FC2ブログ

2016年9月30日(金) 組織の中での高校卒業生懇親会

●今日は九月最終日ですが、夏休みです。そして、職場でお昼まで仕事してます。夕方からは、組織の中の高校の人達の同窓会?というか年に一度の集まりで、うちらの代が当番期という事で役割を持って担当します。出身校等にあまり関係性を持たない人間としては、組織の中にいる社畜としての仕事の一環として関わります。というか、誰が自分と同じ高校出身なのか気にしてなくても別に仕事に支障がない職場を渡り歩いてきたので。こんな事面倒だなぁ、と心では思っています。
●とはいえ、何十年ぶりかに会う同級生もいたりして(同じ会社にいても会わない)。そして、複数の司会者の一人の役割だったので、お金を出してもロクに飲めず食べずで終了。でも、まぁ、無事に、滞りなく終わって良かったです。本当に中心になって準備からやってくれた本丸の方々には感謝しかありません。
a1_20160930213238bfd.jpg
□目の前に並んでいますが、終了後5分で、エビとスープだけ食べました。
●ついでに、午後いない時にメールしておいたから、と仕事をもらってきたり。来週、また調整して現場へ行かないと。
●帰りは雨にも降られず、無事帰宅。明日は一日雨模様のようで。
●偶の一冊。山口敏太郎[著]『恐怖・呪い姫』【2013年,TOブックス,\600+税】。a-●ooで\21.6で購入。怖い本です。夜読むと眠れなくなります(寝ますが)。でも、怖い話聞きたいんです。読みたいんです。
IMG_0001_20160917185300474.jpg

[ 2016/09/30 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2016年9月29日(木) 今日は雨予報だったのに、一日暑かった

●今日は妖しい雨予報。そのため、朝自転車で行くかどうか迷ったのですが、自転車でチャレンジ。そうしたら、一日暑いムシムシする日となりました。ラッキーなのか、アンラッキーなのか。
●午前中は、ダメ関係のジムで、色々と厳しい御指摘を頂きながら、知らない事を突かれるのが一番辛い、という事で、この歳になった泣きたくなってしまいました。分からない事ばかりです。
●午後は、茶ツーリズム研修会という事で、現地でイイ話を聞いてきました。そして、意見交換では余計な事を言ってスベルなり。
a1_20160929194109edf.jpg
a2_20160929194110019.jpga3_201609291941112c1.jpg
a4_201609291941134f4.jpga5_2016092919411472e.jpg
a6_20160929194152c64.jpga7_20160929194154cce.jpg
a8_20160929194156bb8.jpga9_20160929194158c0a.jpg
□秋のこの時期にお茶摘みしたり、茶工場見学したり、茶芽の天麩羅食べたり、と。ツアー企画の検討、です。
●それにしても、暑かった。事務局をやっている市の担当者が「僕は晴れ男ですから」と言い切っていましたが、本当に凄いパワーだと思いました。ちなみに、その担当者の所の社長は、完全な雨男、のようです。
●暑い暑い、と家に帰っても言っています。明日は、会社の中の高校の卒業生の集まり会。何だかうちの代が幹事の期で、色々あるようで駆り出されています。夕方からのそんな時間。あー、どうせ飲むなら美味しいお酒を飲みたい。
●偶の一冊。小林よしのり[作]『目の玉日記』【2006年,㈱小学館,\1,000+税】。a-●ooで\21.6で購入。最近、本当に目の調子が悪く、本を読むのに気を使うのに困った。人生の愉しみの99%を本に頼っているので、残りの人生の楽しみに負荷が掛っている気がします。そのため、本当に久しぶりにゴー宣依頼の著者の本を購入。目はやっぱり大事です。
IMG_0006_20160917185746760.jpg
[ 2016/09/29 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2016年9月28日(水)雨模様

●何だかはっきりしない雨模様。そして、仕事も行き詰まり。最後に又、明日あーあー、ということになってしまいました。どうしようか。こんな悩みを持って帰るから悪いんだなぁ、と思う。
●血圧降下剤が効き過ぎなのか、何だかテンションダダ下がりの日々です。とはいえ、しばらくは薬漬けの日々。
●好きなグラフでも見て妄想しよう。
A4H19出開き度と枠重
□出開き度と枠重量の関係図。お茶の生育指標の一つである、出開き度、というもの。でも、これが本当に何を示しているのか、という事を真剣に検討した方がいいのでは、と思うデータもあったりする。
A4H19N率と出開き度
□そして、N濃度と出開き度の関係図。スタート値の違い。同一出開き度でのN率の差。一方で、これに重量を見てみると違うモノが見えてくる。生育状態。生育速度。スタートの違い。色々あります。
●明日もジム屋さん。頑張らないと。
●偶の一冊。喜多喜久[著]『ラブ・ケミストリー』【2012年,㈱宝島社,\571+税】。a-●ooで\21.6で買いました。この本、書店では見かけていて、理系人間としては買おうか迷った記憶がありますが、結局スルー。その後、名探偵キュリーの方で作者を知ったという逆転現象的結果となっています。そんな意味で、読みます。理系的小説好きです。
IMG_0005_20160917185307610.jpg
[ 2016/09/28 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年9月27日(火)ボチボチとケツに火が点いています

●本当はそろそろ本気が必要です。とはいえ、今日も事務所でウジウジとジムをしています。そして、今日も暑く暑くなりました。
●ウジウジと少しずつ、ジムをこなして、少しずつですが、前へ。明日も同じような予定だ。
●リーフパンチ調査法、というのを試験場にいる時にやっていた。最初は、古葉全葉採取調査だったのだけど、メンドクサイ、という事と、濃度測定しかデータとして扱えなかったので、面積決めの中で、同一円の重量測定が可能なリーフパンチ法を考えて実行(これも私が初、だと思っている)。その結果として、重量的影響がない(容器は同じ)中で、N量的影響が明らかな結果を得る事ができた。この意味は、この増加Nの意味合い、そして状態の問題はあるが、色々な意味で面白い結果だと思っている。
LP Weight 12kg
□サンプリングしたリーフの乾燥重量。施肥の影響は見られない(無施肥、春施肥、秋施肥のばらつきは、樹体の状態差か?)。
LP Nitrogen mass 12kg
□一方で、秋施肥、春施肥のN量への影響は明らか。
●樹体充足とは何か? そして、新芽への転流とは何か? そんな事をキッチリと押さえていく事で、自身が狙うお茶づくりにつながると思っている。多分。
●健康診断で引っ掛かり再検査。薬の服用も始めました。血圧もコレステロールも下がるのか、という実験みたいなものです。
●明日も地味に地味にジムをやる、なり。
●偶の一冊。大久保義信[著]『戦闘食糧の三ツ星をさがせ!』【2002年,㈱光人社,\2,300+税】。BOで\108購入。食絡み情報という事で購入。この値段の単行本が、ワンコインで買えるのが古本のありがたいところです。欲しいのは本というモノではなく、情報、知識、本の中身なのだから。そんな意味で、世界の軍隊食、面白いです。写真も豊富で、やはり、単行本はいいなぁ。
IMG_0001_20160910213920583.jpg
[ 2016/09/27 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2016年9月26日(月) 九月も最終週になりました

●九月も足が速いです。通り抜ける様に過ぎてしまいます。
●今日は色々と溜まっている事が解決できず、能率は悪かった。暑かったし。明日も暑くなる模様。
●このグラフを見て思うのは、なぜ品種差があるのか、という事ですが。形態なのか、吸収なのか。
hinsyu2_20160926192914b48.jpg
□つゆひかり、と、やぶきた、の比較。
●こちらは何となく分かるような気がするのだが。
drip and normal
□こちらは、点滴施肥と慣行施肥の違い。圃場差を、サンプリングする圃場数で何とか調整しようとした現地調査。
●色々とデータを取って思うのは、グラフにしてみると面白い、という点だなぁ。そんな意味で、面白い、面白く見える、そんな研究調査をやってみたいなぁ。
●偶の一冊。宇江佐真理[著]『大江戸怪奇譚-ひとつ灯せ-』【2010年,㈱文藝春秋,\619+税】。BOで\108購入。江戸モノと怪奇モノ、両方が好きなので、この組み合わせは作者を知らなくてもツイツイ買いに走ってしまう。そして、おそらく、大きなハズレはない、のが江戸モノという事か。
IMG_0004_2016091021392465d.jpg
[ 2016/09/26 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年9月25日(日)町内会の運動会で出役

