FC2ブログ

2017年2月5日(日) 思う

●先日の山のお茶意見交換会、の時に、産地自体の実態は形骸化し、実際は、良質なモノをつくる個の茶生産者が≒産地となっている中で、買う側の多くが、いまだに産地≒産地茶と認識していると話をさせてもらいました。いくら良質なモノをつくっても、それを理解できない人に提案しても無駄、というような話、だったのですが、やはり、一生懸命取り組む人達が評価されるシステムの早急な構築が必要だ、という事でしょう。
F1003104_20170204172733988.jpg
●M笠会の交流会において、蒸しとは?という話になった時に、深蒸しって?て考えるのですが、粉し蒸し、ムレ蒸し、といったものではなく、やはり適蒸し、という事になるのか。粉す、という事は蒸しと関係なく出来るし、ムレは個人的にはやはり欠点だと思っているし。お茶は千差万別とはいえ、難しいなぁ、と思いました。
F1003153_201702041731113fc.jpg
●お茶の中の、髪の毛一筋分程の芯水。それを感じるお茶を先日拝見させてもらって。荒茶で感じるそれは、仕上げではスッキリと調整されているのですが、結局、どこで、作るか、という事になるのか。それでも、荒茶の段階で、もうひと揉みしたい、と思ってしまうサガ。
F1003211_20170204173433932.jpg
●どこまで揉んでいいのか。永遠の課題です。
●川根本町茶品評会OPEN部門。露地の部、という部門をつくり、そこでの出品茶を募集。そして、集まったお茶を審査、分析するとレベルがバリ高いお茶ばかりでした。被覆の流行り、そして、それが絶対値的な扱いは、実はないのだろう、と思ってしまう。今年も、そこへ良質なお茶が集まるのだろう。楽しみだ。」
F1003249_2017020420212790b.jpg
□川根にいた時に作ってみた釜伸び茶、という奴。お茶揉みの難しさを痛感した。やはり、粗揉は重要だ。
●色々な経験をさせてもらった川根時代。でも、まだまだ色々な事を経験したい、と思っている。終わりはない。
●今日は日曜日で、雨。それでも奥様に追随して、伊勢丹でヴァレンタインのチョコフェアを見て勉強したり(本当に、チョコレートの種類やデザイン、包装等、見ているだけで勉強になります)、そのあと、四川飯店で昼食を食べたり。エビチリ定食(定食とは書いてないが)を頼んで、食べる段になって、はて?、これはどうして食べよう?、手元には箸と、スープ用の小さなスプーンだけ。結局、小さなスプーンですくって、ご飯にのせて、それを箸で食べたのですが。レンゲでも付いてくればそれでエビチリもご飯も食べるのだけど、と思ったりしたのですが、実際、どう食べるのが正解なのだろう?、というか、四川飯店では皆、エビチリ定食を頼まないのかもしれない。
a1_2017020513271236e.jpga2_20170205132714ef1.jpg
a3_20170205132714ea8.jpga4_20170205132716d8a.jpg
□サラダとスープ、デザートが付いて定食。あと写真はありませんがご飯が茶碗一杯。味は、普通に美味しい。先日の埼玉のお店は、普通に・・・、難しい表現だ。
●雨がジャカジャカではなく、シトシト降っています。
[ 2017/02/05 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)