FC2ブログ

2015年9月30日(水) 9月しゅうりゅぉうぅぅ(>_<)

●9月もあっという間に終わってしまった。今年はシルバーウィーク等という長い休みもあり、本当にあっという間。明日から年度後半戦へ向けて気持ちの態勢を整えていかないと。
●今日は家のゴタゴタ関係で、結局何とかなって良かった、という一日でした。仕事はジムこなしていました。
●午後に、青年農業者セミナーで、社会保険労務士の鈴木泰子先生の講演があり、拝聴。先生には富士農林時代から、また、補助事業の評価委員会の関係で志太榛原農林時代には毎年お世話になっていました。いつまでも変わらずの先生ですが、講演は勉強になりました。やはり、労災保険必要です。
ii1_20150930185849534.jpg
ii4_20150930185850f9e.jpg
□難しい話も面白く理解しやすく話をしてくれます。本当に勉強になりました。
●明日から雨模様。明日は午前中、茂畑まで。午後は組合で県庁だ。雨の中、歩いて行くのが嫌だなぁ(>_<)。
●真面目に十月頑張らねば。
●今日の一冊。グラハム・ハンコック[著]大地舜[訳]『神々の指紋㊤㊦』【1996年,㈱翔泳社,\1,500税込】。BOで\108×2で買いました。こんな立派な単行本が(中身は置いておいて)この値段で買えるだけでも。きれいだしね。売った人もほとんど読んでないんだなぁ、と思う。結局、なぜ本を買うかと言えば読みたいからなので、読むのに支障がなければ基本安い方がありがたいと思っている。そんな意味で、こんな昔の、そして下らない内容の本ですが、好きです。こんな話。分類は一般ではなく小説にしておきました。
IMG_0005_20150926154019c38.jpgIMG_0006_2015092615402331d.jpg
[ 2015/09/30 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2015年9月29日(火) やはり休み過ぎるのはいけないなぁ

●先週の長い休み等が影響しているようなダラダラの気持ち。9月も終わってしまおうとしているのにいけない状態です。
●今朝は結構冷え込んだ感じがあり、長袖で久方ぶりの自転車通勤。そうしたら、暑くなってしまい、の中途半端、な季節です。
●今日は午前も午後も会議で、相変わらず黙っていた方がいい場面で余計な事を喋ってしまいます。毎回、後から反省(>_<)。
●そう言えば、昨日、福山雅治が吹石一恵と結婚したそうで、世間は大騒ぎのようで(それで本日の日経平均が700円も下げたのでしょうか?)。個人的には、この歳になって(同い年だ)結婚しようと決断した時点でえらいなぁ、と思ってしまった。職場の先輩は、吹石一恵が結婚した方で落胆していましたが、人それぞれなんだなぁ、と。福山雅治はラジオのスケベ兄ちゃんのイメージしかなく、色々な意味で頑張っているなぁ、と思っているのですが、社会経済に与える影響も莫大なモノがあるんだなぁ、と(本当に日経に影響しているのかは知りませんが。でも、多分、関連株の一部が上がったり下がったりはしたんだろうなぁ、と)。世の中、面白いモノです。
●と、馬鹿な事を書いていたら、本当に、福山雅治所属のアミューズの株が大暴落していたようです。
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150929-00000047-bloom_st-nb
●既に開封後一週間を超えたお茶を飲む。やはり、見た目も、一煎目の水色も吸湿感が強い。ただ、煎を重ねる事で、お茶本来の味わいが戻るのは表面的酸化、吸湿、という事なのだろう。ただ、やはり、開封仕立のフレッシュさは特別なモノだとおもうばかり。
やはり、リアル生茶、しかないと思う訳で。
i1_201509292127559be.jpg
i2_2015092921275768b.jpg
□好きなんですが、このお茶。自分で揉んでいるし。ただ、やはり、缶底にこずむような部分だと、吸湿酸化も激しいようで。
●明日は家のゴタゴタを少し職場に持ち込むので、事務所内勤。スムーズに済んでくれますように、と思うばかりです。
●今日の一冊。木村紺[作]『マイボーイ③』【2015年,㈱講談社,\620+税】。「神戸在住」以来のファンなのですが、「からん」がこれから、という所で打ち切りになってしまい、このマイボーイも展開になれる頃には終わってしまいそうで、こわいです。人の温かさのある話が良いです。
IMG_0002_20150925200301d45.jpg
[ 2015/09/29 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年9月28日(月) 一週間の始まり、ダラダラ

●何となく疲れが抜けきれない今日この頃。また月曜日が始まります。シャキッとせんかい、ですが。
●電話での日程調整、に気を使い益々ダラダラと。
●午後は私用で時間休を頂きました。明日から頑張ります。
●お昼はパスタを。結構美味しかったです。メインは、アワビ茸というようです。ホタテが少し小さいかな。でも、十分です。
hhhh1_201509281828353e3.jpg
hhhh2.jpg
□釜あげスパゲッティーだから、五右衛門なんだ、とこの写真を撮ってから納得しました。
●最近、BS、CSで、歴史物や科学モノが観られるのが嬉しかったりする。
●今日の一冊。高瀬志帆[作]『おとりよせ王子飯田好実⑥』【2015年,㈱徳間書店,\562+税】。お取り寄せが美味しそうでいい。でも、先日作り立ての温泉饅頭を食べて、やはり、リアルの良さ、を感じている。先日のセミナーでも「リアル生茶」の話題で盛り上がったし、やはり賞味期限三日のお茶を提供しよう。
IMG_0001_201509252003016ce.jpg
[ 2015/09/28 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2015年9月27日(日) 結局はダラダラなんだなぁ

●日曜日です。天気も不安定。気持ちも不安定。
●とりあえず、読書。
●先日購入したTEA豚。トンカツにして食べたのですが美味しかった。やはりロース。脂の美味さと肉自体の美味しさで。家族で1.2kg程食べてしまいましたが、まだ残っています。次はどう料理しよう。
●明日から9月最終週。色々と考えよう。
●今日の一冊。景山民夫[著]『休暇の土地』【1991年,㈱講談社,¥380税込】。BOで\108で買いました。昔は本が安かった、そう思う。大学生の頃、こんなアメリカ臭いというかバタ臭いというか、そんなガチャガチャとした色塗りの世界にあこがれていて。そんな意味で大学が東京だった(外れも外れの府中市でしたが)のが幸いし、休みの日には、新宿へ出ていて、ガチャガチャとした雰囲気を味わっていたりしたのですが。著者本人に対するこだわりはないのですが、文章的なモノは時代に沿った中では面白いと思って、また感じていたなぁ、と懐かしく、そして読んでないモノだったため購入しました。
IMG_0007_20150920190641183.jpg
[ 2015/09/27 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2015年9月26日(土) また休みになった、しかし雨模様です

●あっという間に休みが復活。少しはまともな事をしないといけない、はず。
●とはいえ、色々と抱え込みをしており、それを思って無為にダラダラと時間が過ぎてしまいます。
●幾つかの点では、来年の一番茶期に何箇所かで、樹冠下液肥施用の調査ができそうなアタリがある事。やはり、時系列の中での変化、推移を追いたいので、経時枠摘み調査なんだろうなぁ、と。抜里の点滴施肥ほ場の現地調査でもやった複数ほ場での処理別比較でも十分かな、と思ったりもしていますが。
drip and normal
◇点滴処理と慣行処理の比較。一番茶。in島田市川根町抜里。
□頻度主義者です。数を積み重ねれば傾向が明確になると思っています。本当はそうではないんだけどね。でも、グラフにおいて、何かしらの傾向がみられる位のdataの積み上げはしたいなぁ、と思っています。枠摘み重量の増加にともない、窒素濃度がリニアでない減少傾向を示す、という事も結構重要だと思っています。これについては、時間軸における生育レベルの評価が必要だと考えていますが。それにしても、白黒で表せるグラフ、いいです。
budweight-budnaumber_20150926073703104.jpg
◇芽数と芽重の比較(点滴と慣行)。一番茶。in島田市川根町抜里。
□このグラフ、これも限りなく頻度主義的。同一芽数、あるいは同一芽重の際における差は、点滴処理の収量性(枠摘み重量)の高さを示しているのだが。最近の時間軸調査の中で思うのは、収量構成要素である「芽数×芽重」のどちらが優位的に収量性への影響を持つのか、それが施肥処理の影響としてどう出るのか。前茶期施肥処理が当茶期収量に影響を与える事は確認しているが、実際の所、収量を増やすための施肥的影響は芽数なのか、芽重なのか、という事で。実際に自分が行っている生育期調査においては、芽数差より芽重差が影響を与えているように思えるのだが、一方でそれは、整枝等の問題から来る、芽数型仕立て、芽重型仕立ての影響を受けているかと思うところもある。これも、データ的には、芽数と芽重は持っているので、過去dataを整理すれば見えてくるとは思うのだが。
second crop drip
◇芽数と芽重の比較(点滴と慣行)。二番茶。in島田市川根町抜里。
□上のグラフの二番茶版ですが、明らかに芽数差、芽重差どちらも見られる、という結果。これ自体は当たり前かと見逃しそうになるのだけど、結構重要な意味合いを持つグラフだと個人的には思っている。特には調査開始時における芽重及び芽数の違い自体が、初期値における生育差、つまり二番茶の生育速度の違いを現わしていると考えられるから。これは結構重要なポイントで、枠摘み調査自体が、完全初期値からの絶対生育を調査するモノになっていない、という事で、そんな意味で、時間軸における生育差が施肥的効果なのか、単に所謂早場所、遅場所の問題なのか、という事を見極めた上で判断をしなくてはいけない。ただし、上記のようなグラフにおいて、処理的影響がない場合は、時間軸のズレを補正して、グラフとしては同一線上フィットする事となるため、これについてはやはり点滴施肥の影響が現れているという事になるのだろう。
●茶試にいる時は、枠摘み調査だけ、で仕事をしてきたようなものだが、それが川根へ行って、品評会製造等お茶揉みをする中で、粗揉機における状態変化をこの枠摘み傾向とくっつけられるのでは、と思いつつある。今回やろうとしている樹冠下液肥処理に関する調査も、製造時の時間軸での、茶芽の水分ポジションにおける内容成分濃度にどう影響を与えるのか、という事を確認できたら、と思っているのだが。現場ではなかなかやりきれないけど。あー、やりたいなぁ、こんな試験調査。
●「リアル生茶」。既に開封後5日。やはり、開封仕立ての香味にはかなわない。結局、人の味覚、感覚は贅沢なんだろう、と思ってしまう。量も30gでも多い。やはり20gか。来年は商品化。
hhh1_20150926130049840.jpghhh2_201509261300518d1.jpg
hhh3_2015092613005364c.jpghhh4_20150926130053fb0.jpg
□最近は、茶芸スタイルで飲む。キッチリと揉んだお茶を楽しむ。いいわ。

