、実は花粉ではなく、風邪?とちょっと心配に。
●子供の受験も終了したので、とりあえず、風邪でもインフルエンザでもいいのですが、仕事がなぁ(T_T)。
●早く帰って、お風呂に入って温まって寝る。それだけです。
●柊ゆたか[作]『新米姉妹のふたりごはん③』【2017年,㈱KADOKAWA,\570+税】。食に対して真剣であり、一方で楽しめる、という環境は幸せな事だと思う。食べている時の幸せが享受できるような環境づくりをしていきたい。
IMG_20170227211929e97.jpg
●明日は明日で、色々と飛び回らないといけません。
[ 2017/03/06 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2017年3月5日(日) タレタレ

●日曜日。気持ちがタレタレで。子供に誘われて、久しぶりに、図書館へ。タダ本が溢れていて、読んでいない本が山ほど増えていた。結局、また借りてしまった。なぜ、本を読むのか。そんなの理由なんかないさ、と子供が言った。そうだ、理由はないのさ。
a1_201703041040270fb.jpga2_20170304104028ea9.jpga3_201703041040302d1.jpga4_20170304104031c87.jpg
a5_20170304104208e31.jpga6_20170304104211602.jpga7_20170304104211ce7.jpga8_20170304104213011.jpg
●そう、理由はない。やれるから、やるだけ。
●キリ番が拾えたので掲載。2万3千番だ。
a1_20170305112359e49.jpg
●柴門ふみ[作]『東京ラブストーリーafter 25 years』【2017年,㈱小学館,\1,000+税】。ちょうど学生、バブルの時代、と今は言うのだろう。軽シン、美味しんぼ、そんな読みたい連載関係で、中学からスピリッツは毎号読んでいた。勿論、東京ラブストーリーもリアルタイムで。そんな意味で、25年という年月も自身がリアルに感じられる。歳をとったと。また、ドラマでの主題歌、小田和正の歌詞が帯にあるが、それが又頭の中でリフレインされる。時代、だった、と。
IMG_201702261903290c1.jpg
●先日の会議の場で、硝酸塩の話が議論となったが、調べてみるとどうも主張される事の根本が、多肥における濃度と量の関係と同じように思えてきて仕方ない。
●国の、石垣先生や渡部先生のアンモニア及び硝酸の吸収効果性や時期別施肥効果試験での成分分析では、ケルダール法によるNH3の分析値として出ていて、過剰施用状態のN処理濃度を最高にしても700ppmがプラトー。1998年の硝酸シンポジウムでの埼玉県衛生研究所の田中先生の分析データでは最大で22ppm程度。茶研報等では、2000年に産業大の富田先生が市販茶で、6.2~22ppm(生葉換算1.2~4.4ppm)。静大の森田先生が白葉茶関係で、140~310ppmというデータを出している(2012年)。また、抽出液中では、東京都のデータで07ppm程度。富田先生が前段の同試料を分析した場合には、1/30~1/50の分析値(0.1~0.4ppm)を出している。また、遮光下においては、森田先生が、てん茶、玉露のように被覆下(遮光下)での硝酸及びシュウ酸の増加について言及しており、それらのデータでは、煎茶410±230ppm、玉露500±160ppm、碾茶570±200ppmという硝酸の値となっている(2002年)。
●これらから考えると、お茶という乾物濃縮を前提に、施肥効果及び、被覆効果を踏まえても、茶葉中への硝酸集積については、野菜類程のレベルには至らないという事が確認される。その理由としては、茶園施肥として、アンモニア吸収を第一義として考えている事や、テアニン等アミノ酸への代謝、集積性、また、野菜類と違い、収穫はあくまで新芽という茶樹全体から見た場合の一部であり、吸収、転流、代謝それぞれにおいて、新芽以外の部分、樹幹、根、枝等への配分がある事も影響し、全量を収穫する野菜類(特に葉物類)とは異なる事もポイントなっていると考えられる。
