FC2ブログ

2016年10月31日(月) 連日の疲れのママ月曜日に、ヤバいっす

●結局、連日の疲れのママ月曜日に突入です。よくある今日は何曜日?状態です。
●そして、喉風邪引きずっていて、今日もジムをこなしながら、頭を落とす場面が。明日来れるかな(>_<)。
●とりあえず、人に迷惑を掛けずに生きようと思います。
●偶の一冊。加納朋子[著]『月曜日の水玉模様』【2001年,㈱集英社,\495+税】。BOで\108で購入。如何にも今日を暗示する題名です。
IMG_0012_20161007230412db4.jpg
[ 2016/10/31 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年10月30日(日) 世界お茶まつり、最終日

●世界お茶まつり四日目、そして最終日。ようやく終了です。毎日湯沸かしを繰り返した職場が以下の情景。ポットが並ぶ異様な光景が、ブースの裏側の様子です。
c1_20161030180036269.jpg
□ひたすら湯沸かししていた。そんな仕事でイイのか、と思いつつ、与えられた役割がそうだからしょうがないのだ。
●最終日、天気も寒さは強いものの朝パラついた雨も止み、人出の早さは四日間で一番でした。
a4_20161030180034ca0.jpg
□人出ています。
●今日は川根本町の出展ブースは、松島園の川崎好和氏の呈茶。そして、それをフォローする日本茶インストラクターは、土屋裕子氏率いるドリームチームです。恐ろしい位に凄いメンバーです。
a2_201610301804032c2.jpga1_2016103018040145f.jpg
□しかし、四日間の呈茶メンバー見ても、やはり川根は凄い、と感じます。だからこそ、・・・。
●今日のお昼のお弁当、シーフードドリアを頼んだのですが、これが最悪で。まずは中まで温めようとする気持ちがない状態(電子レンジ掛けましたが)で。でも、温まっているいないの問題より、米が生だし、絶対出汁炊くとかしてないでしょう。味しない生米久々に食べました。上のチーズとホワイトソースで掻き回して食べたけど、お腹下しそうな味わいでした。淋しい。
a3_201610301800302c0.jpg
□期待していたんだけどなぁ。3回の弁当の中で、一番ダメでした。
●一緒に水場を担当してくれた子が、チョコレートの美味しいお店が出ていたので買ってきました、と分けてくれてました。70%カカオというのがどのレベルなのか、自分でも分からなかったのですが(以前90%カカオとかいうのを食べて、苦くて食べられなかった記憶が)、頂いたチョコは丁度いい味わいで美味しかったです。
b0_20161030180034fda.jpgb1_20161030180035d71.jpg
□グラナダ、ってどこなんだろう。ガンダムでしか聞いた事のない地名だ。
●そして、一日が終わり、まつりも終了。今日は、昨晩から喉が痛く、一日龍角散飴を舐めながらしのいだのですが、明日からは又平常勤務。木曜日の文化の日までは、お仕事続けないといけません。明日、頑張れるかな(>_<)。
●何にしても区切りがつくのはイイ事です。
●偶の一冊。加納朋子[著]『レインレイン・ボウ』【2006年,㈱集英社,\533+税】。BOで\108で購入。安心して読める著者、というのは人生において得難いモノです。
IMG_0011_20161007230410858.jpg
[ 2016/10/30 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年10月29日(土) お茶まつり三日目です

●世界お茶まつり三日目。土曜日だけに、昨日までよりは人出を感じます。とはいえ、持ち場は水場のため、ただひたすら湯沸かしのルーチング。時々知った顔の方に話しかけられる、という状態です。
●合間に、6Fでやっている「美しい何ちゃらかんちゃら」の展示ブースへ。清水両河内の若手茶農家が取り組んでくれて、大変ありがたいです。我々は裏方仕事でお手伝いもできない、申し訳なしです<(_ _)>。
a1_2016102917465445d.jpg
a2_20161029174654720.jpga3_201610291746560a6.jpg
a4_2016102917465835b.jpga5_201610291747018f2.jpg
a6_201610291747377b3.jpg
□茶園と雲海と富士山。凄い絵づらだ。
●そして、今日の川根本町のブースは、THEつちや農園、フルメンバーで呈茶をされていました。
b1_20161029174740857.jpg
□ここも、今日は通り過ぎる、しかなかった。
●お昼は、しいたけランチ。椎茸スープ等。美味しかったのですが、ちょっと物足りなかった。
b2_201610291747417cc.jpg
□やはり、肉喰いたい。
●そして、今日も、沖縄のぶくぶく茶を御馳走になってしまいました。
b3_20161029174741c7c.jpg
□今日もとってもスムージー。
●色々と世界お茶まつりというイベントに対して、ご意見ご批判、頂きますが、なかなかそれにこうです、と応えられる立ち場でもなく、申し訳ないとしか言いようもありません。それにしても、案内不十分、というのは来られる皆さん共通の御意見のようです。
●明日が最終日。昨日今日と同じ場所で、同じ仕事。ルーチン化にかなり成功しているので、明日は少し気楽かな。
●変則的な雨が降らない事を祈るばかりです(今日も帰りにパラパラきましたが)。
●偶の一冊。能町みね子[作]『ときめかない日記』【2015年,㈱幻冬舎,\540+税】。BOで\108で購入。この人は漫画も描くんだ、と思い購入。何と言うか、えびすさん、あるいはつげ義春の世界観か。
IMG_0010_20161007224302800.jpg
[ 2016/10/29 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2016年10月28日(金) お茶まつり二日目

●お茶まつり二日目。既に疲れが、・・・。歳だ。やはり、立ち時間が長い仕事のため、脚に来ています。
●今日は水場担当。朝一番に沸いてないお湯にたかるブース出展者の方々に平謝りしながら、沸かす沸かすの繰り返しの1時間半。それが落ち着くと、地味な、ちょっと間延びしたルーチン仕事に変わって。そんな一日でした。午後からの雨予報が早い時間で降り始め、帰りも止まないまま。結構帰りはビショビショになってしまいました。
a1_20161028175633982.jpg
□会場1階のブース出展の様子。雨でしたが結構人が入っていました。
a2_201610281756375d9.jpg
□お昼は、出展ブースのお弁当を食べました。ジンジャーポーク弁当800円。肉が少し硬かったかな。でも、そこそこに美味しかった。
a3_2016102817563606c.jpga4_20161028175637aa7.jpg
□水場の隣では、漫画「茶柱倶楽部」で紹介された各県の珍しいお茶の呈茶が有料で行われていました。忙しげに、湯沸かし準備を続ける我々を憐れんでくれたのか、沖縄のブクブク茶(写真左)と愛知の新城茶(写真右)を御馳走になってしまいました。ありがとうございました。
●世界お茶まつりにいながら、なかなかゆっくりとお茶を楽しめない。
●明日、明後日も同じ場所で裏方仕事だ。明日は朝から晴れてほしい。
●偶の一冊。大田垣晴子[作]『オトコとオンナの深い穴』【2008年,㈱メディアファクトリー,\620+税】。BOで\108で購入。普通に描くとエロなんですが、この人が描くと全くエロさを感じないのは何故?絵の問題か。
IMG_0009_2016100722430111a.jpg
[ 2016/10/28 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2016年10月27日(木) 今日から世界お茶まつり開幕