●今日の一冊。泡坂妻夫[著]『奇術探偵曽我佳城全集"秘の巻"』【2003年,㈱講談社,\733+税】。BOで\108で買いました。著者の推理モノは、キッチリとトリックがあり、破状する事もなく、組み立てが出来ているのが素晴らしいと思う。そんな意味でいうと安心して読める推理モノ、という?の表現になってしまうのだが。お得だな、BO。
IMG_0006_2015092019064270f.jpg
[ 2015/09/26 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2015年9月25日(金) 二日来て、また休みを迎えられるのは嬉しい、はず

●もう、金曜日、と思うと嬉しい。仕事は、内勤でボラボラ、ダラダラで、雨だし気合も入らずでありますし、来週以降の予定調整したりして。あと、懸念事項がとりあえず、ちょっと先送りになって少しだけ気持ちが楽に。そして一日は過ぎていくのでした。
●今日は、先輩と吞み会予定でしたが、諸事情で中止に。残念ですが、雨も降っているし、しょうがなし。更には、重たいお肉を持っての帰宅のため、これまたしょうがなし。北川牧場の2.4kgのTEA豚。ロース肉。これで作るトンカツが楽しみです。
hh1_20150925194738862.jpg       teaton_logo_small.jpg
h3_20150925194105a31.jpg
h4_2015092519410624c.jpg
□ロースの生肉とショルダーベーコン。とりあえず、ロースはトンカツ、ショルダーベーコンは朝、目玉焼きと一緒に焼くのだなぁ。
○脂が美味いのが豚、と斡旋してくれた畜産担当が言うように、やはり、豚はロース、なんだろうなぁ。以前、ヒレを食べて、美味しい肉の味を感じたけど、今回はロースの脂を感じながらをガッツリ食べたいと思います。
●台風がどんな動きをするのか。来週は晴れるのかなぁ。週末土日はどうしよう。
●今日の一冊。K.Kajunsky[作]ichida[漫画]『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』【2011年,㈱PHP研究所,\1,100+税】。BOで\108で買いました。以前、Kindleでチョイ読み試し読みをして面白そうだ、とは思っていたのですが、購入は至らず。結局、BOでこの値段で見つけてしまったので買いました。定価で買う価値はないけど、BO価格なら十分です。
IMG_0005_201509201143018bc.jpg
[ 2015/09/25 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年9月24日(木) アグリ・ビジネス・セミナーを横から聴講

●連休明けのボケボケの日。でも今日は県庁で行われるアグリビジネススクール第2回の聴講。前回が台風で延期となり、こんな中日に設定されて。それでも、横から聴講を脳味噌に入れ込んでいくのですが。
●ある意味で、とっても贅沢な講義、研修。講師の一言一言にヒントがある、という講座もなかなかないなぁ、と感心して聞いています。それでも、その後の懇親会にこそ、ネットワークと本当にリアルがあるなぁ、と。食べ飲み、色々です。
gggg1.jpg□もちろん、生で始めます。
gggg2.jpggggg3.jpg
gggg4.jpggggg5.jpg
gggg6.jpggggg7.jpg
gggg8.jpggggg9.jpg
□量は少なかったですが、そこそこ美味しかったです。
●そして、今日の中で「リアル生茶」という商品づくりの方向性が見えただけでも、収穫です。楽しみ。
●そして思うのは、蒸しとお茶揉み、永遠のテーマです。常に茶葉、茶芽に沿ったイメージづくり。答えはないです。だって、毎回違うのだから。
●さて、明日行けば又お休みです。しかし、今日の研修も楽しかったなぁ。やはり、楽しく仕事したいです。
●今日の一冊。安野モモコ[著]『美人画報ハイパー』【2001年,㈱講談社,\1,300+税】。BOで\108でした。女子力とか、綺麗なお手入れとか、美しくなりたいとか、全くそんな志向性がない男、としては、こんな本を読んで女子、というものの生態を知るのである。何事も勉強である。
IMG_0002_2015092011424868c.jpg
[ 2015/09/24 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2015年9月23日(水・祝) シルバーウィーク最終日、何もせんと

●シルバーウィーク最終日。帰宅の日です。明日から、また仕事再開。とりあえず、木金の二日間、テンションあげて仕事をこなそう。
●何にしても運転疲れ。道はそれほどの混み具合ではなかったのですが、やはり休日の運転は無理矢理の下手糞な人が多く、気持ちを含めて疲れました。帰りは第2東名を使って、あっという間にピューと。
●宿泊は伊豆長岡町(今は伊豆の国市ですか)で、とりあえず、韮山反射炉(世界産業遺産認定)へ行きました。ここも混んではいまずが、それほどのものでも。でも、反射炉饅頭とか売っていましたが。
a1_20150923133740ee6.jpg
a2_20150923133745ab0.jpga3_20150923133746cb8.jpg
a4_20150923133749f46.jpg
□反射炉、とは何かを初めて学びました。
●そして宿へチェックインまで時間があったので、韮山郷土資料館と江川邸へ。
b1_20150923133954a5a.jpg
b3_20150923134003c2a.jpg
□郷土資料館で発掘された青磁の欠片見たり、反射炉の昔の写真を見たり。
c3_2015092313414727f.jpg
□天目茶碗も発掘されたようです。
●それから江川邸へ。江川太郎左衛門の屋敷。んー、反射炉をつくった人?みたいです。
c1_20150923134000d5b.jpg
c2_20150923134002136.jpgc4_20150923134150f3c.jpg
c6_20150923134154369.jpgc5_20150923134155aa5.jpg
c7_20150923134156b45.jpgc8_20150923134624d27.jpg
c9_20150923134627e91.jpg
□史跡案内人の方が歴史的説明等を色々としてくれていたのですが、それより、細かい道具類や江川太郎左衛門の描いた絵等の方が興味を引き、また面白かったです。
●しかし、本当に史跡巡りでもしないと行くとこがない場所だ。
●お昼は「一匹の鯨」というラーメン屋へ。創作ラーメンが有名なお店のようですが、つけ麺食べました。普通に美味い。でも、やっぱり細麺が望ましい、自分の好みでは。
g1_201509231354033e9.jpgg2_20150923135409dce.jpg
g3_201509231354172cc.jpg
□平打ち麺、という奴ですか。
●宿です。まぁ、値段なりなんでしょう。でも、お茶はまずい。当たり前ですが。料理も、温かいモノが食べたいです、という気持ちにさせます。お風呂、ぬるい、狭い、源頼朝も入った隠れ湯のようですが、・・・。でも、しょうがないです、値段なりですから。
gg1_201509231405199e2.jpg
□宿の裏山がこんな状況で。この車、何なの?怖いっす。
gg2_2015092314052042d.jpggg3_20150923140526db4.jpg
□期待はしていないのですが、静岡(伊豆)へ来て、宿でこんなお茶を飲まされたら、お茶を買って行こう等とお客さんは思わないんだろうなぁ、と。。勿論、見て匂いを嗅いで、飲むのは遠慮させて頂きました(朝食の時にお茶、口をつけましたが、予想通り、裏切らない味わいでした)。
gg4_20150923140524a3f.jpg
□料理も裏切りません。見た目だけで、冷たい宴会料理。美味しかったのは後から出てきた吸い物と御飯でした。
●翌日は、温泉饅頭を「黒柳」で購入。出来たてをその場で食べたのですが美味しかった。やはり、作りたてとかは格別なモノがあるんですね。その地へ来なければ味わえないモノ。お茶もフレッシュ、て大事な一つの売りだと思いますが。
●帰りは新東名。沼津でSAに立ち寄り、上島珈琲の珈琲ソフトクリームを食べましたが、コーヒー牛乳、という感じで普通に美味しかったです。
ggg1_20150923141353b10.jpg□色目、もう少し茶色っぽい感じでしたが、写真は今ひとつ。
●お昼は温かいモノが食べたくて、CoCoイチへ。カツカレーの5倍辛を食べました。身体ヒリヒリでしたが、何となく満足。
ggg2_20150923141356920.jpg
●何もしないまま、シルバーウィーク終わってしまいましたが、ゴールデンウィークというものを社会人になって経験したことがなく、またこれから一生経験する事がないので、そんな意味で連休、悪くなかったです。どっかで休みを取ろうかなぁ、また。
●さて、明日から頑張ろう。
●今日の一冊。池上彰[著]『経済のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ』【2004年,㈱海竜社,\1,300+税】。BOで\108です。池上先生の本もこの値段か、と思いつつ、中身が標題通りの人間にとってはありがたい内容なので購入。それにしても10年前には池上先生ふさふさだったんですね。御苦労されているんだなぁ、やっぱり。
IMG_0003_20150920114256b4e.jpg
[ 2015/09/23 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2015年9月22日(火・祝) 伊豆へ足を伸ばす

