FC2ブログ

2015年7月23日(木) 何だか制御の効かない発言が多かった日、風邪?

●今日は半日しっかりの雨予報。そのため、朝、ぐずついているのを確認して大きな傘持ちで徒歩&電車通勤。とはいえ降られる事なく職場へ着いたのですが、帰りは晴れ晴れで。完全に天気予報に騙された日。
●今日はお茶関連の会議が2つ。どちらでも今の情勢打破のための関係機関調整。そして意見交換。自分の立ち位置もあまり考えず、やりたい事、やってもらいたい事、等等を発言してしまう。いつになく制御が悪い。そのため、県としては、というような釘刺しの指摘も受けたりして。外見的には県の看板を背負って仕事をしているんだよなぁ、と認識はするのですが、役に立たない看板だ、ぐらいにしか思っていないのがいけないのであろう。
●そんなこんなで会議の結果に基づいた対応が明日にも発生したため、とりあえず残って報告書をまとめ作成していると、言葉が紡いでこれない、というか、頭働いてないなぁ、という感じ。やっぱり、少し体調悪そうで。何とか鞭打ちながら、意味不明な報告書をまとめる。その最中には、去年までお世話になっていた関係機関の方から電話があり、金谷の若い衆がブログを見て紹介してくれって言っている、というような事で、是非意見交換を、というような流れに。こんなブログですが、誰に見られているのか分からないものだなぁ、と。それでも、こんな内容を面白いと思って話をしたい、と言ってくれるのはありがたい事ですが。どこへでも行きましょう。何でも話しましょう。その代わり、是非取り組んでもらいたいものです、私の妄想技術。
●そして、こんなグラフもネタに話しましょう。これは元職場の同僚だったN村さんのグラフ。生長と成分のアンバランス、要因は障害。しかし、こんなグラフを見ると、窒素濃度9%の茶芽をつくってみたいと思いませんか、そう思うとワクワクしてきませんか。あるんですね、何かが。お茶づくりで何を目的とするのか。収量?品質?、それとも。結局、そこさえもあいまいなお茶づくりだからやる事が全て中途半端。そして肥料を減らせ減らせと県が言ったからそれに従っている、と愚痴愚痴と。その癖、54kgから5kg増やすだ何だと下らないレベルの事を言っていて。ようするに施肥についてまともに考えている人がいないんだよなぁ、と言い切ってしまいますが。濃度と量、この言葉の意味を考えれば自ずと答えは見えてくるだろうに。何度も書きますが、多肥は技術の怠惰である。
llll1.jpg
□根の活性抑制。現象、結果。しかし、その過程における時間レンジの動きをどう考えるか。常に事象は移り変わっている。本当に面白い。
●そして、暗くなってからの帰宅。もちろん、傘等いらない天気具合でした。明日は、中切り後に芽が全然伸びてこないところが圃場の1割ぐらいに発声している、という茶園を確認に朝から。その後は、今日の関連調整でお城へ行って、等等、朝からテンテコな一日になりそうで。
●明日行けば週末だ。
●今日の一冊。吉田友和[著]『週末台北のち台湾一周、ときどき小籠包』【2015年,㈱幻冬舎,\650+税】。台湾茶にも興味があるのですが、とりあえず、一度食を目的に行ってみたいと思っている。台湾面白そうなんだよなぁ。そんな意味で購入した本ですが、お茶の話はほぼなし。食べ物旅行です。
IMG_0002_201507232130505f2.jpg
[ 2015/07/23 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)