FC2ブログ

2016年8月15日(月) 終戦記念日、でも月曜日、そして訃報に御冥福を

●夏休みを取れ取れと上司からは言われるが、結局仕事が回っていない状況なので、月曜日だし出勤。まだ、お盆休みの最中のため、人の動きが少数緩慢で、それはありがたい、と思う。それにしても不安定な天気で徒歩&電車通勤。
●仕事は内勤、ジム仕事。明日以降の資料作成、報告書づくり等。それだけに集中できる事で、意外なほどに仕事が進む。掛かってくる電話の件数も普段の1/5程度だし。
●お昼過ぎに訃報が。F.K.さん、この仕事についた時から、現場のJAのお茶の指導員で、お世話になって。口は悪いのに、本当に色々と親身になって素人の私を育ててくれたお一人。一月にお会いして、また五月にH園さんの品評会製造の時に会って。病気をやられて、痩せていたけど、相変わらずのKさん節で、お前お茶を揉むって分かってないだろう、という調子で、こっちも、Kさんこう思ってやってるんだよ、みたいな感じで、色々話をさせてもらったけど。Mさんが亡くなった時にも思ったけど、やっぱり、技術屋の技術が本人が亡くなると失われてしまう状況は問題だと。もっと色々話を聞いて、そしてそれを言葉に形にしなくてはいけない、と思う。あのKさん節がもう聞けないと思うと、やはり、今日は落ち込みます。
●帰り道、セミが電柱で鳴いている。
a1_20160815191408fdd.jpg
□アブラゼミ。でも、コンクリート電柱に掴まっていても、と思わなくはない。
●お茶。やはり、開封して日が経つと、飲み口に苦味が走る。酸化、吸湿。開けたらドンドン飲まなくてはいけない。それにしても、気分が落ちている。やはり、やるべき事はやって、それを形にして残さないといけない、そう思う訳で。
a2_20160815191410223.jpg
a3_20160815191411c5b.jpga5_20160815191412e66.jpg
□二番茶はやはり二番茶。適当な一番茶には勝てても、本当に美味しい一番茶には勝てない。でも、どこまでレベルを上げる事ができるのか。それを追求するのはあり、である。
●Kさん、御冥福をお祈りします。
●偶の一冊。東野圭吾[著]『予知夢』【2003年,㈱文藝春秋,\505+税】。BOで\108で購入。何だかガリレオ先生を読みたくなって、BOで購入している。先に福山ドラマありきだが、小説は全然負けていないのが凄い。
IMG_0011_20160811214522b78.jpg
[ 2016/08/15 ] 小説 | TB(0) | CM(0)