FC2ブログ

2016年1月23日(土) お休みですが、川根本町で、お茶担当者の研修会です

●本日はお休みですが、川根本町農林業センターで、県のお茶の農業改良普及指導員による研修会が行われます。
●何人かを途中で拾いながら、通い慣れた道をひたすら地名へ。身体が道を覚えています。ただ目をつむっていても着く、という訳にはいきません。運転してますから。
●冬の地名の茶園。とはいえ、ちょっと冬ぽくないなぁ、と感じなくはないですが。とりあえず、今年も点滴試験をこの、おくひかり圃場でやらしてもらいます。
a1_20160123222404539.jpg
a2_201601232224234ff.jpga3_201601232224230a7.jpg
a4_20160123222417b44.jpga5_2016012322241844b.jpg
a6_20160123222638901.jpg
□今年は、枠摘み調査とかしたいなぁ。多分、数字に出る、と思っています。
●そして、お茶の仕上調整研修に。講師は、K専門監。数少ないお茶技術をキッチリとできる方です。今回の研修は強制ではないのですが、若手を中心に積極的な参加がありました。お茶は、昨年の二番茶おくひかり。液肥施肥処理と処理してない、で製造した荒茶7kgずつで、2ホイロ。平行篩、回し篩を中心に、荒茶を仕上げていきます。そして火入れまでして。つくったお茶の比較審査も。液肥処理の方が、外観がやや大きく見え、色沢の色目も薄いのですが、うま味は上回っているという、まぁ、次に検討する事が多々あります、という事です。でも、二番茶らしくなく細ヨレの良い感じの仕上茶となりました。
b1_20160123222641319.jpg
b2_2016012322264770a.jpgb3_201601232226499b6.jpg
b4_20160123222649505.jpgb5_2016012322362246c.jpg
b95.jpg
b6_201601232236194f2.jpgb7_20160123223620029.jpg
b8_20160123223622640.jpgb9_2016012322362023a.jpg
b91_201601232239419c6.jpgb92_201601232239404db.jpg
b93_201601232239366d5.jpgb94.jpg
b96.jpgb97.jpg
b98.jpgb99.jpg
b991.jpgb992_201601232247196d0.jpg
b993_20160123224723a3e.jpgb994.jpg
□写真ばかり撮っているようですが、私もしっかり仕上げ篩ふっていました。明日の筋肉痛(明後日( 一一))が心配です。
●お昼過ぎ位に火入れ、審査、そして片付けまで終了。その後、参加者による意見交換会を実施しました。現在のお茶の普及指導の状況、あり方、今後の方向等について、若者から年寄りまで意見を交わします。もちろん自分は年寄り組みですが。それにしても、若い人の参加者が多々いてくれて本当に良かったです。良い研修となりました。再三言いますが、休みです。皆、自身の休日をつぶしての参加です。
b995.jpg

●意見交換終了後、地名を後にします。そして、藤枝へ集合し、懇親会を実施。私は車を持ち帰らなければいけないので、飲み屋ですが、ノンアルコール飲料で我慢し、食事だけ。美味しい酒肴を食べると、やっぱり呑みたくなってしまいます。とはいえ、先日課の飲み会があったばかりだ、と思い返し、我慢です。
i1_2016012322543788e.jpgi2_201601232254419e1.jpg
i5_20160123225444df4.jpgi3_20160123225446a8d.jpg
i6_20160123225648eed.jpgi7_20160123225649ae8.jpg
□美味しかったです。それだけに美味しいお酒なんか飲みたかった。なんたって、日本酒の揃えが良い○枝市○ですから。
●帰りの車。一日の疲れもドット出て、惰性で運転。何とか帰りました。雨は降りましたが、藤枝以降は止んでしまいました。本当に雪にならなくて良かった。
●明日は、家でゴロゴロしながら、グラフをいじくらないといけません。
●今日の一冊。栗本薫[著]『グイン・サーガ№103ヤーンの朝』【2005年,㈱早川書房,\540+税】&『グイン・サーガ№104湖畔のマリニア』【2005年,㈱早川書房,\540+税】。BOで\108で買いました。グイン展示会状態であり、既に今日の一冊でもない。まともに一冊ずつ取り上げたら、それだけで4ヶ月となってしまう。とはいえ、グインを再読し始めて、やっぱり、物語が凄いなぁ、栗本薫って人は凄いな、と感嘆してしまう。本当に亡くしてしまってはいけない人、だと思う。この絵は分かりやすい。ヴァレリウス君と、マリウス、フロリーですなぁ。
IMG_0005_201601082218090c3.jpg IMG_0008_20160108221813250.jpg
[ 2016/01/23 ] 小説 | TB(0) | CM(0)