FC2ブログ

2015年11月30日(月) 十一月もおしまいです、やばいなぁ。色々と思います。

●月曜日。今週はKKKsがあったり、ですが十二月になってしまいます。いきなり寒くなっちゃったし。
●先週土曜日11月28日の静岡新聞朝刊。川根時間の記事が掲載されていました。グラス飲み釜炒り茶「TACHIKAMA(たちかま)」が新聞記事に、それで紹介される、というのも。昨年から始めた試み。釜炒り先生のY道君や役場のT係長と提案型で、と仕掛けた事、驚きの一口を目指して。実行までに複数回の現場試行と評価を頂きながらでの昨年の川根時間でしたが。こうして、2年目にして評価につながっているのは嬉しい事です。ただ、TACHIKAMAのネーミングは、T係長と雑談の中で出た事で、それでいいの?と思わなくはなかったのですが、こうして新聞にも出ると普及しちゃうネーミングなのかなぁ、と思ってしまいます。
a1_20151128072600746.jpg
□次のステップが大事ですが。でも、県内で萎凋しない釜炒り茶に取り組み、全国茶品評会に取り組んでいるのは、川根本町だけ。しかも、香駿を使用しての出品は全国的に皆無。そんな意味で価値ある商品づくりをしていると思います。
10302179_528927000578179_2328170016984925269_n_20151128073009ed1.jpg
a3_20151128073011ecd.jpga6_2015112807301320d.jpg
□釜炒り茶のグラス飲み関連の写真を幾つか。自分達が狙った、飲んでもらいたい味わいを提供するための手段、としてのTACHIKAMA。いいモノは色々な場面で使わせてもらいます、今の現場でも。
a1_20151128073453511.jpg
a3_20151128073458a2d.jpga5_2015112807345999a.jpg
□そんな意味でJAしみずが行っている品評会入賞茶のグラス飲み。ありです。
●そして今、自分が思っているのは、グラス飲み用のお茶をつくっちゃえ、という事で。形状から浸出から。そして、どの部分を味わってもらい、それがどんな商品になるのか。ヒントは以下のお茶。これを伸ばさなきゃいいじゃん、て思っています。細く細く。でもね、て感じです。
cc7_20151128073908198.jpgcc8_20151128073910679.jpgcc91_20151128073912db5.jpg
□中揉機まででキッチリと細く尺ありで揉み込んで、最後、精揉機でピシッと伸ばしますが、伸ばさなきゃいいじゃんです。グラス用のお茶づくり。提案型。ありだなぁ。でも、中揉機まででキッチリ揉む思想と技術がなければ意味がない。頭の固いお茶づくり屋では絶対できない。だって、中揉機でお茶揉みしてない衆ばかりなんだもの。そして、その前に粗揉機でお茶揉めてないじゃん、乾かしているだけじゃん、だから、火入れ乾燥に頼らなくてはいけないんだよなぁ。お茶、揉もうよ。お茶揉み、て言うんだから。芯残りが結局、邪魔をするんだよなぁ。
●と、いような土曜日に靴屋quasiへ行って、O代表と話している。そこから、新たな展開がみえそうな感じ。やるしかないのよ。
●明日から12月。色々とありますが、とりあえず、乗り越えるために頑張る。
●今日の一冊。「このミステリーがすごい!」編集部[編]『5分で読める!ひと駅ストーリー「食の話」』【2015年,㈱宝島社,¥640+税】。アンソロジーではなく、全作書きおろし。贅沢な本です。
IMG_0003_2015112803513725a.jpg
[ 2015/11/30 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2015年11月29日(日) 埼玉へ、レベッカ、そして感動

●グラフづくり、一度エンジン掛けると気になって色々と弄繰り回す癖が。試験場時代のdataをひっくり返すと作りかけのグラフが出てきたりする。それを今、形にしてみると面白かったり、見えてなかったものが見えてきたり。当たり前の事が、dataで確認できる、再認識できる、というのも楽しいモノで。そんなグラフ。
aa1_20151128061201652.jpg
□施肥量の異なる処理区でのN率と出開き度の関係図。スムーザーはいい感じに変化を見せてくれるが、0kg処理の同一出開き度における明らかなN率の違い。同一出開き度におけるN率が低い状態。ただ、これが示しているのは、同一出開き度=同一生育状況=同一重量ではない、という事。枠重量と出開き度の関係は以下の形。
aa2_201511280621337c0.jpg
□出開かない芽での重量増加。出開いて重量増加ストップ。全く面白い。そして、N率と枠重量。この3つのグラフをどう読むか、という事が醍醐味なんだろうなぁ。
aa3_20151128062552a35.jpg
□枠重量増加におけるN率は差がない。でも、出開き度が異なる。この点を、どう見る。どう見よう。
●やはり、グラフは面白く、頭を活性化し、そして心を癒してくれる。
●さて、埼玉へ出発しなくては。多分、今日中には戻れないであろう。そんな感じ。[10:50]
●さいたまスーパーアリーナ。さいたま新都心。15年前、県庁のお勤めの時に月に10日程度通っていた街。とはいえ、ほぼ100%関東農政局へ行って帰ってくるだけの事。片道3時間の新幹線+京浜東北線だったなぁ。本日は、車の運転手で片道200km、2時間半。意外とスムーズに行きました。とりあえず、これです。
ccc2_20151129220431eb4.jpg
□横浜に続いて。席は3Fの奥の方でした。横から見る形。
●とりあえず、お昼をトンカツで。横浜の時もトンカツだったなぁ。
ccc1_201511292204293de.jpg
□銀座さぼてん、のトンカツ定食。トンカツ好きなんだよなぁ。
●コンサートは、良かった。横浜の時は、「思い出」としてのレベッカ、再結成の感動だったのですが、今回のコンサートは、「復活の」レベッカ、NOKKOさんよかった。凄い。完全に身体からつくり直してました、本当に凄い、声も完全に戻ってるし、ダンスも良かった。フレンズ、を聞いた時は、横浜との違いと心に響く歌声に思わず感動して涙ぐんでしまいました。こんな感動をしてしまうと自分もまだまだやんなくてはいけないなぁ、と思うし、日々日常に反省するのでありました。いいモノをもらった、埼玉で。
●コンサートは4時開始で、6時半終了という珍しい時間構成で、10時前には自宅へ帰って来られました。午前様予定だったのですが。それにしても、よかったなぁ。紅白、観るのをどうしようか、と思っていたのですが、このレベッカなら、観たいです、いや観なくてはいけない、そう思いました。良い日だった。
●明日から又心にキツイ仕事が続きますが、頑張ろう。明日で11月も最終日だ。
●今日の一冊。福澤徹三[著]『侠飯(おとこめし)』【2014年,㈱文藝春秋,\590+税】。男のつくるメシ。御飯でなく、メシ、である。そして、男ではなく、侠である。やはり、おとこめし、は非日常が似合う。
IMG_0001_20151128035130edb.jpg

[ 2015/11/29 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2015年11月28日(土) 靴屋さんでデザインを学ぶ

●土曜日。今日は知人の靴屋さん(シューズセレクトshopなるもの)で、デザイン系の展示イベントがあるとの事で街へ出る目的にお昼前位に行くつもり。別の話も色々としたいのですが、多分、忙しいから、また今度の日程決めかな。
●最近のFB、あまり情報UPもしなくなっているのですが、読んでいても最近、痛い話、が多く、あらら、と思ってしまいます。知らなくていい事、あるいは、その情報だけで知った気になってしまい良くない事が多いなぁ、と。気持ちが年寄り化しています。一方で関係のない人の目に触れる私的(身内)な痛い話はどうなのか、と思うところで。まぁ、そんなのは自分が読まなければいいんですが。
●そのFBで過去記事のシェアが毎日提示されるのですが、3年前の今日、FBにもグラフを載せていたんだ、というUPがされて。そのグラフを見ながら、また、そのデータの意味合いを考えたりしているのですが、やはり、お茶の芽の生育とは面白いものだなぁ、と思うのであって。
banjhi_shoot_20151128034402bf7.jpg
□中切り前一番茶(H18)と中切り翌年一番茶(H19)。同一枠重量における出開き度変化の明確な違い。
40kgh18-19_20151128034403d65.jpg
□上記サンプルにおける窒素含有率の推移。同一枠重量におけるN率変化の同一性。
●こう来れば、次に作るべきグラフは決まってくるのですが。やはり、芽重×芽数の関係グラフ、でしょう。でも、探して見ても作ってないんだなぁ、これが。自分に問いかける、何故? とりあえず、作りましょう。[3:45]
●しかし、一からつくるのも面倒だ、と思い、試験場時代のdataを探し見ると、作りかけの芽数と枠重量のグラフdetaが出てくる。それに少し手を入れてみると以下のようになるのだなぁ。
a0_20151128043226db8.jpg
□H18もH19も施肥量も、ぐっちゃらな全data。
a3_20151128043230a04.jpg
□年次で分けてみる。H18。0kgは芽数少ないなぁ、と。施肥量間での差はほとんどない、事と枠重量の変化に対する芽数変化の幅が小さい事ぐらいか。
a4_2015112804323295b.jpg
□H19。これもそんな程度の読み込みかな。
a1_20151128043228578.jpg
□施肥量で比較。0kg。芽数差、あるんだろうなぁ。中切り前の方が同一枠重における芽数値が高い、とみるか。これって、中切り更新による樹体への影響と耐性度?の問題か。一方で、芽重=枠重÷芽数、から見れば、同一枠重における芽重は重たい、という事となる。そうすると、N率に差が出る?
0kgN-h18-h19_201511280518237c2.jpg
□あー、窒素濃度に差がある。芽数の減少、芽重の増加、N率の低下、「芽重型が」という事ではなく「摘採芽における」という意味あいでの影響、という事か。
a2_20151128043228e2d.jpg
□40kgの芽数と枠重の関係。H19しか初期的dataが取れてないので、同一時期(同一枠重量時という意味合いで)における差はない、と見るべきだろう。これって、施肥的影響がある、て事なのかぁ。
●さて、これをベースにとりあえず考えてみれば、N率も芽数もほぼ同じだけど出開き度(茶芽形態)が違う。枠摘み、摘採芽における芽数型、芽重型ではないが、茶樹状態における芽数型、芽重型が生育状態に影響を与えている?という考えか。収量性も内容成分におけるNも変わらない、でも、そこにおける芽重型の意味合いは? 考えよう。[4:45]
●そう考えると枠摘み状態における芽重×芽数で芽重型、芽数型は語れない、という事の再確認。ただ、そこに出開き度要素をリンクさせれば、つながるモノとなる、て事か。全く面白い。[4:55]
●川根本町へ行って、お茶を揉ませて頂く機会が飛躍的に増えた、そんな7年間。辛い事も多かったけど(揉んでいる最中の緊張感と気持ちへのプレッシャー等)、経験に勝るモノはなし、という事を体験させてもらった。そんな意味で、身体の中に一つの製造に対する物差しが出来てきた時に、本当にお茶を揉んでいるのか?という疑問が沸々と湧きあがってきて。結局、それには答えが出せないまま、今年から清水の現場へ入っているのだが、その中で、更なる部分が見えてきている事もある。茶葉と語り合いながら、その最高のポテンシャルを引き出してあげる、そのための技術、感覚。お茶は揉んでいる最中に語ってくれるから。だから余計に揉めてないお茶が口中でさわる。そして思うのは、先人の技(わざ)を確かな技術に置き換える翻訳者の存在。現象や見えている事だけでなく、その本質を技術と捉える必要性、嘘が多いお茶の技術、そしてそれを検証もせず受け入れている人達。まぁ、検証しようもないのかもしれませんが。特に施肥の多肥の場面で強く感じていた事が、製茶技術でもしばし思う事が最近。でも、まだまだ自分において情報が足りな過ぎる、経験も試行も含めて。もっともっと体験、また試行しないといけない、と思う。早く来い、来年の一番茶。
●尺のある細く芯から揉みした茶芽を開かせて呑むグラス飲み。これをもっとらしく仕立てたい、と思う。
cc4_20151128094839d8e.jpg
cc9_20151128094843579.jpgcc8_2015112809484323a.jpg
cc91_20151128094937cf8.jpg
□惜しむらくは、中揉⇒精揉の段階で迷いのある製造があった事。精揉の在り方をどう自分の中で捉えるのか、今年の一番茶時点では迷っていました。今も思いはあるけど完全試行には至ってないのが実情。さて来年、どこまでやれるか。
●そろそろ行こうかな、靴屋さんへ。[11:00]
●12時開店のはずが、開いていない( 一一)。やはり、店長の自由さが出ているお店である。12時15分過ぎに行ったらOPENしていて、早速写真を撮らせてもらい、その後は、茶の新たな展開についてディレクション講義を受けて、こっちの愚痴も聞いてもらい、有意義な時間を過ごさせてもらいました。そして綺麗なお客様がいらしたところで、薄汚い男は退散。でも、行って良かった。12月4日12月6日(日)までの展示だそうです。静岡セノバ南口から徒歩1分。シューズセレクトshop「quasi」です。
a0_20151128143152de8.jpg
a1_20151128143442731.jpga2_2015112814344862c.jpg
a3_20151128143448cdd.jpga4_20151128143448e6d.jpg
a5_20151128143450d6f.jpga6_2015112814380096b.jpg
a7_20151128143807a1c.jpg
a8_201511281438073e1.jpga9_201511281438097a8.jpg
a91_20151128143811d65.jpga92_2015112814405499c.jpg
a93_2015112814405611e.jpg
□靴屋さんなのに、色々なオブジェ。これらは布がベースになっていますが、写真で撮ると質感が違って感じます。そして、カラフルなデザインの靴に溶け込むように、えっ、て思わせるような配置となっています。格好イイです。
●同級生、話す事が通じるのが嬉しい。ありがとう、O代表。
●そして帰宅して、明日に向けて体力温存。明日は埼玉へ。横浜に続いてレベッカ。
●今日の一冊。阿川佐和子[著]『娘の味』【2015年,㈱新潮社,¥460+税】。佐和子さん独身だよなぁ?と思ったタイトルですが、御本人が娘、という事なんですね。何とも庶民的な食事風景に味を感じます。
IMG_0002_20151128035137072.jpg