●今日から、世界お茶まつりの始まり。3年に一度のお祭りイベントですが、こちらは、裏方、スタッフ仕事で四日間駆り出されます。だから当たり前に楽しめない。とはいえ、メインスタッフでもないので、何をやっていいのかも良く分からないまま一日が過ぎていきます。
とりあえず、昔の職場の出展ブースの辺りをブラブラしたりして。
a0_2016102717504755f.jpg
□とりあえずの担当ホール。この中をプラプラしながら、各出展ブースの御用聞きや、来場者の苦情受付等を行います。
a1_2016102717521327d.jpga2_201610271752155fd.jpg
□3年前の前回出展時には、こちらのブースの中で仕事をしておりました。品評会入賞茶も、釜炒り茶のグラス飲みも、お客が溢れていました。
●初日、平日ですが、そこそこの人出があり、土日、天気次第ですが、混みそうで。とはいえ、明日からの三日間は、水場で湯沸かし担当なので、会場ブースでの混雑は仕事外。さて、明日はどうなる事やら。
●昨日も言いましたが、前回開催時は象に遭遇。今回は、何に遭遇するのか。
●足が棒。やはり、立ち、そして移動仕事一日は疲れます。体重も減った。
●偶の一冊。池永陽[著]『コンビニ・ララバイ』【2005年,㈱集英社,\600+税】。BOで\108で購入。イイ感じの文体で書かれる文章と人物キャラクターに釣り込まれます。
IMG_0008_20161007224300789.jpg
[ 2016/10/27 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年10月26日(水) 明日からはイベント動員4連チャンです

●明日からしばらくはイベント会場通いです。三年前の前回の時には、会場へ行く途中に、象の散歩に遭遇してしまった。UMAか、と思いましたが。
F1002086_2016102621024192e.jpg
□その時の写真。調教師が連れての朝の散歩、なんでしょうが、犬とは違うのだよ、犬とは。
●今日は、朝から調整仕事を外してしまい、何とも憂鬱でしたが、経営講座関連の個別指導は、頑張って数字をつくっていこう、という事で、方向性が見えて、やはり、販売をキッチリ計画的に、ということになりんした。それにより、夜仕事も予定より30分早く終了し、何とか帰路へ。
●今日は暖かいのか、温かいお茶を飲むと汗ダクダクで。でも、熱いお茶が美味しい季節になりました。冷茶も好きですが。
a2_20161026210748622.jpg
b6_20161026210840ce5.jpg
□何にしても、形状のある、しっかり揉んだお茶を開かせて飲むのは、とっても贅沢で楽しい事です。
●明日からは、作業員に徹します。とはいえ、調整仕事が一つ明日へ繰り越しているので合間をみながらコソコソやらないと。
●偶の一冊。福知怜[著]『ダ・ヴィンチの暗号99の謎』【2005年,㈱二見書房,\600+税】。BOで\108で購入。ダ・ヴィンチコードも読んでいない私。でも、断片的に色々な情報は知っている。聖骸布とか、ロンギヌスの槍とか、エヴァか。そして又、くだらない知識が脳内を埋めていくのだ。
IMG_0007_20161007224259e72.jpg
[ 2016/10/26 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2016年10月25日(火) 頭重たい(T_T)

●今朝は午後から雨模様のため、徒歩&電車通勤。冷え込みも強いため、ダウンを既に着てしまい通勤。
●頭がズキズキするので、血のめぐりの問題、と考え、足のひざ裏を伸ばすようにし、血脈の通りを良くすると、気持ち楽になるような感じも。やはり、仙道パワー、波紋だなぁ、とJOJO化するのであった。やはり、太陽エネルギー大事。
●職場では、ボォーとしつつ、調整仕事と報告書作成、評価面談等をこなし、結論的には、一歩進んで三歩下がるような日であった事を認識するのであった。そして、そんな日は、帰りの時間帯だけ、見事に雨降らずで、外した、と思う状態に。
●コンビニでこんなガムを見つけて購入。時代的に、大学受かった時にファミコン(初代ですよ)を購入し、大学時代はドラクエにはまっていて、なぜか毎年一般教養の政治の試験前にドラクエ徹夜を繰り返し、2度落ちて再履修をした記憶が蘇ってしまいました。
a1_2016102519530328c.jpg
□昔を思い出すようになると歳だなぁ、と感じます。
●明日は晴れ模様。明日も夜まで仕事で、明後日からは4連チャンのイベント対応だ。
●偶の一冊。黒木あるじ&黒史郎[著]『ふたり怪談-伍-』【2015年,㈱竹書房,\640+税】。BOで\108で購入。怖い、はやはり著者の実力だと思う。話の本質より、やはり語り手の実力、文章力という事になるのであろう。そして、やはり眠れなくなる感じの表紙が怖い。
IMG_0006_20161007224257fa8.jpg
[ 2016/10/25 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2016年10月24日(月) 月曜日は重たい、そして頭も重くなる

●またまた月曜日。一週間はやはり7日間なんだなぁ、と。
●今日は、調整仕事、会議、会議、結局は調整仕事。なかなか思うようにならない中、現場を行ったり来たりしていたら、頭の中がズンズンと重たく痛みを発生させてきました。今朝、冷え込んだから、風邪引いたか、と不安になります。
●夜会議を終えて、寒い中、自転車で帰宅しましたが、痛みは増すばかり。
●今週は、後半はイベント仕事4連チャンだし、前半はジム片付けないといけないし。
●とりあえず、熱いお茶をたっぷり飲んで、身体温めて寝る。あとは、明日の朝起きてから考えよう。明日は雨模様のようで、その低気圧も関係しているのかな、とも思ったりします。
●それにしても、お手製焙じ茶と液肥おくひかり硫安のハーフ&ハーフはウマい。
c1_20161024225653733.jpgc2_20161024225655291.jpg
□硫安(左)と硝安(右)。形状の違いは、製茶機のライン違いの問題。硫安の方がこなれていますが、単品で見ると意外と悪くなく、飲んでも、量さえ調節すれば十分に美味しい、贅沢な味です。ハサミ摘みでも十分な。
●こんな事を書いている間にも頭痛強化中。寝る。
●偶の一冊。太田垣晴子[作]『くいしんぼマニュアル』【2001年,㈱竹書房,\952+税】。BOで\108で購入。この作者の微妙な感じの絵と文章で構成されている漫画が好きである。
IMG_0016_20161007222613fa5.jpg
[ 2016/10/24 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2016年10月23日(日) 床屋

●昨日行けなかった床屋へ朝から。御夫婦でやっているのですが、旦那さんが春ぐらいから体調を壊されて奥さん一人で回しているとの事で。前回来た時にも旦那さんに会ったような気がしていたのです、記憶違いのようで。自分の加齢とともに、周囲も歳を重ねる、当たり前の事が、なかなか認識できない、という事を、こんな事があると認識したりします。
●さっぱり、短く。来週は世界お茶まつりイベント補助業務があるため、丁度イイ、という事です。
●昨日行った、来来亭。ポイントカードを集めるのが楽しみなのですが、このボロボロのポイントカードがやっと埋まりそうな状態に。これがイッパイになれば、ゴールドカードになります。それがイッパイになれば、一ヶ月ラーメン毎日一杯食べ放題。
a0_20161023101012ad6.jpg
a1_20161023101014403.jpg
□しかし、こんなにボロボロになっても大事に取っている。来来亭の味、好きなんです。
●しかし、そんな事を気にしていると、ついつい、行ってしまいました、来来亭。ワンタン麺+炒飯食べて(奥さんは旨辛ラーメン)、そして、ゲットしたゴールドカード。
a1_20161023144100619.jpg
a2_2016102314410268e.jpga3_20161023144103c66.jpg
□炒飯が美味しいんだなぁ。
a2_201610231439528b3.jpg
□ゴールドカード。これば一杯になれば、一ヶ月間毎日ラーメン1杯食べれると。いつの事だから。

●偶の一冊。福本伸行[原作]三局A特別チーム[作]『カイジ-箴言-』【1999年,㈱講談社,\933+税】。BOで\108で購入。カイジ、ギャンブル勝負の中に、確かに重たく感じる言葉があります。
IMG_0015_20161007222609a7d.jpg
[ 2016/10/23 ] 一般 | TB(0) | CM(2)