●朝から町内会の運動会準備。昨日の雨が上がり、朝からグランドは使える状態に。さすが小学校です。
●その後、夜には、御通夜に参列。若くして亡くなる事の悲しさ。
●明日から一週間、また頑張ろう。
●偶の一冊。沢木耕太郎[著]『ポーカー・フェイス』【2014年,㈱新潮社,\590+税】。BOで\108購入。沢耕のエッセイは、やはりカッコイイ、という事なんだろう。文章の深みとか行間とか、そいう事ではなく、という意味合いで。
IMG_0007_2016091021485262e.jpg
[ 2016/09/25 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2016年9月24日(土) やっぱり土曜日が休みでは一番だ

●土曜日休み。明日は町内の運動会の出役があるため、本日が本当の休み。何も考えないという事は大事かもしれない。その一方で色々考える事も役に立つ。
●朝からグラフを引っ張り出して考える。
aa2_20160924082115825.jpg
□自分の茶試での原点のようなグラフ。枠摘みにおけるN濃度と枠重量の推移散布図。データ全部載せ。0kg施肥と施肥区との明らかな差。直線回帰における40kg施肥と54kg施肥のベストな重なり。27kg施肥の重量増加に伴うN率ダウン。このグラフをつくり見た時に、施肥量プラトーとか、削減影響性とか、色々なモノがここに含有されている事を認識した。あれから10年。今見ても新しい発見があるし、データとしての価値はあるんだなぁ、と個人的には思っている。ここに、現在の圃場データが入ったら。多分、いつもN村さんと統計飲み会で語っている事に対する幾つかの答えが出てくるのだろう、そう思う。勿体ない。
aa1_20160924082113834.jpg
□これは同一処理区における年次比較。基本的な推移ラインは変わらないのだが、エンドポイントに向けて差が出てくるのは、出開き変化レベルが異なるから(下図)。ここに、芽重型とか芽数型の本質があると個人的には思っている。同一重量における出開き度の違い。出開き芽の植物としての挙動は次世代への変化。N固定化、炭水化物充足、次の芽づくりに移行する、という事の意味合い。ここにも事実がある。
banjhi_shoot_20160924083023498.jpg
□このH18⇒H19に掛けての、圃場の中切り更新の影響。その反映性が見られる項目が、という事がまた面白いのだが。
●濃度と量のグラフは適切か、という話の中で、量×量のグラフを作成。この場合、処理区間差が大変見づらい、という点とN量の増加の意味合いが捉えきれずに断念。ただ、この中で、同一圃場における経年調査の中で、N量的プラトーへ達したと判断された後に、増加に転じるN変化があり(これについては、0kg施肥におけるストッピングからも想定はする所であったのだが)、これがおそらく前段の生育芽の植物的状態変化につながっているのだろうと。そして、この増加Nの形態的本質(固定Nなのか流動Nなのか)をおっかける事で、量的効果と質的効果の違いや、適期と言われるお茶の摘採タイミングに本質につながる事だと思っている。
H19N量a
□茶試の3年間の継続調査。枠摘みサンプリングをただひたすらやっている時は、何やっているんだ、と冷ややかな目で見られていたが(そのために3年でお払い箱になったという事実もあるが)、その採取データは決して無駄ではない、とデータ整理をしていく中で思った訳で。所詮、研究等、当たる当たらないはあるので、その結果として何も出てこなくても、所詮研究者というのはそういうものだと思ってもらわないと新しい事等何も出てこない。最近の研究がつまらないのは、そんな事を理解もせず、2年、3年で答えを出せ等という研究をやった事もない連中が研究者を追い込むので、誰も面白い事より、処理したらこうでした、とつまらない事しかやらなくなるのだ、と思う。全く、世の中、とは世知辛いモノである。
N weight sakugen
□このグラフは、時期別施肥の影響性。どこの部分を抜いて、一番影響が出ないか、という事がこのグラフからは端的に見える。ただ、それも、量的影響と質的影響で異なるのだが。春肥と秋肥、面白過ぎる、量的影響。
aa2_20160924093407515.jpg
□一方で質的影響。軍配は春肥に。2次元グラフが意味する事をどう捉えるか。
●量と質。1980年代に国立茶研の渡部さんが書かれた文献における、秋肥の影響性と春肥の影響性。的確にその芯を捉えている。それをリスクペクトしながら自身の研究調査をしてきた経過。昔の研究論文は読んで本当に面白かった。
●そして、先日の吞み会での話で、やはり樹体richと樹体poorの話。基本、normal管理において、樹体poorになる事はあり得ない。では、そこからの影響性をどう判断するのか。そこに、意味不明な、ぜいたく吸収、という事の本質を捉える必要があるのだと考える。それに連なるのは固定Nと流動Nの問題。そのN形態。吸収、転流。シンクとソース。古葉における充足度。あるいは、吸収、転流ルート。そして個体反応性と群落影響性。
●あー、何てお茶の栄養系の話は面白いのだろう。それを理解できない人ばかり。如何にももったいない事だ。
●奥さんが忙しいようで、その送迎運転手をイイつかる。送迎の問題点は待ち時間に何をするか、という事なのだが。
●結構ひどい雨降りになっていて。エンチョーやBO等で寄り、買い物をしながら待ち時間を過ごします。ナイスな買い物も出来て、まぁ、良かった。それにしても、休日の、雨降りの、車の運転は、本当に下手過ぎる。ひどい運転をする人ばかりだ。
●夏の間、冷たいお茶を飲む日々でしたが、温かいお茶を飲んで、今年つくったお茶を再評価。ウマいなぁ。やっぱり、何かあるんだよなぁ、と。
●偶の一冊。有川浩[著]『阪急電車』【2010年,㈱幻冬舎,\533+税】。BOで\108購入。昨日と同じですが、こちらは、当たりの様だ。やはり映画化されるレベルは違うのか。
IMG_0006_20160910214851e00.jpg
[ 2016/09/24 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年9月23日(金) 本当は夏休みを取る予定が

●休みの合間の出勤日のため、本当は残っている夏休みを取る予定が、夜仕事がキッチリと入ってしまい(今月は毎週金曜日で3回目だ)、出勤して仕事してます。
●雨模様。昼間はジム仕事専念。夕方から、3つ打合せが連続で。どれも、そこそこに重たい、というか整理、そして即対応が必要なもので。それに合わせて、資料づくりも大変で。既存のなぞりでなく、一からつくる資料、やっぱり面倒だし、キーボードを叩く指先から言葉出てこないし。まぁ、言いたいのは大変です、という事で。
●最後の会議(7時開始)の場の雰囲気を写したのですが、何にも写っていません。真っ暗です。雨も降っていたし。
a1_20160923224526059.jpg
□本当に何だか分からない写真に。
●3つの打合せを経て、本当にクラクラ、ヘトヘトに。明日が又休みなのがありがたいです。事務所に戻って、頂いたハウスみかんを食べました。選別ではじかれて、更にはじかれた、のを頂いたのですが、確かにはじく理由はあるんだ、と食べて思う次第です。
a2_20160923224529886.jpg
□モノづくりって、難しいですね。お茶に限らず、です。
●帰り道、エッチラオッチラ、歩いて、酒臭い、満員の電車に乗って、またエッチラオッチラ歩いて。一日しか働いていないのに、三日も四日も働いた気分で。来週、また頑張ろう。その前に、日曜日は町内会の運動会。隣組の組長なので、準備から何やら色々と役回りがあるんだなぁ。今から、気が重たいっす。
●あと、昨晩、若い方の訃報を聞きました。若い人が亡くなる、のは本当に悲しく残念です。日曜日の御通夜に足を運ばせて頂きます。
●偶の一冊。有川浩[著]『レインツリーの国』【2009年,㈱新潮社,\430+税】。BOで\108で買いました。作者買い、というか期待買い。しかし、ちょっと外した感じがする。
IMG_0005_20160910213925bb6.jpg
[ 2016/09/23 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年9月22日(木・祝) お休みだ、嬉しいかも

