FC2ブログ

2015年2月28日(土) 2月もおしまい。ラスト一ヶ月を悔いなく。

●二月も最終日。この一週間、予定外(予定はあったが、こんな状況になるとは思わなかった、の巻)の対応で、気持ちも仕事もボロボロとダメダメ君でした。色々な方面に御迷惑もお掛けして、申し訳なし、としか言いようがありません<(_ _)>。
●今日の表題であと一ヶ月等と書いてありますが、その先の予定が白紙。今年もお茶が早そうだし、そんな意味で対応は早めに行わなくてはならないし、昨年のような三月の気象の影響等も含めての検討が必要だし、と思えば、それらを総括した対応で四月から臨みたいと思うのが、まぁ、それを基本的な仕事としている人間にとっては当たり前に考える事なのですが、バカな組織はそんな事は全く考慮してくれない。4月1日から全く新しい職場ですぐに仕事が出来ると思っている。ありえないって。
●昔々(Long long ago)、お城のえらい方(他部局のまぁ、いわゆる人事等を扱っている人ですが)が、それが出来て当たり前、おまえらそれで給料もらっているんだろう、てえらそうに言われましたが、内向きの仕事だけをしている人の考えだなぁ、とその時でさえ思いました。自分達の仕事、基本現場だし。現場は規格では動きませんから。とはいえ、あんな魑魅魍魎の住処で自分は理解できませんが、頑張ってえらくなろう、と思っている方々のその向上心には心から敬意を払っています。自分はできない、やるつもりもない。
●来週からは引継ぎを想定した書類の整理も始めないと。一ヶ月あっという間だし。そんな風に思う2月最終日。[4:00]
●花粉もひどくダラダラと一日が過ぎてしまう。休みだから。
●統計の本を幾つか読み返して見る。やはりグラフが楽しい。
●明日には10000の切り番が出そうで。自分で確認できるかなぁ。
●今日の一冊。吾妻ひでお[作]『ワンダーAZUMA HIDEOランド』【2015年,㈱復刊ドットコム,\2,300+税】。「失踪日記」以来のファンなので、作者の本来の漫画を読みたい訳ではなく、あくまで「吾妻ひでお」という人のファン(エッセイ漫画、という事なのかな)である。そんな意味で、全てお蔵出しの装丁本であるこれを買いましたが(いい値段だ)、それでも十分満足できる。人生、色々生きている人の話は参考になります。先は見えないものだし、最後は自分がどう思うかだけだから。それにしても帯コメントが高橋葉介先生というのも。こちらも昔からのファンで。
IMG_0003_20150226223300014.jpg
[ 2015/02/28 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年2月27日(金) 長~~~~い一週間がやっと終わる

●今朝は晴れて暖かい(布団の中では寒かったのだが)、と感じつつ川根路を。バイパス等でバカに車が揺れるなぁ、と感じていたのですが、地名に着いたら、台風並みの強風で停まっている車でさえユサユサと、のスタート。
b1_2015022721023427e.jpg b2_20150227210236127.jpg
□8℃は暖かいよ。写真では風具合が分かりませんが、いわゆる強風でした。
●今日は浮月楼のイベント日。でも、私はKKKSと問題発生事業絡みで、職場待機一日。色々な人に迷惑を掛けて申し訳ありませんでした<(_ _)>。
●途中、お城の担当から何度か電話を頂きましたが、KKKSは何とかクリアの模様で、一週間長かった。問題事業も何とか片附いて。
●浮月楼の呈茶イベントもかなり評価が良かったようで。今回も色々と参考や収穫になる情報があったようです。やっぱり、最高級川根茶、お客をつかむよ、絶対。
●一週間の疲れを週末2日間で癒していると、多分もう3月。さて、どうしよう。
●今日の一冊。ラズウェル細木[著]『ラズウェル細木のいざ晩酌』【2015年,㈱竹書房,\800+税】。最近、お店で徳利入りのお酒(冷やですが)を呑む機会が何度かあり、美味しい肴をつまみながら呑むそれが美味しくて。家では呑む事は全くないのですが、何だか晩酌でも始めたくなってしまう気分。歳をとったのかしら。しかし、やはり美味しい肴は美味しいお店で、と思ってしまうし、家で呑むと多分まわりが早いんだろうなぁ、とか。でも、そのうち家呑みを始めよう。そのための参考書。
IMG_201502272109545ed.jpg
[ 2015/02/27 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2015年2月26日(木) 改善されず、でももう木曜日(>_<)