2016年10月22日(土) 休みだけど、思うようにいきません

●土曜日。休み、です。床屋へ朝から行くつもりが、予約できず。さて、予定、どうしようか。
●子供が学校の授業でバスケをやっていて出来ないので、という事で、昔取った杵柄で、安倍川スポーツ公園で、バスケのレクチャー。静岡市内には自由に使えるバスケの外コートやゴールがなく、結局、シュートの打ち方やドリブル、ステップの考え方等を実践しました。久々のボール使い、でも身体は覚えているモノです。しかし、1時間も真面目にやっていると汗だくで疲れました。
●お昼は、大好きな「来来亭」へ行って、ラーメン食べました。この店の味は、何と言うか、ラーメンを食べている感じになれます。
a1_20161022121006dd9.jpg
□特製ラーメン。キムチと味玉が乗っています。
●明日は日曜日。少しずつ天気下り坂。来週、大丈夫かな。
●偶の一冊。毎日新聞科学環境部[著]『理系白書-この国を静かに支える人たち-』【2003年,㈱講談社,\1,500+税】。BOで\160で購入。そうです、理系人間、静かに国を支えています。現場で文句ばかりたれるけどね。
IMG_0014_2016100722260865c.jpg

[ 2016/10/22 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2016年10月21日(金)金曜日、お休み、朝から川根、夜は清水

●花金、しかも給料日、そして、自主的なお休みを実行。そんな日は、朝から川根へ行き、楽しい楽しい、お茶の分析から、そんな日を始めます。
a1_201610212137150a4.jpg
a2_201610212137387b2.jpga3_2016102121372812e.jpg
□久々の地名農林業センターに。秋の茶園の風景。秋整枝も終わったんだなぁ、と。そして、この、おくひかり、茶園での来年に向けた悪だくみを考えるのであった。
a6_201610212139408a8.jpga7_201610212139467a0.jpg
a4_2016102121372813d.jpga5_20161021213732d2a.jpg
□何か風景が変わっているなぁ、と思ったら、農林業センターの事務所建物が無くなっていました。建て替えだそうで、今月に入って、取り壊しをしたそうで。仮説の事務所、になっていました。年度内に建て替え完成だそうです。
●農林業センターで、今年の川根本町茶品評会の出品茶のサンプルを受け取った後、JA茶業センターへ移動し、近赤外分析計を使っての、荒茶成分分析。JA大井川のY道先生に一緒にやってもらい、35点が2時間半程で終了。生データを見ているだけでも結構面白いし、これを審査結果と比較分析等すれば、面白い結果になりそうだなぁ、と。それに何にしてもお茶がいい。この時期に、単品で見ると本当にイイお茶ばかりです。
c2_201610212145489a8.jpgc3_201610212145516de.jpg
c4_20161021214551c47.jpgc5_201610212145531ce.jpg
□色目が上手でないカメラです。あー、こんなお茶ばかり、並べて、飲んでもらいたい。
●久々の川根で、色々と考える事もありました。来年に向けた仕掛けも重要です。もっともっとイイお茶をつくりたい。そして、戻ってきたら、鳥取(先に島根と記載。間違えです<(_ _)>)の地震の情報が。結構強いぞ。
●そして、夕方過ぎから、今度は清水で夜会議です。会議自体より、個別に若い茶農家と話をして、これからの事、今後の事、色々と面白くなる事を話します。
c1_20161021215055608.jpg
□会議の必要性、でも、必然性は、効果性は、と色々と思う訳です。
●結局、休みだけど、仕事です。でも、四六時中お茶の事を考えているのだから、その合間に仕事している、と考えれば別に構わないのかな。
●明日は床屋へ行って、目立つ白髪の処理を。
●偶の一冊。李友情[作・漫画]李英和[訳・監修]『金正日入門』【2003年,㈱飛鳥新社,\1,200+税】。BOで\108で購入。将軍様、とは、という事を知る、一方の情報。信じる、信じないは自分次第である。しかし、こんな本を持っていると子供達が笑うんだなぁ。
IMG_0017_2016100722261478b.jpg
[ 2016/10/21 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2016年10月20日(木) 暮れが早くなってきて

●秋も深まって来て、それでも今週はジム週間だから、朝から、ジムと調整仕事。午後は、清水両河内の現場まで、打合せの運転手で行ってきました。なかなか面白い話。こんな話が発展するとイイのに。
a1_20161020193550ce0.jpga2_2016102019355255e.jpg
a3_2016102019355305d.jpga4_2016102019355517f.jpg
□若さのアイデア、それが実につながれば、という事でしょう。
●微妙な気候。暑いのか寒いのか。それでも、ボチボチ秋深まり、冬へ向かって行くのでしょう。
●明日は、朝から川根へ。そして、夜はとんぼ返りして、清水で夜会議です。一日が長いなぁ。
●お茶時期の写真を眺めては、もっとイイ感じにつくれそう、そして、もっともっと強く力強く揉みがいのあるお茶にしたい、と思う訳ですよ。
c995_20161020194006f4f.jpg
c994_20161020194004b32.jpg
□お茶を創るって、本当に感動、奇跡、そして楽しい。
b2_20161020194148c60.jpg
b5_201610201941505ac.jpg
□何と言うか、揉んでて嬉しくなるようなお茶で。心が震えます。お茶をつくる感動。これは、本当にやった人間にしか分からない。よく品評会のお茶なんて、て文章を見るけど、そう言って線を引いている限り、感動はないんだろうなぁ。まぁ、どうでもいい事ですが。この感動を味わえる楽しみは、やはり、こっそりと。こんな楽しい事はないのに、意外と皆さん、やらしてくれたりするのです。
●頭の中で四六時中お茶の事考えています。来年、早く来い。今はどこかへ行ってしまえ。
●明日は2年前を思い出して早起きしないと。
●偶の一冊。井形慶子[著]『イギリス式時給900円から始める暮らし』【2005年,㈱講談社,\1,500+税】。BOで\108で購入。お金を掛けない暮らし。本来だなぁ、と思います。人生に楽しみを見つけての。
IMG_0003_20161007220453da3.jpg
[ 2016/10/20 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2016年10月19日(水) まだまだ水曜日です。ジムの一日。

●まだ週の真ん中だ。天気が日々コロコロ変わり、暑かったり寒かったり。身体がついて行きません。それに最近飲んでいる血圧降下剤のせいか、どうも動きとかノリとか、気持ちの高揚に影響が出ている感じを受けます。
●それでも一日ジムと調整仕事をやっていると、あー、早くお茶の季節に、とシミジミと思ってしまいます。
b1_2016101919004334d.jpg
b5_20161019190046c1e.jpg
□清水区河内のお茶。イイお茶だ。
●頭の中が煮え立って、揉んでいるお茶の隅々まで身体で感じられるような時間を又過ごしたい。
b2_20161019190230340.jpg
b91_20161019190231210.jpg
□川根本町地名のおくひかり。これもイイお茶だ。
●こんな事を思う事が気持ちが病んでいる証拠なのですが。とはいえ、出先事務所はイイ所で、病んだら現場へ出て気持ちを切り替えればいい。お城はそうはいかないので、病み休みが発生している模様です。まぁ、無理はしないで、嫌になったら休むが一番。頑張ったってイイ事はないのだから。自分で証明しているし。
●そんなこんなで、明日もジム屋さんです。
●偶の一冊。いしかわじゅん[著]『鉄槌!』【2000年,㈱角川書店,\1,600+税】。BOで\108で購入。著者が好きである。「東京物語」以来のファン。それでも描かなくなって長いなぁ、と思っていたら、久々に著者の文章に触れて。そして、おまけ的に最後に漫画もついていて。久々に「いしかわじゅん」を楽しみました。
IMG_0004_20161007220454ee5.jpg
[ 2016/10/19 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2016年10月18日(火) 忙しい(T_T)、なぜか?

