FC2ブログ

2015年3月7日(土) 朝から雨、そして川根路を

●今朝は雨の土曜日。仕事は午後からのため、午前中はのんびりしようと。朝、急き立てられるように起きて車を運転する生活ももう少し、だと思うのだが。もっと早く起きなくてはならない場合もあるのか、と考えてしまう。あるいは夜戻れないとか。そんな生活は、嫌だなぁ。
●お腹、昨夜も夜1回だけ起きてトイレへ。朝の感覚では今日一日で治まりそうな感じ。長かった。
●朝,FBで「春肥としての石○窒○の施用」が掲載されていたのだが、個人的にはどうかな?と思わなくはない。目的が、DD(硝酸化成抑制)の利用なのか、酸度矯正なのか、等も含めて、このタイミングでのアルカリ肥料の施用はN系の根圏外へのロストにもつながるのでは、とか思わなくはない。前に別の農家さんの事例で春先の当該肥料が明らかにN系の吸収を阻害したような荒茶内質を示す比較試験結果を経験させてもらった事がある。ただ、単純に1回の施肥がそうなるとは言えない(土壌の違いや、化学性の在り方、施肥履歴等等)ので、コメント等は入れなかったけど。
●今年は2月から雨が多く、茶樹は水を揚げている感を凄く出している。この萌芽頃のタイミングの吸水が古葉Nにどんな影響を与えているのか(量や濃度)、凄く興味はあるし、それが次のステップとして、春肥~芽出し肥の吸収にどう反応するのか、等興味は尽きない。もし、いつか場がもらえたら、そんな追跡調査を3年もやらしてもらって、傾向を出したいな、と思う。
●早お昼を食べて、出発。[12:00]
●途中地名へ寄ったら、春整枝が多分昨日終わった感じ。このタイミングでどれくらいに大きくなるのかな。お茶が近づく感じがワクワク感を高めてくれる。
h1_20150307180927e2c.jpg
□いつも朝見ている「つゆひかり」。落とした位置で意外と良い感じの芽がついています。
h2_20150307180929fb2.jpg□こちらは品種見本園。全て春整枝。果たして生育は。
●役場により、ジムを1時間ほどやって、今日の本命仕事、奥の茶工場で後継者問題について打合せ。書類とか、手続きとか、今後の対応とか。前を向いて取り組んでくれる人材を活かす、これこそが仕事だな、と思うのであって。
●帰りは山越えで。時間帯もあったのか意外とスムーズに帰って来られました。それでも山道は疲れます。[18:00]
●明日はやっと休み。大分体調は良くなってきたので、明日で完全復調してしまわないと。
●今日の一冊。北森鴻[著]『メイン・ディッシュ』【2002年,㈱集英社,\630+税】。先日のパ・マルの文庫本のあとがき紹介でオシがあったのであまり期待せずに購入したのですが、荒いけど面白いなぁ、て思います。推理小説として?なのか、料理小説?としてなのか。どちらでもない読み物として、かな。久々に新しい作家さん読んでる、感じ。
IMG_0004_20150305180904b66.jpg
[ 2015/03/07 ] 小説 | TB(0) | CM(0)