●今日から、家族旅行。とはいえ、近場へ(伊豆です)温泉旅行です。
●のんびりしたい、という事を目的に、この混み混みの状況下に車で出かけるという矛盾を抱えながらの運転手。頭の中は妄想に特化しながらのお出かけです。
●詳細は明日記載。
●今日の一冊。井上純一[作]『中国嫁日記②』【2012年,㈱エンターブレイン,\950+税】。BOで\108です。これは、棚に①と並んで置いてあって、あー108円だし両方買おう、と思って手に取ったのですが、①が値札が貼ってなくて。以前、このような本をレジに持って行ったら、\108でない値段を請求された事があってあきらめました。とりあえず、ちょっと読んでみたかったので、②からでもいいかなぁ、と。しかし、BO、もう1冊同じような本が\108棚に並んでいたけど、気をつけてくれ。
IMG_0001_20150920114239d50.jpg
[ 2015/09/22 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年9月21日(月・祝) シルバーウィーク2日目(自分にとっては)

●お休み二日目、自分にとっては。昨日予定していたBSのアンテナ工事が色々とあり、今日に延期。昨日のうちに、室内分波器は購入してセット済み。ただ、それが正しいかどうかはよく分からない。パソコンTVは、その処理が不必要なようで、とりあえず直結していますが、果たしてどうなるのか。
●屋根の上のアンテナへの工事立ちあいとその後に自宅内のTVとHDRとパソコンでの設定等、面倒な事をやっていて時間が過ぎてしまいました。清水での烏龍茶づくりに誘われていたのですが、残念(>_<)。乗用も走ったようで。あー、失敗。
fff1_20150921152722af6.jpg
□屋根に登っての工事をしてもらいました。自分でも屋根登った事無いや。
●明日は伊豆へ車の運転手です。
●今日の一冊。夏目房之介[著]『マンガは今どうなっておるのか?』【2005年,㈱メディアセレクト,\1,300税込】。BOで\108。単行本ですからね。よしながふみ先生の表紙絵だし。マンガ好きだし、マンガ評論も好き。そんな意味で買っちゃいました。BOって、探すと色々あるなぁ、と。時代的には、少し前のマンガですが、それはそれで面白いモノです。
IMG_0004_20150920114253a5d.jpg
[ 2015/09/21 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2015年9月20日(日) やっとシルバーウィークが始まります、初日。

●やっとシルバーウィーク開始の日曜日。昨日の立ち仕事疲れもあり、ダラダラと過ごしております。
●本当は午前中にBSアンテナの設置予定が、予定変更となり、明日に。その間に室内配線用のコードを買いに行きます。また、BOで\108単行本を幾つか購入。
●最近は使用しないHDRで、昔撮っておいたドラマ「SP」を1話から観ました。岡田准一格好イイなぁ。そして、組織の在り方、て考えてしまいます。いつの、どこでも、現場と上層部の視点と思考、志向の違い。実際だなぁ、と。
●現場で仕事しながら、でも思うのは、お茶揉みたい、て事。それも、最高の茶芽をつくって、それを揉みたい。摘採も施肥も、思うように、そして可能性のある限り。来年は現場試験組ませてもらうし、品評会も、もう少しこじっかり頑張ろう、と思う。
xxx6_20150920175701c68.jpgxxxx5.jpg
xxxx6_201509201754598dd.jpg
xxxx8_2015092017550244e.jpg
□色々な場所で、色々な茶芽を揉む、事は多分出来る。そして、その場所に合わせて最大限のパフォーマンスをもって、お茶づくりをする。目指すは、粗揉機で完成品荒茶の姿が想像できる出し度、のイメージ。
●早く来年の一番茶にならないかな。妄想。
●FC2ブログ、ブログページにはいけるようになったけど、画像ファイルのアップがダメダメで。何か問題があるんだろうな、根本的に。とりあえず、一ヶ月は続けようかと。
●今日の一冊。中公文庫編集部[編]『からだによい赤ワイン読本』【1997年,中央公論社,\781+税】。BOで\108です。勉強です。でも、これだけカラーのビジュアルで見れるというのは嬉しい。特には話だけは知っていた「シャトー・ムートン・ロートシルト」のアートラベルがカラーで載っているのには、BO購入やりぃぃ、と思いました(アーティストには、欲しい年代のムートンが報酬としてもらえる、という都市伝説)。
IMG_0013_2015091618261868d.jpg

[ 2015/09/20 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2015年9月19日(土) お花の関係で、市民文化会館で立ち仕事です

●今日は土曜日、シルバーウィーク初日ですが、仕事です。働いています。でも、お茶の仕事ではなく、お花の仕事。分かりません。ただ立って、言われた通りに荷物運んだりしています。そんな一日です。
●一度事務所へ行ってから、車で移動。そして、会場準備、写真撮影、片付け、明日の会場への移動等を行いました。一日立ち仕事、その上、今日は暑い日でした。駐車場も遠く、結構歩いて往復もしました。いい運動だ。
a1_20150919182620af4.jpga2_2015091918262323e.jpg
a3_2015091918262988c.jpg
□こんな大会です。静岡市の花の紹介ブースにいました。
a4_20150919182630cc3.jpga5_20150919182631d18.jpg
a6_201509191829409c6.jpga7_201509191829502e6.jpg
a8_20150919182950d27.jpga9_20150919182951264.jpg
a91_201509191829509a5.jpg
a92_201509191831399d0.jpg
a93_2015091918314226a.jpg
□花は普通に撮った写真もあるのですが、あえてアートモードの写真だけ載せてみました。
●一日立ちんぼで疲れた。やっと、明日が休み。シルバーウィークの開始ですが、明日はとりあえず、のんびりさせて下さい、状態です。
●ブログがおかしい。ブログが開かない。紆余曲折して、管理画面へ到達し、記事の修正等は行えるのに、トップページへ自宅の複数のPC、スマフォからも入れない。FC2、色々あるのかなぁ。そろそろブログもやめどきなのかも。
●今日の一冊。野瀬泰申[著]『日本全国マズイ店列伝 ちゃぶニチュード!』【2010年,㈱幻冬舎,\533+税】。BOで\108です。不味い店って大事です。美味しいって感じるのはまずいモノを知っているから。結局、自分の中の物差しで測っているだけなんです。比較しているだけなんです。そんな意味で世の中にはマズイお茶もたくさんあります。
IMG_0005_20150916175210a4a.jpg
[ 2015/09/19 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2015年9月18日(金) 金曜日だけどドタバタ

●昨日の流れもあり、やっぱりドタバタの金曜日です。シルバーウィーク前、とはいえ、明日も仕事だし関係ないなぁ、と。
●午前中は、住宅ローン関連でお休みを頂き、手続き。問題がなければ、落ち着くのですが、問題があると、またドタバタです。こういうものは本当に面倒だ。
●午後は、事務所へ行き、ジム仕事した後、今抱えている問題案件の検討会。色々と色々と話をして、話を尽くすのですが、結局、おまえらが悪いと言われる役どころ。でも、いいの別に。もういい、そんな役どころでいいので、言いたい事を言います。
●そんな気持ちとテンパリと、声嗄らしての意見交換で、へこんで事務所へ戻ったのですが、手にブツブツと。これが全身に出れば心因性の蕁麻疹、ストレスによる長期休暇に入るのですが、ここの部分にしか出ていません。単なるカブレ?ですか、痒くもないし。でも絶対原因はこの仕事絡み、だと自分では思っています。
ff2_20150918202056b9f.jpg
□しかし、汚い手だなぁ。年齢が出てしまっている(>_<)。
●明日はお花関係のイベント補助業務。市民文化会館へ出没です。
●今日の一冊。壇ふみ&阿川佐和子[著]『太ったんでないのッ!?』【2007年,㈱新潮社,\362+税】。BOで\108です。巨匠の娘さん方とはいえ、すっかりおばぁさんのお二人ですが、娘娘した会話が楽しい本です。BO値段は嬉しいのですが、定価でも十分本を楽しめる値段、新潮社さんえらいなぁ、と思います。
IMG_0006_2015091617522115f.jpg
[ 2015/09/18 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2015年9月17日(木) 朝から夜までバタバタと、その上、雨だし