[ 2015/11/28 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2015年11月27日(金) KKKsめんどくせぇ、その上で、一杯

●今日は先日、突発で押し込まれたKKKs関連現地対応。別にいいのですが。とりあえず現地で書類等確認しながら、来週木曜日の本番に備えます。なんとか・・・・・なる・・・・・・・かなぁ・・・・・・・ぁ、位です。全くダメではない。
●天空のお姉さんから電話を頂き、品評会入賞茶の仕上げの話等を30分位。今年のお茶、特に摘採の早い時期のお茶の味のバランスが難しい、中での対応はどうすれば、というような事。川根には、○赤○乾燥機があるから、それを使えば、芯から乾燥が出来て、更に上手く使えば、火入れも可能、というような話。釜炒り先生のY道君が使用理解度トップかな、という事で。でも、あの乾燥機、もっと上手く使えるよな、と思うばかりです。楽しかったなぁ、自由で、川根本町は。
●帰りがけに、玉露ビールを一杯。
c5_20151127213342a69.jpg
c2_20151127213338b10.jpgc3_20151127213340159.jpgc4_201511272133418b4.jpg
□これが「華玉燭露」というネーミングの玉露ビール。ザワークラウトをつまみに呑みました。そして分かったのは、私はビールの味は分からない( 一一)。
●課の同僚が「お茶のビール、抜群に美味いよ」と言っていたので呑んでみたのですが、アルコールが得意でないせいか、味の中の玉露もそうですが、よく分かりませんでした(>_<)。ビールもお茶と同じ位、もっともっと勉強しなくてはいけないなぁ、と思うのですが、そうしていたら多分、すぐにアル中になってしまうなぁ、と思うところで。
●食事はつけ麺たっぷり食べました。
c7_20151127213952268.jpg
□つけ麺3玉盛りとネギチャーシュー丼。腹いっぱいです。
●歩いて帰りました、月がきれいだったので。昨日、満月だったようで。朝も月の写真を撮っていました。朝と夜の比較。
c1_20151127213336f80.jpgc6_201511272139495ab.jpg
□満月でない、という足りなさが意外と良かったりするのですが。
●明日は友人のお店「quasi」でのイベントを見学に行きます。日曜日は埼玉まで車の運転手。
●今日の一冊。るなツー[作]『乙女のてにをは①』【2015年,㈱小学館,\630+税】。お嬢さん達はやっぱりこんな風なんですかね。でも、女3人寄れば姦しいといいますが、楽しそうだなぁ。男の寄りあいは寄りあいで楽しいのですが。そう、そして、世界には美しいものがあふれています。そうでないものの対比によって、より輝いて。
IMG_0002_2015112519240511a.jpg
[ 2015/11/27 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年11月26日(木) 夜まで仕事をやって思うのは、もうやる事しか言わない

●今日も朝からジム屋に徹しながら、夜仕事まで長い時間を過ごします。
●今朝は晴れるよ予報だったので信じて自転車通勤したのですが、行く途中で雨の餌食に。それでも、手袋をしていったのは正解で濡れもショボショボ位で。
●そんな朝一番からツイテない日は、仕事をしていても、まぁ、次から次へ、イラっイラっする事ばかりでした。自分だけの判断処理できない事、それは結局どうしようもない訳で。とはいえ、明日の予定まで変更させられるとこれまたどうしようもない訳で。
●そして、夜仕事。会議前の時間をもらい、事業関連の説明等。その前には出席者の方々と色々な仕事関連の調整等を行いました。まぁ、見事なほど、対象の方々ばかりで。
●そんな中で思うのは、やはり、前を向いて考えましょう、後ろを向いている暇はないし、後ろを向くなら、向いていればいいんじゃないの、と思ってしまう自分が多分、歳を取って時間がない事を切実に感じているんだろうなぁ、と。さて、来週の打合せも前を向いた話しかしません。やるやらないは私の判断ではなく、受け取る側の判断で。それでやらないなら、いいんではないのでしょうか、やらないのも選択肢、やめるのも選択肢。自由です、誰もが。
●ジムやっていてもイラっと来ると熱くなってしまい、余計な発言をしてしまう。黙っていればいいのに。年寄りなんだから大人になろうよ、と自分には言い聞かせているのですが、黙っていても絶対良くはならないんだろうなぁ、と思うし、言って、嫌われるならそれはそれで。そう言えば、先日の色々あったポンした関連では、思いきり嫌われているようです。いいですよ、別に、一緒に仕事が出来なくても全然構わない。キッチリやろうよ、本気でやろうと思っているなら。
●ストレスなのか、先日の飲み会も散々でしたが、明日も飲み行ってやろうか、と思ってしまう。はぁぁぁあ、と。
●帰宅後は、余計な事を考えないようにしているのですが。温かいお風呂でリセットして、夕飯食べて、気持ちよく寝る。はずが、こんなのを書いて一日を思い出してしまうのがダメなんだよなぁ。明日は面倒なKKKs対応もあるし、あーあ、という感じです。
●でも、いいや、明日考えよう。
●今日の一冊。関暁夫ほか[著]『ヤバすぎる都市伝説超最新版』【2015年,㈱宝島社,\556+税】。都市伝説と陰謀論。面白いです。信じていないという事も又面白さにつながります。本当なら本当で別にいいのですが。
IMG_0003_201511251924090a9.jpg
[ 2015/11/26 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2015年11月25日(水) 平穏には過ぎないのが世の習い、KKKs来襲

●今日は雨予報、その上、とっても冷え込みます予報だったので、徒歩&電車通勤、厚手で職場へ行ったのですが。確かに雪でも降りそうな雲の様子でしたが、結局、帰るまで雨は降らず、でしくじった、と思った一日。
●たまりにたまった報告書類を朝から順番に書き込んでいきます。結局一日かかって5本の報告書。その間に、大丈夫なんだか、と他人事で思っていた来週から始まる上の階の部主体のKKKs関連で、うちは余裕がないのでお茶の事だからお前のとこでやれ(とは言っていませんが、ニュアンスです)、という話が突然。来週だよ、来るの、はぁぁ、て感じですが。昔に比べると大人しくなったので何も言いませんが(少し言った)、分かっているのに対応しない状況にはイライラと腹立ちする訳で。とはいえ、我々の直接仕事ではないので、お手伝いはしますが、責任は取りません態度で臨みます。2か月前に来る事分かっているんだから、対応しろよ、最初から、と心の中で思っています。
●そんなイライラが募ると職場では、飴をなめる。本当はカロリーとか考えるとあまりよくないのですが、よく食べます。これは、ドラえもんハイチュウのどら焼き味、てどんなかな、と思っていたのですが、どら焼き味でした。すげぇなぁ。
bb1_201511251917008ba.jpg
□ドラえもんは永遠のアイドルですが、こんなモノが商品で出ているんだなぁ、と。ハイチュウ久しぶりに食べましたが美味しかったなぁ、普通に。
●そして、マイボトルで持ち込んだお茶がなくなったので、頂きモノの、清水のお茶、飲みます。濃旨の方が確かに美味い。
bb2_20151125191702bc2.jpg
□そして、やはり、缶入りもそうですが、アスコルビン酸臭が気になります。歳かな。
●仕事関係、後始末仕事ばかりになっていて、色々とイライラするのですが、まぁ、役割ですからしょうがないと割り切って。でも、一方で、気持ちを持って一緒にやってくれなければ、幾らでもダメ出しします、という感じです。お互い様ですから。
●明日は夜、両河内へ。
●今日の一冊。月子[作]『最果てにサーカス①』【2015年,㈱小学館,\630+税】。小林秀雄と中原中也の関係。評論家としての小林秀雄にあこがれた時があった。なぜなら、自分は中也(天才)にはなれないと分かったから。逆に中也(天才)を理解したいという渇望を持っている小林に自分を重ねてみたくなった、時期があった、という事で。根は理系ではなく、文系人間だなぁ、と本当に思う。そして、この話がどう展開するのか、心理が描けるのか、泰子はどう絡むのか、楽しみです。
IMG_0001_2015112519240212a.jpg
[ 2015/11/25 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年11月24日(火) 休み明けは何ともエンジンの掛かりが悪い( 一一)