●また、野菜類とは、基本的な摂取量が異なる事からも(1回当たり、お茶は、抽出で3g程度、直接摂取なら1g未満。それに対して野菜類は、少なくとも1回当たり数10g~100g以上)、単純な影響性を述べるべきではないと判断する。
●FAO・WHOの合同食品添加物専門会合においては、硝酸ナトリウムのADIは、5mg/㎏体重/日と設定されている(60kgで300mg/日)。また、EUの野菜における硝酸含有量の規制基準は、2000ppm~4000ppm以下(2011年時点)となっており、ADIでは、3.7mg/kg、222mg/60kg、が設定されている。
●これに関して、ブルーベビー症候群や発がん性リスク(これについは疫学調査における因果関係自体も怪しい)が要因というよりは、有機信仰的な視点での環境運動等の影響も、政治的に捨てきれないのが要因だと推測する(では有機が硝酸集積への影響性がないかと言えば、そんな事はなく、結局は、使用量の問題でしかない)。
●結局、硝酸集積の意味合いとしての過剰性の要因として、土壌中における硝酸類の集積及びその吸収。茶は、基本、アミノ酸集積(グルタミン酸、テアニン等)に移行する割合が高く、問題は、多肥による吸収不全、代謝不全が根本問題であり、その解消も図らずに何を言わんや、と言いたい。
●誰も、たくさん肥料をやって、硝酸集積しろ、等と言っていないのに。結局、自分達が行動しない癖に、理解できない事をただ否定するだけの輩、と言う事だろう。
●効率的に、アンモニア⇒アミノ酸への移行、及びタンパク態⇒アミノ酸への分解転流、両者を適正に行えば、いや行うためにも、茶樹の植物としての生長を理解すると共に、収穫芽へのアミノ酸集積を図る技術手法を実行する必要がある、という事だ。
●何にしても、先日の会議の場では、本筋から外れた、不毛な議論であった、と認識する。
●とはいえ、色々な意味で文献を見直したり、と勉強し直す場面にはなった、と思う、から、その点だけは良しと考えよう。
●とはいえ、休みの日に、こんな事を一日頭で考え、整理している自分が嫌になる。
●これに関連しての、ひどい話では、文献検索している中で、茶100g中に12,000mgの硝酸が含まれている、というようなネットでの書き込みがあった事。100gに12g(1000mg=1g)。12%の硝酸。硝酸態N量に換算しても、3.5%。N含有率7%の品評会並みのお茶だったとしても、その半分が硝酸。可溶性Nは全体の3~4割程度しかないのに。それに、アミノ酸等が含まれずに、ほぼ100%以上(笑)が、硝酸のお茶って。おそらく、ppm計算が違っているんだろうけど、それを真に受ける人も世の中には多いから。困ったものだ。
●また、現場で、こんな話をしなくてはならない。ある意味くだらなく、面倒。そして、そんな事を言う人を説得するつもりは欠片もないだけど。
●明日は、朝が雨。高校受験生は、面接試験が残っている。頑張れ。



[ 2017/03/05 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2017年3月4日(土) 喉元過ぎれば、の精神で行かないと、・・・

●喉元過ぎれば、で済ませてきた事を、本当にそれでいいのか、と思ってしまう。でも、それを思い返すと重たくなりすぎて。
●最近、お茶に関して、特に茶園施肥に関して、ますます人様との乖離が激しくなりすぎて、まさに、ボッチ状態。それに輪を掛けて、お茶がダメだ、と言う癖に改善しようとしない人達に苛立ちばかり。苛立つ必要は全くないのですが。
cc92_20170304031747e19.jpg
●液肥の現場実証も今年3年目。そろそろ感覚から脱却したいのだけど、現場での対応では、時間的にも、方法的にも、分析的にも限界というか、多分無理。本当は、研究の人なんかを上手に説得して、研究は研究で進めてもらい、こちらは、その材料を提供する、という形が望ましいのだろうけど。何と言うか、最近、ますます、人を説得してまでやってもらう、というスタイルに疑問を持ってしまっていて、そちらに気が行かないのが現状。でも、それだと、結局、感覚脱却できないんだよなぁ、と同じ場所をグルグルしてる。
cc91_201703040328444ad.jpgcc991_2017030403284681f.jpg