●今日は、外部要因のお仕事が午前中あって気を使ったり、夜は夜で茶工場の会合へ。行ったり来たりの雨の一日です。
●とりあえず、(T_T) 行きたかった全品入札会。そしてお茶をみて、気持ち新たに来年のお茶を考えたかった。
●なにゆえ、ネギ見てる\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?
a1_20150917233617282.jpg a2_201509172336192c1.jpg
●そして、なぜトロロ汁食っているんだ、お前は(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
f1_2015091723394403a.jpg f2_20150917233947112.jpg
□でも、ムカゴ美味しかった。赤だしも。赤だしの味噌汁好きなんだよなぁ。
●そして、夜は夜で茶工場の若い役員衆とお話合い。でも、これは有意義。本音も方向性も聞けたし。頑張りましょう。
●全品入札会の様子については、JAのM君がFBで情報提供してくれました。審査結果分析からのイメージはだいだい該当、という感じ。去年の審査の踏襲、という風に個人的には捉えていますが。でも、やっぱり、自分でお茶を見て、匂いを嗅いで確認する行為は必要だなぁ、と。残念。
●来年に向けての色々な意見もFBで飛び交っていましたので、それらも踏まえて、来年更に一歩進んだお茶づくりを検討しましょう。その上で、山のお茶品評会を、自由に、やりましょう。
●夜会合終わって帰って来て。ポツリポツリの雨の中、歩道橋からの手ぶれ国道1号の写真。
f3_201509172339493fa.jpg
●明日も頑張ろう、と思うのですが、明日は明日で、また胃がキリキリとする打合せが(>_<)。なぜ、こんな状態に。
●個人的には、技術屋、だと思いたい。でも、仕事は仕事。とはいえ、なかなか割り切れないものです。それが問題ばかりだったら余計に。
●また、明日考えよう。
●今日の一冊。辻静雄[著]『ワインの本』【1982年,㈱新潮社,\667+税】。BOで\108です。ワイン、あんまり飲まないし、よく分からないのですが、香りとかを楽しむのは好き。それに、ワインでいうところのテロワールという考え方はお茶に共通するところがあり、とっても興味を持っています。そんな意味で勉強を兼ねて、飲むではなく、読むから始めるのが、私なんだなぁ。しかし、こんな本が\108で帰る幸せ。本好きにはたまりません。
IMG_0003_2015091617520669c.jpg
[ 2015/09/17 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2015年9月16日(水) まだまだ考えましょう

●水曜日って、一番気持ちが負ける、週の中で。今日は、夕方からの雨予報のため、徒歩&電車通勤。しばらく雨続きのようで、これが続くのかなぁ。
●朝から色々と情報が入り、また色々と検討し直して、更には日程調整も。明日は明日で、外部要因で当初仕事の変更をせざるを得なく、全品入札会にいけません。お茶見ないと、分からないし、やはり見てなんぼ、だよなぁ、と。プンプン。
●お昼にドタドタと銀行用事を済ませ市役所へ。市役所ではお茶の街ツーリズムの研修会。茶商さんの方々の色々な意見が聞けて勉強になりました。そのついでに市役所仕事も済ませたり。
●昨日、清水の奥へ行った帰りに、中切り後の生育が今ひとつの茶園を確認。この時期になって、だいぶワサワサとはしてきてますが、やはり、生育のばらつきは茶葉の色目で。来年一年、樹体養生をさせて、再来年に台切りかな。うね間の有機残渣処理も大事だなぁ、と思う次第。
ee1_20150916174555e6a.jpg
□現場で見るとまだまだ自分の勉強不足を感じます。
●明日は夜まで仕事。頑張らねば。
●今日の一冊。北村薫[著]『中野のお父さん』【2015年,㈱文藝春秋,\1,400+税】。「円紫さんシリーズ」が終わってしまった、と途方に暮れていたのですが、新シリーズが立ちあがっていたとは知りませんでした。新しい主人公達の物語、8つのミステリーを、大事に大事に読んでいきたいと思います。少し軽いかな、と思って読んでいたのですが、やはり、北村先生、裏切らずに行間を読ませてくれます。面白い。まだまだ書き続けてください。
IMG_0001_201509122107455f0.jpg
[ 2015/09/16 ] 小説 | TB(0) | CM(2)

2015年9月15日(火) 本当は今日が敬老の日?

●本当は、今日が敬老の日、ではないのだろうか。祝日の在り方が変ってしまい、何だか連休が変にあるようになったのだけど、日付で祝日がついていた、という意味を考える必要はないのだろうか。よく分かりませんが。
●今日も自転車通勤。最近、朝の起きぬけの状態が悪く、自転車通勤は徒歩&電車通勤より15分ゆっくりできるので、ちょっと助かっています。ただ週の中盤からは、また雨模様のようですが。
●午前中は、清水の山のお茶農家さんへ行き、お話を少しさせて頂きました。前を向いて喋れる相手。一緒に何かやっていきましょう、と言える相手は嬉しい事です。
a2_201509151954260be.jpg
□こんな畑の処理の話をしました。そして、来年やってみましょうと。調査もやらしてくれる事に。もう楽しみでしょうがない、そんな話が出来るのが。
●戻ってからは、報告書の作成。なかなか、言葉にするのが難しい事象を何とか説明させても、次の段階で又色々と問題が発生してきて。どう落とせば、どう整えればいいのか、いまだ見えず、です。明日、また検討しよう。
●外的要因により、木曜日に全品のお茶が見に行けなさそうに。あー、お茶を見ないと判断できないよ、色々と。いいお茶を見る事で勉強になる事ばかりなのに。
a1_20150915200136b1f.jpg a3_20150915200138e98.jpg
□こちらは一昨年の京都大会の入札会の様子。行って良かった、と毎年思うのですが。勉強です、常に。
●少しずつ頑張って行こう。無理はしない。最近、頓にそう思います、感じます。無理したっていい事なし。余計な事ばかり来るのだから。
●今日の一冊。柳沢きみお[作]『大市民最終章』【2015年,㈱双葉社,\1,200+税】。これでおしまい、一方で書いてくれた、描いてくれたという嬉しさはある。作者の化身である山形鐘一郎、67歳。67歳にもなって現役で漫画を描いている、それも物語を、という点、それだけでも評価に値する。絵は別にいいので、やはり、物語として、大市民は続けてもらいたい、死ぬまで。最終章Secondでも全然構わないので。
IMG_20150912211444dae.jpg
[ 2015/09/15 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2015年9月14日(月) 今日も重い仕事を込み上げてくる気持ちで粉砕します

●今日も先週片が付かなかった重たい仕事を朝から気合を入れて粉砕に掛ります。ただ、怖いのは常に自分の空回り。下手なんだなぁ、世渡りが。
●自転車通勤。でも気合は入っておりません。気持ちが重たい。しかし、午前中の話は、それでも、それでも、少しはまともに動いたかな、という状態。もう少し、これをキッチリと仕上げれば、と思う次第ではありますが。
●お昼に銀行へ寄って、住宅ローンの件など。終活を想定した返済を考えないといけません。
●午後は、抹茶関連の会議へ参加。色々な情報をもらいます。もらえます。
●仕事の上での自分の微妙な立場が何とも言い難い事が多いのですが、とりあえずは、ボチボチ周りを片付けつつ、やっていけたらなぁ、と。あとは、来年のお茶に向けて面白い仕掛けをしたいなぁ、と思うばかりです。
●月曜日はやっぱり重たい。そういえば、今週木曜日に全国茶品評会の入札会が㈱静岡茶市場であります。昨年までのように、出品茶を見るチャンスとして行けたら行きたいなぁ。
001a_201509141836427e1.jpg003a_201509141836360d9.jpg
004a_201509141836403e2.jpg001c_20150914183732f54.jpg
□昨年の宮崎大会の様子。この出品茶を見るという行為はとっても大事な事なんだよなぁ。
●毎年、審査結果表に基づき、審査結果の分析を行っているけど、実際のお茶を見て、その分析が適切かどうかを確認する行為が必要で。そんな意味で、17日は、静岡茶市場へ足を伸ばしたいのですが、優先仕事が別件で入りそうで、辛い(T_T)。
●明日は久々に山へ。面白い話を聞けたらいいなぁ、と。
●今日のパソコンが調子悪いのか、ネットが調子悪いのか、FC2ブログへのアクセスでエラーが出ます。最初は自身のブログへ入っていけなかったのですが、何度かルーターと無線LANの再立ち上げをしたら直ったのですが、何件かのFC2ブロガーさんのブログページへ行こうと思っても行けないのがあります。ネットで検索しても理由がよく分からない。とりあえず、時間が解決しれくれるのでしょうか?
●今日の一冊。眉月じゅん[作]『恋は雨上がりのように③』【2015年,㈱小学館,\552+税】。先日、独身の同級生がFBで一押ししていた本、何か感ずるものがあるのでしょう。個人的には、年甲斐もなくドキドキしてしまう恋愛物語、帯に書いてある通りの正統派恋愛物語、だとは思う。一方で、若さの純粋さ、とはキツイものでもあるのだが。この本とは全く直接的に関係ないのだが、今の若い子達が言う「やばい」という言葉がどうしても耳にさわってしまう。やはり年寄りなんだなぁ、と思う。
IMG_0002_20150912210750f57.jpg
[ 2015/09/14 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年9月13日(日) 町内のお仕事をしてお休みの日のはずが