●週の始まり。今週は、・・・、それなりに忙しい、・・・、はず。午前中は打合せでしたが、なかなか落とし所を含めて難しい話で、色々と悩んでしまいます。やらなくてはいけないのに、どうしても上手くいかない、運ばない、そんな理由は何? この感覚は辛い。
●そんな気持ちで戻ると駐車場にアゲハ蝶が横たわっていました。寒いからかな。
b1_20151124183826c90.jpg
□それでも今日は11月末とは思えない気温の上昇です。
●そして午後からは、美しい茶園景観うんぬんのセミナー。正論と対応策、言っている事は理解できる、それを誰がやるか。行政主導でない地域システム。でも、それをお茶だけを主にしていくのか。そうではないだろう。とはいえ、色々と見えない事が多い中で動かしを考えて行く、そんな事業なのか、という不安です。講演はそれぞれ拾える点も多々あり、勉強にはなりました。でも、所詮、私の勉強でしかない、という事です。
a0_20151124184129145.jpg
a1_20151124184131318.jpga3_2015112418413692e.jpg
a4_20151124184139c8b.jpga5_20151124184139abf.jpg
□講師お二人の話は参考になる点が幾つか。何だかんだ言っても、出ていけば勉強になる場面はある、という事です。
●そして、どうしましょうか、という話を同僚の方々としながら、終了。明日も頑張るしかないでよ。
●帰りの電車が、まるこちゃん電車。撮っていないメンバーを撮ってみました。
b2_20151124183828527.jpg
□永沢君と藤井君、結局仲良いんだよね。
●仕事的には煮詰まっていますが、やっぱり最高のお茶つくるしかないでしょう、という事です。
●今日の一冊。三浦しおん&岡本麻理恵[著]『黄金の丘で君と転げまわりたいのだ』【2015年,㈱ポプラ社,\740+税】。ワイン、以前も書いたのですが、お酒の味は分からない人間です。アルコールに弱いし。それでも、ワインの話と言うのは、飲めない人間にとっても面白かったりするのです。基礎勉強も兼ねて、本を購入するのです。
IMG_0004_2015112106273238d.jpg
[ 2015/11/24 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2015年11月23日(月・祝) 4年ぶりの豊好園、お茶会

●月曜日、祝日。勤労感謝の日。本日は、毎年この日に行われている清水両河内の豊好園のお茶会のお手伝いです。
●4年ぶりの参加。川根の仕事に従事していた期間に、同日に「川根時間」と言うお茶会イベントが始まり、それへ3年間対応させて頂いていて。豊好園お茶会には開始初期から関わっていて、もう24年目になるのかぁ。でもここ3年間の間が抜けて、4年ぶりのお手伝いです。果たして、上手く呈茶の説明案内できるかな。
●そして、朝から行きました。準備からボチボチお手伝いし、10時開始の呈茶。スタイルは淹れ方を説明し、自分達で淹れて頂く。お茶はいいお茶だぁ。でも、来年はもっと良くなる、絶対です。そして、天気が予想を外して、晴れ、で、ちょっと暑かった。そのため、湯が冷めにくいという難点もあったりしたのですが。結局、自分は5席位を回させて頂き、県のお茶担当の先輩方も何席か。結構な数を回しました。お茶席だけで200人は超えているかな。それにしても天気がもってくれたのが良かったです。イベントはやはり天気一番です。写真は最中は全く取れず、結局準備の時と茶園の様子を少し。
a1_2015112316212411c.jpg
□外のイス席。盛期はここに座れない位人人人で。
a2_2015112316212843e.jpga3_20151123162133411.jpg
a4_201511231621345d0.jpg
□自然仕立て園を幾つか。来春が楽しみだなぁ。早くお茶を揉みたいです。
a5_20151123162132817.jpg
□そして、今日の呈茶、全品普通煎茶4㎏の部出品茶。審査結果については色々と思いもありますが、上に行くのは可能です。難しくない。それより、目指すは本質です。
●相変わらず、DEBUなので汗をかきながら一日呈茶案内していました。こういうお茶を知ってもらい、そして、買って飲んでもらう、そんなスタイルを確立したいです。
●そして本当に、お茶会風景は全くなしという、まぁ、写真仕事してなかったですね。そして、帰宅。
●昨日、たまっているお茶の片づけをしている際に、吸湿してしまった貰い荒茶を発見。今年の一番茶、良い形状なのですが、すっかり吸湿、下手すれば発酵臭が。でも、勿体ないので何としたくて、電子レンジを使った焙じ茶づくり。とりあえず、低出力で乾燥を進めて、その後、中出力で1分~1分半位で、焙じさせる。この加減が難しく、特に電子レンジは場所によりばらつきがあり、一部焦げてしまいましたが、そこそこの焙じ具合に。それを飲んでみると、最初の下乾燥が良かったのか、臭みも水気もなく、いい感じに焙煎が立っていました。ただ、やはり、コゲ感が気になる。これは本当は外すべき何だろうなぁ、と。栃沢のU野さんと焙じ茶の事で話をした時も、仕上げでコゲたのは外すよ、という話。やはり、その方がスッキリした焙煎香のみとなって、とっても口当たりが良い。火入れもそうで、やはりコガす火入れは問題外、という事なんだろうなぁ、と。色々な意味でお茶は難しい、て感じます。
aaaaa1.jpg
aaaaa3.jpgaaaaa4.jpg
□左の方が飲みやすい。右の方が色は良いのですが、やはり、コゲ感が。焦がさない焙煎をしないといけない。
aaaaa2.jpg
□普通に青焙じ、というのでしょうか。乾燥と焙煎、コゲ、色々な経験が必要だなぁ、て思います。
●最近、お茶を飲んでいて、被覆香とコゲ香が気になる。特には、バランスの取れていない被覆感ばかり強い被覆(うま味とのバランスが悪いモノ)と焙煎のつもりで、芯から乾燥も甘く外側にコゲ感ありありのお茶、とか。それらをキチッとするだけでお茶の格がまだまだ上がるのに、て思うのですが。歳を取って、余計な感覚ばかり強くなってしまっています。
●あと、滋味における味わいづくり、うま味と甘味、このバランスのとれたお茶づくりを真剣に目指している人がどれだけいるのか、と思ってしまう。今の慣行施肥法においては、それらに対する明確な反映は難しく、単純に多肥に走る方もいる。それでいいのか、と問い掛けたくなるのだが。さて、真剣に施肥の在り方を再検討、必要だと思います。試験研究レベルでも、でも期待できないなぁ、今の様子では。
●三連休も終了、明日から、また仕事開始だ。
●今日の一冊。太田和彦[著]『熊本の桜納豆は下品でうまい』【2015年,㈱集英社,\600+税】。あー、こんな食べ呑みの旅がしたい。そう羨ましくなる位の贅沢。いいなぁ。
IMG_0003_20151121062730cfa.jpg
[ 2015/11/23 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2015年11月22日(日) 清水で行われているJAしみずアグリフェスタへ、お茶しに行きます

●さて、日曜日。清水埠頭で、JAのアグリフェスタが行われているとの事で、グラス飲み品評会茶を飲みに行こうと思っている。主催に聞いたら「一席300円だよ」との事。問題は、車を置く場所がないようで、どうやって辿り着こうか、という事です。静鉄で行って、あとは歩くか。
●一昨日の金曜日、午後、グランシップで行われたお茶の輸出セミナーへ参加。有機JASの話と実践企業の増田園さんの話が聞けました。勉強になりました。
a0_20151121075407899.jpg
a1_2015112107540943f.jpga2_201511210754101bb.jpg
□JONAの講師による有機JAS認証の話。
a4_2015112107541263c.jpga3_201511210754116ed.jpg
□やまま増田園の増田社長の話。面白い。そして熱い。
a5_20151121075626fc3.jpg
□講演終了後に質疑応答意見交換。
●輸出、難しいけど、どう考えていけばいいのか。やはり、色々な意味で自信を持って出していける売っていけるお茶をつくるしかないのかな、と思います。
●さて、朝グズグズしていたら奥さんが、送ってやるから買い物付き合え、と言われて。ラッキーと思い、エスパルスドリームプラザの裏にある会場まで送ってもらった。会場入りすると、早々に直属の上司(F課長)と出会ってしまう。そして、会場内も知り合いばかりで、各テントで挨拶しながら目的の所まで進むのです。
aaaa1_20151122140351619.jpg
□ここがドリプラ。この裏側の埠頭広場でフェスタが行われています。
a0_20151122161443a20.jpg
□天気のせいか、人でも結構あります。
●心配された天気も、雨の雰囲気もなく、いい感じ。ただ、海から上がる風が冷たいかなぁ。グラス飲み、美味しいお茶を、いい感じで飲ませています。お菓子もついて、300円。採算どうでしょうか? しかし、会場ステージの仮面ライダーショーがちとうるさかったですが、のんびりお茶を楽しみました。
a2_20151122140718136.jpg
□こんな感じで呈茶しています。
a1_20151122140716220.jpg
a3_20151122140722ce6.jpga4_2015112214072204e.jpg
a5_20151122140914d49.jpga7_20151122140924f86.jpg
a8_20151122140922df2.jpga9_201511221409236e2.jpg
□品評会茶を贅沢に飲む。そこが大事。300円は安い、と思う。こんな事をこれからもっともっと進めていけばいいのに、て思いますが。
a91_20151122141232506.jpga92_201511221412340c7.jpg
□会場には展示ブースもあり、清水のお茶、が展示されていました。針のようなお茶。
a6_20151122140917dbd.jpg
□そして、可愛い静岡市茶っきり娘さんが呈茶の宣伝をしてくれていました。
●イベントは天気が良いのが一番です。そして、帰りに買い物お付き合い。大好きなミニオンズ、こんな仕事もしていたのか。
aaaa2_20151122141521696.jpg□働き者だ。うちにも欲しいぞ、一匹。
●明日は自分が呈茶をする方です。頑張らねば。天気ももってくれ。
●今日の一冊。高井忍[著]『本能寺遊戯』【2015年,㈱創元社,\820+税】。先日の飲み会の前にちょっと時間があったので、本屋へ寄って棚を見ていたら、あー出てる、と思い衝動買い。鯨統一郎系の歴史新説物語。本当かどうかは別として、色々な理屈を推理を聞くのは楽しいモノです。この本は面白い。久々に読み切るのに二日掛ってしまった。次をまた期待。
IMG_0002_20151121062731920.jpg
[ 2015/11/22 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2015年11月21日(土) 昨夜は久々に泥酔、ダメダメでした

●昨日は昼に行ったり来たりの仕事をして、夜は課の久々の吞み会。男所帯の気を使わない方々ばかりの楽しい課。そして、飲みながらの話も下らない事から仕事の事から、色々とヒートアップして、大変楽しかったのです。鶏料理屋。味もお酒も、まぁ普通ですが(最近、美味しい鶏料理屋を見つけてしまったので)、会話に乗ってしまったなぁ。先輩方へかなりの暴言も(>_<)、つかえない奴です。
aa6_201511210608502ef.jpg
aa7_20151121060852a77.jpgaaa1_20151121061829892.jpgaa92_2015112106122110f.jpgaa95.jpg
□お酒、次から次へ。6-7杯? 記憶があまりありません。
aa8_201511210608535a8.jpgaa9_201511210608554b3.jpg
aa91_2015112106085616e.jpgaa93_20151121061223cbb.jpg
aa94.jpgaa96.jpg
□ゴルゴンゾーラのピザの蜂蜜のせ、とこのクニュクニュの串、美味しかった。
aa97.jpgaa98.jpg
aa99.jpgaa991.jpg
□最後のアイス冷たかった、という記憶しか。何だか食い散らかしの汚い画像です。お酒は飲んで種類が違っているのをアップしているのですが、これをどうゆう繰り返しで飲んだだか。
●久々に酔っぱらいました。ペースも早かったのですが、色々なお酒をチャンポンしたのがいけなかったようで。6時開始の8時30分終了だったのですが、もうクラクラ。支払後お店の外で皆さん集合していましたが、それにも合流できず、もうフラフラと帰宅の途へ。こんな酔っぱらい、さすがに両替町にたむろっている客引きも声掛けもしてきません。
aa992.jpg
□セノバのクリスマスツリーの所で、サンタクロース姿のアイちゃん発見。
●何とか電車に乗り、そして見事に蛇行しながらの徒歩で自宅へ。お風呂に入ってその後布団でゴロゴロとしていて就寝。
●そんな昨夜の状況でした。あー、吞み会楽しいのですが、次回はもう少し美味しいくお酒を飲もう。昨日は、同僚とも話をしましたが、多分にストレス発散的な傾向が強かった、反省です。
●二日酔いの気分は残っていないのですが、それでも朝からボーォとしています。明日はJAしみずアグリフェスタへ、明後日は清水両河内の豊好園のお茶会のお手伝いです。[6:25]
●温かいお茶を飲む。このお茶は、しいて言えば、お粥のまったりとした汁を飲む感じ、の味わい。うま味、なんだけど、ギスギスしてないというか。そして渋味も口に残らない、それは川根茶の特徴ですが。あー、酔っぱの身体に沁み込むわ。
aa1_20151121073744483.jpgaa3_20151121073747f6d.jpg
aa2_20151121073746a8a.jpgaa4_201511210737499de.jpg
□このクラスのお茶を毎日がぶがぶ飲みたい。以前、知り合いのお茶屋さんに、ブレンド向き、と言われたなぁ。
●久々の何も考えないお休み。11月はお茶の行事多すぎです。
●午後から買い物にお付き合い。お昼はアピタの麺屋武蔵で、チャーシュー麺食べました。美味しいけど、この量が辛くなる歳に。
aaa2_201511211605033ef.jpg
aaa3_20151121160507a91.jpgaaa5_201511211605074b1.jpg
□チャーシューが柔らかい。でもこれは叉焼ではなく煮豚なんですなぁ。
●今日の一冊。よしながふみ[作]『きのう何食べた?⑪』【2015年,㈱講談社,\581+税】。酔っぱらって帰ってきたら届いていました。布団でゴロゴロしながら読む。もう、吹き出しが完全に絵を圧迫している料理紹介本、的なイメージになりつつあります。それでも十分に面白い。
IMG_0001_20151121062724f3b.jpg
[ 2015/11/21 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2015年11月20日(金) 行ったり来たり、また行って、そして夜は吞み会です