●このような合間の休みは、連休よりも嬉しいかも。昨日の終電飲みは久々に結構効いて。起きるのはグズグズだった。
●昨日の、Rich&Poorな問題。normal管理下においては基本、Richだと考えれば、Poorデータというのは大変貴重なものだと思う。そんな意味で、県の茶研センターには宝が埋まっている。
h19second_2016092212302285a.jpg
□この滅茶苦茶に見えるデータ。二番茶期のA4圃場の枠摘みデータ。反復の差が出る、このプラトーに達していない状況をどう捉えるのか、という話も昨日出ていた。色々な意味で、連続性のある推移変化をどう考えるのか、そこがどこまで埋まるのか。そんな事を考えさせてくれる。
H25-805-LPNc_20160922123029ee1.jpg
□樹体poorな状態での秋肥と春肥の古葉N濃度への影響。poorだから古葉濃度へ影響が出るのか。normal、あるいはrichなら、こんな風に影響しないのか。古葉と新芽への配分比が異なるのか。そんな話はとっても刺激的である。
sehiryo first crop60
□新芽における重量増加に伴うN率変化。これが本当に直線回帰で示していいのか、それとも2次、あるいは3次曲線でのfittingをけんとうした方がいいのか。春肥だけでも、十分この散布図上では、倍以上の施肥と同じような挙動を示すが。重量なのか、濃度なのか。これは収量と品質のレベル確保という点でも重要。そして、それらがそれぞれプラトーがどのように存在するのか、それが連動しているのか、独立しているのか、その影響性は、やはりpoorとrichでどう出るのか。
●本当に尽きない妄想を掻き立ててくれるグラフ達。茶研センターで3年間、死に物狂いで枠摘み調査して良かった。自分の中にはしっかりとその経験とデータが刻まれて、そして今にある。
●明日はマタマタ中日出勤。ほとんどの職員がお休みのようですが、私は夜まで仕事。
●偶の一冊。夢枕獏[著]『東天の獅子①』【2014年,㈱双葉社,\741+税】&『東天の獅子②』【2014年,㈱双葉社,\741+税】。BOで\108で購入(でも、10%引きでした)。図書館で単行本を借りて読み切ってはいるのですが、この男の闘いの息遣いを感じる場面が好きで、文庫をBOで買ってしまいました。やはり、著者の闘う漢達の場面は秀逸です。
IMG_0002_201609102139229a7.jpgIMG_0003_201609102139223c3.jpg
[ 2016/09/22 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年9月21日(水) 休もうと思い、夏休み、でも仕事へ行って、その後、夕方から飲む

●夏疲れか、休みたい気分がイッパイ。夏休み、まだ残っているしなぁ。と、取った夏休みですが、それを決めた後に、午後から現場打合せが入り、結局、朝遅出、昼前に職場入りし、午後の現場打合せをこなして、そのまま帰宅(一日夏休みですから)。
●そして、その後、夕方の時間帯から、N村さんとの統計吞み会。1ヶ月ぶり位かなぁ。
●早くから飲み始めて、食べて、という時間を過ごします。もちろん、その間の会話は、「樹体のリッチとプアーのタンパク態へのN固定に対する影響とその後の吸収体の転流状況への影響」「吸収速度への温度的影響とN形態の違いによる転流部位への影響」「固定N(タンパク態)と可溶性N(アミノ態)の存在率への樹体状況の影響」等等、ここでしかできない(会話が成り立たない)話を散々してます。現在の茶研センターにあるA4圃場の存在意義と価値、過去データとの比較による樹体形態への影響、等、もったいない勿体ない、そんな話も。何と言うか、色々な意味で、ネタ溢れているなぁ、と。でも、誰もやらない。なぜなら、その理解に達しないから。面白い事をやってもらいたい。面白い事をやりたい。
●そんな話を散々しながら、1軒目、2軒目と食べ散らかします。そして、3軒目ではさすがに、薄い焼酎の緑茶割りを啜りながら話をする、という時間で。
a0_201609220037455e6.jpg
a2_20160922003746d3b.jpga3_20160922003747479.jpg
a4_201609220037497e1.jpga5_201609220037519ca.jpg
a6_20160922003833ea3.jpga7_20160922003835411.jpg
a8_20160922003836f7b.jpga9_2016092200383798a.jpg
□1軒目は定番の、鳥藤、で。開店直後に入って、3時間近く居座ってしまいました。相変わらず美味しいです。
b1_2016092200383963d.jpg
b2_2016092200411897e.jpgb3_20160922004119156.jpg
b4_201609220041217ac.jpgb5_20160922004123c9a.jpg
b6_201609220041244b0.jpgb7_2016092200420355a.jpg
b8_20160922004205ddb.jpgb9_20160922004206437.jpg
□2軒目は新規開拓。最後のモツ煮込みが美味かったです。肉も食べ感あり。刺身は、このタイミングで頼むべきではない、と。とっても新鮮でしたが。
●3軒目は、飲んで話して終了。終電が、水曜日という事を忘れてギリギリで間に合いました。
●何と言うか、このような話が出来るから、まだ、お茶に対して前を向いていられるなぁ、と。まだまだやる事たっぷりあるじゃん、と認識させてくれるので。そんな意味で、特別な会話の時間、だと認識しています。
●それにしても、久々に午前様でした。明日が休みだから(今日か)良い様なモノの。でも、金曜日は仕事たっぷりです。職場の出席率は3割程度ですが。
●偶の一冊。平松洋子[著]安西水丸[画]『ひさしぶりの海苔弁』【2016年,㈱文藝春秋,\690+税】。美味しい文章というものがあるんだなぁ、と、いつも思います。そんな意味では、東海林さだお先生と同列です。
IMG_20160903200139d8d.jpg
[ 2016/09/21 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2016年9月20日(火) 連休明けはボケボケです、台風が来ていても

●休み明けは役に立たない位にボケボケな私です。
●そして、台風がまともに接近。朝は、何とか徒歩で来れましたが、午後が激しい暴風雨。夕方の帰る時間に、少し緩くなったのを狙って、定時退社。何とか、傘が壊れずに自宅へ辿り着けました。今夜中には抜けてしまう予定のようですが。
●家の前の巴川、かなり水位が上がっています。それでも、雨もこれ以上はガンとは来ないだろう、という事で、このレベルで治まってくれれば、と思う次第です。
a1_2016092019363599a.jpg
□普段に比べ結構水位が上がっている次第です。
●実は巴川の状況については、県の観測情報がネットで拾えて。普段との比較もできるし、リアルタイムで見れるという利点があります。本当に近所の状態なので。
a2_201609201943353b6.jpg
□これ以上降らない事を。
●明日には晴れてしまうようです。そのため、明日は久々の統計吞み会。
●偶の一冊。辛永清[著]『安閑園の食卓』【2010年,㈱集英社,\571+税】。BOで\108で購入。他国の食事風景。それだけで興味がそそられます。
IMG_0001_201609022016561c3.jpg
[ 2016/09/20 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2016年9月19日(月・祝) 祝日だ、でも何の?

●お休みです、今日も。三連休最終日。でも何のお休みだろう? 敬老の日だ。
●午前中は晴れ、午後から大雨。何とも言い難い天気。そして、買い物と夕方から、知人の御親族の御通夜へ行って。
●連休は終了。明日は天気が心配だが、仕事はもっと心配だ。頑張らねば。
●偶の一冊。つのだじろう[著]『つのだじろうの黒い本』【2000年,㈱リイド社,\457+税】。BOで\108で購入。怖い漫画を描かせたら、やはりトップグループに入るのだろう。本人は落語家みたいな感じなのだが。表紙の後ろ百太郎に出てくるポルターガイストが怖い。
IMG_0002_201609022016587c7.jpg
[ 2016/09/19 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2016年9月18日(日) 連休中日、温泉へ