●なぜか、忙しい。能力がないから、だろう。今日も朝からジム仕事全開。とりあえず、書類の印鑑貰いにJAまで。こいつらが可愛いんだ。
a0_2016101818344982c.jpg
□彼ら(彼女ら?)は何君?なのだろう。
●昨日とは打って変わって良い天気。それでも、ジムは少しずつ。前例がない事項は自ら創出しなくてはならない。でも、前例は参考にしなくてはならない。ジム屋は大変だ。
●夕方、茶園搬入土の確認で現地へ。イイ感じの土でした。とりあえず、雑木の作土ですから。
a1_20161018183453176.jpg
a3_201610181834543e4.jpga2_201610181834539d5.jpg
□茶園は土、土壌、で決まってしまう。それも、一番大事なのは、透排水性。空港造成地で苦労しましたから。茶試OBの小川さんや此本さんにいろいろ教わった思い出が。土壌のpH改善における第一は、酸性化資材ではなく、暗渠と外部侵入水の遮断。そんな事を教えてくれる人は今は誰もいない。自分が教わった事を後につなぐ、大事だなぁ。
●そんな思い出に浸っているようですが、そんな余裕もなく、暗くなるのも早い秋の夕暮れ。
●明日は、実家の近所の神社のお祭り。お祭り、楽しみだったなぁ。
●偶の一冊。夏川草介[著]『神様のカルテ①②』【2009年&2010年,㈱小学館,\1,200&1,400+税】。BOで\108で購入。映画だかTVだかでやっていた?嵐の櫻井翔だったかな。それは置いておいても、単行本買いが最近自身の中の流行りでたまたま購入したのですが意外と悪くない。こうして本と言うモノはたまっていくのだ。
IMG_0001_20161007220450d15.jpgIMG_0005_20161007220456b05.jpg
[ 2016/10/18 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年10月17日(月) 一週間の始まりは一日雨

●昨日までの晴れ天気が一転、朝から雨。一日雨。でも、今週は蓄積したジム処理週間なので、一日事務所で唸りながら、ジム処理していました。全然片付きません\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?。
●帰り路、そんなに遅い時間でないのに既に真っ暗。そんな季節になってしまったのだね。
a1_20161017190230a60.jpg
□雨のため徒歩通勤だったので、帰りは歩道橋の上から国道をパチリ。秋だなぁ。
●温かいお茶が美味しい季節。自家製焙じ茶を楽しむ場面。その本茶はこれだったりするのだから贅沢だ。
b8_201610171905122e2.jpg
□作り立ての荒茶を参考サンプルでもらう事が多いのだが、どうしても使い切れず。そして、自家製焙じ茶に化けるのであった。
aaa1_2016101719092082c.jpg
□コゲでもない、吸湿臭もない、そんなギリギリを目指していると、お茶の変化が大変面白く感じます。
●明日も一日、ジム。頑張らないと。来週は、祭りイベント動員で仕事が回らなくなるから。
●偶の一冊。井沢元彦[原作]波多野秀行[漫画]『そして中国の崩壊が始まる』【2006年,㈱飛鳥新社,\1,429+税】。BOで¥108で購入。昔、一方的な情報だけで判断した事を如何にもで信じていた時代があり、その反省から、どのような場面でも色々な多面情報を入れるようにしている。その結果として、どちらに傾くかは個性である、と思いつつ。良い悪いではなく、色々な事を判断材料に取り込む事は必要である。
IMG_0002_20161007220452724.jpg
[ 2016/10/17 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2016年10月16日(日) 秋晴れ日曜日

●今日は日曜日。良い天気。空気も気持ち良い日です。各地でイベント日和のようです。
●芽数は収量への影響性が高く、やはり、空間充填率を考えるとある程度の数は必要。施肥の影響性で言えば、摘採芽数への影響性はなくはない、という事だけど。
a0_20161016170948687.jpg
□とりあえず、点を散布図に広げてみて、考えるだけである。
●年時の違い。一定重量になると増加傾向が見えない。それは仕立ての問題か。この倍の芽数をつくるには?というような事を考えた場合に、その収量性への影響は、という事を思うし、そのための空間確保や一芽当たりの形態や重量変化、という事が問題となってくる。やはり、適正な状態へ落ち着く、という事なのか。それはやはり空間占有率、という事なのか。
A4芽数と枠重40kg
□埒もない夢想である。
●明日は天気が悪そうですが、現場の土壌調査どうしよう。
●偶の一冊。青木祐子[著]『これは経費では落ちません!』【2016年,㈱集英社,\550+税】。以前本屋で見かけ、一度手に取ったのですが、買わず。今回、再度手にとって買ってみました。大重版という帯の煽りもあったし。内容は多分悪くないと思うのだけど、何となく読みづらい。文章がスッと入って来ない。余計な情報が多いのか、どう読者の方向を持っていくのかフラフラしているのか、そんな情報いらないなぁ、という文章があって。そんな意味で、・・・、でも、話としては、悪くない話だと思います。
IMG_0012_20161002110202b07.jpg
[ 2016/10/16 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年10月15日(土) 何だかもう月の半ばだ

●もう月の半ば。でも土曜日。今日は、静岡市のお茶祭りが街中で行われているが、受験生のOPENスクールとその後の塾送迎で一日拘束のため動けず。
a1_20161015181731953.jpg
□公開授業見学等もあり、数学の話が面白かったりして、個人的には楽しくはあるのだが。何だか、校舎のつくりが今ひとつ?な学校であった。建増しなのかな。
●頂いた荒茶が見本袋等に入っていて、吸湿してしまったモノ等をこの寒くなる時期に、電子レンジで乾燥、火入れして、なんちゃって微妙焙じ茶にして飲む。元々がイイお茶なので、十分飲むのに値するモノにはなるのだが。乾燥と火入れ、この違いを感じる事ができる、のも楽しかったりする。川根で遠赤乾燥機をやらせてもらった時にも思ったが、乾燥と火入れ、この違いをキッチリ押さえないと下手な外焦げ&芯生茶になってしまうんだなぁ、と。そして、元々のお茶をキッチリ揉んでいるかどうかも重要。そんな事を思いながら日々お茶を飲む。
a0_20161015181729c3b.jpg
□コゲでない焙煎、火入れ。その見極め、ポイント。また、川根へ行って遠赤乾燥機を使わせてもらおう。
●週明けから天気が崩れそうで。さて、明日はどうしましょう。
●偶の一冊。松本小夢[作]『ウドの樹木医』【2015年,㈱秋田書店,\619+税】。kindleの無料試し読みで読んで、本冊を購入してしまいました。絵は単純ですが、話が惹かれます。こういうのを読むと自分が、生物系、農業系、自然に絡む仕事についているんだなぁ、と再認識したりします。面白いです。残念なのは、一冊で完?なのか、という点。是非続けてもらいたいなぁ。
IMG_2016100211015997d.jpg
[ 2016/10/15 ] 植物 | TB(0) | CM(0)

2016年10月14日(金) 防疫演習対応で一日

●今日は鳥関連の防疫演習で、藤枝で一日。テント張ったり、テント張ったり、テント張ったり、テント片付けたりしていました。防災服を着て、暑い暑い一日でした。
●朝には、奥さんが、双子の卵、と見せてくれてました(三つに見えるのは既に一つの黄身が割れているから)。良い事あるよ、と言っていましたが、本人には良い事があったのでしょうか。私的には、悪い事がなかった(テント片付けの時に小指を資材に挟んで鬱血状態に。ちょっと悲しい)、という事で良い一日だったのでしょう。
a1_201610141835129d1.jpg
□双子の壊れ卵です。
●明日は、高校受験生のOPENスクールに同伴です。
●時系列のデータ。時系列って捉え方、軸が現状にあり、それが横並びに比較評価される。一方で、時系列上での順位列に対して、その要因が何か?という事で、本来的な評価の目的や視点が異なってくる。そんな意味で、色々な形で、データを評価する、とういのはとっても大事である、と思う。
枠摘み時系列h19
□ショートレンジでの生育新芽の日別の施肥量別N濃度変化。同日比での濃度の違いが意味する事は。逆に3日早ければ、とか、その推移が推測できるなら、あと3日待てるとか。そんな計算も考えてしまう。
old leaf 3graph60
□一方で、こちらはロングレンジでの古葉のN量変化。秋肥の影響性。その量的影響性。
●ショートとロングの評価。それぞれが又面白い結果につながっている。
●偶の一冊。唐沢なをき[作]『まんが家総進撃④』【2016年,㈱KADOKAWA,\690+税】。最終巻。漫画家って辛いんだなぁ。
IMG_20161001092934a6f.jpg
[ 2016/10/14 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2016年10月13日(木) 秋茶葉を使用した碾茶製造の一日でした