●結局、分かってもらおう等とサモシイ事を考えているからいけないのであって、タダタダ単純に、写真のような見て美味しそう、そして、飲むと本当に美味しい、お茶をつくる事を現場でやっていけばいいのか、と。来年度からは、職場組織の体制や仕事のやり方自体も大幅に変わるようで、その結果として、より一般的な現場から遊離したような仕事体制になるみたい。その結果として、必要されない組織になっていく、というのは自明の理なのに、それが組織をいじくる人達は分かっていない。そんな体制で、技術者が育つ訳がない。というか、技術者を必要だと思っていない、のだからしょうがないか。
ee7_20170304033456aa8.jpgee8_20170304033459a4f.jpg
●自分だけは、最後の技術者、だと思い、細々と現場で楽しんでやっていこう。その場を提供してくれる人と一緒に。
g2_20170304033624999.jpg
●まだまだ、お茶は進化するのだから。
●三上延[著]『ビブリア古書堂の事件手帖⑦~栞子さんと果てない舞台~』【2017年,㈱KADOKAWA,\650+税】。実写とアニメ化されるようです。色々な小説が、その方向へ行き、ダメになる9割、という感じですが。とはいえ、最初の言葉と同じ、喉元過ぎれば、ということでしょうか。
IMG_2017022519520530f.jpg
●終わった事をグズグズ言っていても仕方ない。繰り言だし。それなら、いいじゃん、前を向けば。道は一つでないのだから。
●お昼に、来来亭へ。季節が終わる前に食べたかったカキフライ定食を食べましたが。唐揚げ定食の方が美味いかな。季節ものだから。
a1_20170304202653777.jpg
a2_201703042026551b5.jpg
□ラーメンはウマいなぁ。というか、舌に合う。貧乏人の舌だから、濃い刺激ある味に反応するのだろう。
●人生は常に挫折である。
[ 2017/03/04 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2017年3月3日(金) 雛祭り、喋る、そして、其処の話をするなら、もう喋らない

●金曜日。雛祭り。でも、碾茶の会議に呼ばれての、喋りモード。いい加減な話が出来る液肥のお座敷とは違い、事実のみ伝える戦術で凌ぐしかないのが実情です。
●その上で、何故か施肥の話になり、相変わらずの多肥必要性、そして、一方では、硝酸が蓄積するから被覆も施肥をするな、みたいな。あー、何と言うか、何のために、このテーマで、今、この場で話をしているのか、という事を全く考えずに、の発言があり、更には、指導が悪い、JAが悪い、行政が悪い、と相変わらずの自分は正しいけど、周りのせいで、こんな風な状態になってしまっている、何とかしろ、みたいな話。
●はっきり言って、どうでもいいです。やりたい、やろう、と思ってい人たちには何でも話をするし、協力しますが、そんな話なら、別に、ハイハイそうですね、そのままやってください、でおしまい。そうします、これから。
●とはいえ、やはり、喋ってしまう、言ってしまう、というのは、本当にマイナスだなぁ、と思います。何のメリットもない。終わった後、会議に出られた方々は、懇親会があるようですが、そこでは、あんなバカな話をする奴jは呼ぶな、という事が話題に出ているんだろうなぁ、と思いました。
●別に呼ばれたくもないし。
●そんなイライラとする場があった会議後半ですが(前半の碾茶の話はそれでも、まだまともだった)、別にィ、という結論です。
●年末に手に入れて、篩仕上げしてしまった半仕上げ茶。それを自宅で再火して、飲む事を楽しみとしている。道具は電子レンジなのだが、出力調整で、乾燥だったり、火入れだったりがコントロール出来なくはないのが楽しい。一方で、篩番手違いのお茶を比較して見ては、あー、早くお茶時期になって、今年はどんなお茶揉めるのか、というような妄想を繰り返している。
a5_20170302074818ce5.jpg
a1_20170302074812da8.jpga2_201703020748144b4.jpg
a3_20170302074815924.jpga4_2017030207481697c.jpg
□16号㊦と20号㊦の違いを確認しながら。火の入り方も違うので、どこにポイントを置くか、という事を繰り返し楽しんでいる。