●今日は朝から天気を気にしつつ、県庁へ行って、事務所戻って、その後、グランシップへ。移動移動移動の日です。そして課の吞み会です。雨降りませんように。
●多分、久々の飲み会なので、荒れて荒れて、帰って来れるかな、本日中に?の予定です。
●ごめんなさい<(_ _)>。本当に久々に本当の酔っぱらいです、最低(T_T)。詳細は明日。
●そして思うのは、昨日位のお茶なら何とでも作れちゃうよ。もっと難しい命題持ってこい、って。酔っぱらいで好き放題。
●今日の一冊。いしかわじゅん[作]『薔薇の木に薔薇の花咲く①』【2000年,㈱扶桑社,\571+税】。多分、BOで\105で買ったはず。いしかわじゅん、この丸っこいキャラクターが好き。特には「東京物語」は、自分が大学で東京へ出ていた分、三鷹や吉祥寺、そして新宿にあこがれた。大学は府中だったのだけど。東京物語に触発されて、新宿のTOPSbarへカクテル飲みに行ったなぁ。キャラクターにに会わずとってもオシャレな本だった、て、東京物語を語ってどうするの。相撲力士も可愛いです。
IMG_0001_20151120000554140.jpg
[ 2015/11/20 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年11月19日(木) 夜までお仕事

●今日は晴れました? 天気予報は晴れに向かっています。だから、自転車通勤です。
●今日は、夜までお仕事の日。会議です。色々と調整が必要な事をジムジムと進めています。
●職場の臨時職員さんが、去年買ったお茶なんですが結構高かったんです、淹れて下さい、と持って来られたので、気合入れて淹れましょう、と午前10時にお茶の時間を設定、淹れさせて頂きました。お茶の確認。表現としてはやや平?かな。もう少し絞れそう。お茶の香気は、ちょっと火が強いかな、でもこんなもんかな。一煎目のお湯の温度は50~60℃の間位。1分少々浸出。茶葉の開きが早いかな。揉み? 味わいは、丸いなぁ、火かなぁ。甘い火。もうちょっと出して良かったかな。二煎目。やや高めに、70℃弱位。強くない渋味、芯の味も少々。三煎目、80℃位。渋味がやや強く。でも、茶芽の味わい、素の感覚、山の素のイメージ、自分だったら、もう少しギリッと揉むかな。やっぱり、中揉の使い方? でも、粗揉も無理しないで過ごした感じかなぁ。などと思いながら淹れさせて頂き、飲ませて頂きました。普通に美味しいですよ、と。鄙びた感があるのは、やはり一年間の時間かな、と。
a1_201511192231197d6.jpg a2_20151119223121668.jpg
□大きなところをそのまま揉んだ感じ。昔ながら、と表現するのでしょうか。
a3_2015111922312271a.jpg a4_20151119223124ad0.jpg
□一煎目の淡黄色の水色。個人的には火の甘さを感じました。三煎淹れた後の茶葉の開き具合。
●その後、こちらも持っていますから、と。今年のお茶ですけど、香駿です、と今度は午後の3時にお茶の時間を設定し、淹れてみます。香駿の香気を立たせるため、一煎目は少し高めの温度設定で60~70℃の間位。一分。香駿の香りしますね、という飲んだ人たちの感想。個人的には、味わいが、香駿独特の青い渋さが立たない程度の火のカバーが入っている感じで、それにやや香駿独特の香気がマスキングされているように感じましたが、釜炒りで立つ香りに慣れ過ぎかな、と。二煎目は80℃位で、やや渋味は立つものの、香気が強くなって。やはり、香駿は独特だなぁ、と。個人的には、川根で釜炒り茶をやっている時に、やはり香駿が一番いい、て感じていました。やはり、煎茶の場合も弱い萎凋系、揺青程度の香気発揚がある方がいいかな、と思っています。三煎目まで頂きました。
a5_20151119223125e79.jpg a6_201511192240461ce.jpg
□ややコナレ感はありますが、香駿らしい細さ。個人的には、もう少しピンとさせたいかな。
a7_2015111922404729e.jpg a8_20151119224049974.jpg
□一煎目、水色、やや強めに黄色が出てます。三煎目淹れた後の茶葉。
●職場でも、もっとお茶を淹れる場面をつくっていいかな、と思いました。折角、色々とお茶は持っているので。
●ジムやっては、お茶を淹れて飲み、を繰り返し、夜会議の時間に。清水まで。
●会議の中で、茶樹の地上部と地下部の在り方を考えるきっかけに、と土壌調査の提案を個人的興味9割でさせてもらい、一応、検討の俎上に。うね間土壌の在り方再考すべし、と思っております。時代の変化とともに。よろしくご検討を。
●そんな提案をさせて頂いたので気持ちよく終われると思っていたのですが、帰り道は雨。自転車で濡れながら帰宅。風邪ひいちゃうよ(T_T)。
●明日は明日で朝から行ったり来たりの日。夜は課の早い忘年会が予定されてます。
●FB上で、所詮公務員が、公務員の癖に、公務員なんて、というような書き言葉を連ねる方を見かけると、あー、余程つまらない公務員の人達と絡んできたんだなぁ、と思ってしまいます。その言葉を他山の石として受け留められるほど自分が大人ならいいのですが、見る度に胃が痛くなるので、そんなに文句言いたければ具体的な個人名で言えばいいじゃん、と思わなくはない。そして、そのような書きぶりをする人に会っても、きっとそう思われている、という視点で最初から穿って見てしまうんだろうなぁ、と。まぁ、でも現場へ出ると誰も公務員と思ってくれないという場面も多く、自分でも公務員意識の希薄さは感じるのですが、それはそれでどうなのかなぁ、と思わなくはないです。さて、疲れてるなぁ、気持ち。
●今日の一冊。大塚志郎[作]『漫画アシスタントの日常』【2015年,㈱竹書房,\650+税】。漫画家て大変だ。そこで成功するのは、やはり、宝くじを当てる様なものなんだろう。でも、やっている事に満足感があるのなら。自分の仕事も同じようなものか。
IMG_201511182023280ee.jpg
[ 2015/11/19 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年11月18日(水) ミッ○ーマ○スのデビュー記念日、みたいッス

●自宅のトイレのカレンダー、ディズニーカレンダーが貼ってあるのですが、それに書いてありました。ミッ○ーおめでとう。
●ミッ○ーマ○ス。それを表現するだけで、著作権料、肖像権料が請求されるという都市伝説。あくまでミッ○ー(みっまるー)の事です、ここで書いてあるのは。それにしても、昔は、ミッ○ーの誕生日だったような記憶があるが、いつの間に変わったのだろう。
●朝から雨予報、の予定が晴れているし。でも、午後から大雨予報のため、徒歩&電車通勤。晴れてるんだけど。そして、今日も仕上茶工場を巡ります。
●そして思うのは、他の部署、所属の方々は、やっぱり当たり前に法律に基づいて仕事をされているんだぁ、と。法律が基軸、絶対主義。当たり前の事なんですが、現場至上主義の仕事してきている人間にとっては、違和感を感じてしまう。正しい事は正しいのですが、それが、正しいだろう、という発露で行くのが何となく、・・・、まぁ、でも、仕事ですから。とはいえ、本日で仕上茶工場巡回は終了です。
●天気予報大当たりで、午後から雨降り。そして帰る時には激しく降っていました。濡れ濡れです。雨の中、徒歩で帰ると必ず渡る事となる歩道橋。雨の東西の国道一号線の様子を撮影してみました。
kkk1_201511182009554cc.jpg□西側
kkk2_20151118200956d8e.jpg□東側
●雨の中を歩いていると思い出します。Singing in The Rain。唄って踊っちゃうかな。水たまりでパシャパシャですが。
●表示関係で分からない事が多く確認してもなかなか。複雑です。複雑にしておいて、消費者に分かりやすいように、という矛盾。何だかなぁ、という風に感じます。
●明日は晴れるみたいですから。自転車で頑張ろう。でも、夜まで仕事だ。
●今日の一冊。日渡早紀[作]『星は、すばる。』【1984年,㈱白泉社,\360】。これは実家へ預けておかなかったので火事での消失を逃れた本。本棚の奥から出てきて。多分、花とゆめ本誌で、この中の「M7」をカラー(セミカラーかな)で見たのが日渡先生の最初?でしょうか。多分、あくまくんシリーズの方が先にコミック化されたはず?もう記憶もあいまい、30年以上前の話なので。でも、読んでいて良い話だなぁ、と思います。そう言えば、星野君が弓道部だった。これの刷り込みが大学での弓道につながったのかな、と。農学部志望は、川原センセの美貌の果実、と愚者の楽園、だし。いい話、また読みたい。
IMG_0002_201511171957094d9.jpg

[ 2015/11/18 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年11月17日(火) 一日仕上茶工場回りしてました、帰りは雨だし(>_<)

●今日は夕方から雨予報。でも勝負して自転車で行きました。朝は晴れ晴れだったのですが。
●仕事にノリ気がなく、でも、運転手主体の仕上茶工場回りを一日中していました。参加人数が多いため、おっきな車を運転して、結構狭い場所へ行ったりして気持ちがダウン(>_<)。疲れます。そして、人当たり。ダウンダウン(>_<)。
●お昼は新間の味守香の野菜炒め定食。もうこれ位で十分な歳になってしまった。
iiiii1.jpg
□それにしても唐揚げ2個がどの定食にもついてくる。重たいッス。
●事務所に戻り回復するのに時間が掛る。事務所で部長が例のI藤園の高いお茶を買って来て、みんなにふるまっていましたが、さすがにうちの事務所ではネットの様な絶賛評価にはならないようで。これをこの金額で買うなら、倍出せば、本当に美味しい日本酒が買える、みたいな意見が飛び交っていました。酒好きが多いのも原因ですが。
jj1_201511111903120e6.jpg□そんな評価を受けていたお茶です。
●そして、自宅へ戻る時間帯は雨雨雨。でも、明日も一日雨模様なので、自転車で帰りました。ビショビショ。これで風邪でも引いたら、どうしましょう、ゲロゲロ、です。
●明日も、仕上茶工場巡回、雨の一日です。車は大きいのは止める。
●今日の一冊。栗本薫[著]『グイン・サーガ№68「豹頭将軍の帰還』【1999年,㈱早川書房,\520+税】。何という安心感、そして強さ、筆の渡り、やはりグインのいるグインが主役の巻は読んでいて、気持ちがいい。今日も心が病んでいるので、やはり、グインに心を委ねて。
IMG_0001_20151117191458f01.jpg
[ 2015/11/17 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2015年11月16日(月) 余韻を引っ張って