●今日は碾茶製造の一日。実際に製造はメーカーさんの工場で行うので、メーカーさんの技術者の方の腕で製造されるのですが、それに伴う準備等の調整で頭の中は、てんてこ舞い。結局、写真のような流れの中で、秋茶葉でもこんな抹茶(粉末)になるんだ、と色々な意味で勉強になったし、思うところが出ててきます。
a1_20161013191922613.jpga2_201610131919245e8.jpg
a3_20161013191925303.jpga4_20161013191926c93.jpg
a5_20161013191928e1a.jpga6_20161013192002584.jpg
a7_20161013192004146.jpga8_20161013192005ad9.jpg
a9_20161013192007629.jpga91_20161013192008713.jpg
a92_20161013192055284.jpga93_201610131920569cc.jpg
a95_201610131920598b7.jpga96_2016101319210002a.jpg
a97_20161013192322f13.jpga98_201610131921569a3.jpg
a99_20161013192157f56.jpga991_20161013192159668.jpg
a992_2016101319220190e.jpga993_20161013192503434.jpg
a994_20161013192505143.jpga995_20161013192506bbf.jpg
a996_2016101319250817a.jpga998_20161013192509f54.jpg
a999_20161013192557fa9.jpga9991_20161013192558af6.jpg
□碾茶の発色が鮮やかで。秋冬番でもいいなぁ、と思ってしまいます。
●残念なのは、自由に遊べる碾茶製造施設がない事。色々やったら、もっと色々と面白く出来るのに、と思う次第。自由がない所で、新しい事は生まれない。茶園施肥なんて典型的だ。もっと自由に発想すればいいのに。
aa1_20161013193115b9b.jpg
□出開き度が進む。N含有率は下がる。
aa2_20161013193223c8a.jpg
□重量が増加する。出開き度は進む。
aa3_20161013193331ff0.jpg
□重量が増加する。N含有率は下がる。
●この「出開き度」「重量」「N含有率」の関係性を抑えないと、本来的な施肥効果の意味合いは理解されない。それぞれ単体のみで考えれば、色々な結果考察ができてしまう。そんな意味で、データ取りとその整理、大事です。
●あー、こんな面白い事だけ、やっていたい。
●明日は、防疫演習で一日藤枝です。主な仕事はテント張りです。
●偶の一冊。ケンタロウ[料理家]柳田理科雄[空想科学研究所]『空想お料理読本2』【2011年,㈱メディアファクトリー,\524+税】。BOで\108で購入。本やコミック、アニメの中の食事シーン、大好きである。それを再現。楽し。
IMG_0006_20161001085812a4a.jpg
[ 2016/10/13 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2016年10月12日(水) あー、調整苦手だ

●あー、調整苦手だ。人が苦手。仕事向いてない、本当は。
●今日は一日、そんな関係の上での現場回り仕事をして。これがあと2回あるんだ。大変。
●そして、その後は、茶葉の運搬。明日の碾茶製造用の葉を運びました。結構イイ感じの秋冬茶葉です。
a1_20161012185824c4e.jpg
a2_2016101218582610f.jpg
□本当はよく分からないのだけどね。
●今週は5つ+2の重たい仕事が両肩に乗っかっていて、肩は重いはゲロ吐きそうだわ、で面倒な一週間です。そして、何故か薬の効果なのか、血圧が今日、極端に下がりました。上が100切る数字って何?
●明日は朝から碾茶製造です。
●FBで4年前の記事が、見返されたのですが、一瞬、この時期に何で一番茶?と思ってしまいました。それくらい良い芽。こんな芽で早くお茶づくりをしたい。
249528_119019024917473_185609396_n.jpg
□川根本町地名、農林業センターの、おくひかり秋芽、手摘みです。
●偶の一冊。東野圭吾[著]『あの頃の誰か』【2011年,㈱光文社,\590+税】。BOで\108で購入。持ってないなぁ、と思って購入して、結論は、図書館で借りて読んだ、でおしまい。よくある話です。でも、本は好きだ。何度読んでも、文字はいい。
IMG_0007_20161001085814b0e.jpg
[ 2016/10/12 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年10月11日(火) 相変わらずの休み明けの倦怠感

●休み明け。良くない日だ。予定していた仕事以下の仕事しかできなかた。
●朝晩の冷え込みがグッと来たせいもあるのか、調子もよくない。寒いのか暑いのか。
●そんな一日。そして、完成しない仕事を抱えたまま、帰路へ。暗いし涼しくなったなぁ、と感じる帰り路。
●明日から現場三連チャン。中仕事がこなせてないのに、困った、困った。
●明日、頑張れるかな。
●偶の一冊。星新一[著]『安全のカード』【1987年,㈱新潮社,\438+税】。BOで\208で購入。小学生の頃から、星新一のファンで、全ての本を揃えようと決心し、ほぼコンプリート。読んでない物語(エッセイも含めて)はないんだろうなぁ、と思っている。そして、全てが実家の火事で焼失してから、久々に背表紙を見ていて何故か、読んでないショートショートか、トチ狂い、併せて気持ちがざわつき購入したが、値段も高かったし(\108のつもりでした)、更に持ち帰って読んだら、あー勿論読んでました、というオチ。それでも自身の人生において、星新一は神様、である。
IMG_0005_20161001083356232.jpg
[ 2016/10/11 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年10月10日(月・祝) 体育の日?かな

●今日は、体育の日、のようだ。晴れの確率が高い事から選ばれた祝日のはず。そして、今日の天気は、快晴。すごいなぁ、確率論って。それとも奇跡?
●連休最終日、自身はのんびり。家族は、昨日に引き続き、清水へ。落語へ行くようだ。
●明日から忙しい一週間。回せるかな。
●偶の一冊。マツコ・デラックス[著]『世迷いごと』【2010年,㈱双葉社,\1,200+税】。BOで\108購入。自らを異形と認識し、その視点でモノを語る著者。ある意味の客観性であり、視点であり、そして、真実である、と思う。
IMG_0001_20161001083350330.jpg
[ 2016/10/10 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2016年10月9日(日) 中日

