FC2ブログ

2016年4月26日(火) 会議を振り切って、品評会製造へGO!

●昨晩は、疲れがピークだったのか、ブログを書きながら、もう睡眠モード。試飲用にと昨日の「美味かった、でもどんな味かは教えない」というサンプルを預かったのですが、口を開く事なく。
●今朝になって、仕事に行く前に確認だけは、と確認してみる。一煎目は、ぬるめで、淹れてみる。香気にカブセ香が混じる、そして、味は、意外とゆるめ、でも、甘いかな、そして、後口に、舌に残るアミノ酸香。二煎目、湯温をあげてみると、うま味が前に出てくる。アミノ酸の味だ、そして、渋味は出ない。次には90度以上の高い温度での複数回淹れてみるが、いつまでも甘い味わいが続く。渋味は?苦味は?どちらもマスキング? 熱いお湯で出して、うま味だけって、畜養マグロ、ではないか。このお茶の使い道は、どうするのか、ブレンド? そして、杯を重ね過ぎ、アミノ酸に当てられて、職場へ向かうのです。胃が痛い(T_T)。
a1_20160426233924251.jpg
a2_2016042623394418f.jpga4_20160426233935763.jpg
a3_20160426233946cf6.jpg
□しかし、このお茶は、・・・。なかなかこんな風にまでなるとは思っていなかったのだが。やはり、やぶきた、だから、なのだろうか。
●職場へ着けば、H班長が、今週30日製造を予定する被覆園の茶芽を昨日取ってきた、との事で。色違いは露地とは歴然。ただ生育が30日だとギリギリかな(ちょっと早い)、と事。さて、どうしましょうか。そして、S水園の初揉み茶も飲ませて頂きました。嫌みなく飲めるお茶となっていました。ある意味ではらしくない、のですが。
a5_201604262339480f9.jpg
□右が被覆した茶芽。左の露地モノと比べても色目は歴然です。
a6_201604262351352cd.jpga7_20160426235136c11.jpg
□お茶は艶っぽく揉まれていました。テリもあります。飲んだお茶も甘く、嫌みなく美味しかったです。
●そして今日は、4月の早い段階から、年度活動計画等について部全員参加で一日会議をやる、との通達が出ていたのですが、私は、自分の活動計画部分の検討を朝一に設定してもらい、それが終わり次第へ清水へ。品評会製造をやる、とのS園へ、急ぎ行きます。
●とはいえ、既に品評会うんぬんより、昨日のお茶の話で。このお茶をどう飲ませるか、また、今後どんな設計でやっていくのか、等等、とは言いつつ、品評会製造に。こちらも液肥管理しています。揉みました。粗揉の状態は想定内でしたが、中揉が、・・・、終わらない、いつまで揉んでも、次へ次へと、揉んで揉んで、と誘ってくるお茶との勝負に気持ちが負け掛けましたが、2時間半で終了。そして、精揉機はあっさりと取り出せてしまったのですが。それにしても、中揉でも、又新たな扉が開けた気がします。
b1_20160426235205b40.jpgb2_20160426235809f54.jpg
b3_201604262351533e5.jpgb4_20160426235613c10.jpg
b5_20160426235632c03.jpgb6_201604262356399b4.jpg
b7_20160426235638f4a.jpgb8_20160426235632c87.jpg
b9_20160427000144ee4.jpgb91_20160427000203e6e.jpg
b92_20160427000206f80.jpgb93_2016042700020743c.jpg
b94_201604270002044eb.jpgb95_20160427000618fca.jpg
b96_201604270006277a1.jpgb97_20160427000627b6a.jpg
□製造において、新たな体験は次につながる大きな振り幅を作ってくれるので、大変ありがたい。
●とりあえず、液肥関連、次はGW後半のハサミ摘みで確認します。
●事務所帰れば9時半。そして、家に戻って、眠たい眠たいで、この文章を作成中。それにしても、このまま眠ってしまいそうです。
●今日の一冊。才谷ウメタロウ[画]花形怜[原作]『本日のバーガー①』【2016年,㈱芳文社,\590+税】。たまぁぁに、無性にハンバーガーが食べたくなります。それもお出かけモードで。実は、バーガー好き?
IMG_0003_2016042423473142b.jpg

[ 2016/04/26 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)