FC2ブログ

2016年1月11日(祝・月) 一月は短い

●一月は短い。二月はもちろん。そして三月は慌ただしく。結局、すぐ四月にそしてお茶時期に。今考えなくてはいけない、そして動かなければ。
●そんな事を言いながら、休み最終日を一日ダラダラと。買い物に付き合って。昨日の続きで幾つか発酵茶を。品混紅茶と橋本みどり。品混は、萎凋発酵がそれぞれ異なっていて、その対応が難しかった記憶が。味わいも今ひとつ。橋本みどりは、独特の香味があるのですが、もう少し萎凋をしっかりやれたらいいな、と思っています。
ee1_2016011119081891e.jpgee2_20160111190819d85.jpg
ee3_20160111190823833.jpgee4_201601111908255a2.jpg
□H25二番茶製造発酵茶「品種混合」。色々と試験がしたくて、1ホイロ8kg生葉必要なため、品種混合で量併せてしてもらって。無理言っていました、あの頃。
ee5_20160111190824403.jpgee6_20160111191031516.jpg
ee7_2016011119103363b.jpgee8_20160111191034f80.jpg
□H25一番茶発酵茶「橋本みどり」。かなやみどり、というふれ込みでしたが、生葉は全くかなやではなかったため、生産者の名字を取って。変わった香味を発していて、発酵紅茶系ではなく、萎凋釜炒り系も面白いかな、と思っていました。
●そして、夜は、アグリビジネス講座受講生と打合せを近所のコメダで21時から。
●今後の茶業経営について話をしながら、発表資料の整理等を。夢を見られるのは若者の特権。頑張りましょう。
eee1_2016011122085570f.jpg
eee2_20160111220857e59.jpg
□トーストサンドをツマみ、蜂蜜ウィンナー珈琲を飲みながら1時間の意見交換でした。
●休みの最後が仕事で終わるというのも。それにしても夜は寒いです。風呂入って温まって、明日からの仕事に備えるため寝る。
●今日の一冊。栗本薫[著]『グイン・サーガ№89夢魔の王子』【2003年,㈱早川書房,\540+税】&『グインサーガ№99ルードの恩讐』【2005年,㈱早川書房,\540+税】。BOで\105&\108で買いました。この買い方では、もう内容とか物語の流れとかではなく、とりあえず、表紙買い。グインとイシュトバーン。この二人の物語が紡ぎ紡がれて、話をつくって行きます。そでも、№89と№99という並び、何かあるのでしょう。そして、グイン、栗本薫の文に触れていると、昔を思い出してしまいます。自由で、でもその自由が分からなかったあの頃を。稚拙な思いと広がる空想、そして、何も持っていないもどかしさ、でも、それが自由だったと。まさに、王になった二人が昔を思うように。
IMG_0001_20151228203906ffa.jpg IMG_0002_2015122820391028b.jpg
[ 2016/01/11 ] 小説 | TB(0) | CM(0)