FC2ブログ

2016年1月17日(日) なぜ日曜日はヘタレる

●日曜日。ダラダラです。今日から明日に掛けて天気は崩れるようですが、今は晴れ模様。センター試験実施中のようです。
●昨日は、車点検待ちの間に、グイン外伝を1冊読み通し。本に溺れています。朝から、小僧が図書館へ行く、と言って、昨日行った私は運転手でお付き合い。帰ったら、昨日借りた本を読みながら発酵茶を飲む。紅茶か、発酵茶か、というて線引きは、釜炒り殺青しているかどうか、で考えているので、基本、自分がつくっている多くは紅茶に分類される。ただ、萎凋と発酵のバランスで、発酵が弱いモノは、どうしても紅茶ぽくない。紅茶ぽくなる方がいいのかどうかは、自分でもモノによる、という話になってしまうのだが。これは、つゆひかり発酵茶。発酵度をやや強めにしたためか、水色は深い赤。でも、味わいに雑味が混ざる感じは、揉捻の掛け方に問題があったのかなぁ、と思う次第で。とはいえ、のんびりお茶と読書は幸せである。
ggg1_2016011712412586c.jpgggg2_20160117124129837.jpg
ggg3_201601171241282e5.jpg
□萎凋処理を複数試していた頃のつゆひかり発酵茶。萎凋の進め方で後の発酵がかなり変わる。そうするとやはり含水率の影響なのか、という事になるのだが。茎の芯揉みが大事だなぁ、と最近、飲みながら思う所で。
●奥さんに付き合い、近くの複合販売施設へ。人がそんなに出てないのは皆さん正月疲れかしら。
●熱湯で淹れても美味しい煎茶、の揉み方、を今年、しっかりと、考えてみよう、と思っています。仕上げも含めて、ですが。とりあえず、昨年の点滴施肥おくひかりを。
gggg1_201601171951393f3.jpggggg2_20160117195141277.jpg
gggg3_20160117195144fa1.jpggggg4_201601171951464ba.jpg
gggg5_201601171951458ba.jpg
□おくひかり。やぶきた、でやったらどうなるか。これが手摘みの自然仕立てなら。夢は広がります。
●今日の一冊。栗本薫[著]『グイン・サーガ№85蜃気楼の彼方』【2002年,㈱早川書房,¥540+税】。BOで\108の2割引きで買いました。グイン祭開催中。リンダの鎧姿。美しく強い。アムネリスとは違うリンダの強さ。凛とした、という言葉が似合うリンダです。
IMG_0004_2016010420283978f.jpg
[ 2016/01/17 ] 小説 | TB(0) | CM(0)