FC2ブログ

2015年3月16日(月) 雨雨だぁ、気温も高い

●今日は午前中県庁で会議だったため、朝は遅出で対応。朝、のんびりできるのは幸せである。出る時は降っていなかった雨が会議終了のお昼には降り始めていて、その足で向かった川根本町も雨雨。午後7時まででアメダスの積算が9㎜。意外と降ってない。
●三月も雨が多いな、と思っていて、二月も多かったなぁ、と感じているだけど、アメダスデータを確認。そうすると、
●川根本町の1月の降水量164.5㎜、2月の降水量87㎜、そして3月15日までの降水量112.5㎜。一昨年の2月に180㎜、3月18日までに224㎜。今年の2月から3月に掛けて、もっと降っている印象があったのに意外と少ない。一方で、1月の降水量は多いと感じる。この感覚差異を引きずると4月の雨量に対しての判断間違いを起こす可能性があるので注意が必要である。春先の降雨は施肥ととって大事なことである。
●土壌の空間孔隙(気相+液相)を50~60%と設定すると、降水量100㎜での移動は200~250㎜。つまり、ほぼ根圏域に施用した肥料成分が達するという事になる。ただし、これも、肥料の形態や孔隙の在り方によってかなり移動性が異なるため、一概には言えないのだが。雨が多いという事はロストもあるよ、という認識と、逆に雨がないという事は根周りに肥料が届いてないよ、という事。施肥のタイミングと使用資材を踏まえた対応が重要である。
●と、そんな事を雨に思うのだが、これから4月に掛けての雨の在り方、そして気温推移、地温推移、重要です。それらが樹体にどう反映されているのか診断できる指標が欲しいなぁ、と思います。施肥効果、ですなぁ。
●と、頭の中ではお茶の妄想たっぷりなのですが、現実は、お米の事業関連報告等で今日も行った午後の時間は全てそれでつぶれてしまいました。米、わかんねぇし、事業もっと分からない。ヤバいっす。でも、何となくお城の方の丁寧さが足りないと感じてしまうのは私の勉強不足? 最近は意外と国の出先の方の方が親切だったりします。とはいえ、そんな対応もあと11日(平日実労日数)、カウントダウン。
●異動、間が空きすぎて、どうでもよくなってきた。とりあえず、年度末ジムをしゃかりきに進めないと。
●今日の一冊。久住昌之[原作]&土山しげる[画]『野武士のグルメ2nd』【2015年,㈱幻冬舎,\1,200+税】。帯に書いてある「自由はこんなに美味い」はまさに至言。先日も、一人でナガラミを肴に杯で呑んだ冷酒がことのほか美味しくて。歳をとったと感じる一方、「自由だから」という事なんでしょうなぁ。食事一般そうですが、やはり気持ちが幸せでないと美味しくならない。そんな意味で「食べる事、呑む事を楽しむ」時間としたいものです。また、呑み行きたいなぁ。
IMG_0001_20150316205012d72.jpg

[ 2015/03/16 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)