●今日は、町内会の仕事が幾つか。朝からそれをこなして、やっと日曜日、という感じになる予定だったのですが、朝から雨模様で色々と活動中止に。さて、どうしまよう、という感じです。
●昨日のS水園さんへの集まりの際に、在来茶の焙じ茶を最後に淹れてくれたのですが、これが、最近の焙じ茶にあるコゲ感とかアミノ酸が熱変成した苦渋味感とか、舌にまとわりつく重さとか、そんなモノがないスッキリした焙煎香味という味わいで。思わず、どうやってつくっているんですが?とU野さんに質問し、話を聞いてしまったのですが、懇切丁寧に教えてくれました。ポイントとしては、使用している茶葉の違い(グレード、使用部位も含めて。ただし、ここで言うグレードは、うま味が高いお茶、という意味ではない)、そして製造までの過程の違い(蒸し工程前までの処理)、そして、荒茶となったお茶を焙煎する際のやり方の違い(はっきり言えば、手炒りに近い形と丁寧な篩処理、という事になるのでしょうか)、そんな事を聞いて、参加者一同、はぁぁぁ~凄いっすね、という事で、帰りがけに皆様、購入されていかれました(私も50g×2本買いました)。値段も、そのような話を聞いた後では十分安い、と感じさせるもので、ここでも販売のポイントが、という話は、皆さんが帰ってから、U野さんと話した事ですが。
●そんなお茶を今朝の朝飯時に淹れて飲んだのですが、やはり美味い。焙じ茶という言葉に直結する味わい、焦げ茶でも、下手火入れ茶でもない、という事なんですね。やはり丁寧な仕事をする、という事が商品クオリティを確保する、という事になるんだなぁ、と朝から嘆息しております。
e1_20150913080036f1d.jpge2_20150913080039f29.jpg
e3_20150913080042cb8.jpg
e4_20150913080041112.jpg
□最近、焦げ火入れみたいなお茶を飲んだりして(一方で芯は生みたいな)、火入れについて色々思っていたので、このお茶飲んで色々と思うところができました。[9:30]
●実家から、メールが立ちあがらなくなった、との連絡。やれ、て事なんだと実家へ行って、色々とやってみる。結局は、ネットにはつながるので、アプリの問題だろうと言う事で、ネットで検索しアプリの修復を行ったら治った。歳をとるとどうしようもないけど、ますます訳分からなくなるネット環境も含めて、自身の今後を考えても不安になります。[10:45]
●夕方に子供に付き合って市内のBO巡り(3軒)をしました。その結果、ミイラ取りがミイラになり、10冊強買ってしまいました。だって、5冊以上で10%OFFなんですもの。
●明日から又、グダグダ仕事が始まります。頑張らないと。
●今日の一冊。雨隠ギド[作]『甘々と稲妻⑤』【2015年,㈱講談社,\590+税】。しばらくAmazonはやめようと思っていたのですが、可愛いつむぎの泣き顔表紙に、やはり購入してしまった。温かい父と娘の話。そして美味しいごはん。良い本だ。
IMG_20150907192631777.jpg
[ 2015/09/13 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年9月12日(土) My紅茶ふぇすのBBQに参加してきました

●昨日の川根本町茶品評入札販売会に、今年の一番茶で点滴施肥試験をやらせてもらった「川根本町地名産おくひかりby茶師HAMATANI」がハサミ摘み部門で出品されていて。ハサミ摘み部門の2位のお茶だったのですが、入札販売会では高い評価を頂き、18,000円/kg(税抜き)で落札(1位のお茶は、20,000円/kgでした)。外観色目はカブセをした前後のお茶と比べるとやや薄さを感じるものの、細ヨレ尺ありの外観と内質のうま味が評価されたようで。収量的には生葉200kg/10aもいっていないのですが、この値段で評価してもらえるなら十分かなと。乗用摘採ですし。参加した茶商の方々や茶農家、JA担当からも、この位細ヨレにできるならいいね、という言葉も頂きまして。このクラスのお茶をキッチリとつくれれば、まだまだ評価につながるんだ、という思いになるのでした。
b1_20150912083651f28.jpg
□ある茶商さんからは「蒸しが若い香気が発つのに、味わいとしてはしっかり蒸されている」という言葉を頂きました。やはり、川根茶だなぁ、と思う次第で。
○蒸しについては、試験製造も兼ねてやっていたので、結構、ギリギリの感覚を茶師Hと話をしながら、この感じ分かる?と段数を1段入れたり、戻したりで香気の違いを確認しながら、製造やっていました。その前の1ホイロ目が芽合いが大きかったため、それとの違いもあったのですが。何にしても、キッチリとお茶づくりをして、それが評価される場面があれば、まだまだお茶は面白い、という事です。
●今日は静岡市葵区T沢のS水園さんで、7月やった紅茶づくりに参加された有志の方々が集まってのBBQ大会が行われ、声掛けをして頂いた私も参加してきました。美味しいモノを次々食べる一方、秋に行われるS水園のお茶会の際に、My紅茶ふぇすのメンバーで活動報告を兼ねた紅茶の呈茶を行う事を確認していました。一般の消費者の方々が、このように前向きになれる、お茶って凄いなぁ、とあらためて思う次第の一日でした。
a0_201509121958429e3.jpga1_20150912195848c70.jpg
a2_2015091219584796f.jpga3_2015091219585062d.jpg
a4_201509121958525e1.jpga5_2015091220010669d.jpg
a6_201509122001072b9.jpga7_20150912200117504.jpg
a8_20150912200113b40.jpga9_20150912200116065.jpg
a90.jpga91_201509122003008ff.jpg
a92_2015091220030553b.jpga93_20150912200305f81.jpg
a94_20150912200308e66.jpga95_20150912200446363.jpg
a96_201509122004463d4.jpga97_20150912200451046.jpg
a98_20150912200457e83.jpga99_20150912200455ebc.jpg
a991.jpga992.jpg
a993.jpga994.jpg
□美味しいBBQを堪能。お肉って美味しい、て思いました。そして次から次へでお腹一杯に。
●でも、このような集まりをやろう、という気持ちにさせるS水園さんの吸引力も凄い、と思います。
●終了後、U野さんとお茶の話を色々。山のお茶の話、製造の話、販売の話。まだまだやる事はたくさんあるし、それをやるしかない、やろうという有志と共に。
ddd1.jpg
□茶工場のOPENした粗揉機の前で延々と話をしている二人。お茶バカです。でも、楽しい。こんな話ができるのが。
●帰りの山道をぶっ飛ばし、途中でパトカーに後ろを取られましたが、何とかスルー。車の運転だけは気をつけます。メーターを見たら、こんな数字が。7ばかりで明日は良い事があるのかしら。
ddd2.jpg
□去年までは一日135km。今は2週間で走ってもそれ位。メーターも全然進まなくなりました。
●明日は朝から、町内活動、隣組活動が色々あるようで。早く寝よう。
●今日の一冊。高橋安昭[著]『会社の数字に強くなる本』【1998年,PHP研究所,\478+税】。BOで108円。会計、経理という事について、大変疎い。特に単語、言葉が分からない。そんな意味で古い本だけど、言葉の理解のみを基準に購入。頭の中で言葉が文章になるように読むなり。
IMG_0006_20150906164534e54.jpg
[ 2015/09/12 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2015年9月11日(金) 川根本町茶品評会入札販売会に参加して思う

●昨年まではスタッフ側でしたが、今年は、見る方へ回りました。川根本町品評会出品茶の入札販売会。町外入札会として㈱静岡茶市場さんを借りての実施は今年で3回目。なかなか出品点数が増えないのがネックですが、それでも、出品されているお茶のレベルは高く、また、それを外観を見るだけでなく、さわり、そして審査茶碗で拝見出来ると言う普通の品評会入札会ではありえない設定となっていて。
●そんな意味で、今回は清水の若手茶農家やJAの営農職員と一緒にこの場へ見学参加し、川根本町のお茶農家等と話をする機会にもなり、大変有意義な時間となった気がしました。その上で、来年は、山のお茶品評会やっていきましょう、という話に参加された方々が盛り上がりをみせてくれました。来年は、山のお茶が更に進化する、そして発信される機会になると思っています。そのための動かしを来年のお茶が始まる前までにしていかないといけません、という思いにさせてくれた日でした。
a1_20150911210523bd4.jpg
a2_20150911210526e6b.jpga3_20150911210528dd5.jpg
a4_20150911210530553.jpga5_20150911210532cf3.jpg
a6_20150911210709b57.jpga7_20150911210719bb9.jpg
a8_2015091121071670b.jpga9_201509112107189df.jpg
a91_20150911210720ae6.jpg
□川根のお茶、やっぱりいいです。でも、それを見て、清水の若者達が何を感じたのか。そこが大事で。
●単純な良い悪いではなく、そこに何を感じ、自分のつくりや思いにどう繋げて行くのか。そこを思ってくれる機会になってくれればいい、と思って声を掛けさせてもらったのですが。自分達のお茶の特徴を踏まえて、何を、どう考えて行くか、という話にもなり、また、山のお茶の在り方を今後一緒に検討していく場づくりに取り組む、という一つとしての、山のお茶品評会を、というような話も考えて行こうと。面白い方へ話が行きそうです。やろう、と思ったメンバーでやってしまえ、です。
●そんな面白い話とは裏腹な、昨日からの引きずりであったり、後始末であったり、抵抗勢力としての特定がされる事で来年どうなっているか分からなかったり、まぁ、どうでもいい事が世の中あるんだなぁ、と思わず笑ってしまう。笑うしかないんだなぁ、こういう事は。だって、前見てないじゃん。足元崖だよ、という話です。
●明日は、やはり、山のお茶、やっている人の所での集まりに。全く違うお話の事ですが、別の方向性がみえるのかな。
●天気は来週末また悪くなるようですが、しばらくは良さげ。やる事やってしまわないと。
●今日の一冊。魔夜峰央[作]『パタリロ!№72』【2001年,㈱白泉社,\390+税】。BOで108円。花とゆめ、の読者(あの時代、川原泉、日渡早紀、もちろん美内すずえ先生も)としては外せないパタリロ。とはいえ、いつ買って、いつ読んでも、別に何に影響する訳でもないので(ただ、いつのまにかマライヒとバンコランの間に子供が出来ていたりして)、たま~にBOで読んでない話がある巻を購入して、というユルイ読者ですが。しかし、時代を超えて面白いというのはギャグ漫画家としては素晴らしい才能だと思います。
IMG_0003_20150906160359436.jpg
[ 2015/09/11 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年9月10日(木) なんでだろう、と思う日々