●連休中日。まったりを目的に、島田の温泉へ行きます。
●その前に、今日封を開けたフレッシュティーを飲む。やはり開封仕立てのお茶は、何というか、勢いというか鮮明さというか、まぁ、ようするに新鮮です。野菜みたいなものだなぁ、お茶も結局。そんな意味で、荒茶の方がそれを強く感じます。
a2_20160918090606707.jpga1_20160918090605c21.jpg
a3_20160918090607c01.jpga4_20160918090609dcc.jpg
□H28二番茶おくひかり液肥。自分で揉んでないのであれですが、もう少し、揉み切りたいなぁ、という事とちょっとモタレ感を感じるのは、粗揉?中揉?、やっぱり、粗揉かな。液肥のベトツキ感は、含水感覚と感覚的に区別しておかないと勘違いした揉みこみになる可能性が高いので。そんな意味で、ベトツキ発現タイミングをどう理解するのか、あるいは、処理時期の影響があるのかどうか、を含めた検討は本来必要だと思う。でも、それをやっている余裕はないなぁ、現場では。
●先日の入札販売会では入札不調でした。そこらの下手な一番茶よりも全然価値あると思うのですが、入札にこられた茶商さんがそう判断されない理由を、キッチリと検証する必要があります。一方で、入札不調のこれらのお茶、自分で購入して使ってしまおうかなぁ、と思う訳です。ちょっと仕上げをキッチリやるだけで、格違いのお茶になるし。相談だなぁ。
●島田の炭酸温泉を奥さんが気に行って、今回も島田の蓬莱の湯へ。雨のためか、行きも帰りも道が混んでいましたが、温泉はそれ程ではなく、自分もマイクロバブルのお風呂で。出た後のコーシー牛乳が美味い。
b1_20160918185206540.jpg
□待合が狭くて、煙草臭いのが欠点です。
●お昼は帰りがけにデニーズで、坦々麺セットを食べました。普通の味。
b2_201609181852084bc.jpg
b3_201609181852091d4.jpg
□普通に美味しいですよ。
●帰って来て、長湯疲れで夕方時間寝。目覚めて、サザエさんショックにならなくていいんだ、と思うと、ちょっと嬉しいです。
●偶の一冊。野瀬秦申[著]『納豆に砂糖を入れますか?-ニッポン食文化の境界線-』【2013年,㈱新潮社,\520+税】。BOで\108購入。気になる境、特に食って意外と保守的なので。そんな意味で情報としても楽しい。
IMG_0003_20160902201659162.jpg
[ 2016/09/18 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2016年9月17日(土) 今日から三連休

●月曜日がお休みなので、今日から三連休。とはいえ、家庭のお仕事が。先日は私立のOPENスクールでしたが、本日は、公立高校のOPENスクールにお付き合い。まぁ、自分の母校だったりするのですが、まともに校舎に入るのは何十年ぶりだろう、という感じです(上の小僧の入学式の時も行かなかった、行けなかった。四月に平日お休みはなかなか難しいです)。校舎も一部新しくなったりしていましたが、大筋は変わらず。とはいえ、今の高校生は我々の時代と違って真面目に勉強しているんだなぁ、と。
a1_20160917122117704.jpg
□案内パンフレット。そうだったのか、と今更思う事が書いてあったりします。
●まぁ、こんなもんだよ、という事で、公開授業を見学したりして、帰宅の途へ。帰りにお昼をラーメン屋で。太麺つけ麺。普通に美味しい味です。たろうず。そう言えば、写真を取り忘れたのですが、追加で頼んだ水餃子が美味しかった。これは当たりだ。
a2_20160917122120076.jpg
a3_201609171221203b4.jpga4_201609171221224b2.jpg
□しかし、こう食べると、先日食べたきじ亭のつけ麺は美味しかったなぁ、と思う訳です。また喰いいくぞ。
●天気が判然としませんが、晴れ間が出てきたり。明日からは台風の影響で下り坂のようですが。
●近所に、a-●ooという新古品色々扱い店があり、本等も扱っているので覗いてみたのですが。BOの\108を超える\54というコーナーがあり、そこで5冊ほど色々見つくろってレジへ持ち込んだのですが。「\108です」と言われて、えぇ騙された(一冊\54ではなく\108かよ)と思ったのですが、どうやら、20円×5冊=100円+消費税、のようで。何でそんな仕組みになっているのか分かりませんが、お財布から110円出して清算しました。個人的には、一冊50円でも読み得と思って買おうと思った本なので、複雑な気持ちになりましたが、また行こう、と思うのは、浅ましいのかしら。
a1_201609171846374a9.jpg
□本好きとしては、なかなかのショックです。別にセールとかでもなさそうだったのですが。
●明日から雨です。
●偶の一冊。東野圭吾[著]『さいえんす?』【2005年,㈱角川書店,\400+税】。BOで\108購入。薄い本ですが、最近好きな東野圭吾、エッセイの視点も面白いです。
IMG_0006_20160902195956e42.jpg
[ 2016/09/17 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2016年9月16日(金) 昨日の今日で( 一一)

●昨日の今日で、少しダウンです。朝から回さなくてはいけない仕事が2つあったのですが、一つの途中でタイムアップしてしまいました。そして、夜は夜で、現場会議で、色々と。事務所帰れば10時を回って。そんな日です。
●昨日のお茶見をして、まだまだ先へ行けるなぁ、と思いました。一方で、茶商の評価と言うモノをキチッと考えてみようとも。やはり、誰がどのようなモノを求めているのか、という事なんだろうなぁ、と。
●このお茶を、この荒々しい、如何にもの荒茶を、来年は、もう1つも2つもランクアップです。内質も、更なる検討をして。それにしても、何かの可能性がある、という事はものすごく楽しい事です。
b1_20160916225716c84.jpg
b2_20160916225620a67.jpg
□荒いですが、これをキッチリ抜き直すだけで、まだ1つ2つ茶格が上がります。それだけの作りしていますから。
●今日のジム仕事や会議、を踏まえると、本当にお茶づくりに関わっている時間、一年のうちの本当に3ヶ月あるかどうかですが、楽しい幸せ時間だなぁ、と思います。だからこそ、そこで最高を追求したいものです。
b2_201609162302279d6.jpgb5_20160916230229870.jpg
b6_20160916230233848.jpgb7_201609162302312c2.jpg
□このお茶を評価しろよ。こんなに愉しませてくれるお茶はないのに。
●色々と思いますが、何にしても歳をとって、帰ってくるともう、お風呂と夕飯でいっぱいいっぱい。明日から三連休。でも、明日は子供の公立高校のOPENスクールにお付き合い。卒業高だ。はぁ( 一一)。
●偶の一冊。井形慶子[著]『仕事と年齢にとらわれないイギリスの常識』【2006年,㈱新潮社,\476+税】。BOで\108購入。昨日もそうですが、少し生き方に迷っています。そんな時には色々な直接情報、あるいは間接情報を入れ込んで悩むのが一番いいように思っています。
IMG_0004_201609021959522fe.jpg
[ 2016/09/16 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2016年9月15日(木) 夏休みです。三重までは3時間掛かりません。

●夏休み取りました。あと、2日ありますが。そして、なぜか三重にいたりします。新東名で真っ直ぐ行けば、三重県鈴鹿には着くんだという事を知りました。一人の運転。でも、久々の長距離ドライブも又楽し、です。
●早く着き過ぎて開場までの待ち時間も半端なかったのですが、これだけの良質茶を比較で見れるチャンスは年に一度のこの機会のみ。そんな中で、審査イメージと実際のお茶の状態を確認したり、色々な方に話を聞いたり。本当に勉強になる場です。来年に向けたお茶づくりへのヒントももらいましたし、良い休日となりました。
a1_201609151907554d1.jpga2_20160915190756ada.jpg
a3_20160915190757abc.jpga4_20160915190916775.jpg
a5_201609151909183f8.jpga6_20160915190958a41.jpg
a7_20160915191103c07.jpga8_20160915191001484.jpg
a9_20160915191002192.jpga91_20160915191005c4d.jpg
a92_2016091519124079c.jpga93_20160915191157698.jpg
a94_20160915191158227.jpga95_20160915191200d1f.jpg
a96_20160915191201d20.jpga97_2016091519132581f.jpg
a98_201609151913268d5.jpga99_2016091519132845b.jpg
a991_201609151913298ea.jpga992_201609151913317b5.jpg
a993_201609151914244be.jpga994_2016091519142644e.jpg
a995_20160915191427b08.jpga996_2016091519142965c.jpg
a997_201609151914300b2.jpga998_2016091519151372c.jpg
a999_20160915191515140.jpga9991_20160915191516cad.jpg
a9992_20160915191650fa2.jpga9993_20160915191651b03.jpg
a9994_201609151918125ec.jpga9995_20160915191724035.jpg
a9996_20160915191725c38.jpga9997_20160915191726ba4.jpg
a9998_20160915191728481.jpga9999_201609151919478d2.jpg
a99991_201609151919004d2.jpga99992_20160915191902d69.jpg
a99993.jpga99994.jpg
a99995.jpga99996_20160915192206c0a.jpg
a99997_201609151922072fb.jpga99998_20160915192209a54.jpg
a99999.jpga999991.jpg
a999992_20160915192427959.jpga999993_20160915192428895.jpg
a999994.jpga999995.jpg
a999996.jpga999997.jpg
a999998.jpga999999.jpg
a9999991.jpga9999992.jpg
a9999993.jpga9999994_201609151927141b6.jpg
a9999995.jpga9999996.jpg
a9999997.jpga9999998.jpg
□写真ばかり撮りましたが、これを活かせるかどうか。失くしたカメラ並みの性能の奴がやっぱり欲しい。
●年に一度の出会いの場の方もいらしたりして、行く意味はあるのですが。来年は長崎開催なので、行くのは難しいなぁ。
●お昼過ぎには帰宅の途へ。入札結果はHPで確認です。帰り道、高速乗るまでは混んでいましたが、高速は順調でやはり3時間は掛からない。久々の長距離ドライブ楽しめました。ただ、やはり、高速代、ガソリン代を考えると、最低2人で行かないと損だよなぁ、と。でも、電車で新幹線で、と考えれば全然安いのですが。
●明日、また一日(夜までですが)仕事頑張って、連休は少しのんびりです。
●偶の一冊。吉村葉子[著]『お金がなくても平均なフランス人 お金があっても不安な日本人』【2007年,㈱講談社,\533+税】。BOで\108で購入。人種、社会、それぞれでの生き方。不安感が日本人のパワーの源なのかもしれないし、かといって、それは人生を愉しむ方向になかなか向かない事なのだが。
IMG_0005_20160902195955866.jpg
[ 2016/09/15 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2016年9月14日(水) 会議会議、お城で会議( 一一)

