FC2ブログ

2015年10月23日(金) 今週は淡々と、来週は忙しくなる

●淡々と一週間。そして金曜日。今日は前期の評価面談等を。課も部も良いメンバーに恵まれて楽しくやらして頂いております。
●さて、そんな中で、組織の中の不心得者達による新聞にぎやかしを受けて、一般職員の我々も「コンプライアンス」の再認識、という事で研修を受けさせて頂きました。泥酔して犯罪を行さないように、という事ですが、アルコール耐性のパッチテストも全員がやらされ、やはり想定通り、お酒に弱い自分が確認される訳で。でも、酒の上での犯罪を犯した事はないなぁ。
gg5_20151023195552ca2.jpg
gg3_20151023195547741.jpggg4_20151023195549c7c.jpg
□くっきりと赤く反応。お酒の分解酵素が弱いという事です。それにしても、何千人といる職員の中には、やはり、理性のタガが外れた時に、犯罪に走る人間はいる、という事なんですね。日本国民1億2000万人いれば、毎日TVで犯罪報道されているのも当たり前、という事になってしまうのかなぁ。
●仕事中に脳内活性が弱まると(あるいはPC作業に疲れると)、飴をなめて脳を誤魔化しているのですが、そんな飴の袋の裏を見るとメーカーの戦略が垣間見える訳で。商品をどう押したいのか、どこを強調したいのか。勉強になります。
gg1_201510231955459bc.jpg gg2_201510231955509c8.jpg
□機能性の売り。そして、商品スタイルの売り。色々ですなぁ。
●お茶大好きの臨時職員さんが「摩利支」を淹れてくださいました。旨味の強さととともに苦味の強さもあり。難しい品種だなぁ、と思います。苦味は地の味わいかなぁ、と。とはいえ、十分美味しいお茶なのですが。飲み方、飲ませ方を超えて、やはり、素が出るのがお茶だなぁ、と再認識、です。
●夕方、清水の茂畑まで行き、6月に製造した烏龍茶の確認(⇒烏龍茶づくりは難しい(T_T))。変わったんだよ、という生産者のSさんの話を聞きに行って、残っていたサンプルを確認させてもらいましたが、いい具合にこなれた感の味わい。そして、烏龍茶らしい香気。そして、飲み口の最後に、静7213の香味も残って、本当に悪くない。夏越えの効果なのか。製造法は簡易萎凋法を用いての即効生産だったのですが、このレベルになるのなら、という事で、来年も再チャレンジする事に。それにしても発酵茶、作り立てで評価が難しいのが辛いなぁ。
a4_20151023200350c30.jpg
a2_20151023200345bfe.jpg
a3_20151023200349f07.jpga1_20151023200341139.jpg
□来年は、もう少しミル芽の摘み方で、という話。でも、嫌なところが味に出てないが良いなぁ、と思いました。何にしても難しい発酵茶づくりです。こうという結論になかなか至らない。後熟成もキッチリ検討しないといけないなぁ。
●そんなこんなの一週間の最終日。来週は色々と忙しい週なので(更に11月は土日祭日も忙しい月)、週末は少しのんびりしよう。いつものんびりか。
●今日の一冊。丸谷才一[著]『男のポケット』【1979年,㈱新潮社,\280】。BOで\108で買いました。表紙の和田誠の絵を見ていると、星新一、を思い出してしまう。古い時代、とはいえ、自身が小学生の頃のものだろう。時代を感じつつも、人の生き様とは変わらない、そう思う。
IMG_0011_20151017180118c80.jpg
[ 2015/10/23 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)