●月曜日。しかし、土曜日が仕事、そして日曜日もフリーとはいえ、ほぼ仕事関係の人との接触のみで行ってしまったので、ちょっとボケボケの朝です。
●そして、仕事もボケボケを引きずり、全くダメダメな一日でした。明日の仕事の調整ミス、再調整、またミス、そして問い合わせ、回答不備、確認、不明、回答、再不備、再度確認、・・・、そんな日でした。もう、全く何をする気力もなくなってしまいました。本当に何て一日だ(>_<)。
●昨日、全国お茶まつりイベントを徘徊している時に、ブログのお酒呑みやその肴関連の写真のアップが楽しみで、というコメントを頂いた。確かに美味しいもの食べている、という認識はあるのだが。また、イニシャルで名前を載せないでほしい(本名ならいい?もっとダメでしょう、ですね)という要望も頂いて。色々な視点でブログを見て頂いている、本当に少数の方に感謝です。しかし、本当に主はお茶より吞み会報告だなぁ、と思ってしまう。
●明日から気持ちが辛い仕事が続きます。心を殺して頑張らねば。
●今日の一冊。栗本薫[著]『グイン・サーガ外伝⑯蜃気楼の少女』【1999年,㈱早川書房,\520+税】。グインの逆拾い読み。この時点で彼らが何を思いそして、未来を見つめていたのか。過去、現在、未来、全ては混沌である。
IMG_0004_20151115091651c6e.jpg
[ 2015/11/16 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2015年11月15日(日) 全国お茶まつりイベントを徘徊します

●やっと、お休みです。でも、今日は昨日見られなかった全国お茶まつり関連イベントの徘徊を行う予定です。昨日の景品交換所(ドラクエみたいだ)の番をしている時でも知り合いの方に多く出会ってしまったのですが、本日は、さてどうでしょう。とりあえず、茶市場へ行って、先日購入できなかった釜炒りS本の火入れ烏龍茶を購入する事だけは決めていますが。
●さて、今朝の静岡新聞に、両河内H好園J君のグラス飲み呈茶(清水壱番会での出展ですが)の様子が大きく取り上げられていました。口広のシャンパングラスに品評会出品茶を水出しで提供する形、提案者(壱番会の会合で素案提案しました)とは嬉しい事です。これ自体は、川根本町時代に、驚きインパクトを与える一口、として川根本町のメンバーと実践してきた事、をこちらでもやらせてもらう形。良いモノは取り入れる、そして評価してもらう、大事な事ですね。
IMG_0001_20151115091642d3e.jpg
□川根でもそうでしたが、このグラスを並べた様子が秀逸なんですね。
●さて、そろそろ出発しようかな。雨は降らない、そう確信しよう。[9:50]
●市内に着いて、とりあえず、スタンプラリーを目的に徘徊開始。茶ッフルを前金さんで購入し、スタンプ、その後、竹沢製茶さんで焙じフレバーティを購入し、スタンプ。そして、茶市場へ行って、逸品お茶会を見て回ります。とりあえず、S本の所で、予約の焙煎烏龍(密香茶の商品名)を購入し、山梨商店さんでは、La香寿購入して、スタンプ。また、白形傳四郎商店では、プレーンチーズ(お茶のアテ)を購入して、スタンプ。その後は、富士の秋山園さんに挨拶して、つちや農園さんでお話ししたり、森内農園さんでお話ししたり、萬千吉茶房さんでお話をしたり、来られた知り合いの方とお話をしたり(三歩動けば知り合いに、というような状況で)、で。その後は、A商店のI橋さんに御教授を頂きながら、青葉スクエアまで戻って、話しながらまたグルグルと見て回り。清水の壱番会出展テントには、前金さんの茶ッフルを差し入れしたら、Darmas君がネタをつくってくれて写真を撮ったり。今朝の新聞にも後ろの方に登場していますが、良いキャラですね。
a1_20151115154417982.jpg
□前金さんの茶ッフルのショーケース、写真撮影の許可もらいパチリです。全部、差し入れてしまったのですが、限定の栗モンブラン食べたかったなぁ。
a2_20151115154421daf.jpga3_20151115154425ebd.jpg
□茶市場で。つちや農園さん、そして、釜炒り茶S本です。
a4_201511151544270f6.jpga5_2015111515442579b.jpg
□全体ににぎわっています。個々がしている会話も濃い。そして森内農園さん。
a6_20151115154854bee.jpga7_20151115154859b6c.jpg
□そして、清水茶壱番会のブースで、上司の後ろでマックポテトを食べているD。カメラ目線に。
a8_20151115154858aac.jpg
□そして、市役所のMちゃんとマックの宣伝です。いいキャラだ。
a9_20151115154900ebf.jpg
□そして、森内農園のMさんの手揉み実演。小学生が真剣に話を聞いて、手揉み茶やっていました。
●仕事、業務でしか参加した事がなかったので、まともに見れて、楽しい、というか、勉強になりました。とはいえ、参加しづらいのも、上にも書きましたが、三歩も歩けば知り合いばかり、で話し込んでしまうというグルグルな螺旋葉序みたいなもので。それを実感できたのも、また良しですが。
●仕事絡みでも有意義な部分もあったので、行って良かった、と心から思います。そして、スタンプラリー、結局一列も揃いませんでした。ダメじゃん。
●今日の会話を反芻し、また明日からの糧にしよう。やれる事をやろう。そう思った一日でした。
●今日の一冊。栗本薫[著]『グイン・サーガ№67「風の挽歌」』【1999年,㈱早川書房,\520+税】。久々に著者の文章に触れたら、またグインを読み返したくなってしまった。そして読むのであれば、グインが表紙の巻でないと安心感がない。多分、心が不安。その中の一説に、運命というものをヤーン(≒運命の神)の例えとして語る場面がある。神は与え、また奪いたもう。人はそうして生きて行くしかないのだから。
IMG_0003_20151115091648082.jpg IMG_0005_201511150916432d3.jpg
[ 2015/11/15 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2015年11月14日(土) 第69回全国お茶まつり静岡大会開催in静岡市

●朝から雨の土曜日ですが、本日から第69回全国お茶まつり静岡大会が静岡市の中心街と茶町界隈を会場の中心として行われます。それに関連したイベント等のスタッフとしてお仕事参加です。
kk5_20151114173740cbf.jpg
□関連施設等をグルグル回るスタンプラリー等の景品交換所業務に割り当てられて、一日立ち仕事していました。
●今日は雨降り、でも意外と人は出ていて、景品交換に来られる方も多分に見られました。ただ、雨のため、寒い寒いと一緒に仕事をしていた若いスタッフは言っていて、ホッカイロ等を使ったり。私は逆に丁度いい位で。陽射しが出る方が汗をかいて辛いので。
●一日持ち場を離れられず、会場の色々な催しを見る事は出来ませんでしたが、明日は天気も回復に向かうようなので、明日、一日掛けて色々見てこようと思っています。
kk6_20151114174248b0f.jpg
□持ち場の景品交換所のすぐ隣に、家康公ねぶた、が展示されていました。風船?かな、膨らましていたから。夜間になると発光するようです。
●昨日、職場で、先日のお茶会で呈茶された栃沢のU野さんの「清香(きよか)」を職場の方にふるまいまして。みんな、濃厚な味わい、美味しい、と評判。個人的にはもっと濃厚な方がらしさが出て好きですが。でも、一煎目、昔に比べて本当に落ち着いた感があります。二煎目の渋味に、U野さんらしさが少しだけ垣間見えますが。何にしてもグレードの高い、美味しいお茶です。
kk1_2015111417373169d.jpg
kk2_20151114173734416.jpgkk4_2015111417373616f.jpg
kk3_20151114173735551.jpg
□開いた茶殻の美しさが良いです。
●明日は、茶市場の逸品お茶会を基軸に回ろうかな、と思ってます。
●今日の一冊。奥田実紀[著]『紅茶をめぐる静岡さんぽ』【2015年,㈱インプレス,\1,500+税】。紅茶を扱うカフェ等の紹介本ですが、いい感じで作られています。紹介されているお店、全部行きたくなってしまいます。
IMG_20151114174613ef7.jpg
[ 2015/11/14 ] お茶 | TB(0) | CM(0)

2015年11月13日(金) 13日の金曜日、てか、製茶機械展示会巡り

●金曜日、飲みにでも行きたい気分ですが、明日の仕事を思うと、そうもいかず。金曜日だけど一週間の〆の日ではないのが残念である。
●今日は午前中はジムをして、午後から、製茶機械メーカーの展示会をハシゴ(2社ですが)。近年の茶業情勢を反映した機械が色々と出ていて、実際に動いているのを確認したり、製造されたお茶を頂いたりして、かなり理解度アップ。面白い機械もたくさんありました。一方で、それに関連して写真等の撮影や掲載は自粛ムードが強く、差し障りのないだろう、写真のみ掲載。
a1_201511132021295d3.jpg
□何者? こいつです。
00001115.jpg
□茶のみやきんじろう、だそうです。
●とはいえ、行っただけの価値はあり。また、知り合いの茶農家さん等とも色々と意見交換もできて良かったです。
●昨日、J君と話をしていて。石灰窒素の話。このタイミングでの施肥。個人的には、施肥体系の中で、現在の秋肥は秋芽施肥なので、秋整枝後の樹体充足と冬越えを目的とした施肥が施肥体系の中に必要、と言っているので、あー考えているんだなぁ、と感じました。12月中旬頃までの古葉への窒素充足。茶樹って面白いなぁ、と思います。
LP Nitrogen mass 12kg
□相変わらずの好きなグラフですが、秋肥のみ、春肥のみ、そして無施肥処理の、古葉NをLP(リーフパンチ法)でN量を計測し、時系列処理したモノ。N量の増加は計測開始の9月15日からほぼ90日後の12月中旬まで増加し、その後は安定期に入る。このタイミングまで、しっかりと茶樹のN充足を図る事を考えた施肥、て大事だと思う。そして、春肥を処理する事による春先の古葉でのN量の増加。これは、秋肥のみと無施肥の変化を見れば、新芽への転流をどう春肥がカバーしているのか、という点が結構重要。みかけ、の変化をどう捉えるか、ですが。この辺りをキチッと押さえて、更には、新芽における施肥の充足性、を枠摘み調査で追う、という、まぁ、試験場時代は面白い事をさせてもらっていました。そう考えると、今の現場では、そこまでの調査はなかなか出来ないのが事実。でも、やりたいと思う気持ち、来春はどうしようかな。
●明日は、最悪の雨ですが、青葉通りの景品交換所(スタンプラリー等)で、交換係をやっていますので、お近くに来られたら寄って下さい。来るまでに、お茶だけは嫌になる位飲めると思います。
●今日の一冊。西原理恵子[作]『毎日かあさん⑫母娘つんつか編』【2015年,毎日新聞出版社,\838+税】。サイバラだよ、やっぱり、サイバラはすごい、と思う。いつまでも、いいなぁ。
IMG_0002_20151112193834640.jpg
[ 2015/11/13 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2015年11月12日(木) 経営講座の現地巡回に同行して