●朝から雨で靴、靴下がグショグショになりながら、職場へ。
●昨日の入札販売会の事を思い出しながら、朝から報告書作成。そうすると、昨日の問題点を含めて、色々とFB上で意見が飛び交ったり、電話が掛って来て、色々と問題があった事を再認識させられたり。色々と思うところはありますが、でも、やっぱり、何かやらなくてはいけない、という事だと思っています。それは、昨日のような販売場面の事もそうだし、栽培や施肥、製造の技術の事もそうだし。停まっている余裕はない、という事です。
●午後からは、雨が止んだのですが、お城へ事業会議に出席。私の仕事?と思わなくはない事が多いし、実際に聞いてみても、直接関係する部分は薄いんだ。でも、眠気に負けないようにしながら、この事業をやるとしたら、と真剣に聞きました。でも、現場では実際には、・・・。
●お城からは直帰しました。静岡新聞の夕刊の茶況欄に昨日の記事が掲載されていました。
a1_2016091419035653f.jpg
□9月14日付け静岡新聞夕刊の茶況欄です。こうして情報発信して頂けるのはありがたいことです。
●色々と迷ってはいたのですが、やっぱり、お茶見てこないと、と決心して、今夜遅くに出発し、三重まで。明日は、夏休みなので完全プライベートです。なぜ夜出るかと言えば、高速が夜間割引になるから。さて、安全運転でドライブを楽しもう。
●偶の一冊。小鷹信光[編]『美食ミステリー傑作選』【1990年,河出書房新社,\580税込】。BOで\108購入。食と殺人。ミステリー。両方とも好きである。
IMG_0007_20160902195954194.jpg
[ 2016/09/14 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年9月13日(火) 川根本町茶品評会入札販売会

●良質なお茶が見られる入札販売会。内質拝見まで出来てしまう他にはない入札販売会です。
●そして、今年は、「他産地の出品を認める」「入札販売会自体、札入れだけでなく、出品者と入札者が意見交換をする場とする」「出品茶は、出品者が最低入札価格を設定し、それ以上の値段でないと入札不調となる」という新機軸を打ち出し、それを実行。自分のお茶をPRする場面、そして入札をする茶商の方々との意見交換の場面、出品者同士での技術情報交換等、盛りだくさんのプラスがある一方、意見交換により入札者がじっくりと入札判断ができない、想定以上に入札不調が多かった等、問題点も確認されました。とはいえ、参加者の方々の前を向いた盛り上がりはすごく重要なので、今後も、この連携を上手い形で継続するようにしていきたいと思いました。参加された川根本町及び清水の茶生産者の方々、準備に大変だった川根本町の方々、拝見や入札を頂いた茶商の方々、本当にありがとうございました。次回は更にステップアップをしていきます。
a1_20160913194540641.jpga2_201609131945425f9.jpg
a3_2016091319454390a.jpga4_20160913194544783.jpg
a5_20160913194546906.jpga6_201609131946261dd.jpg
a7_201609131946276d7.jpga8_201609131946290f2.jpg
a9_20160913194631a24.jpga91_20160913194632f81.jpg
a92_20160913194710ecc.jpga93_20160913194712f9c.jpg
a94_20160913194713608.jpga95_20160913194715c2c.jpg
a96_20160913194716ca5.jpga97_201609131948412c6.jpg
a98_201609131948437a9.jpga99_201609131948457cb.jpg
a991_20160913194846fa3.jpga9991.jpg
a9992.jpga9993.jpg
a9994.jpga9995.jpg
a9996.jpga9997.jpg
a9998.jpga9999.jpg
a99991.jpga99992.jpg
□何と言うか、皆、お茶に対して真剣なんだなぁ、と感じます。それを活かす場面、形を真剣に考えないといけないなぁ、と。
●と、の一方で、今年の液肥試験のお茶に色々と御指摘も受けたりしまして、その指摘も踏まえた新たな方向性等も明らかにしていきたいなぁ、と思う訳です。二番茶おくひかりは、どちらも入札不調だったので、購入しようかな、と思ったりもしています。
●化成で付けた味、や、二番茶だから、というような言葉もありましたが、逆に、二番茶にしっかりと化成の味を付けれる肥培管理、その植物生理的理屈は、という点も重要では、と思います。そして、まだまだ技術は進化しますよ、という事です。
●明日は県庁会議。そして、明日の夜に出発して、明後日の三重での全品入札販売会への参加行動を決意する訳です。もちろん、プライベート、でイイお茶見てくるぞ、と。
●偶の一冊。細野不二彦[作]『ギャラリーフェイクTHE BEST』【2004年,㈱小学館,\714+税】。BOで\108で購入。作者のベストセレクション。そして、未掲載作品も。良質な内容のモノは、いつまでも輝いています。
IMG_0008_201609021959551eb.jpg
[ 2016/09/13 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2016年9月12日(月) 低調に拍車が掛る一日でした

●先週の金曜日から運を落としているな、と思っていたのですが、今日も、2つ3つロクでもない話が転がり込んできて、テンションがダダ下がり状態です。つらい。説明できない。どうしよう(>_<)。
●色々と考えても、足を引っ張られ、結局、頑張る意味を喪失していく感じです。こんな気分を引きずってはいけないのですが、明日は良い日である事を祈るばかりです。
a5_20160912194246a13.jpgb2_201609121942465f9.jpg
b7_201609121942403c9.jpgb91_20160912194247a0b.jpg
c2_20160912194434ea9.jpg
□おくひかり2016一番茶。明日、入札販売会です。欲しいぞ、このお茶。
●偶の一冊。阿部潤[作]『忘却のサチコ⑦』【2016年,㈱小学館,\552+税】。相変わらず美味しさが持続しています。
IMG_0003_20160902192954a1e.jpg
[ 2016/09/12 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2016年9月11日(日) 天気予報は雨ですが

●日曜日。天気予報は雨ですが、一日降らず。今週いっぱいはずっと雨予報が入った天気予報ですが果たして。
●買い物ついで寄ったパン屋の自動販売機。アンパンマン販売機だ。
a1_2016091119395713b.jpg
□かといって、アンパンマン商品しか入っていない訳ではない、という事実。
●明日から一週間、頑張って仕事せにゃぁ。
●偶の一冊。『昭和・平成「未解決事件」衝撃の新説はこれだ!』【2016年,㈱宝島社,\556+税】。このような答えがない事については幾らでも適当な事が書けるのだが。ただただ、読者の期待感、の中での文章という意味合いで。
IMG_0001_20160902192952b97.jpg
[ 2016/09/11 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2016年9月10日(土) 土曜日うれピー