●昨日の台風通過で、ここ2、3日の予定が大分変って。今日は久々に自転車通勤しました。久々のため、なぜかこぐ感覚も違い、ちぃぃと疲れてしまいました。でも、明日も天気は晴れ模様。しばらく自転車通勤頑張らねば。
●日中は、眠たくなるようなジム仕事の積み上げをしていました。色々考えるのですが、何でだろう?と思う事が多分にあります。
●夜はエライ人達も一緒で関係機関が寄っての事業会議。何でそうなるんだろう?と思える事が多分にありますが、所詮宮仕え、言われた事はやりましょう。でも、ルールブックに則った事しかできませんが、と言い切ります。
●夜会議で発言をするとドット疲れが出てしまいます。黙っていればいいのですが。口は災いの元、まさにその通りです。
●明日も色々と行ったり来たり忙しかったりします。午後は、久々にイイお茶が見られそうで、それは嬉しかったりするのですが。
a7_201509102137058ae.jpg
□こんな産地のお茶がズラズラ(ズラッ位かな)と並びます。
a3_20150910213805d09.jpg
□こんな茶葉を原料にしたお茶も並んでいたりします。
●明日は午後から、静岡茶市場へGOです。
●しかし、今日は疲れました、気持ちが。寝ます。
●今日の一冊。北村想[著]『怪人二十面相・伝 PARTⅡ』【2008年,㈱小学館,\533+税】。BOで105円。消費税増税後に、シールを張替え忘れたのだろう。この本は文庫だけど、単行本で「青銅の魔人」として購入しています。ただ、多分、そちらの本は、庭の倉庫の奥深くに。この物語は、単行本の一巻目「怪人二十面相・伝」(所有)から読むと本当に面白い。怪人二十面相を学校の図書館何かで読んだ世代にとっては、本当に色々な意味で面白い本です。そんな意味で持っている、知っているのに、買ってしまう。でも、楽しめてしまう。
IMG_0004_20150906160402dd7.jpg
[ 2015/09/10 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2015年9月9日(水) 思いはどこに

●お茶とは?という議論をするつもりはない。所詮、嗜好品。とはいえ、その矛盾の中で最高のモノを求めて行きたい、と思っている。
●今日は台風の影響で朝からザンザカ雨と風。子供達は自宅待機で学校へも行かず、うらやましく思いながら家を出る。家の前の巴川で川の様子を写真に収めていたが、風が強くぶれてしまった。雨もひどく、職場に着いた時には下半身は完全ビショ。職場では作業服なので困らないのだが、靴下がビショビショだと気分が悪いので、今日は替えの靴下を持参。濡れてない靴下で職務に励むのであった。
dd1_20150909185606c7a.jpg
□今朝の巴川の様子。意外と水かさが増えてないのは夜、それ程は降らなかったという事かな。
H270908巴川①
□ちなみにこれは別の場所だけど、巴川の様子。それ程水位は高くない。やはり、今朝の方が水かさはそれでも増している。
●やはり、カレー屋の前で気になって気になって、また写真をパチリ。
dd2_20150909185608dd9.jpg□食べるぞ、今週中に。
●結局、台風はもっとひどくなる予想を大きく外し、お昼前から晴天に。まさに台風一過ですが、さわやかな空気になりました。
●帰り道、トトロでもいるのか、なぜか道に樫の木もないのに、ドングリがコロコロそこらじゅうに落ちていました。なぜ?
dd3_20150909185610507.jpg
□やはり、トトロが出現していたのだろうか。それなら、ネコバスを出して、朝乗せてほしかった。
●そして、帰りの巴川。朝よりは水位がやや下がった感じ。明日までには退くでしょう。
dd4_20150909185610c4d.jpg
□七夕豪雨の教訓が生きている地域なので、川が氾濫する事はないなぁ。
●台風に踊らされた一日でした。今日の予定の研修会等延期になって、また予定を調整しないといけない。大変だ。
●今日の一冊。深巳琳子[作]『沈夫人の料理人②』【2004年,㈱小学館,\505+税】。BOで108円。持っている、のに、BOでついつい目に入ってしまい、買ってしまった。李三のつくる料理、面白い、そして美味しそう。この本、シリーズ通巻6巻で終わってしまっているが、本当にもったいないと思う。ただ、アイデアが続かないのかもしれない、と思わなくはないが。
IMG_0002_201509061604005d9.jpg
[ 2015/09/09 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年9月8日(火) 現実と妄想の狭間で

●お茶のついては、現実の事と妄想の事、両方を常に考えています。
●今年の二番茶。やはり、一番茶に比べると雑感と味わいの淡泊さは如何ともしがたいところですが、フレッシュ・ティーとして味わうには十分。
d1_20150906200049eb6.jpg
●ちなみに、おくりかり二番茶in川根本町地名byHamatani、です。茎が目立つ感じがしますが、味わいはきわめて素直。でも、これは施肥試験で無処理区なので、味のノリは、・・・。試験的には成功ですが。
d2_20150906200049a7d.jpg
●開封し立てのフレッシュ・ティーのため、香気にも水色にも味にも、吸湿感、刺す感じはない。アルミ袋でキッチリと保管しておけば、いいんだなぁ、と思う次第。
d3_201509062000514a3.jpg
●煎を重ねて、お茶を飲む。素直に飲めるのが川根茶の特徴、かな。
d4_20150906200051e65.jpg
●茶殻、開きますが、味はまだまだ出ます。
●やはり、火入れとは?と考えないといけないなぁ、と思います。こんなお茶も、あり、と思うのですが。
●なぜか発生して物凄い勢いで近づいてくる台風18号。今朝も雨ザカザカで、事務所に到着するまでに下半身びしょびしょです。家の前の巴川も結構な具合に増量中。
cccc3.jpg
□これから、まだ降る降るするので、久々に危険水域までUPしてくるのかな、ワクワク\(゜ロ\)ココハドコ?
●とはいえ、最近通勤途中のココイチのカレーの幟が気になっています。キャベツメンチカツカレー。朝から喰いたくなってしまう。
cccc1.jpgcccc2.jpg
□雨のため、幟がなびいていませんでした。でも食べたい。
●午後は県庁で交通安全講習会等というものがあり強制参加。雨の中、歩いて行ったら、やっぱりビショビショがひどくなりました。交通安全は大事だなぁ、と当たり前に思っています。
●明日は台風大接近。朝、職場へ行けるのか。今の職場なら、濡れる前提なら絶対行けてしまうんだなぁ。明日、予定されていた研修会は延期のため、明日はジムに専念です。
●今日の一冊。田中芳樹[著]『銀河英雄伝説②野望篇』【1983年,徳間書店,¥720税込】。銀英伝、久々に読み返しを一巻からして、この二巻のキルヒアイスが死ぬ場面で泣いて三巻に行けない、というくだり。人は半身を失くしたらどう生きて行くのか、それは十巻まで語られる部分であり、また、もう一人の主人公であるヤン・ウェンリーも、ヤンという人格であるが故に八巻で死んでいく。素晴らしい物語だと思います。
IMG_0001_201509061603531ed.jpg
[ 2015/09/08 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2015年9月7日(月) フレッシュ・ティーについて

●最近、休みの度に、今年つくったお茶をチビチビと冷水淹れしながら飲んでいるのですが、30~50gのアルミ袋入りを開けて、2週間位、どうしても一週間を過ぎると吸湿するためか、水色が赤くなり、やや刺すような味が最初のうち出てくる。しかし、茶葉は綺麗な色をしており、また煎を重ねると茶葉も開き、問題もなくなるのだが。とはいえ、開けたての強烈な鮮烈さ、とフレッシュな香りは時間の経過とともに消失していくのはしょうがない、と。
ccc2_20150906155720b3d.jpg
●とはいえ、最近思うのは、仕上げの火入れ、というのは結局、長持ちさせるため?と感じていて。外部コーティングというのか、そのためにやっているような気がしてきてたまらない。だから、あんな強い火を入れる必要があるのかなぁ、と。確かに、開封後の持ちが違うんだなぁ、と思う場面は多々。一方で、しっかり揉んでないお茶はどっちにしろダメだけど。
ccc1_201509061557182ac.jpg
●そんな意味で、きっちりと揉んだお茶を、30gアルミ入りにして、それを冷蔵保管しておいて、飲みたくなった時に開封して、必ず1週間以内使い切り、というような、そんなお茶商品もありかなぁ、と。本当の意味でのフレッシュ・ティーで。
ccc3.jpg
●以前、紅茶の大家の磯淵先生の本で「現地のつくり立ての紅茶の美味しさ」という文章を読んだ事があるけど、我々は、自身がつくったつくり立てのお茶の美味しさを分かっているつもりでいるけど、多分、一般の方はそんなものには一生めぐり合えないんだろうな、と。そんな意味で、そんなお茶を(もちろん、飲むのに耐えるクオリティは前提だけど)提供するのはありだなぁ、と最近お茶を飲みながら妄想しています。
ccc4.jpg
●この淹れた茶葉の香りを嗅いでいるだけで幸せになれるのだけど、やはり、開封したてで飲むのと、今日のように2週間近く経ってから飲むのとでは(密閉缶に入れてあっても)全然違うんだよなぁ。
●誰からやりましょう、そんな商品づくり。
●昨日は、下の息子の誕生日。ケーキはちょっと贅沢。私は、季節のイチジクでした。値段を考えれば美味しくて当たり前か。
d5_20150906195831f8e.jpg
●4種類一緒にしない親子です。
d6_20150906195833301.jpg
●イチジクのヌメヌメ感が、私のスマフォ写真の特徴。
●今日は月曜日。朝からテンションは最低の上、テンションの下がる会議を経て、一日が終わってしまう。雨予報(今週はずっと)のため、徒歩&電車通勤だったのですが、朝と帰りの通勤時間帯だけは雨が降っていなかったのは手に大きな傘を持っている身としてはちょっぴり悲しかった。
●明日は良い日になるかな。
●今日の一冊。文藝春秋[編]『握りの真髄』【1994年,㈱文藝春秋,\680税込】。BOで108円。久々にBOへ行って本を数冊買って。でも1000円札1枚に至らない。お鮨大好きで、鮨のビジュアル見ているだけで幸せになれるのですが、そんな意味で、鮨の写真集のようなこんな本が108円とは安すぎます。また、鮨屋へ行きたくなってしまう。
IMG_0005_201509061604058ce.jpg
[ 2015/09/07 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2015年9月6日(日) 日曜って、何で寂しくなるのだろう