●今朝も良い天気。自転車通勤、少し寒さを感じて来ました。冬も間近やなぁ。
●昨日のI藤園の1080円ペットボトル茶(再三書きますが、ペットボトルではないです)、お茶好きの臨時さんに飲んでもらったら、玉露って飲んだ事ないんですよね、味は濃く感じます、でも薬(漢方薬?)みたいな匂いがするんですが、との回答。思わず声を大にして「アスコルビン酸(ビタミンC)でございます」と言ってしまいました。私だけではなかったんだ、というこの飲もうとすると鼻に来る感覚。それにしても飲んだ人で、自分で買います、と言った人は一人もいなかった。でも、売れているみたいです。誰が買っているのだろう、私みたいな奴か。
●今日は事務所の経営講座の受講生の現地巡回指導。講師と一緒に清水の茶農家2軒を回りました。
●1軒目は、H好園のJ君。焙じ茶淹れてくれました。加賀へ焙じの仕上げは頼んでいるとの事。コゲでなく、焙煎になっていて、しっかり甘味が出ています。そのギリギリを見極めるのがプロの腕なんだなぁ、と感心。講座の個別指導は、目標に向けた部門別の整理、詳細を。頑張って整理しましょう。
a1_201511121923435fb.jpg
a4_20151112192349997.jpga2_20151112192347080.jpg
a3_20151112192347f1d.jpg
□焙じ茶美味かった。良い話がでますね、こんな講座、やっぱり良いです。自分の経営考える事、大事です。
●続いて2軒目は、茂畑の茶工房SぎやまのT君。まじめです。若いのに真面目。みかんとお茶の経営を、今後どう位置付けてやっていくのか、そのための手段は、等等、お父さんのAさんも一緒に話をします。みかん、美味しかったです。
b1_20151112192808346.jpg
b2_20151112192814639.jpgb4_201511121928145d2.jpg
b3_20151112192812452.jpg
□福がつく品種のみかん。この売り方も色々とネタになっていました。若いのだから、若さで出来る事やってしまおう、でもしっかり悩み考えようね、という話。頑張りましょう。
●という事で、自分も一緒に話を聞いて、勉強になる部分多数。経営も面白い。でも、主軸、本筋、主幹は、お茶づくり、それが栽培だったり製造だったり、また土壌肥料だったり、と。やっぱり、お茶はいいです。
●お茶の情勢は悪い、と言いますし、書きますが、そんな時こそ、幾らでもチャンスにつながる。昔は借りる事さえできなかった茶園が今は幾らでも、下手すれば無償で借りる事ができる。そんな中で生産物をどうお金に替えるのか。幾らでも方法はありますよ。生産から製造から販売から、考える事も多分にあります。お茶頑張りましょうよ。
●さて、明日は金曜日。明後日は全国お茶まつりイベント業務の動員です。青葉通りのスタンプラリー等の景品交換所で受付を一日しています。明日は、機械メーカーの展示会を見に行こうと思っています、予定が何とかなれば。
●今日の一冊。玉村豊男[著]『種をまく人』【1998年,㈱新潮社,\362+税】。人は場を求める。色々な意味の場である。それは空間でもある。環境でもある。揉んでいる時のお茶は嘘をつかず、自分の全てを表現してくれる、話しかけてくれる。それに応えるだけの技量を自分がもっているかどうか、だけ。あと15年もしないうちに、そんな素直な言葉を掛けあう暮らしに落ち着いてみたい。
IMG_0001_2015111219382957d.jpg
[ 2015/11/12 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2015年11月11日(水) ゾロゾロ目の日

●今朝は、夢の中で夢を見て起きて、それが夢の中だと気づいて起きて、たら、5時過ぎで起きてトイレへ。自分でもよく分からない状況でした。夢夢夢という事か。
●雨は昨日で上がり、今朝は良い天気のため、自転車通勤。寒さも少しずつ冬に近づく。
●先日、購入した1080円のI藤園玉露ペットボトル(瓶ですが)を職場に持ち込み、開封、飲んでみました。水色は、まぁまぁ、焙じ茶ではないなぁ、と。香り、あー、アスコルビン酸臭い、すごく鼻を突きます。ビタミンC添加、これが香味を邪魔している。味わいは、薄いカブセ風の香味とアミノ酸味。美味しいか、と聞かれれば、・・・。値段を考えると、もう買わない、だけど。一緒に飲んでもらった同僚の反応も、通常のペットボトルよりは美味しいよ、という感じ。アスコルビン酸を気にするのは私ばかりのようでしたが。ただ、こん値段でこのお茶を買うなら、より美味しいお茶を少量でも茶葉で購入する方が良いなぁ。さて、これは商品批判ではないので(あくまで感想)、申し立ては受け付けませんのよろしくです。あくまで個人的感想です。これを美味しいと思って飲む人は、それを自分の懐からお金を出して買うのであればいいのではないのでしょうか。ただ、タダ飲みして、美味しい、と無責任に言うのはやめてもらいたいなぁ。
jj1_201511111903120e6.jpgk1_201511111903068ee.jpg
□こんな感じの水色でした。昔、京都で買った安い玉露(とはいえ、それなりの値段でしたが)のカブセ臭さだけのお茶みたいな感じでした。個人的感想。
●ジム屋です。集中して、息抜いて、また集中して、を繰り返し、報告書から何からジム仕事を片付けます。それにしても、国語がおかしい文章が多い。書いていて自分でおかしいと思わないのかなぁ。とはいえ、自身の文章も同じようなモノですが。
●その合間に、熊本土産のお菓子を頂いたり。
k3_20151111190310029.jpg k2_201511111903089d2.jpg
□どっちも美味しかったです。思わず美味しいお茶淹れてお茶うけとして頂きました。
●相変わらず、ちょっとジムを真剣にやると右肩に50肩の痛みが走ります。肩甲骨動かし運動やっているのですが。温泉にでもゆっくり入りに行かないといけないかなぁ。温泉行きたいなぁ。
●明日は、経営講座の現地個別指導に随行です。清水茶農家回り。
●今日の一冊。平山夢明[著]『実録怪談集-鳥肌口碑-』【2005年,㈱宝島社,\657+税】。BOで\108で買いました。実録と創作。どちらにしても、怖さは心の中から生まれてくる。夜読んで眠れなくなる事はないのだが、嫌な夢を見たり。恐怖とはどこにあるのだろう。
IMG_0004_2015110718001430e.jpg
[ 2015/11/11 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2015年11月10日(火) 時間調整が、・・・、雨降るし

●今日は昨日と同様に、移動をどう組み立てようかという時間調整の難しい日。朝は雨が降っていなかったので、自転車で県庁まで。昨日に引き続きアグリビジネス実践スクール、清水の若手茶農家が受講生です。芽重型のお茶をつくり、売りたい、という意志をも持つ。石神先生との話も、何というか、漫談みたいで、傍で記録をしながら、思わず笑ってしまうのですが。楽しい1時間です。
iiii1.jpg
iiii2.jpg
□面白い師弟コンビとなっています。楽しい。
●県庁での記録係仕事を終えて、一度、事務所へ帰庁。そして、午後はお休みを頂いて、組合の動員業務のため、再度、県庁へ。雨降りが予感されたので、一度自宅へ自転車を置いてから、県庁へは徒歩&電車で。
●給料も上がらないし、役もつかない(これは全然構わないのですが)、それでも、現場で仕事をさせてもらえるなら、いいです。ある意味に自由に。
●そして帰りは土砂降りの上、雷も鳴っていました。本当に変な天気。週末も雨予報のようで、全国お茶まつりの動員業務を思うと気が重くなります。
●寒くなってきたので、温かいお茶を。今年つくったおくひかりin地名を熱湯で淹れてみました。浸漬2分。それでも葉が開ききらず、味わいは、美味し。渋味は二煎目以降。しっかり揉む、という事はこういう事なんだなぁ、と。来年のお茶づくりにまた一つ目的と光が見えて来ました。美味しいお茶づくり。熱湯で淹れても美味し。
jjjj1.jpg
jjjj2.jpgjjjj3.jpg
□温かいお茶を飲んで思うのは、汗をかく、という事。
●川根の釜炒り先生Y道君から電話があり「今年の缶入り釜炒り茶商品」の件で相談。今年は、2014熟成釜り炒茶香駿と2015釜炒り茶香駿のセット販売。50セット限定とか。あー、欲しいぞ。
a3_20151110195950136.jpg a4_20151110195954359.jpg
□この缶入り釜炒り茶。去年の写真ですが、今年のデザインはどんな感じかな、と。11月23日の川根時間での限定販売。余ったら回してもらいたい、っす。※ちなみに写真は、やぶきた釜炒り茶、です。
●香駿は本当に釜炒り向き。一年置くと熟成感もあって味もコナレテ、香気も立つ。それにしても、グラス飲みでとっても綺麗な絵を描いてくれるのも好き。
c2_20151110200417d1c.jpg
□釜炒り茶特有の曲線が幾何学模様をイメージしてくれます。
●50セット限定かぁ、誰か買って来てくれないかぁ。とため息しつつ、裏では、昨年までのコネ活用を思案するのであった。
●農研機構の三中さんのブログを読みつつ、本当の研究者、あるいは研究をしたいと心から思っている人がどれだけいるのだろう、と思う(仕事、ポジションは研究、なんでしょうが)。外から見ていて、面白い事やってもらいたい。つまらない結果を垂れ流して、研究やっています、仕事しています、て言っている位ならやめてもらいたいなぁ、と。まぁ、組織も悪いんだけどね。
●明日は一日ジムだ。たまった報告書をまとめないと。
●今日の一冊。倉橋由美子[著]『大人のための怪奇掌篇』【2008年,㈱宝島社,\476+税】。BOで\108で買いました。図書館で単行本で読んだ事があります。でも、表紙につられて買いました。怖い、心が怖くなる本です。
IMG_0003_20151107180014914.jpg
[ 2015/11/10 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2015年11月9日(月) 時間刻みの一日

●今日は、時間刻みのスケジュールで仕事をこなすため、朝の雨降りを気にしていたのですが、意外に雨上がっていて、ラッキーと自宅を出ました。事務所へ行って、そこから県庁へ、そして、その後、静岡市役所(清水総合庁舎)へ、と飛び回り。それぞれで会議だったり、経営研修個別面談の記録者だったり、と。県庁行きのためスーツを着ていて、暑い暑いの汗臭い一日となってしまいました。それにしても、こんなに一日に異なる相手に対して複数の仕事(5件)を組み込むのも珍しいのですが。
a1_20151109181759099.jpg
□今日の3件目の仕事の様子。清水の若手農業者がアグリビジネス実践スクールで個別指導を受けている、のの記録係をしています。内容は面白い方向に進んでいます。
a2_20151109181801d63.jpg
□これ、みかん、なんですが、想像より美味しかった。これ、いけます。
●昨日のS水園さんのお茶会に、常滑の作家さんが急須の展示販売をされていました。いい感じの作品が出ていて、お値段もお手頃だったのですが、結局、買わず。でも、今後、U野さんが常滑窯元ツアーを組んでくれるとの事で、その際にお邪魔して、湯ざましとセットで購入する予定です。
b1_20151109181705baa.jpg
b2_20151109181711bec.jpg
□作家の水野さん。
b3_20151109181709211.jpg
□持ち込みの急須。中の茶濾しの関係で色々と御解説頂き、勉強になりました。やはり、急須は選ばなくてはいけない。
b5_201511091817127e4.jpg
□品評会茶なんかを淹れたい、この平の急須が欲しかったのですが。セットの湯ざましもあるよ、今日持ってきてないけど、という言葉に、常滑行きますから、見せて下さい、という話に。
b4_20151109181714377.jpg
□この藻掛けの絞り急須、良かった。でも、これは売りモノではないので、て言われてしまいました。
●色々な意味で勉強になったS水園さんのお茶会でした。
●昨日、15,000番のキリ番をチェックできました。誰だろう?
15000番
●明日も県庁です。明日も雨降らないと嬉しいのだけど。
●今日の一冊。田中圭一[作]『死ぬかと思ったH』【2009年,㈱アスベスト,\476+税】。BOで\108で買いました。くだらない。本当にくだらな過ぎる。手塚絵である事がそれを助長する。ある意味ですばらしい。
IMG_0001_201511071800066ba.jpg
[ 2015/11/09 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年11月8日(日) こちらも久々の参加、しかもお客としてのお茶会