●日曜日。今日は中日である。もちろん、三連休の。でも、雨だ。
●お茶の事を書くのは、勿論仕事で携わっている事だから、なのだが、それでも、最近とみに思うのは、技術の話をする場面がないなぁ、という事。お茶をどう売るか、経営としてはどうなのか、そのための碾茶だ、紅茶だ、という話は日常的に溢れているのだが、単純に、お茶の収量とは?品質とは?、そのための栽培管理とは、摘採とは施肥とは。土壌のあり方とは。そんな話をする場面が個人的には、まさに、統計吞み会以外ない、という事に気づくのである。色々な事が分からないまま語られ、そしていい加減な話で日々過ぎていく状況が繰り返されているという事を、皆感じないんだなぁ、と思いつつ、それに追随してしまっている自分自身があるというのも辛いモノだ。
a6_2016100820383028e.jpg
□この新芽、一番茶新芽の生育を見るにつけ、一年に一度の一番茶をヒシヒシと感じるのだ。幸せな時期である、あの頃は。
●せめて、自分が分からない、と思う事位は、死ぬまでに解決したいと感じている。答えを見つけたいなぁ、と。それは誰にも分かってもらえなくても、自分がそうだと納得できるなら、それでいいから。そんな事を考える歳になってしまった。それだけ、お茶って分からないんだ。分からなくてもいいと思っている人達はそれでいいし、多分、分からない、という事が分かってないのだから。
b4_20161008203834c31.jpgb8_2016100820382885b.jpg
b91_20161008203833a04.jpgb96_201610082038334f7.jpg
□2016年一番茶手摘み。品評会出品茶。シャッキリコンと揉めていると思う。触っていて幸せになれるお茶だと思う。色々な評価やお茶としての在り方は別として。
●とはいえ、二番茶と一番茶の違い、を飲みながら思うのは、やはり、うま味の部分、ようするに可溶性Nの部分の所在が異なる、という事実が、味わいでも、そして、揉んでいる最中の粘りの発現でも感じる。そうすると、いつも統計吞み会で話題になる、モデル化、分配、蓄積、順番、シンクとソース、それに絡んだ温度や生育の影響、を整理する事が必要、だとは思うのだけど。
c2_2016100908405626b.jpgb9995_201610090840567f3.jpg
□H28川根おくひかり液肥(硝安)一番茶[写真左]とH28川根おくひかり液肥(硫安)二番茶[写真右]。
●一番茶と二番茶の違い。意味合い。色々な事が、事実として発現されている。
●お昼から、清水へ行ってきました。「清水マグロ祭り」というイベント。以前一度行って、模擬セリというものがあり、そこでマグロのセリ落とし等をした楽しみがあり、今回も折角の三連休の中日なので行ってきました。人出も多く、やっぱり、清水は港町という事を再認識させられる訳ですが、模擬セリでも、冷凍マグロのブロック等を落とせて、良かったです。
a1_20161009150957469.jpg
a2_20161009150958be2.jpga3_20161009150959230.jpg
□イベント広場にて。マグロ汁の無料配布等をしていましたが、物凄い行列で断念。マグロのアラの串揚げ\200食べましたが美味しかったです。
a51.jpga4_20161009151000859.jpg
a5_201610091510020f6.jpga6_201610091511480de.jpg
□セリは魚市場で行われ、目当ての人で溢れていました。貝から、魚から、伊勢海老から。そして冷凍マグロのブロック等。私も一生懸命指し値を入れるのですが、大体1.2~1.5倍の値段を入れられて敗退、という感じでした。それでも3品をゲット。
a7_20161009151150e5d.jpg
□冷凍マグロのブロック。1.5kgを\1,500で競い落しました。
a8_2016100915115293b.jpg
□これも冷凍マグロのブロック。やや小ぶりです。900gを\1,000で競い落しました。
a9_2016100915115373c.jpg
□これは、生カマス5匹。\700で競い落しました。
●イベントとしては面白く、もう少し頻繁にこんなイベントを開催してくれれば、清水へ足を運ぶ人も増えるのでは、と思う次第です(季節毎で、旬の魚介類の模擬セリやるとか)。
●楽しかった。そして夕飯に早速食べたマグロの刺身が美味しかった。
●明日は三連休最終日。そして、忙しい一週間が始まる。
●偶の一冊。米澤穂信[著]『ふたりの距離の概算』【2010年,㈱角川書店,\1,400+税】。BOで¥160で購入。小夜内さんシリーズ?は読んではいるものの、その次になかなか踏み出せなかったが、氷菓、を読む事なく、いきなり単行本であったので購入。ハズレはないのだろうが、とりあえず、先に、氷菓、を読むべきだろうと躊躇中。
IMG_0003_20161001083353da8.jpg
[ 2016/10/09 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年10月8日(土) また三連休だぜぇぇ、茶妄想

●また今日から三連休。十月は月末に世界お茶まつりイベントで休日出勤が重なるので、今のうちに休んでおかないと、という意味不明な感じ。
●一方で朝から雨模様の中、町内の秋祭り準備。11mの幟を土砂雨の中立てて、完全な疲労困憊状態。今日おわぁった( 一一)。
●幟を立てる11mのポールを抱えたり、ひねったり。指関節などボロボロで。
●お昼は、子供と一緒に定番「たろうず」へ。辛ネギ醤油を食べました。煮卵付き。たろうず、美味しいんだよな。あと、最近お気に入りの茹で餃子、塩ダレ。6個入り200円です。写真は子供があっという間に3個食べてしまったので。
a1_20161008115308bf4.jpg
a2_201610081153100d4.jpg
□昨日からラーメンばかり食べている、そんな気がする。
●朝晩がそれでも涼しくなり、冷茶から急須での温かいお茶を飲むようになった。熱湯で淹れても苦渋味が出ない何杯も煎が効くお茶であるが、よく考えれば、苦渋味自体が揉み方に問題があるのだろうし、また揉み込むレベルというか、茶芽の状態への圧力というか、そんな意味で浸出しても美味しくなるお茶をどう作るか、そんな妄想を重ねる事となる。川根二番茶おくひかり液肥(荒茶)は、茶缶を開けた時に感じるやや青みのある香りは浸出香味では感じる事なく、美味しさを重ねられる。二番茶でも十分美味しい。キッチリとお茶をつくるべきなんだろう。
b991_20161008200530589.jpgb996_20161008200532a01.jpg
b998_20161008200535209.jpgb997_20161008200536f5e.jpg
a3_201610082003596a0.jpg
□何と言うか、中庸、という言葉もあり、過ぎたるは及ばざるがごとし、という言葉もあり、色々と考えるのだが、一方で、振り子を振らないと真実はわからない、という事も事実であり、そんな意味で、去年、今年と液肥の試験?をやれたのは自身にとっては幸せな事である。多分、色々な形の外部要因もあり、再現性もどうなるか、という点を置いても、それでも何かしらの影響性であるとか、反応性であるとか、色々な事はあるのだろう。何にしても、お茶時期中に揉んでいて「違う」と感じられる自分の感覚は信じるべきだろうと思う。一応、土壌肥料関連、色々と調査もデータも自身で積み重ねてきた中での感覚なのだから。
●そのような意味で、葉打ち⇒粗揉の流れの中で、処理における「粘り」の発現Timeとその成分性、を液肥処理時期、あるいは量、濃度への対応性で押さえるのはありだと思っている。新芽品質への影響性、という性質において。収量性については、個人的には、別の視点を持っているので、それはそれで別試験を組み立てる必要がある訳だが。データ的には、アミノ酸分類等とレベルの高い話ではなく、単純に電気伝導度程度の時間別データでも十分ではないかと思うところであるが。それ以外の部分は、経時枠摘みデータも必ず付いてくる訳だし。
●とはいえ、思いと場の非一致。この疑問解決はいつになる事だろう。それまで、まだどうでもいい、根拠のない多肥神話とか有機神話に付き合わなくてはいけないのだろうか。全く虚しい事だ。
H19N量a
□この枠重増加にともなうN量のフェイズ変化については、出開き度(芽止め)との関係性での固定Nと流動Nへの状態あるいは分配の違い等の影響があるんだろうなぁ、と推察している。味を作るとは、量を作るとは。そんな話を説明できる一つの材料として捉えているのだが。タンパク態Nを作る事と絶対収量性との関係性は。芽数と芽重。そこへもつながる話だと思うし。
●たまの休みにお茶の妄想。一生そうなんだろうな。
●偶の一冊。小野不由美[著]『鬼談百景』【2012年,㈱メディアファクトリー,\1,600+税】。BOで\160で購入。本を読み散らかすため、読んでいる最中に、これ読んだなぁ、と思う場面に多々遭遇する。それが、今回のような古本の単行本買いの場合だと、文庫本で読んだのか、図書館で借りて読んだのか、よく分からないままいってしまうのだが、結局、二度読みしても面白い本であるなら、許してしまうのだ。自分も本も。
IMG_0002_20161001083353070.jpg
[ 2016/10/08 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年10月7日(金) なぜ肉を喰いたいのだろう?

