FC2ブログ

2016年10月3日(月) なぜ、こうも月曜日は憂鬱なのだろう

●人は本質的に働く事を拒否しているのだろうと思う。労働は罪悪である。聖書の言う通りだ。
●雨模様。その癖はっきりと降らない。一方で湿度は高く、歩いているだけで汗が噴き出る。もう10月なのに。
●色々なジムこなす中で問題抱えて、それが身体から臭い汗を噴き出す構造に。あー、たまらない一日だ。
●夜は夜で、報告を聞く会議。んー、どう考えればいいのか、方向性はもうないのか。迷走せざるを得ない状況もしょうがないのかもしれないと、考えてしまうのはイイのか悪いか。
●そして、事務所へ戻り、重たい湿度の中、自宅へ。今週も一週間が長い。明後日は埼玉行きだけど、台風、どうなるんだろう。
a1_20161003215217f96.jpg
□歩道橋の上から。完全に手ぶれ。
●早く、お茶を揉める時期になってもらいたい。揉んでいて幸せになるお茶づくりの時期に。
b1_20161003215414155.jpgb7_20161003215405901.jpg
b91_20161003215410354.jpgc2_20161003215415264.jpg
□来年、こんなお茶を揉める場所を探しておかないと。もたざる者は辛い。
●一週間、長いなぁ( 一一)。今週は、重たい週だ。
●偶の一冊。鳥飼否宇[著]『憑き物』【2013年,㈱講談社,\800+税】。a-●ooで\21.6で購入。この作者も理系。文体の匂いをかぎ分けて購入するのだろうか。何と言うか、理って結構自分の中では重要な部分で、でも、多くが感で支配されており、それを理にしていきたい、と思っている。そんな意味で、お茶づくりも感に頼っているのだが、おそらく、そこに理があるのだろう、といつも考え、迷っている。
IMG_0004_20160917185304b77.jpg
[ 2016/10/03 ] 小説 | TB(0) | CM(0)