FC2ブログ

2016年4月28日(木) 昨夜からの仕事に追われて、でも、午後は楽しく施肥談議時間でした

●朝から雨。靴グシャで通勤。途中でコンビニにつかまり、150円以下おにぎり全て100円の煽りにフラフラと3個も買ってしまった。これが夕飯の前菜になる事を知らずに(T_T)。
●午前中は、昨夜の絡みの指示がお城から降って来て、それに対応して資料化を進める。はっきり言って、今回の戦略も戦術もない勝手な動きで、私の前任から3年掛けてやってきた事が全てチャラとなり、白紙からスタートしている、という事を共通認識しているのは、うちの事務所の中だけだろう。お城も、そして天上の人々も、突然問題が降ってきやがって、おまえらの何やってんだバカ野郎、位にしか考えていないだろうし。まぁ、その引き金を引いた人々も全くそんな認識もないのだろう。逆に考えれば、その方々の何と幸せな事。全てを認識し、この先の展開まで読めてしまう我々が本当にバカに思えてくる。そして、相変わらず、間にいる我々は、現場調整もまともにできない、問題発生も抑えられない、その癖上に対しては抵抗勢力、という評価なのだろう。ある意味で、所内では上司に恵まれている。これが上しか見ない上司だったら、多分、ブチ切れやすい私は、明日にでもクビである。
●とはいえ、お城にいる娘のような担当からの命令も、無難にこなすだけの能力と経験はあるので、制限時間内で処理をし、今はお茶時期、現場が私を呼んでいる、と嘘こいて、お昼前から現場へGOするのであった。
●そして、清水両河内茶産地でも、良質茶の評判の高い大平地区へ。川沿いの道を走るとその理由が理解できるのだが。芽も大分進んできて、来週には、という感じ。透明感のある新芽である。
a5_20160428224208fee.jpg
a1_20160428224142588.jpga2_20160428224210169.jpg
a3_20160428224206708.jpga4_201604282241544f9.jpg
□やっぱり、この時期の茶園はいい。好きだなぁ。
●そして、本題で、S園でつくった液肥茶サンプルをY農園のY君にみてもらい、評価。この異次元的なポジションに至ってしまった味の凄さを、熱湯で繰り返し飲む事で理解してくれる。そして、施肥の在り方、吸収の考え方、そし仮説、具体化、そして、分析、評価の在り方、反映等について話を重ねる。また、製茶における具体的技術と考え方も、などと2時間半ぐらい語り合ってしまい、お茶を飲み過ぎ、アミノ酸が胃に来ました。しかし、楽しかった。
b4_20160428225012244.jpg
b1_20160428225007d2e.jpgb5_20160428225014f94.jpg
□お茶を見ながら、お茶を飲みながら。
●このようにレベルの高い茶農家と話をしながら、自分の中で、現象とその発生理由を整理しているのが実情である。特に今回は、自身の仮説想定に対して次元が異なる位の現象発生となっており、その理由解析に頭が知識が理屈が追いついてないのが実情。そんな意味で、とっても楽しいのですが。
●この後、G○とS園へ寄り、同じような話をして、楽しみました。農家と知的レベルの高い話を出来るのが普及員の醍醐味です。
●事務所に戻れば、明日からの大型連休の話で盛り上がる皆さん(10連休という人もいたり)を尻目に、連休って何?と訝しがるお茶担当でありました。とはいえ、天候次第のところもあったりして、明日からの3日までの予定は埋まっていますが、後半は、まだ不明。ただ川根もおくひかり製造目的で行かなくてはいけない、と心に誓っているし、何だかんだ言っても、15日位までは、一番茶、という仕事をしているんだろうなぁ、と。
●そんな意味で、明日はとりあえず、朝川根へ行って、その後は、S園のお茶会へ顔を出そうかな、という状況です。明日も早いし、寝るか。
●今日の一冊。笹乃さい[作]『味噌汁でカンパイ!①』【2016年,㈱小学館,¥552+税】。パンと味噌汁の組み合わせ。個人的には異質感を感じるが、味噌汁はやはり美味いから、それはそれで我慢できる。美味しい味噌汁と御飯、は最高の組み合わせ。日本人なり、という事である。
IMG_0004_2016042423473007a.jpg
[ 2016/04/28 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)