FC2ブログ

2016年4月6日(水) 会議の合間に美しい茶園景観を見る、なり

●今日は金曜日の会議、研修会、の打合せが午前中から。担当レベルで資料等の修正、確認、また、進行等の打合せを行う。やはり、複数の人間で目を通すと色々な話があり、修正が掛ってよい。ただ、あまりに時間がない中で、分かっていない事も多い中で、色々な事を動かすのは難しい、という事である。
●午後の会議までのお昼の時間に、移動中継地にあるG○Cafeで一服。今日は、深蒸しつゆひかり、を飲みました。相変わらず、今日のスイーツが美味いんだなぁ。煎茶プリン。いつも思うのだが、お金の対価分、十分満足しています。
ff7_20160406200903163.jpg
ff1_20160406200906131.jpgff2_20160406200912347.jpg
ff3_2016040620091352b.jpgff4_20160406200911fdb.jpg
ff5_201604062013458bf.jpgff6_20160406201347c0d.jpg
□この季節に、湯温管理が難しい、等の話を、今日のCafe担当のH條S君と。
●そして、両河内の美しい茶園景観がみられる場所で、まだちょっと早いかな、の茶園の状態と景色の写真を。肉眼では富士山が見えているのですが、写真だと上手く写っていません。
a1_201604062017152fe.jpg
a2_20160406201733e14.jpga3_20160406201736f45.jpg
b1_2016040620174114e.jpg
b2_2016040620174229c.jpgb3_201604062019140c3.jpg
b4_201604062019283ff.jpgb5_20160406201934684.jpg
b7_20160406201934c3e.jpgb8_201604062022039ff.jpg
b9_2016040620221927c.jpg
□これが日を経て、ますます美しい一番茶風景になってきます。富士山と連動させたいなぁ。肉眼では見えているのに。
●その後、その美しいうんたら事業関連の説明をH班長と共に。本当に説明しづらいし、理解してもらいづらい話なのですが、やるからには現場の利益になるようにしたい(天の思惑はどうでもいいので)、と思うのであって。やった後に残るような事を。
b92_20160406202216e28.jpg
□そんな中にも前を向いた提案があって、それがかなり面白かったりしたのが、ありがたかったです。一つの出口につながるような話。やれば面白い、絶対。
●G○Cafeでもそうですが、前を向いた話が出来ると、お茶時期に向けて心が明るくなります。一方で、そうでない話を重ねられると全く気力も体力もガタ落ちしていきます。単純だから人間が。
●桜も満開のこの時期。早く花粉が終わってくれればいいのですが、まだしばらくは続きそう。マスクをしてお茶を揉みたくない。
b91_20160406202218868.jpg
□川沿いの桜が綺麗です。
●明日は、結構な雨模様。金曜日のための資料づくりに専念です。
●今日の一冊。喜多喜久[著]『化学探偵Mr.キュリー④』【2016年,中央公論新社,\640+税】。元々が化学屋のつもりでいたのだが、分析屋、を経て、いつまにか、お茶マニアに。それでも、お茶の土壌肥料屋や栽培屋でいたいと思うのだが。多分、どんどん疲弊している感は否めない。やはり、研究できる場と施設は必要である、と思う。現場、だけでは、現象を捉えて推論するだけで終わってしまう。その確認、再現、そして実証が。誰かがやらないといけないし、誰かがやってくれればいいのだけど、誰もやってくれないし。そんな悶々とした思いばかり続いている。そんな意味で、化学者であり得るだけで羨ましい限りである。
IMG_0002_20160405204911e72.jpg
[ 2016/04/06 ] 小説 | TB(0) | CM(0)