FC2ブログ

2015年2月7日(土) 研修2日目都心を歩き、戻ってきて、色々と反省する【2015年2月8日記載】

●本日は、東京駅、有楽町駅等周辺の各県アンテナショップ等の視察調査。
●以下、明日記載します。【2015年2月8日に記載しました】
●昨夜のお酒が大分残っていて、眠れたり眠れなかったりだったのですが、とりあえず朝6時にロビー集合という事で、集まったメンバー5人で、築地場内市場まで築地メシを食べに。ところが、土曜日のためか、その時間で既に各店長い長い行列が。それも外国の方(韓国系、中国系、そして西欧亜米利加等)が8割近く。一緒に行った2名は、並ぶのは嫌なので、と脱落。残った3名で並んでいたのですが、築地の仲買のおじさんが「こちらのお店もそれ程は味は変わらんよ」と教えてくれたお店に入る事に。岩佐寿し。せっかく来たのだから、と朝の6時半の時間で、おまかせ握り12貫巻物1本味噌汁付き(\3900)を頼んで食べましたが、まぁ、当たり前に美味いです。白身もそうですが、イクラ、ウニ、穴子、大トロも本当にとろけました。満足。お土産に岩ノリくれたし。
c95.jpgc93.jpg
c94.jpg
□12貫ですが、握られた端からガンガン食べてしまったので、12貫揃いの写真は撮れませんでした。スミイカも美味しかったし、アナゴはフワフワだし。元々は貝類の取り扱い業者さんだったようで、貝類も美味しかった。というか、この値段払って不味かったらキレちゃうなぁ。
●しかし、時計が7時前を指している時間に、こんな鮨を食べている自分、我に返るとその異様性に、こんな事していていいのか、と思ってしまったりしましたが。まぁ、美味ければいいか。
●そして、午前中の時間から歩きで銀座、有楽町、東京駅界隈の各県アンテナショップを視察調査。やはり、北海道、沖縄、京都はお客も入っているし、品ぞろえ、接客もしっかりしている。それに対して、あまりお客の入らない県のshopは、今ひとつどころか、何でやっているの、て感じてしまう位。考えなくてはいけない事が多々あるなぁ、と思いました。
●そんなアンテナショップでテンションが下がったので、東京へ来るとよく来る「THE Darjeeling」へ美味しいダージリン紅茶を飲みに、5人程度で。農園茶を明確にしていて、ケーキが美味しくて、参考になります。
c96.jpg□このチャートで傾向を確認し、お茶を選べます。
c97.jpg c98.jpg
c99.jpg c991.jpg
□私が頼んだのは、アルヴァリー茶園。優しい味わい、渋味も舌に強く残らないもので、川根茶に通ずる感があります。この店はお茶だけだと800円なのですが、ケーキセットにすると1160円。このケーキが銀座のケーキという感じで美味しいんですなぁ、まったく。
●そして東京駅地下街を散策し、視察研修も終了。家にたどり着くまでが研修という事で、新幹線内でも研修結果を意見交換しながら静岡へ。いい勉強をさせて頂きました。
●戻ってきて、夜は夜で呑みへ出てしまいました。海人(うみんちゅー)。先日は食べれなかった「豚シャブ」食べました。当たり前に美味かった。特に雑炊、感動モノです。
c992.jpg c993.jpg
□付き出しは昆布類。そして定番ゴーヤチャンプル。
c994.jpg c995.jpg
□先日食べてはまった「モツの塩煮」。本当にこれだけあればいい位の酒の肴です。そして、豚シャブ用のアーサー豚。臭みなくとろける脂が素晴らしい。
c996.jpg c997.jpg
□そして、鍋をやったらこれを食べなきゃ絶対にいけない雑炊。モズクが入って神の味です。そして別腹の〆は、大将お薦めの杏仁豆腐です。
●こういう美味しいお店、良いです。
●今日の一冊。岩間眞知子[作]『喫茶の歴史-茶薬同源をさぐる-』【2015年,㈱大修舘書店,\2,000+税】。お茶に詳しい方のFBページで紹介されていたので購入。歴史的なお茶の位置づけを自身の中で確認する必要性は感じている。そしてそれをどう今のお茶の在り方に活かすのか。幾つになっても勉強は大事だと認識はしています、伴いませんが。
IMG_0002_2015020807263041a.jpg

[ 2015/02/07 ] お茶 | TB(0) | CM(0)