●最近、休みが嬉しくなってしまいます。歳をとったのかなぁ。
●天気快晴、暑い中、子供は学校の運動会へ。私も最後の運動会の見学へ自転車でオッチラコッチラ。それにしても、まだまだ夏の日々です。暑い。そんな中で、頑張っていた息子を見学しました。グランドから緑の山が見える学校の環境は悪くないなぁ、と思ったりしつつ、持っていた水筒は空になりました。
a2_201609101716551dd.jpga1_20160910171643953.jpg
a3_20160910171651e54.jpga4_2016091017165464e.jpg
□本当に暑かった。そんな一日でした。
●夕方からは、そんな息子と一緒に街へ映画を観に。「鷹の爪団」というクダラナクズの面白いアニメです。世界征服をたくらむ悪の組織の名称ですが、その団員の島根出身の吉田君がイイんです。映画の前に夕飯食べて。やはりラーメン。家系。
c1_20160910211253cf8.jpg
□この単純な東京風ラーメンが好きです。
●そして、映画館へ。久しぶりだなぁ。映画を撮影する訳にはいかないので、宣伝ポスター等を。吉田君の本名が、吉田・ジャスティス・カツヲ、だとは。初めて知りました。本当にくだらなさ満載で面白かったです。ただ上映時間が1時間15分位と短いのが残念でしたが。また、ナイトショーの時間のため、観に来ているのが我々含めて3名とは。映画館大丈夫か。
c6_201609102115533ba.jpg
c2_2016091021125429c.jpgc3_201609102112558d3.jpg
c4_20160910211257a07.jpgc5_20160910211258ddc.jpg
□こうして子供と映画に来る事も、この先は、ないんだろうなぁ。よく考えたら、自分が親と映画観に行った事がないなぁ、と。
●明日も休みだ、ケロォ。今日、FBで、「頭の良過ぎる人間は明日の事を考えて、悩み、今を楽しめない」という、含蓄のある言葉を見てしまったので、たまりにたまって解消できない、どうしようもない仕事の事は忘れて、明日の日曜日をのんびりしよう。そして、夕方のサザエさんを観ながら、月曜日を思って憂鬱になろう。
●偶の一冊。並木伸一郎[著]『ムー的未解決事件』【2016年,㈱学研プラス,\580+税】。相変わらず、この手の中味は皆同じなのに、ついつい買って読んでしまいます。この脳的くだらなさがストレス解消には必要です。
IMG_0002_201609021929531d5.jpg
[ 2016/09/10 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2016年9月9日(金) 99の日

●意外と迷信深いので、4がついたり、9がついたりする日は気をつけるようにしている。何となく、導かれる怖さ、のような。
●とはいえ、金曜日。明日はお休みと思って仕事に気合が入るはずが、本日は夜まで仕事が決定しており、何ともテンションが上がらない。ジム仕事を片付けて、報告書書いて書いて、また調整をして。
●そして、夜会議へ。昨日とうって変わって月夜の空には星も見えました。とはいえ、写真を撮ると、半月のはずが丸になり、星は全く写らず。スマフォ写真では当たり前にしょうがないのですが。
a1_201609092304285d8.jpg
□半月です、本当は。
●夜会議は、繰り返し内容が多く、なるべく筋道を立て、結論へ導こうとするのですが、なかなか話は進まず。結局、2時間越えで、事務所へ戻ったら10時。それでも、それから家へ帰っても、午前様になる事がないのは今の職場のありがたさです。
●色々と思いますが、特に歳を取って、今更面倒な事を無理にやる必要はない、と思っています。そんな意味で、前だけ向いた話に何でも誘導していく、というポジションで仕事をしよう、と。今更、誰に嫌われようと構わない、そう思う訳です。歳を取ったなぁ。
●明日は子供の運動会の見学へ。天気良さげで、良かったです。
●先日、持ち込んだ品評会出品サンプル。どうしても開封、そして再封、でも、どうしても保管が良くないため、飲んでしまう。単品で見ると、イイお茶じゃない、と思うのだが、やはり外観荒いなぁ。でも、尺伸びているじゃない、ちょっと平かな、と揃いが、・・・。仕上げ調整は大事です。内質は、香味も悪くない。想定したより、ヒイタ、ヒネ感もなく、また、味わいとしては、ウマいお茶である。これが来週の入札で、概評の記載で、実質とあまりに違う価格になっても、もったいないなぁ、と思ってしまう訳で。お茶の評価、難しいなぁ。やっぱり、入札販売会は、内質拝見できる形にしないと、買う側も失敗するんでないの、と思ってしまう訳です。でも、そのやり方は難しい。拝見用にサンプルが量的に準備できないし。
b2_20160910044103d66.jpg
b4_2016091004410433b.jpgb5_20160910044106ce9.jpg
□この細みのところをしっかり抜いて、平のところを外すだけで、茶格がまだ1つ2つ上がるのだけど。うるさく言えば、摘みのばらつきもあるのだろうけど、思ってる以上に細身にピンと揉めているなぁ、と思う。
●偶の一冊。飛鳥昭雄&三神たける[著]『失われた超大陸パンゲア文明「アスカ」の謎』【2016年,㈱学研プラス,\980+税】。相変わらずのいらん情報を読んで、頭の体操をします。色々な事を色々な視点で、色々な意味で取りこむのは悪い事ではないと思っている。
IMG_0002 (2)
[ 2016/09/09 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2016年9月8日(木) スタミナ切れですが、今日は天気予報が外れなのか当たりなのか

●今日も又、やる事を地味にこなしています。でも、最近、木曜日でスタミナ切れです。
●今日は朝から台風接近でヤバい、天気予報だったのですが、台風が明け方熱帯低気圧に変わり、雨が降る降る、て言っていて、通勤時は何とかパス。その後、午前中は、ザンザカ降りました。まさに滝のような雨。
●午前中に、来週の川根本町茶品評会入札販売会関係で、経営コンサルのM先生と川根本町役場のT室長との打ち合わせに同席(会場を当事務所の会議室で)。色々と深い話が聞けて、それだけで為になる時間でしたが、来週の入札販売会がとっても楽しみになる展開でした。
a1_20160908202259807.jpg
●夕方からは、清水両河内の会議へ向かいましたが、平地では止み加減だった雨が山に入った途端、土砂降りに。今の気象、本当におかしいなぁ、と思います。
a2_20160908202301978.jpg
□ワイパーも最高速です。
●会議は、何とか、粛々と進める方向に、という動きで動かす、という事、かな。まぁ、しょうがないですし、これについては、本当に今年の仕事の中で時間を取られているので、早々に解放してもらいたい、と思う訳です。
●午前中のような前を向いた話に集中したい、です。
●帰りは、雨もパラつかず、でも、生ぬるい空気感がベトつきます。明日は晴れ模様。明日は金曜日ですが、これ又夜会議が入っており、一日が長い金曜日となっています( 一一)。それでも、明日頑張れば休みだ。
●偶の一冊。周鋒[監修]『和華-特集「茶」-』【2016年,㈱アジア太平洋観光社,\750税込】。お茶をつくる上でイメージは凄く大事。そんな意味で、釜炒り茶、中国茶、発酵茶、等をやり始める時は、色々な写真が載った本を購入してイメージ性を高めながら、お茶づくりに取り組んだ。ビジュアルイメージ、そんな意味で久々に、イメージを掻き立てる本を購入。
b1_20160827174421a4b.jpg
[ 2016/09/08 ] お茶 | TB(0) | CM(0)