●時期別施肥量試験のグラフを整理、解析しています。
H270905 DryLeafweight 0base
○無施肥(0kg)をbaseとした調査開始日(0日)からの枠摘み重量の直線トレンド。初期値的には、秋肥18kgNが高く(生育初期の収量性が高い)、春肥12㎏N及び18kgNが最終調査日までにそれに追いつくレベルで増加を示す。一方、秋肥12㎏N、6kgN、そして春肥6kgNは、初期値よりの増加レベルをほとんど示さない(無施肥と変わらない)トレンドにある。
○これからは、秋肥の充足が収量性(あるいは初期的生育)に与える影響は大きいと判断される。また、同等の春肥を与えても、収量性においては秋肥に劣るという事になる。一方で、生育期における春肥の収量性への効果は大きい、という視点も外せない、それが増加トレンドに現れている、という事になる。
H270905 Nmass 0base
○それでは、同様に0baseにおけるN量のトレンドはどうかというと、秋肥及び春肥の施肥効果は、その大小は置いておいて、無施肥に比して、N量の増加という形で示されている。そして、重量増加トレンドと同様に、秋肥と春肥の増加傾向は明らかに異なり、最終調査日に向けて、春肥は明らかにN量の増加を顕著に示している(春肥6kgを除くが)。そして、秋肥における量的影響は、調査初期におけるN量の違いという形で示される。しかし、その後の生育に伴う増加トレンドの緩さは、春肥が一番茶生育芽におけるN量の積み上げに寄与する事を示している、と考える(要するに土台は秋肥で、その上に春肥が積み上がって行くイメージ)。とはいえ、ここでは、春肥は秋肥と同等のN量積み上げを示しているにすぎないのだが。
○一方で、その積み上げのプラトーが存在するのか、容器的充足性なのか、それとも、・・・。他のデータに当たらないといけない。
H270905 Ncontent 0base
○そして、上の2グラフを踏まえての、0baseのN濃度グラフ。N濃度という点では、明らかに春肥効果しかみえない。一方で春肥においても増加は施肥量的プラトーに主導されている事が示唆される。一番茶芽の生育に伴うN濃度の維持という点では、春肥の重要性は明らかであるが、初期的に濃度には秋肥量が影響する可能性が見える、あくまでPoorな茶樹状態における調査結果であるのだが。
●これらのグラフから見えるのは、容器づくりとその中身の充足である。そして容器づくりも大小、中身の充足も大小が見られる。これらの組み合わせの適正性、そして樹体充足という基本的な考え方と新芽におけるN濃度を高める効果的施肥の在り方、それらをこのような茶園における現象結果調査のみではなく、茶の個体におけるモデル化とそれを群落とした予測から、実際の茶園との整合性を図る必要がある。それこそ、やるべき研究調査だと思うのだが。場なし。
●と、グラフ整理をしている間に、秋肥+春肥の積み上げの評価をしてみようと思った。また、グラフをつくらなくては。
●そして、とりあえず引っ張り出してくるのがこのグラフ。このグラフ好きなんです。枠摘み量とN濃度の関係性グラフ。相関図。
H270905 A2施肥量比較相関図
○これにするとグチャとしてしまうので、12kgベースを引っ張り出して見る。秋12kgNと春12kgNの組み合わせ。それで年間施肥設計を組み立てると40kgNという話。
H270905 量相関図40kgN
○春のみと秋+春。これをどう捉えるか。初期的な立ち上がりの差を調査日時系列にしてみると分かる気がするが。その処理をしてみよう、とりあえず。
●日曜日の悲哀を感じています。何で寂しくなるのだろう。多分に鬱気味。
●最近、FreshTeaという事を考えています。
●今日の一冊。逢坂八代[作]『瑠璃宮夢幻古物店③』【2015年,㈱双葉社,\620+税】。少し気にいって、でも、あまり深く気持ちが入らなくて、知らぬ間に出ていた本て、ある。とりあえず、②と③をAmazonポチッとしたのですが、③が届いて話の展開が読めない。とりあえず、②が届くのを待とう。
IMG_0010_20150829170556104.jpg
[ 2015/09/06 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年9月5日(土) 何をしているの? 自問自答

●土曜日、何をしてる?と自問自答してみる。とりあえず、昨日の余韻で頭はボゥッとしています。結構、食べたなぁ、と。焼き鳥美味かったです。鶏ばかり食べていた気がする。飲んだけど、そんなには飲んでないはず。昨日は終電前に帰ってこれたし。久々に終電乗り過ごさず、での帰宅でした。
c1_20150905072230612.jpgc3_201509050722336a4.jpg
□付き出しとウルメイワシの焼き。何か呑み屋で呑んでる、って感じします。
c4_20150905072235329.jpgc5_20150905072237d8d.jpg
□とりあえず、焼き鳥は、レバーと皮。そして、ネギマとウズラベーコン巻。ここの焼き鳥、美味しいんだよな。
c2_20150905072232d33.jpgc9_201509050726345c8.jpg
□とりあえず生ビールですが、何だかビールが今ひとつなんだよなぁ。そして、梅酒炭酸割り。
c91_20150905072636246.jpgc92_20150905072637ec4.jpg
□生モノで、カツオの刺身、そして、明太子を炙ってもらいました。ここで一軒目終了。
c93_20150905072943499.jpgc94_20150905072945598.jpg
□二軒目。もっと鶏に特化します。とりあえず生キャベツ。この甘タレが美味い。そして付き出しは、鶏煮?
c96_20150905072948e2f.jpgc97_20150905072949147.jpg
□そして鶏尽くし三点セット。鶏刺し関係美味し。そして、やはりネギマが。鶏の肉味違います。
c98_2015090507330859f.jpgc991_20150905073312d32.jpg
□これは多分モツ揚げだと思うのですが、美味すぎ。そして鶏わさ。山葵の茎が良いんです。
c99_201509050733134cb.jpgc992_20150905073314653.jpg
□まだまだ焼き鳥食べたくて、地鶏皮の比較串。やっぱり味違います。そして、卵かけ御飯頼んじゃいました。
c993_20150905073314cf7.jpgc994_20150905073736fe0.jpg
□卵かけ御飯、バカ美味。御飯も美味いんだよね。それに鶏わさ載せて食べたのですが、もう言葉もありません。〆最高。
c95_20150905072946cf2.jpgc995_201509050737403b1.jpg
□勿論、お酒も飲んでいます。でも、酔っぱらってくると写真撮るのも忘れがち。蜜柑絞り炭酸割り。そして、3軒目を探してウロウロしている時に見つけた鯛焼き?アイス?よく分からなかったお店宣伝。
c996_20150905073740b3f.jpg
□そして帰りの静鉄、まるちゃん号、まることたまちゃんのツーショット写真は撮るのだな。
c997_2015090507374213c.jpg
□そして、帰り道、お月さまは半月でした。
●写真を載せると呑んで食べておしまい、みたいになっていますが、全然。会話は全く、お茶の事、それもお茶の生理生態、をどう捉えるか、というはっきり言って、そんな会話をする二人は我々くらいだろう、というような内容。やはり、その中であったのは、個葉、個体をモデル的に捉えて、それをどう群落である茶園に反映させるか、という事。そして、吸収の在り方に、どうPoor&Richが絡んでくるのかという事を明確に。ここでの会話でインスパイアされないと、茶業の実情はつらすぎます。面白くなくなってしまう。
●吸収されたモノがどう反映されるのか、それをどう調査するのか。今の収量調査なんて何も見ていない、差がない、なんて結論は当たり前の事。それではデータで見える事、そして、お茶を揉んで感じる事をどう表現していくのか。それを話し合える人がいるというのは幸せである。酔っているけど考えています。
●昨日も、このグラフの解釈で激論。この秋肥と春肥の傾きトレンドの違いをどう解釈するのか。でも、昨日のやり取りの中で、少しそれについてヒントをもらったので、新たなグラフをつくるなり。
Nmass-0base_20150905075058f2a.jpg
□日経過におけるN量トレンド。なぜ、時期同処理はパラレルなのか。これに、重量はどう絡んでくるのか、を少し明確に。
●全く、お茶、何にも分かっていなくて、そして面白い。
●お茶飲んで、グラフつくっています。面白い。なぜ?て思うのはなぜ?
cc1_201509051401438e4.jpg
□ちょっと遠目で撮るとこんな色合いに。別にカブセのお茶ではないのだけど。露地だけど緑が濃い。そして細かく見えるけど、細ヨレなだけです。
H270905 DryLeafweight 0base
H270905 Ncontent 0base
H270905 Nmass 0base
●この3枚をどう解釈するのか。明日書こう。
●今日の一冊。コナリミサト[作]『恋する二日酔い』【2014年,㈱イースト・プレス,\690+税】。絵柄は少し感情移入し難く読みづらい。でも、酔っぱらいたい時がある、という話はよく分かる。自分も飲めない人間だけど、酔っぱらってフラフラしているのは嫌いではない。お酒を美味しく感じる瞬間も確かにあるし。そんな意味で人類はお酒と共に生きてきたのです。
IMG_0008_20150829165251243.jpg
[ 2015/09/05 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2015年9月4日(金) 休みの前の日が嬉しく感じる、のはよろしくない