●贅沢なお茶使いだし、飲み方だと思う。青さを感じるのも、荒茶の特権だと思うし。
●きくち正太[作]『瑠璃と料理の王様と④』【2017年,㈱講談社,\590+税】。相変わらず、きくち正太はイイ感じで書いている。おせん、の頃からのファンなので、別にどうこう言われていても気にならない。味わい、を楽しめる本だ。
IMG_20170224192941d9e.jpg
●明日はお休み。子供もほぼ受験終了で、あとは結果待ち(月曜日に面接試験があるようですが)。一緒にラーメンでも食べ行って来ようかな。
[ 2017/03/03 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2017年3月2日(木) 雨の日だし、振替休みで

●昨日は、高校生の息子の卒業式。行き先はまだ決定していないが、家を出る事は確定。頑張れよ。
●雨の木曜日。2月の休日出勤の振替休み。4月から6月までの3ヶ月は、ほぼ休みなく、の日々になるので、休める時に休んでおこう、という作戦?なのか。しかし、休むのは苦手である。特に仕事を抱えている時に。
●とはいえ、今月は、液肥関係でお座敷が2件、呼ばれていて、一方、碾茶関係では3件のスライド報告をしなくてはならない。そんな意味でのPP作成の時間に充てよう。
●とりあえずの液肥お座敷用資料。先日のM笠会でのディスカッションやK先生の講演聞いての響き等で、一部資料の修正。Caの話を突っ込むかどうかはまだ自分の中で整理しきれてない(あるいは実処理対応、実経験できていない)ことから保留。とはいえ、樹づくりの部分も、もう少しキッチリと適正性という事に対してしてかなくてはいけないなぁ、と思う訳です。
aa1_20170302024616960.jpgaa2_201703020246173cc.jpg
aa3_201703020246198ae.jpg
●PPのスライドも少し見やすい形に修正。その一部に入っている秋施用N18kgの春先のLPでの立ち上がり。これをどう解釈するのか、自分としても追加試験が出来てないので、どうにも扱いに困っている部分ではあるのだけど。とりあえずは、冬越し肥料の吸収効果と捉えているが、あるいはシンク充足状態がN12㎏と異なり、その結果としてソースとしての供出性が高まったのか。秋肥と春肥の話は、その目的性、効果性の違いは明らかだと自身でも確認しているが、一方で、樹体充足のレベル、茶樹の在り方等についての整理はまだまだ出来ていない。充足した茶樹なら春肥は本当にいらないのか。K先生の提示に対して、どう自分の答えをつくっていくかが今後の課題です。
bb4_20170302025331dd8.jpgbb3_20170302025330dd1.jpg
□樹体充足をどう考えるか。とりあえず、基本整理の上で応用に。
bb1_20170302025326446.jpgbb2_2017030202532869e.jpg
□液肥の話。川根本町農林業センターのK場長の協力があってこそ、今の確認が出来ている。今年の茶期においても、おくひかり以外にも、とお願いをしてしまった。やぶきた、への効果。そして、単純化、省力化。そして、それで出来たお茶がゴールではなく、スタートとして、次のステップへ(アミノ酸とか、有機とか)進む事を思いつつ、まだまだお茶に関わっていくんだ、と思うばかり。
cc991_20170302030010cd9.jpgcc992_20170302030011dd7.jpg
●とはいえ、来年度以降、今の職場の体制も大きく変わっていくようで。その中で、仕事、として、どこまでお茶現場に関わっていけるのか。それが難しいようなら、今までは仕事の中で対応していたお茶の部分を、仕事は仕事と割り切って、自身の時間をお茶に振り分けていくだけだと。多分、そうするしかないのだろう。結局、ペーパーでしかモノを見れない人が組織を見るので、その結果として、今のような職場の人間は排除されていくのだろう(何をやっているのか分からないから)。それが自身の首を絞めるとも気付かずに。でも、そうでないと組織で上へはいけないから。現場を見ていたら、自身が排除されてしまう、そんな組織だし。