2016年9月7日(水) 眼福のお茶ずらり

●今日は、県茶品評会の入札販売会が静岡茶市場で行われ、その見学をさせて頂きました。眼福のお茶、良い香り、勉強になりました。やっぱり、手摘み良品、イイお茶です。
a1_20160907205459a32.jpga2_20160907205501513.jpg
b1_201609072055015a1.jpgb2_2016090720550339c.jpg
b3_20160907205504e2e.jpgb4_201609072056121f3.jpg
b5_20160907205614efc.jpgb6_2016090720561597b.jpg
b7_20160907205617c99.jpgb8_2016090720561823a.jpg
b9_2016090720570513a.jpgb91_2016090720570764e.jpg
b92_2016090720570861e.jpgb93_20160907205710c28.jpg
b94_201609072058488ae.jpgb95_20160907205850ea1.jpg
b96_2016090720585169b.jpgb97_20160907205853f23.jpg
b98_20160907205854669.jpgb99_20160907205950182.jpg
b991_20160907205951b59.jpgb992_201609072059534f1.jpg
b993_201609072059549cf.jpgb994_20160907205956f0c.jpg
b995_20160907210041caa.jpgb996_201609072100425a6.jpg
b997_20160907210044c21.jpgb998_20160907210045d58.jpg
b999_201609072100470a0.jpgb9991_20160907210152a96.jpg
b9992_20160907210154266.jpgb9993_201609072101558d1.jpg
a0_20160907210237cf2.jpg
□普通煎茶。上位から下位まで並べてみると色々な事を感じさせてくれます。形状、つくり、製造方法、被覆、香気、色々な情報を感覚を。やっぱり、こういう場に来て、お茶を感じないといけないなぁ、と思わせてくれます。
c1_20160907210157510.jpgc2_20160907210158a77.jpg
□こちらは手揉みの大臣賞のお茶。これは感動します。まさに眼福。
●あー、全品の入札販売会も行きたい。お茶を見たい。それだけですが。三重かぁ。
●明日は台風天気の模様。朝、職場へ辿り着けるかな。
●偶の一冊。飛鳥昭雄[著]『完全ファイル-UFO&プラズマ兵器-』【2005年,㈱徳間書店,\2,600+税】。BOで\310購入。こういうくだらない情報が詰まった本が大好きで。でも、さすがに、専門書並みのお金を出しては買えないので(まえに、同系のUMA本は定価で買った)、あきらめていたのですが、本屋(古本屋含めて)巡りはするもので。思わず、BOでは100円本しか基本買わないのに買ってしまいました。このくだらなさに耽溺するぞ。
IMG_0004_20160827111850f8e.jpg
[ 2016/09/07 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2016年9月6日(火) 教わる、学ぶ、認識する

●人に色々と教わりながら、生きているんだなぁ。
●今朝は、朝一番で茶研センターへ行くため、運転手に事務所まで送ってもらう。人の運転で着けるのは大変楽なのだが、運転手の機嫌を損ねると大変なので、感謝の言葉を忘れない。
●牧之原にある茶業研究センターで、G主任に、持ち込み茶の評価を頂く。審査結果等も踏まえて、それを踏まえた説明や考察、考え方等を色々聞いて、今後のお茶づくりに活かす、という、まぁ、贅沢な勉強をさせて頂く2時間でした。
a1_2016090621140098d.jpg
a2_20160906211401068.jpga3_20160906211403a98.jpg
a4_20160906211404d91.jpg
□どこに焦点を当ててお茶をみるのか、そして、それの要因をどう解明し、それをクリアする、あるいは全く違う形で作り直す、そんな事を考えさせられる時間でした。
●とんぼ返りで事務所へ戻り、ジム仕事。何とかこの瞬間だけの処理は終了したが、この後の展開に向けた準備が滞っているのが実情。時間を上手く使って処理をしていかないといけない。
●夜には、経営講座の受講生のM君と経営の将来像について、数字整理が大事だよ、という話で、どこで儲かっているのか、を分かる形に、というような話を進める。来年からは自分のお茶で勝負、そのためにも、その勝負茶の行く先を明確化する事が大事だよ、という話。
b3_20160906211952799.jpgb5_20160906211955424.jpg
b7_2016090621195311a.jpgb93_20160906211957c66.jpg
□4月のお茶づくりの様子。頑張れMちゃん、十分イイお茶がつくれるだけのベースはあるのだから。それを売ってまでやって、初めて経営だ。
●そんな話をして、帰宅の途へ。今日は朝送ってもらったので帰りはトボトボと徒歩。暑いし汗はかくし、もう帰り道は暗いし。
b1_20160906211405acb.jpg
□また歩道橋の上から。東の方角の様子。
●明日は雨模様。朝行くのが辛いなぁ(>_<)。
●偶の一冊。辻嘉一[著]『味覚三味』【1976年,中央公論社,\1,010税込】。BOで\108購入。食のエッセイである。お茶の施肥の話もそうだが、はっきり言って、誰も説明してくれない(理論化されていない)。そんな状況で思うのは、人の言葉、随筆、エッセイ、要するに人が感じた事が理屈理論になっていなくても、そこに何かヒントがあるかもしれない、という事実で。そんな意味で、お茶に限らず、色々な人の言葉に感じるようにしている。そんな意味で自分は理系ではなく文系人間だと感覚人間だといつも思っている。
IMG_0005_201608271118515c7.jpg
[ 2016/09/06 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2016年9月5日(月) 天気予報通りに雨降らないなぁ

●昨日から雨予報が全く当たらない。今日も雨予報入っているけど、降るのかなぁ、という感じ。
●昨日から雨が降らなかったら、という打合せで設定した、生育不良園の土壌採取。JA担当と一緒に午前中からやりました。
●やはり、環境、土壌は良い方がいい。当たり前だけど、難しい条件のところで良くしようとするのは本当に大変。そんな意味で大変なところだなぁ、と思う。
a1_20160905184655cca.jpg
□レキ混じり砂壌土。まだ、まし、と言ってしまう位の状態なんだよね。
●茶園にとっては、やはり大事なのは、気相、液相の確保。空気と動く水が必要。そんな意味で、こんな暗渠も効果を発揮しないといけないんだよね。
a2_20160905184657d03.jpg
□透排水はすごく大事。茶園は水管理です。
●テンションが低い月曜日。今週中に提出しなくてはいけない申請書絡みの調整も含めて、現場から戻ってからはジム作業。
●明日は、朝から茶研センターへ寄って、戻ってきたら夜まで仕事です。
●偶の一冊。吉永南央[著]『オリーブ』【2012年,㈱文藝春秋,\552+税】。BOで\108購入。以前買ったのは、日常推理ものだったのだけど。作者買いしたら、サスペンスものでした。
IMG_0005_20160826165718908.jpg
[ 2016/09/05 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2016年9月4日(日) ダラダラと

●日曜日。朝寝坊。そして、雨予報を気にしながら一日を過ごす。しかし、降りださないなぁ。
●FBで、こだわり、の話があって、手段ではなく、姿勢ではないのか、という事を書いたり。有機でやっているとか、この製法でつくったとか、その部分に矮小化される事はあまり適切ではないのでは、と思ったりしている。自身が自信を持って、提供できるお茶、が通kれたら。そして、それは常に進化し続けているという思いや気持ち、そんな点かなぁ、と。
●昨日と同じくお茶を飲む。暑い日の冷茶は相変わらず美味しい。
a1_2016090420062349a.jpg
a2_2016090420062379a.jpga3_20160904200624d52.jpg
□やはり、100gサイズのお茶は消費に手間取る。
●明日必要な探しモノをするが、探すと出てこないというマーフィーの法則通り、出てこない。明日、どうしよう( 一一)、と悩む。
●明日から、また一週間だ。
●偶の一冊。有吉弘行[著]『毒舌訳 哲学者の言葉』【2013年,㈱双葉社,\552+税】。BOで\108購入。最近、ナツメちゃんとの事で話題になっていたなぁ、と。マツコ有吉の怒り新党は好きだなぁ。その位?
IMG_0004_20160826165717602.jpg
[ 2016/09/04 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2016年9月3日(土) 子供のOPENスクールにお付き合い