●肉喰いてぇ、と最近思う場面が増えていて。なぜ、たんぱく質、アミノ酸を身体が求めているのか。やはり不足しているのかなぁ。また、飲み行って、肉を喰おう。
●本日は金曜日。明日から三連休。とはいえ、今週は長く、また来週は忙しい、という状況で、今日も朝から現場三連発で動き回ります。茶園の土壌状態のよくない圃場を確認して、両河内まで行って聞き取り調査。その後は、市役所で打合せ。何と言うか、色々とテーマの異なる事をやっている自分を思い、歳を取ったなぁ、と。最近、いつもそう思います。
●そんな合間のお昼時間。15分位で食べれて、と初めての清水にあるラーメン屋に入りましたが、思った以上に細麺で、完全に醤油味だよ、という味付け。それに九条ネギたっぷり、というのを食べましたが、個人的には悪くなかった。今時のラーメンではないけど。言うなら中華そばだなぁ。
a0_20161007210028e93.jpg
a2_2016100721002931a.jpga1_20161007210030f9e.jpg
□湾岸の丸岩というお店。こんなラーメン好きです。そして、叉焼が本当に叉焼だった。これも珍しい。
●明日は町内のお祭り準備。雨だけど、準備はどうするんだろう?と思う訳です。
●偶の一冊。東野圭吾[著]『聖女の救済』【2008年,㈱文藝春秋,\1,619+税】。BOで¥160で購入。最近、BOの単行本コーナーにはまっていて、また、ガリレオシリーズを買ってしまった。読んだ感想としては、長編ものとしては、容疑者X、の方が全然いいなぁ、と思ったが。とはいえ、単行本を持って読む、という感覚は独特のモノがあり、好きである。
IMG_0004_201610010833559a5.jpg
[ 2016/10/07 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年10月6日(木) まだまだ長い一週間

●シルバーウィークに休みを覚えたしまった身体が、日常生活の仕事についていけない日々が続きます。今週は昨日の天上行きも含めて、本当に辛い一週間です。本日は、課題の中間検討日と言う事で、一日事務所で会議です。
●色々と聞いて聞いて、最後にお茶関係だけで、他課題の1.5倍の時間を使って検討されました。こんな情勢、ウマくいかないのが当たり前。でも、色々とやってみるしかないのだ、これが。
●書類関係も調整関係も何とか整理。ただ明日は半日時間で3件の現場打合せが入っていて、回るかな、と大変心配しております。忙しい。
●それにしても、今日も暑かった。もう10月もイイ感じになって来ているのに。朝晩は少し涼しい感じはしますが。
●お茶お茶お茶。一年中お茶だけ触っていたい。
a2_20161006194700e7d.jpga4_201610061947011f6.jpg
a6_20161006194702a53.jpga9_201610061947040d8.jpg
b3_201610061947065d0.jpg
□お茶って、触ると本当によく自身を話してくれるんだよなぁ。また、お茶と語り合う幸せ時間を。早く来い。
●明日は金曜日。頑張れば、形だけは三連休だ。ファイト、自分。
●偶の一冊。小栗左多里・トニー・ラズロ[作]『めづめづ和文化研究所京都』【2008年,㈱情報センター出版局,\1,000+税】。BOで\160購入。京都絡み、そして、お茶、弓道、というようなテーマが入っている、とついフラフラと買ってしまいます。知っている事とはいえ、何でも知りたいんです。
IMG_0003_20160924111952a43.jpg
[ 2016/10/06 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2016年10月5日(水) 本日も埼玉まで足を運ぶのでした

●台風接近模様とはいえ、天気は晴れ。そんな日に、ネクタイをして、スーツの上着はどうしよう、と迷いながら結局着て、朝は職場へ出て調整仕事をしてから、お昼前の新幹線時間に合わせて出発。埼玉まで行きます。
●最近定期化した埼玉詣でです。いい加減、ケリがついて欲しい話なのですが、やっぱり、キッカケがキッカケのため、ズルズルと決着に至らずに続いています。本来の担当は誰?と聞きたくなる事ですが。ただ、行く度に、色々と指示、対応して頂ける国の方々を見ていると本当に、色々な方々に迷惑を掛けているという認識にはなります。勿論、迷惑を掛けるキッカケを作ったのは私ではありませんが。そのキッカケを作った人達はそんな事は一欠けらも思っていないでしょう。だから、本当に嫌になるのです。
a1_20161005201818c1f.jpg
□行きの新幹線は、一番前の座席座るようにしています。別に充電をしたい訳でもないのですが。
●色々とお話しいただき、調整して頂き、次回までの短期間での宿題(結構、大変です)も頂き、今回も終了。そして次回が決定。ただ、次回で何とか、というところか。何とかなりたいし、何とかしなくては、と思うばかりですが。
●壊れかけているスマフォが何とかならないか、と勤務時間も過ぎたので、ちょっと寄り道。日本の中にはこんな街もあるんだなぁ、と。外人の方が本当にたくさんいます。
a3_20161005201821ded.jpg
□AKBです。結局、代替スマフォは値段が折り合わず、買えませんでした。
●静岡へ戻ってきたら、雨降っていて。お腹を埋めるために、食べ慣れたお店で。玉葱の甘味が美味しい肉ソバです。そして、温泉卵ご飯が美味しいんだなぁ。それに緑茶の冷茶が置いてあるのが嬉しい。例え藤枝のお茶でも。
a4_201610052018227f0.jpg
a5_20161005201823def.jpga6_20161005202940f16.jpg
a7_2016100520294105d.jpga8_2016100520294229b.jpg
□チェーン店ですが、結構好きです。何と言うか、普通に美味しい、という分類ですか。
●さて、小腹を埋めて家まで歩いたのですが、家に辿り着くまでにグショグショになってしまいました。雨、ひどいや。
●今日は結局、どうだったのか。とりあえず、ちょっとは前へ進む方向になりそうだ、という事です。でもそのために、急いで優先でやらなくてはいけない仕事が又一つ増えました、とさ。はぁぁぁ~( 一一)。
●明日は一日、課題の検討会です。ジム処理も早急があるし、回るかな。
●このお茶、揉んでみたいなぁ。
c1_20161005203720d78.jpgb94_20161005203721378.jpg
□白葉系のお茶。どちらも、純系。これに施肥のもう一工夫を加えれば、・・・、あー楽しいんだろうなぁ。
●偶の一冊。東野圭吾[著]『新参者』【2009年,㈱講談社,\1,600+税】。BOで\160購入。TVでやっていた?記憶もないのですが、昨日のガリレオ並びの中で購入。ショートミステリーの組み立てが凄いなぁ、といつも思います。
IMG_0001_20160924111946c97.jpg
[ 2016/10/05 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年10月4日(火) 日々過ぎていく、これではダメ

●日々過ぎてしまう。結構、嫌な事が溜まっていきます。それではダメなのだけど。
●明日は天上用件で埼玉行きが決定していて、それの事前打ち合わせにお城へ。話が進んでいないのですが、という何とも淋しい状況を確認して、明日は足取り重く新幹線に乗せられて。台風も来るし、帰りが心配です。
●そんな事を言っていたら、スマフォが膨らんで画面が歪んで。バッテリーがおかしくなって、パンパン状態のようで。あー、新しいのに機種変更しないと。何だか面倒な事ばかりが起きます。
●仕事も、・・・、ボチボチ少しずつしか進みません。
●お茶揉みたい( 一一)。
a4_2016100420351308f.jpga3_2016100420351426b.jpg
a5_20161004203519cee.jpgaa1_20161004203522cb7.jpg
□お茶にさわっていると何か感じる、教えてもらえる。そんな幸せに満たされる。一年で一番幸せな時間だなぁ。
●明日は埼玉。新幹線を含めて往復時間、長いんだ。
●偶の一冊。東野圭吾[著]『虚像の道化師-ガリレオ⑦-』【2012年,㈱文藝春秋,\1,350+税】。BOで、\160で購入。\200の20%引きでした。単行本。ガリレオを本で読み始めて、文庫には見当たらない単行本版を購入してしまいました。科学者とは。人とは。
IMG_0002_20160924111950be9.jpg
[ 2016/10/04 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年10月3日(月) なぜ、こうも月曜日は憂鬱なのだろう

