FC2ブログ

2015年9月13日(日) 町内のお仕事をしてお休みの日のはずが

●今日は、町内会の仕事が幾つか。朝からそれをこなして、やっと日曜日、という感じになる予定だったのですが、朝から雨模様で色々と活動中止に。さて、どうしまよう、という感じです。
●昨日のS水園さんへの集まりの際に、在来茶の焙じ茶を最後に淹れてくれたのですが、これが、最近の焙じ茶にあるコゲ感とかアミノ酸が熱変成した苦渋味感とか、舌にまとわりつく重さとか、そんなモノがないスッキリした焙煎香味という味わいで。思わず、どうやってつくっているんですが?とU野さんに質問し、話を聞いてしまったのですが、懇切丁寧に教えてくれました。ポイントとしては、使用している茶葉の違い(グレード、使用部位も含めて。ただし、ここで言うグレードは、うま味が高いお茶、という意味ではない)、そして製造までの過程の違い(蒸し工程前までの処理)、そして、荒茶となったお茶を焙煎する際のやり方の違い(はっきり言えば、手炒りに近い形と丁寧な篩処理、という事になるのでしょうか)、そんな事を聞いて、参加者一同、はぁぁぁ~凄いっすね、という事で、帰りがけに皆様、購入されていかれました(私も50g×2本買いました)。値段も、そのような話を聞いた後では十分安い、と感じさせるもので、ここでも販売のポイントが、という話は、皆さんが帰ってから、U野さんと話した事ですが。
●そんなお茶を今朝の朝飯時に淹れて飲んだのですが、やはり美味い。焙じ茶という言葉に直結する味わい、焦げ茶でも、下手火入れ茶でもない、という事なんですね。やはり丁寧な仕事をする、という事が商品クオリティを確保する、という事になるんだなぁ、と朝から嘆息しております。
e1_20150913080036f1d.jpge2_20150913080039f29.jpg
e3_20150913080042cb8.jpg
e4_20150913080041112.jpg
□最近、焦げ火入れみたいなお茶を飲んだりして(一方で芯は生みたいな)、火入れについて色々思っていたので、このお茶飲んで色々と思うところができました。[9:30]
●実家から、メールが立ちあがらなくなった、との連絡。やれ、て事なんだと実家へ行って、色々とやってみる。結局は、ネットにはつながるので、アプリの問題だろうと言う事で、ネットで検索しアプリの修復を行ったら治った。歳をとるとどうしようもないけど、ますます訳分からなくなるネット環境も含めて、自身の今後を考えても不安になります。[10:45]
●夕方に子供に付き合って市内のBO巡り(3軒)をしました。その結果、ミイラ取りがミイラになり、10冊強買ってしまいました。だって、5冊以上で10%OFFなんですもの。
●明日から又、グダグダ仕事が始まります。頑張らないと。
●今日の一冊。雨隠ギド[作]『甘々と稲妻⑤』【2015年,㈱講談社,\590+税】。しばらくAmazonはやめようと思っていたのですが、可愛いつむぎの泣き顔表紙に、やはり購入してしまった。温かい父と娘の話。そして美味しいごはん。良い本だ。
IMG_20150907192631777.jpg
[ 2015/09/13 ] コミック | TB(0) | CM(0)