●朝から、高校受験の子供の私学OPENスクール、学校見学会にお付き合い。私も受験したなぁ、この高校。
●学校説明等の後、体験授業。親も参加していいという事で、子供と違う授業を受けました。数学の素数の話。リーマン予想のオチまでで、結構面白かった。勉強って、多分面白いのだろうなぁ、と今になって思う。高校生、もう1回やって、授業受けてもいいな、と思いました。
●実家の近所のため(歩いて10分位)、実家に車を置いて行ったのですが、帰る前に、実家の近所の中華料理屋で、懐かしい、昔ながらのラーメンを食べました。ワンタン麺。まぁ、何と言うか、昔ながらの味わいです。濃くなく、昔ながらの、という。
a1_2016090315531464b.jpg
□シナチクはイイとして、ナルトですよナルト。本当に昔ながらの。こんなラーメンが好きです。
●昔に比べて大分街並みも変わったのですが、知っているお宅(お店)の前に、鳥かごが。何か飼っているのかなぁ、と覗いたら、こんなモノがいました。さすがだ、Mちゃん。
a2_2016090315531654d.jpg
□一瞬、本物かと思いました。
●そして、午後の時間は、開封してしまったお茶を飲みます。美味しいなぁ。こんなお茶を毎日飲んでいる幸せです。
a3_2016090315531771c.jpg
a4_20160903155318365.jpga5_20160903155319a92.jpg
□H27川根おくひかり二番茶液肥、仕上げ茶。十分美味いです。
●子供の誕生日が重なったので、静岡名物?の「さわやか」へ食事に。げんこつハンバーグを久しぶりに食べましたが、肉肉していて美味しかったです。ご飯大盛り。もう1セットいけたなぁ。
b1_2016090319342048d.jpg
b2_20160903193421cb5.jpgb3_20160903193423ba1.jpg
b4_20160903193426c31.jpg
□肉肉しいげんこつハンバーグです。最近、なぜか肉が食べたくなる。たんぱく質が不足しているのかなぁ。
●最近、FBで紅茶の施肥の話が話題になっていて。窒素が、テアニンが、収量が、という事を色々と話をされていましたが、まぁ、施肥減らせば、有機にすれば、というような話で、分かってないなぁ、と思わざるを得なくて。特に、たまらなくN肥料をやっているのに、減らすとすぐ収量に現れる、ような事が書かれているのを見ると、本当に茶園管理をやってきているのかぁ、と疑いたくなる訳で。一定量のN肥料の必要性、そして土壌の肥沃性、一方で、収量に対するプラトーと品質への影響性の違い。それも、収量が量なら、品質は濃度。収量と品質は連動ではなく、独立、というような事。そんな事をツラツラと思いながら、やっぱり、こんな話を語り合える人は、ほとんどいない、と思ってしまう訳です。別に有機栽培も葉面散布も否定はしません。ただ、それが万能のように語る時点で終わっているなぁ、と思う訳です。お茶の製造ともども、施肥についても、まだまだ進化するなぁ、と思っているところです。
Layout 1
□施肥量別の一番茶経時枠摘み調査グラフ。帯摘み収量調査等という1点調査のばらつき補正を枠摘みの複数回反復調査をする事で、トレンドを明らかに。このグラフでは、生育時期的差異についても重量×濃度にする事で補正が可能となっている。単に生育スタートが異なり、摘採時期により収量が異なるのを如何にも差が、というバカな調査を正す意味もあったのですが。
●そして何度も書きますが、今年の現地での処理結果を考えれば、収量と品質(味わい)は直結せず。収量取れなくても味わいは作れる、と。さて、この後のステップはどうするか。来年の課題です。
●そして、秋肥料の充実の考え方。効かせていいのか悪いのか。そして目的は。秋芽充実か、樹体充実か。もっと考えよう。
●しかし、いつまでも暑い日が続くなぁ。明日から天気が崩れるようですが。
●偶の一冊。『缶詰-昔ごちそう今おつまみ-』【2015年,㈱少年画報社,\476+税】。BOで\108購入。最近、お茶飲みのアテに缶詰をよく食べる。結構美味いんだなぁ、味付けが濃いせいもあるのだけど。
IMG_0003_20160826165716377.jpg
[ 2016/09/03 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2016年9月2日(金) 今週もおしまいっす

●金曜日です。一日頑張れば、明日明後日とお休み出来るのが嬉しいです。
●一日、進まない資料づくり、報告書づくり等をやっていました。来週の仕事調整等もやりました。
●あれやりました、これやりました、と言っているうちは、本当にやらなければいけない事をやっていないんですね。自分、そう思います。そんな一日でした。
●帰りに事務所の傍のBOに寄って、何冊かの本を購入。\108という価格は、新しい本へのチャレンジ精神をかきたててくれます。もし、あー外した、と思っても、\108なら我慢できますから。とはいえ、丁寧に選びました。本を読む時間、というものも大事だからです。そこでもやはり損得が出てしまうのですが。
●明日は、子供の高校受験のためのOPENスクールに。実家の近所なので、実家に車を置いて歩いて行く予定です。
●今年の夏も水出し茶を飲む機会が頻繁で(というか、熱いお茶をなかなか飲まなかった)、それに合わせたお茶のセレクトになっていたのも否めない。基本、水出しはお湯出しに比べ味わい上、抽出の失敗(渋味、苦味の状態)が少ないのが前提。一方で、うま味、甘味が少ないお茶では、ボケたような味わいになる事も多々。そんな意味では、良質なお茶をやや濃いめに出すのが望ましいし、雑味を出さないためにも、適切に製造されたお茶を使用するのがベスト、だと思う。
a2_20160903033731ee1.jpg
a3_201609030337329ef.jpga4_20160903033733746.jpg
□一番茶、被覆やぶきた。
b1_20160903034410a01.jpgb2_20160903034411ca7.jpg
b3_201609030344120e9.jpgb4_20160903034414ccd.jpg
□二番茶おくひかり。ザラッとした外観印象と異なり、味はキッチリしている。
●先日もお茶の火入れの関係で思った事だが、本来の味わいを引きたてる技術にならないと、なかなか、味わいを邪魔する感が出てしまうように思える。一方で、では荒茶でいいのか、という事になるのだが、上手につくられたお茶なら、荒茶のフレッシュティーで十分な感もある。その境、についても色々と思うところではあるのだが。
c2_20160903035002f86.jpg
□川根一番茶露地おくひかり。荒茶なのだが、十分に味わいを堪能できる。
b2_2016090303565454d.jpg
□原葉。この脂ぽい感じの肉厚が揉みがいを提供してくれて。硬葉ではなく、柔らかい茶芽で。
b6_20160903035217fb1.jpg
□清水河内一番茶露地やぶきた。これは又茶芽と同じく透き通るような味わいを醸し出してくれる。荒茶だけど。
b1_20160903035340f70.jpg
□原葉。何度見ても、この透明感には感動する。
●何と言うか、きっちり揉んだお茶は、どう飲んでも美味しいのだなぁ、と。何の結論にもならないのだが。
●一方で、乾燥と火入れを明確に理解区別し、それでお茶に合わせた対応ができるのなら、それはより適切なお茶づくりになるのだろう。結局は、どの時点でお茶が出来上がるか、と言う事なのかなぁ、と。
●幾らお茶を飲んでも良く分からない。それに何度お茶を揉んでも、同じ答えには行きつかない。だからこそ、お茶に関わるのだが。
●偶の一冊。外薗昌也[著]『黒異本』【2013年,㈱廣済堂出版,\619+税】。BOで\108購入。怖いッス。表紙だけで怖い。でも怖いモノ、読んでみたくなるんです。
IMG_0006_201608261657201a7.jpg
[ 2016/09/02 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2016年9月1日(木) 防災訓練、関東大震災の日だから

●今日は、事務所で防災訓練です。関東大震災の日だから防災の日。訓練大事だと思います。
●午後は生育不良土壌茶園の現地対応について打合せを現地で行いました。
●夕方に、ボトルティーの試作を持って来庁者。私もまともに飲むのは初めてですが、気になる所、あるいは味わいとしての在り方、一般の方の評価、商品形態の在り方、等等、色々な話が出来たのは良かったなぁ、と思いました。一つの商品素材としてどう活用し、どのターゲットに対して、どのような商品コンセプト、あるいはライバル商品は何になるのか、等。お茶はまだまだ面白いです。
a1_201609012040317ae.jpg
a2_2016090120403204a.jpga3_20160901204033d83.jpg
a4_2016090120432752a.jpga5_20160901204328ce2.jpg
□二種類の違い。その意味合い。そして、どれが好みなのか。
●こうしてお茶を色々飲んでみると、自分が如何にお茶の事分かっていないのか、という事が認識できます。日々勉強だ。
●昨日のお酒が意外と残っていて、使えない人間だった一日でした。明日はもう少しシャッキリと仕事と向かい合おう。
●偶の一冊。東野圭吾[著]『容疑者Xの献身』【2008年,㈱文藝春秋,\629+税】。BOで\108購入。映画版を繰り返し見るほど、好きな話なのだが、ネットでの映画版の評価がよろしくなく、原作本との違いが強調されている。個人的には、堤真一の石神の演技は好きだし、福山も嫌いではない。それに、科学、数学、どちらにしろ、真理を追究する姿勢が見られるのが共感するし、四色問題の解析において、その解法は美しくない、という石神の言葉には感動共感してしまう。本当の真理は、やはり美しいモノだ、と自分も思っている。お茶について言えば、本当に素晴らしいお茶は、それを作っている時にさえ、製造者に感動を与えてくれるのだから。また、そんなお茶に出会いたいものだ。
IMG_0002_20160826170219097.jpg
[ 2016/09/01 ] 小説 | TB(0) | CM(0)