●金曜日。うれしい。休みの前だから。かと言って、休みに明確な目的がある訳ではない。そこが矛盾。
●昨日遅かったので、少し疲れを残しながら、午前中はジムを片付けるなり。そして、午後は、輸出拡大セミナーというものに参加。輸出マッチング、という事で、色々と勉強になりました。しかし、難しいなぁ、色々と。もっと単純に、いいお茶、美味しいお茶をつくる、でいけない状況になってしまっているのがつらい、です。
●今日は昨日突発で、統計飲み会に誘って頂き、暑い日に美味しいお酒を飲むのかな、という事です。詳細は明日。
●帰ってきましたが、酔っぱらっているので、詳細は明日、は変わらず。ただ、話をしている中での拾える言葉だけ書いておきます。
・リッチとプァーの状態の違いを調査にどう反映するのか。
・個葉、個体、を押さえて、次に群落へステップアップ。
・茶園を群落と捉えている人間がどれだけいるのか。ばらつき、当たり前です。群落なんですもの。
・分配への温度依存。そして、時期によって、分配されるルールが異なる?
・樹体充足度。容器としての茶芽をどう埋める。そのために、樹体の充足度を明確にしないといけない。
・図示化、見えるか、そこがスタートです。
●本当に、この統計飲み会、N村さんとの会話はインスパイアされます。それで終わっちゃいけない、という話も今日しました。面白い事をやはりやらないといけません。
●眠い、飲み過ぎ(-_-)zzz。
●今日の一冊。オジロマコト[作]『富士山さんは思春期⑦』【2015年,㈱双葉社,\600+税】。ますます身長差が拡大したような場面が描かれていたが。しかし、温かくていいなぁ。やさしさ、て絵でもお茶でも大事だと思う。
IMG_0011_20150829170602523.jpg
[ 2015/09/04 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年9月3日(木) 色々と問題の多い事を消化しなくてはいけない日です、もたれます

●今日は問題案件の検討。気持ちも胃ももたれてます。わたしのせい、ではないはずだ、と思っていますが。その一方で行って聞いてみたら、全く話が変っていた、なんて事も。何だか、もう訳分からない、どうでもよくなってしまいます。
●午後は色々とジムこなして資料作って。夜は、庵原で会合。会を重ねる事で少しずつ前を向いた意見が出るようになっています。来年、何かやろう、を具体化していきましょう。
●とはいえ、夜仕事を終えて事務所に戻り、片付けて帰ろうとすると10時を回っていて。最近、夜の9時を回ると思考が停止している事を自分でよく分かります。その上、雨の道路、よく見えません。自宅に着いて、お風呂入って夕飯食べて。ブログを書いて寝る。明日は金曜日、色々と気持ちがゴタゴタしているので、週末はのんびりしたいです。
●昨日、お腹にバリウムを入れた状態で、グラス飲みを試したりしました。やはり、急須で淹れた方が、味わいは明確になるし、美味しく感じますが、グラス飲みも又悪くないです。これに使うお茶の形態等も又要検討ですね。
bb1_201509032323118e4.jpg
bb2_2015090323231310c.jpgbb3_20150903232315be9.jpg
□お茶がもう少し細ヨレの方が見た目がいいなぁ。味は甘くて美味しいです。被覆をしてないのですが、茶殻も綺麗なモノです。
●明日は晴れるみたい。久々に自転車通勤だ。
●今日の一冊。須賀原洋行[作]『天国ニョーボ①』【2015年,㈱小学館,\552+税】。また、描いてくれる、そして、よしえさんが出て来てくれる、それだけで満足です。
IMG_0009_20150829165253872.jpg
[ 2015/09/03 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年9月2日(水) 忘れてた( 一一)、人間ドックだった

●本日は、年に一度の健康診断、人間ドック。面倒くさい、と言っていると怒られます。でも、悪いところは分かっているのです。ただ、痩せられないだけなのさ。入院した事もないんだけどなぁ。医療費も歯医者と花粉症の時期だけなんだけど。それでも、メタボMaXで人間のクズ扱いです。今年は更に目が悪くなっているから、あー行きたくない。
●行ってきました。朝から雨のため道がたまらなく混んでいる。普段なら車で10分の距離が、30分以上掛って。
aaaa1_20150902112647bbb.jpg
●最初から、血圧高いですね、運動してますか、悪いところばかりですね、の追求。分かってるって。しかし、こんな追求する人は世の中の人は皆、平常勤務で運動できる自由時間が山ほどあり、平穏な生活を送っているモノだと思っているのだろうか。気持ちはダウナーになるばかりで、血圧も高くなるばかり。
●色々と検査をしてバリウムが内臓に張り付いたやな感じを持って、目の検査では、眼鏡を掛けても左右とも1.0にいかない状況。やはりメガネをつくり直さなくてはいけないんだろうなぁ。見えているけど、○の切れ目が乱視でつぶれて見えない。それはやはり見えてない、という事になるのだろうか。
●とはいえ、昨年に比べると意外なほどスムーズに行き、午前中には検査終了。まずいお昼は食べずに帰宅(それでも検査料は安くはならないようだが)。飲んだ下剤でバリウム排出を図る午後の時間になります。
●帰ってきてお茶ガンガン飲んでます。水で出せ、と言われたような気がしますが、水よりお茶の方が美味しいじゃない。美味しいお茶飲みます。ダラダラと、いつまでも味わえるお茶。いつやめるか、という切れ目をつくりにくい。一方で、やはり揉み方、あるいは摘採の順番でお茶が違うなぁ、としみじみ。これらのお茶については、来年も継続で試験がやらせてもらえたら、という野望を抱えているのですが、上手くすればやらせてもらえそうで。でも、揉みに行く必要はありそうで。喜んで揉みましょう。揉まないと分からない。そういえば、そんな話をT農園のYさんと話をしたなぁ。「飲めばわかる」「揉めばわかる」、そんな話。
b1_20150902142742348.jpgb2_201509021427437fd.jpg
b3_201509021427447e0.jpgb4_20150902142746465.jpg
□被覆はしてないから、素の緑が出てくる。でも、味わいはずっと続く。
●お茶って美味しいなぁ。
●今日の一冊。阿部潤[作]『忘却のサチコ③』【2015年,㈱小学館,\552+税】。美味しそうに食べるコミック。もう3巻まで出ちゃっている、という感じです。知り合いの知り合いの漫画家さん、という話を一巻をブログに載せた時に教えてもらった。まだまだ続くのでしょう、美味しいです。広島行って、牡蠣食べたいなぁ。焼き牡蠣食べたい。
IMG_0007_20150829165249742.jpg
[ 2015/09/02 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2015年9月1日(火) 9月始まっちゃいました(-_-)zzz

●9月1日。通常なら防災の日、というのでしょう。関東大震災の日だから、この日が防災の日、になったという事なんでしょうが。
●しかし、職場は平常営業。昨晩、やはり御前崎を震源にドン、と揺れがきましたが、大丈夫なのかい、と思ってしまいます。原発直下なんだよな。
●朝から雨模様。雨が強いと職場に着くまでに靴がビシャビシャで、一日気が重いのです。今日は一日ジムジムジムでした。電話調整、良い方々ばかりで良かった。10月の仕事の調整です。
●明日は人間ドックのため、何となく気が重い。毎年同じ事を言われて、結局改善されないまま一年が過ぎてしまうのだが。太り過ぎだからやせなさい、という言葉を何回聞いたのだろう。この状態で20年以上生きてきて、全く医療費をムダに使う場面もないのだが、何か間違っているよな。血液検査だって1回データで、本当にそうか?と言いたくなる。統計処理できないだろう。個体差はどう評価するんだ、と言いたくなってしまう、黒い心に傾いていく。
●しかし、九月になったから、夏が終わった、これから秋に向けての仕事を進めよう、という気持ちの切り替えが難しい、この頃なんだなぁ。でも、やるべき事はやる、と思って。
●さて、明日に向けて早く寝るだ。朝の検便と検尿が面倒でまた気持ちが重くなるのだが。
●昨日の尺のあるお茶を見て思ったのだが、やはり、伸びたお茶は格好イイ、と思う。
ee4_20150901200224640.jpg
□本当にトビのお茶だけで商品化したいものである。
●今朝も電車通勤で、まるちゃん号が一本前の電車で停まったのでアップで、たまちゃん、を撮影。
aaa1_20150901201207b4e.jpg
□親友って大事。
●お茶づくり、さて、どこを目指す。
●今日の一冊。谷川ニコ[作]『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!⑧』【2015年,㈱スクウェア・エニックス,\476+税】。相変わらずドス黒い妄想の中で、黒木智子が頑張っている。この夏にこのような内容は如何にも暑苦しいぞ。その上『私の友達がモテないのはどう考えてもお前らが悪い。』【2015年,㈱スクウェア・エニックス,\476+税】のようなスピンオフまで出して儲けようとするドス黒さ満載の夏でした。
IMG_0002_20150827173219c79.jpg IMG_0001_20150827173215701.jpg
[ 2015/09/01 ] コミック | TB(0) | CM(0)