●人は本質的に働く事を拒否しているのだろうと思う。労働は罪悪である。聖書の言う通りだ。
●雨模様。その癖はっきりと降らない。一方で湿度は高く、歩いているだけで汗が噴き出る。もう10月なのに。
●色々なジムこなす中で問題抱えて、それが身体から臭い汗を噴き出す構造に。あー、たまらない一日だ。
●夜は夜で、報告を聞く会議。んー、どう考えればいいのか、方向性はもうないのか。迷走せざるを得ない状況もしょうがないのかもしれないと、考えてしまうのはイイのか悪いか。
●そして、事務所へ戻り、重たい湿度の中、自宅へ。今週も一週間が長い。明後日は埼玉行きだけど、台風、どうなるんだろう。
a1_20161003215217f96.jpg
□歩道橋の上から。完全に手ぶれ。
●早く、お茶を揉める時期になってもらいたい。揉んでいて幸せになるお茶づくりの時期に。
b1_20161003215414155.jpgb7_20161003215405901.jpg
b91_20161003215410354.jpgc2_20161003215415264.jpg
□来年、こんなお茶を揉める場所を探しておかないと。もたざる者は辛い。
●一週間、長いなぁ( 一一)。今週は、重たい週だ。
●偶の一冊。鳥飼否宇[著]『憑き物』【2013年,㈱講談社,\800+税】。a-●ooで\21.6で購入。この作者も理系。文体の匂いをかぎ分けて購入するのだろうか。何と言うか、理って結構自分の中では重要な部分で、でも、多くが感で支配されており、それを理にしていきたい、と思っている。そんな意味で、お茶づくりも感に頼っているのだが、おそらく、そこに理があるのだろう、といつも考え、迷っている。
IMG_0004_20160917185304b77.jpg
[ 2016/10/03 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年10月2日(日) ポワンポワン

●日曜日だからポワンポワン。
●茶缶に入れっ放しで放置していたお茶の再乾燥を電子レンジでやったり。ヒイタ臭いが抜けて、ただ火が入らないよう気をつけて。乾燥と火入れ。意味合いが違うんだよなぁ、と川根で遠赤外乾燥機で色々と試行していた頃を思い出しながら。それにしても、キッチリ揉んで力があるお茶を作っていると、こんな時に力強く、乾燥工程も受け留めてくれて嬉しいのだが。
c9_20161002102455ef1.jpga2_20161002102458e7c.jpg
a92_201610021025038cf.jpga5_201610021027187fd.jpg
□本文とは全く(とは言わないが)関係のない写真なのだが、思うのは、こんなお茶に普通に触らしてもらって、写真撮らしてもらって、それを淹れて飲んで味わって、そして色々と勝手な事を言う事を許しもらえる、というのはありがたい事だと思っている。
●製造の段階でよく「力があるお茶」という表現を使うが、やはり、揉んでいて、揉むという行為、に対してそれを受け留められるかどうか、という事になるのだが、こちらも、一方的に茶芽の状態を無視して揉む作業を行う訳ではないので、そんな意味で具合を確認しながら、どこまでこのお茶は頑張れるか、という事を判断して揉む、という作業を行っている。そんな意味での、頑張ってくれる事ができるお茶、それを「力のあるお茶」と表現する事になるのだが。
b1_20161002103418ebf.jpgb5_20161002103420055.jpg
□そんな意味で、今年、これだけ葉の透明感を持ちながら、力強く揉ませてくれたお茶、露地物、は自分の中に又新しい物差しを作ってくれたと思っている。何にしても色々勉強だ、幾つになっても。
●午後から街へ出てブラブラ。お昼をつけ麺のきじ亭で。今回は、濃厚汁に唐辛子味にチャレンジ。相変わらず、ポタージュのような漬け汁が太い麺に絡んで美味しかった。また来よう。
a1_20161002155132680.jpg
a2_20161002155133d0d.jpga3_20161002155136cfd.jpg
a4_20161002155136cc0.jpga5_2016100215513774f.jpg
□次は油そばにチャレンジかな。それにしても、この鶏ダシたっぷり感と美味しい鶏肉がイイです。
●偶の一冊。鳥飼否宇[著]『物の怪』【2011年,㈱講談社,\800+税】。a-●ooで\21.6で購入。何と言うか、この位の値段になると、なかなか手が出ない新しい作者へのチャレンジ精神が生まれて購入(読む時間も含めた費用対効果を考えての)意欲が派生するというもので。そんな意味で、怖いショートの物語、果たして。
IMG_0003_20160917185303076.jpg
[ 2016/10/02 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年10月1日(土) 10月の始まりが土曜日とは

●十月の始まりが土曜日でお休み。昨日の疲れもあり、嬉しい事です。疲れは気持ち。
●今年のS園の県品出品茶サンプルを頂きながら、冷たいお茶から季節的に温かいお茶への流れに。温かいお茶において、止め時が分からない、どこまでこの味が継続するのかなぁ、と確かめながら飲んでいく形。ただ味の出方が、温度、抽出時間を考慮すると、もう少ししっかり揉んでいいかなぁ、と思うところ。お茶を揉むとお茶をコナすは全く意味が違うし、コナれる、に至っては問題外、だと思う。そんな意味で、まだまだ製茶という事についても、追求していく事は多分にあると感じるし、そう思うとすぐにでもお茶を揉んで確認したくなるのだけど。それにしても、味わいのバランスといいつつ、ウマいが継続するお茶の来年度の展開はどうしていくのか。とりあえず、時期、かな。
a1_201610010822096b6.jpg
a2_201610010822119eb.jpga3_20161001082212304.jpg
a4_2016100108221485b.jpga5_2016100108221592c.jpg
□悪くはない。でも品評会で勝てるか、という話は別。香味へのチャレンジ効果は出ているので、それを来年どう工夫するか、もあるけど。やはり、基本の部分、茶樹づくりと製茶、の押さえがあって、のステップかな、と思わなくはない。
●昨日、液肥のバカ話をした自園自製の部会担当のJAの技術員から、年明け位に具体的な手法を含めた講習会を、という話があって。年明けの話を今しなくても大丈夫、だと思うけど、きっと農家さんから言われたので確認の意味もあったのだろう。真面目だなぁ。こちらも、感覚ではなくデータとしての整理を進めないといけないなぁ、と。
●子供を塾に送った午後の時間に、a-●ooへ行ったら、\50を5冊買いで\108との事。目についた夢枕獏[原作]岡野玲子[画]の「陰陽師」を買ってしまった。そして思うのは、本をこんなに安く扱っていいのか、という気持ち。この絵だけで一冊\50なんて話ではないのに。
IMG_0008_201610011724391cf.jpgIMG_0009_20161001172440d92.jpgIMG_0011_20161001172441760.jpg
IMG_0010_20161001172442e08.jpgIMG_0007_20161001172438601.jpg
□店舗での戦略もあるのでしょうが、勿体ないなぁ、と感じる次第。
●偶の一冊。才谷ウメタロウ[作]花形怜[原作]『本日のバーガー③』【2016年,㈱芳文社,\590+税】。ハンバーガー、という食べ物。たまに無性に食べたくなる。そのため、こんな本もたまに無性に読みたくなる。人間の根源なのか。
IMG_0002_20160917185302162.jpg
[ 2016/10/01 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)