●今日は朝からポツリんの雨模様ですが、静岡市の栃沢、S水園さんのお茶会へ。結構降っていましたが、早い時間から人が出ていました。今日は完全にフリーで、品評会出品茶や品種茶、紅茶等、色々なお茶を飲ませて頂いたり、藁炊き御飯を頂いたり、一日楽しく過ごさせて頂きました。
a1_201511081616340f6.jpg
□S水園さん。イニシャルにしている意味がありませんが。
a92_20151108161648672.jpg
□園主のU野さんです。
a91_20151108161647e6a.jpg
a9_20151108161639147.jpga93_20151108161652f8b.jpg
a94_201511081617442fb.jpg
□呈茶の様子です。園主がお話をし、参加者が自らお茶を淹れます。今年の品評会出品茶。
●一煎目、旨味が口中に広がります。美味い。二煎目には、U野さんの味わいが渋味として出て来ます。でも、嫌みはない。
●紅茶は、今年、一般の方々がU野さんの在来園で手摘みし、それを自分の分は自分で製造したお茶をふるまっていて。⇒My紅茶フェス、紅茶製造。夏越えをして、香味が大分変りました。紅茶になっている、て感じます。
a6_20151108162618faa.jpg
□活動の報告ポスターまで作ってしまうという行動力、凄いです。
a7_20151108161751f87.jpga8_20151108161753469.jpg
□自分のつくったお茶を自分でお客様に呈茶する、という趣向。
●そして、藤枝のおコメ農家さんが参加して、藁炊きで御飯づくり。それをその場で食べさせてくれるという趣向。藁炊きって初めて見ました。驚きです。火力が強いんですね。勉強になりました。
a5_20151108163012cb8.jpg
a2_20151108162959b74.jpga4_20151108163011f48.jpg
a3_20151108163003c1f.jpg
□お釜で藁炊き、炊けたお米がピィィィンと立っています。また、炊きたての御飯が美味しいんだ。
●U野さんのお茶会には本当に久しぶりに参加させて頂いたのですが、お茶会の中のもてなしに幅が広がり、とっても楽しめました。1時間位では全部を味わえない、そんな催しに変化してきていました。すごいなぁ。
●結局、朝から、一日いて、U野さん、また来られた方と色々なお話が出来て楽しかったです。雨がちょっと残念でしたが。
●明日以降もしばらく雨が続くようで。畑には潤いですが、通勤等面倒。特に明日は、県庁や市役所(清水)へ行ったり来たりなので余計にそう感じてしまいます。
●さて、来週末14日、15日は、全国お茶まつりin静岡市だ。土曜は動員仕事、日曜日はお茶まつりをフリーで回ります。
●今日の一冊。栗本薫[著]『グイン・サーガ125巻「ヤーンの選択」』【2009年,㈱早川書房,\540+税】。BOで\108で買いました。久々にグインを買いました。グインも70巻位で購入はストップしていて、結局、著者が亡くなられた後に、130巻のみ購入していました。久々に綺麗な本を見つけたので購入。内容を読むというより、栗本薫文章に触れる、という感じです。本当に亡くなられたのが残念。
IMG_0002_20151107180010d1d.jpg
[ 2015/11/08 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2015年11月7日(土) 十一月は休日はイベント月間、そんな中、貴重なお休みです

●昨夜の吞み会、会話が楽しく、大いに盛り上がりました。とはいえ、食べ飲みペースも早く、帰宅もそんなに遅くはならなかったのですが、帰途、頭痛い状態とアルコール酔いが継続し、フラフラと道を千鳥足で歩きながらの帰宅。到着後、風呂へ浸かって、その後は、そのままソファ寝。チャンポン飲みが効いたようです(>_<)。喪失物もなく、帰れて良かった。料理は普通、でも、会計の際に色々とあり、良し、としましょう状態でした。次回以降も行きたいお店、ずらずらと挙がっていました。
jjj1.jpg
□おぉぉ、静岡という海鮮の盛りです。生シラスと桜エビ美味しかったです。
jjj2.jpg
□つみれ鍋。周りにわんさか野菜盛り。真中に出し汁が入っています。
jjj3.jpgjjj5.jpg
□鰯のつみれ。つなぎが多いのか、あまり魚臭くなかった。個人的には鰯、て感じの味が好きなのだが。野菜がたくさん取れるのは嬉しい事です。
jjj4.jpg
□一方で、この揚げモノと串のラインナップは、鍋で野菜をたくさん取っても、あまり意味がない事を証明していますが。
●次回は、〆の卵かけ御飯が美味しいお店に、または、豚シャブの美味しいお店に。酔っぱらい度合いの高まりと次回吞み会開催期待度は高い正の相関を示します。
●セノバの正面には既にクリスマスイルミネーションなのでしょうか。ツリー? 輝いていました。酔っぱらっていてもこんな写真は撮るんです。
jjj6.jpg jjj7.jpg
□でっかいどぉぉ。
●十一月は、祭日、休日は、農家さんのお茶会等、イベント月間で、月の休日の半分は、それらのイベントで呈茶のお手伝い等しています。そんな意味では、今日はお休みの日。貴重な休日を、ダラダラと過ごします。
●本屋行って、またダラダラ。メールで少しだけ仕事調整。そしてダラダラ。なぜか疲れています。色々と余計な事を考えるから。
●明日は静岡の山へ。
●今日の一冊。乃木坂太郎[作]『第3のギデオン①』【2015年,㈱小学館,\552+税】。フランス革命、自身の興味から一番遠い歴史的事実。それなのに購入したのは、やはり帯の煽りだろう。基本、政治思想等については表現しない方針でいるのだが。更には作者が人の医療を描いた「医龍」の作者であった事も購入のきっかけにはなっている。さて、一読したが、歴史的流れを全く捉えていないため、言葉もなかなか入って来ない。そこから勉強か。
IMG_201511070937370b3.jpg
[ 2015/11/07 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年11月6日(金) 久々の大人飲み会

●忙しかった今週、夜は久々に先輩方に誘われての大人飲み会です。
●多分、明日、詳細を記載します。
●ネット、Amazonで買いました。重たい、瓶が。375ml、これで1080円。果たして、・・・。
jj1_2015110523240855d.jpg
●細ヨレのお茶について。今年、粗揉、中揉で少し無理をして未知の領域の試行をさせてもらった。そんな中で、適正な条件設定さえできるのなら、まだまだ揉めるという感触をつかませてもらっている。一方で、その処理をした後の精揉の扱い等をどうするのかは、答えは出ていないが。お茶を適切に揉む事を意識した製造が来年のチャレンジになりそう、という事を、一番茶が始まる時期まで生産家の方々と語り合って行くのだろう。早く試してみたい。
cc4_201511060024107b0.jpgcc6_2015110600241285c.jpgcc7_201511060024150a1.jpgcc8_201511060024152b9.jpg
□おくひかり。施肥、まだまだ追求できる、茶葉への反映、ありだなぁ。
f1_20151106002655d00.jpgf2_20151106002656cbc.jpgf3_201511060026586c6.jpgf4_20151106002659ae1.jpg
□大きな葉ほど、キッチリと揉んであげなければいけないと思う。乾いてしまう、なんて嘘っぱち。乾かしているんだ、それは。エライ方々はそれが分からないんですよ。
ee4_201511060031402a3.jpgeee5_20151106003141cdd.jpgeee6_20151106003142e26.jpgeee7_2015110600314447c.jpg
□揉みきってやる、いつか、こんな茶葉でも。でも、内質がついてくるなら、お茶は揉めるんだ。そんな茶葉をどう作るか。それこそが技術だ。
a5_201511060036256a1.jpga6_2015110600362786e.jpgaaa2_20151106003630100.jpgaaa3_20151106003631015.jpg
□二番茶だけど、茎が目立つけど、でも、揉む、キッチリ揉む。手を抜こうと思えば抜けるけど、それはもうお茶づくりでない。作業。作業だけやるなら、自分はお茶は揉まない。いいじゃん、さわらないで、機械に任せれば。
b2_20151106004015403.jpgb4_20151106004017f43.jpgb5_20151106004018328.jpgb6_2015110600402094a.jpg
□この手が全てを覚えている。そして又、次の新しい感覚を求めている。まだまだ、揉める、まだまだお茶は変わる。
●粗揉機で語りかけてくれる茶芽の言葉を理解し、そして会話をしながら、最高の状態へ。お茶が自ら姿を示してくれる。
●お茶づくり、は楽しく、また苦しく、そして、限りないものです。
●まさにお茶狂いである。
●今日の一冊。雨隠ギド[作]『青い鳥より』【2015年,㈱新書館,\600+税】。好きな作家さんなら、例え、男×男の物語であっても、自分は全くそちらには興味はないけど、許す。本命漫画は他にあるし。それでも十分面白い。
IMG_0002_20151030203547d3c.jpg
[ 2015/11/06 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年11月5日(木) 茶業研究センターで学びの日、そして負の深淵に、悩む

●昨日は帰りがけ、かなりぼぉぉーと隙だらけで帰って来たのですが、頭の中で何故か、桜エビの天麩羅食べたい、という思いがグルグル。そうなると、やはり、鐘庵で天麩羅蕎麦、という事で。生卵入れて、その上、ミニ牛丼も頼んでしまいました。
iii1.jpg
□この桜エビかき揚げ蕎麦が美味いんだ、意外なほどに。常に生卵をブッコミます。
iii2.jpg
□そして、この牛丼も意外なほどに美味かった。肉の煮方?
●そして、朝、昨日が立ちんぼ仕事だったため、腰と足に来ました。でも、自転車で行きます。
●今日は、最近、呼ばれなくなったお茶関係の検討会、会議?研修?に久々に。茶研センターで一日です。
●被覆の省力化の話と輸出茶における残留農薬の話。色々と勉強なります、です。
a1_20151105223229b4c.jpg
a6_201511052233096ff.jpga2_2015110522323371c.jpg
a3_201511052232391b6.jpga4_20151105223241489.jpg
a5_20151105223239b65.jpg
□こんな勉強をしました。そして、質問は?には必ず、手を挙げて質問をするようにしています。そして嫌われる(>_<)。
●お昼には今年初めてのカキフライを茶研センターの傍の定食屋で食べました。美味い。
j1_20151105222928967.jpg
□一口かじってから、写真撮ってない、と気付きました。そんなもんです、いつも。
●夜は、清水でお茶のまちづくりの会合。何故かこんなモノが出てきて並びます。清水?清水か。
j3_20151105222931fe4.jpgj2_20151105222931223.jpg
□どっちもお菓子です。
●2月の呈茶イベントが本題。15年続いているイベント、凄いなぁ、と思います。
●そして、今月23日は、24年続いている茶農家さんの呈茶イベントへ、これまた裏方でお手伝いに行きます。これへの参加は3年ぶりです。
●明日は金曜日。ちょっと出張疲れ。でも、その出張報告を明日仕上げないと。
●それと今日色々と思ったのは、一緒にやろうよ、という気持ちを持った人達と一緒に仕事をしていきたい、という事。それがないと辛くなるばかりですから。
●茶業情勢の閉塞感からなのか、焦りなのか、お茶を揉んでないからなのか、人様のFBの投稿に余計なコメントを入れてしまった。もうそれを発言する立場ではないのに。それを思うなら、今のポジション、今の現場でやるべき。それが正しい。
●川根茶とは異なる、でも、これが山のお茶、と言えるような、お茶。技術の積み上げでいいじゃないか、と思う。
●今日の一冊。太田垣康男[作]『機動戦士ガンダム・サンダーボルト⑥』【2015年,㈱小学館,\694+税】。待望の続刊。期待を裏切らない内容。そして、アニメ化、って。絶対DVD買う。期待します。このガンダムは、・・・、面白い。
IMG_0001_20151030203535cdf.jpg
[ 2015/11/05 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年11月4日(水) 横浜に行きました、帰ってきました