●とはいえ、お茶に関しては自由でいたいので、今まで通り、現場へ現場へ。そして、お茶にふれながら、真実を見つける形で。
ee8_20170302030718db6.jpgee95_20170302030719002.jpg
●澁川祐子[著]『オムライスの秘密 メロンパンの謎』【2017年,㈱新潮社,\590+税】。この料理って?という事に対しての答えを短いページで出してくれる。面白い本だ。
IMG_0002_2017022214564214f.jpg
[ 2017/03/02 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2017年3月1日(水) 年度最終月が始まりました

●泣いても笑っても、あと一ヶ月。報告書類の山をキリ抜けて、無事お茶時期を迎えられるか、この月の動向に掛かっています。
●今日は、昨日の吞み会の影響で朝起きるのが辛かった。そのため、夕方からの雨予報が入っていたが、自転車で出勤。
●仕事は、ジム、ジム、ジムと資料づくりに徹して。また、今月中の仕事日程調整等に色々と。
●重たい2月が終了し、もう4月からのお茶時期を迎えるだけ。そのために、年度を越えての余計な仕事は残さないようにしないといけない。来年度は職場組織も大きく変わるようなので、今の自分のポジションに居られるかも分からないし。とはいえ、今年の一番茶期に向けての液肥の試験処理を拡大依頼してしまうのだった。ダメじゃん。
a5_201703011921325ff.jpga6_201703011921345e1.jpg
aa2_20170301192137f72.jpg
□二番茶でも、揉める、そんなお茶を。
●先日のK先生の新しい情報を入れてしまうと、イメージする全体のつくりが変化して、細かい部分が気になってしまう。実際どうなのか、どうなるのか。それを確かめたい、調査したい。どうすれば、そんな場へ行けるのか。
ee93_2017030119265462d.jpg
□茎を揉む。キッチリ揉む。白茎が揉めている、揉める。
●お茶を揉もう。キッチリ揉もう。揉めるような思考をしよう。
c91_20170301192923024.jpg
●もう3月だから、身体の芯が振動を始めている。アイドリング。お茶時期に向けての心が芯から震える。お茶に触る幸せの時間がもう、目の前に迫っている。
c8_20170301193146236.jpgc9_20170301193148774.jpg
●答えを、自分の手が、お茶を揉む感覚に、求めている。いくらでも、いくつでも、揉むよ。答えに出会うまで、これから、ずっと。
●上原善広[著]『発掘狂騒史』【2017年,㈱新潮社,\590+税】。なぜ、「神の手」に至ってしまったのか。以前、明石散人が、藤村氏は自身のゲームに飽きて自ら種明かしを行った、という事を書いていたが、ようするに、騙す側はその騙しを見破られる事を心の底では期待している、という事なのだろうか。ルパン三世と銭形のとっつぁんの追いかけっこのように、理解する人がいてこそ成立するキャッチボール。要するに理解者がいなかった、という事なのか。この本は、そのような事を書いている訳ではなく、逆に、藤村氏に人を騙す意志なく騙してしまうキャラクターがある、というような書き方をしている。それも人、という事なのだろう。それだけ、この、石器捏造事件、の闇は深い、という事なのだろうか。
IMG_0001_20170222145640955.jpg
●もう、心はお茶を揉んでいる。そして、答えを探している。だって、疑問ばかりだから。栽培も製造も、お茶の全てが。でも、経験することで答えに近づける、本物に出会えるはず。そう思い、我慢の時間があと1ヶ月半。
aa9_20170301193746d7f.jpgaa92_201703011938211ee.jpg
●帰りはしっかり降っている雨の中を濡れて帰りました。風邪だけはひかないよう、帰ってすぐお風呂場へ直行。身体が資本の仕事。お茶時期に向けて整えしないと。
●そういえば、昨日(1日夜半過ぎ?)、うちの裏手のマンションで、一家心中があったようで、警察だ、マスコミだ、で大変だったみたい。生活圏でそんな事が起きるんだと、驚きばかりです。
[ 2017/03/01 ] 一般 | TB(0) | CM(0)