●今日は、静岡茶の販売イベントin横浜。お手伝い要員で参加しています。横浜、開拓したい市場です。
●とりあえず、新横浜という新幹線駅初めて降りて、出口が右側なの?と思い、更に目的とする会場が山下公園の正面という場所で、JRで石川町駅まで行って、中華街を歩いて抜けて行きました。会場のホテルの位置がよく分からず、到着直前でグルグルと迷う。一本早い新幹線で出ていて良かった。
a1_20151104202503c02.jpga2_2015110420250740f.jpg
a3_20151104202509a6a.jpga4_201511042025139ac.jpg
□と、いう事で中華街を抜けて行ったよ写真を掲載。
●いろどり見本市という事で茶販売業者とバイヤー等との商品マッチング。結構、濃い話が多かったようです。私も管内の茶商さん等に挨拶したり、お話を聞いたり。主には、会場での受付や準備片付け業務中心でしたが。
a5_20151104202511f66.jpga6_20151104202826d6e.jpg
a7_20151104202829c87.jpga8_20151104202830004.jpg
□会場の様子。商談会ですね。
●管内ではないのですが、元試験場時代の土壌肥料研究室の教え子のS本が、今や釜炒りの先生で結構名が広まっているようで。今日も飲ませてもらいながら、火入れの意味やコツ等、そしてお茶の変化等に教わって。教えた子に(違う事を教えていましたが)教わるという、そういう事です。
b1_2015110420335135c.jpgb2_2015110420335550d.jpg
□でも、真面目な話、この烏龍茶、美味しかった。「味わいは水に近く、香りは後をひく」、そんなお茶が中国ではもてはやされるとか。このお茶の飲み終わった後の聞香が良いんだなぁ。
●立ち仕事、大した事はしていないのですが、ずっと立っていたのが効いたのか、帰りはかなりぼぉぉーとした状態で帰宅。静岡駅に着いた時に、知り合いに声を掛けられたのですが、まともな受け答えできていませんでした。油断した(>_<)。
●とはいえ、一日を通してみれば、いい出張でした。明日は、茶研センターで一日研修会です。
●今日の一冊。鈴木隆祐[作]『東京B級グルメ放浪記』【2011年,㈱光文社,\762+税】。大好きなB級グルメシリーズをオマージュした本という事で購入。十分満足できる小ネタ満載で良かった。
IMG_20151027191315eb8.jpg
[ 2015/11/04 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2015年11月3日(火・祝) 清水両河内西里でお茶会

●今日は、知り合いの茶農家さん、S声園さんのお茶会のお手伝い。品評会入賞茶の呈茶を久々にお客様相手にやらさせて頂きました。
●このお宅のお茶会へは初参加で、しかも川根にいる間は、このスタイルでのお客様への呈茶をやってこなかったので、説明や喋りの感覚を思い出すのも一苦労でした。でも、お茶自体は、今年の一番茶期に園主の息子さんと一緒に、色々と試させてもらいながら揉んだお茶。細ヨレの良いお茶でした。
c6_20151103181834cf9.jpgc7_20151103181836f23.jpgc8_20151103181837b9f.jpg
c9_20151103181838bcb.jpg
□これが揉んでいる最中のお茶です。細ヨレ、尺あり、ピイィンとしたお茶です。
●そして本日はそのお茶がお客様に提供されたのですが、呈茶の最中は写真を撮っている暇もなく、結局、始まる前とほぼ終わり頃の写真となってしまいました(T_T)3。
ii1_201511031823589f2.jpg
□会場の御自宅。素敵な古民家風情。
a4_20151103182403316.jpga5_201511031824047e8.jpg
□広いお座敷に4テーブルで、1テーブル8人、1回に32人がお茶を飲みます。
a1_20151103182505254.jpga2_20151103182630089.jpg
□この道具立てでお茶を飲みます。飲み方案内も。自分達で淹れて飲むスタイル。
a3_20151103182406ce4.jpg
□ほぼ終わり頃の様子。最盛期はとても写真等撮る余裕なし、200人超えの人が来られていました。
●久しぶりのお茶会呈茶、暑い一日でしたが、楽しかったです。美味しいお茶を飲まれる方の驚きの表情がいいです。
●次回は、11月23日(月・祝)に、同じく清水両河内のH好園さんのお茶会のお手伝いに。これも、4年ぶりです。24回目(24年続いている)お茶会です。
●そして、同じ清水両河内にお茶CAFEが開店しました。これも、営業前の写真なのですが。詳細は、また営業中の写真が撮れたら報告します。
ii2_20151103183529ebf.jpg
□カウンターで飲むお茶、いい感じです。
●呈茶を一日すると、結構、お客様当りというか、人当たりというか、疲れがドットでてきます。明日は横浜出張。新幹線の中では寝て行こう。でも、乗り過ごさないようにしないと。
●今日の一冊。綿貫芳子[作]『オリオリスープ①』【2015年,㈱講談社,\680+税】。スープって好き。時にはそれだけでもいい、と思ってしまう位好き。洋でも和で、全然構わない。そんなスープが紹介されている。あー、食べたい。そう言えば、このお茶の作り立てで飲んだ時、濃厚なスープかと思った。点滴施肥おくひかりin川根本町地名。
IMG_0001_2015102719130418a.jpg cc98_20151027192325a48.jpg


[ 2015/11/03 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2015年11月2日(月) 休みの谷間、雨です、でも出勤仕事

●休みの谷間。明日がお茶会なので、可能なら休みにしたかったのですが、一度調整に失敗した仕事をこなす予定が、昨日の再調整失敗の再度のダメ出しで、今日もダメに。朝から久しぶりの雨降りの中、徒歩&電車で通勤です。
●一日、数字の確認をしたり、文書整理をしたり、頭がクラクラ。朝、久々に鼻血が出て、頭も偏頭痛。ちょっと体調低下気味。低気圧のせいかもしれない。そんな気分で一日仕事をこなしました。明日はお茶会。明後日は横浜出張です。
●昨日、紅茶製造の合間に、なんちゃって烏龍茶in西里と橋本みどり紅茶を試飲。なんちゃっては、粗揉機を使った烏龍茶製法のようですが、茎の殺青不足によるエビ臭と味わいへのエビ味(梅干しみたいな感じ)のお茶って、とこでした。橋本みどり紅茶は、吸湿したすえた匂い、良い言い方をすればマスカット香ぽい、香りがついていて。水色なんかは綺麗に出るし、味わいも普通の紅茶なんですが。飲み終わった茶碗の聞香が意外と好みです。
b1_201511021932049c8.jpg b2_20151102193332635.jpg
□なんちゃって烏龍茶in西里。個人的には、烏龍茶?という感じでした。殺青温度をあげないと難しいなぁ、と。
b3_2015110219320812e.jpg b4_2015110219321022d.jpg
□橋本みどり紅茶。茶碗につくべたつく様な甘さが何となく好み。もうちょっとしっかり作れたらなぁ、と思う。
●ちょっと風邪気味なのだろうか。寒さが急に来たし。気をつけよう。明日は久々に、品評会入賞茶の呈茶等という事をやってしまいます。さて、どんなお茶かなぁ、と。まだ、仕上げたお茶を見てません、飲んでません。
●今日の一冊。唐沢なをき[作]『まんが家総進撃③』【2015年,㈱KADOKAWA,\640+税】。下の小僧は昔、漫画家になりたい、と言っていた。絵を見ていても才能はない。でも、描くのは好きなようだ。これを読んでいると、漫画家で成功して食べていける人間なんて、プロ野球選手になるより難しいのではと思ってしまう。でも、好きならいいのか。しかし、自宅ニートになられても困るなぁ。尾田栄一郎先生みたいになってくれるなら、と宝くじに当たる以上の低い確率の夢を見てしまうが。
IMG_0002_201510271913153da.jpg
[ 2015/11/02 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年11月1日(日) 朝から紅茶づくりの見学に

●今日から十一月が始まっちゃいました。
●お休みですが、今日は紅茶づくりをやる、という情報をもらい、朝から清水両河内のH園さんへ。昨日摘んだ茶葉を今日、紅茶にするとの事で。ついた時に、一晩置いた茶葉の機械萎凋が始まっていて。そして、揉捻、発酵、中揉乾燥、棚乾燥と工程が進みます。結構、作業は待ち時間が長いので、その間に色々と園主のJ君と、萎凋、発酵の考え方や、今後の茶業方向性等について話を。更には、経営講座関係のデータ資料整理もしたりして。意外と仕事の一日となっていました。
a1_201511011820046d9.jpga2_2015110118200802b.jpg
a3_20151101182008a44.jpga4_20151101182014565.jpg
a5_20151101182011c64.jpga6_20151101182143900.jpg
a7_201511011821473fd.jpga8_20151101182151f5c.jpg
a9_2015110118215387d.jpga91_201511011821535ad.jpg
a92_20151101182435e65.jpga93_20151101182438a82.jpg
a95_20151101182441f24.jpga96_2015110118244428b.jpg
a97_201511011824444c8.jpga98_20151101182740149.jpg
□品種は、静7132。揉捻掛けている時に、いい感じの香り、リンゴを割った時の甘さと清涼感、の感じ、がしました。飲み口も、重たくなく、すっきり系。少し残る渋味は、仕上げ調整の火入れと後熟成でいい感じに変わる気がします。
●何にしても、今年製造に携わった最後のお茶、という事になるんだろうなぁ、と。楽しかった。やっぱり、お茶さわっていると幸せな気分になります。
●あと、H園到着前とか、製造途中に呑んだお茶とか、色々情報はあるのですが、明日以降報告。
●帰宅して、昨日作った残りに、更に具を追加して、今日もおでんです。練りモノたくさんですが、この底に本命の大根とかモツ串が沈んでいます。やっぱり、二日目の方が味が染みて良くなっている感じです。更には、タコ串追加しました。
i3_20151101183251265.jpgi2_201511011832519f9.jpg
□タコ串、美味しいんだよなぁ。
●戻って来てから、明日の仕事の調整連絡をしたのですが、思いっきり玉砕してしまい、ヘラヘロ(T_T)。さて、どうしても難しい調整のようで、日のタイミング合いません。多分、組み立ての相性が悪いんだろうなぁ、と思うしかない、と。でも、やるっきゃないのですが。明日も仕事頑張ろう。
●今日の一冊。きくち正太[作]『瑠璃と料理の王様と①』【2015年,㈱講談社,\590+税】。おせんの作者の新作。挑むは魯山人、の帯煽りにあるように、食を追求します。好きな作者さん。そして、食とは、という事を、色々な視点から考えさせてくれます。
IMG_0003_20151027191321087.jpg
[ 2015/11/01 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)