●今朝は雨降りであったかいんだから、の朝でした。地名では8℃。雨だなぁ。今年は雨が多く、土壌が潤っている、等と言っていると3月-4月降らなくて、みたいな状態になって、・・・。以前、そんな年があったなぁ。水管理は大事ですよ。
aaaa1.jpg aaaa2.jpg
□雨の地名で車で休憩。少し疲れが、…。
●今週の色々な外圧により、大分参っています。ジム面倒。
●終業後に現場調整とKKKSに絡んでの待機、対応等。いい加減、もういいや。
●明日は「浮月楼」呈茶イベントの裏方担当の予定でしたが、KKKS絡みで職場待機。皆様申し訳ございません<(_ _)>。
●明日、ふぅぅぅ、金曜日か。
●今日の一冊。安彦良和[作]『機動戦士ガンダム THE ORIGIN №24-特別編-』【2015年,㈱KADOKAWA,\580+税】。本篇も通しで読んでないのに、最終巻・特別編を購入してしまう。だって知らない内容だから。本篇は基本、アニメをなぞっている(と思う)もので、これはオリジナル。そんな意味で知らない事を知りたいと思う人のサガです。でもガンダムというブランドはやっぱり凄い、と思う。
IMG_0001_20150226223239dbc.jpg
[ 2015/02/26 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年2月25日(水) ついてない、という言葉で言うしかない、完全に見放されている人間

●今朝の地名は3℃。それ程寒くないよ、茶樹の上も露だよ、て感じ。春来ちゃうのかな。
aaa1_20150225175047d02.jpg aaa2.jpg
□いい場所だ、地名は。
●ついてない。今週は月曜日からツキがなく、どうしようもない状態を続けているのですが、今日、追い打ちを掛けるように追加の問題発生で。あと1ヶ月、どうして静かに過ごさせてくれないのだろう。ひどいなぁ。天運に見放されているのは分かっちゃいる事なのでどうという事もないのですが、ここまで露骨だとやはり辛い(>_<)。さて、どうしよう。毎日、こんな言葉しか出てこないよ。
●元職場からも四月からの動向について、何の情報も頂けないし、何をどうすればいいのか、どこまでやっていいのか、やるべきか、やならくてはいけないのか、何の答も出て来ません。
●明日、どうしよう。はぁ~。
●2年前の2月の状況と同じ。毎日が気持ちテッペンでMAX下げ下げで、辛かった。このような過ごし方をすると来週以降に反動が出てしまうのだなぁ。まさに同じ状況。
●今日の一冊。KKKSもあるのですが、今日のダメ押しで、申し訳ありませんが、掲載お休みさせて下さい<(_ _)>。
[ 2015/02/25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2015年2月24日(火) 外圧でウロウロ\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

●今朝は昨日の反動か、地名で7℃程度気温が下がっていました。また茶樹にうっすらと霜も降りて。基本的には、お茶の樹には、まだ早いよ、と声掛けしていますが。
aa1_20150224204418d5c.jpg aa2_20150224204420f5c.jpg
□2℃の地名。でも、これってこの時期は普通なんだよな。
aa3.jpg aa4.jpg
□茶株表面にうっすらと霜が降りています。芽が動いてしまっているのでは、と心配しております。
aa5.jpg aa6.jpg
□春整枝株も同じ感じ。先端の芽は完全にやられておりますが。
●今日も昨日からのKKKSの外圧でウロウロと仕事しております。宿題だぁ、あれ寄こせだぁ、は別にいいのですが、対象外だったため、情報があまりに入って来ないため、なかなか様子、状態が理解できないのが困る。問題で。色々な意味で右往左往しています\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?。
●今週、もう少し落ち着いたジム処理するつもりだったのですが、この外圧で全く思う通りに進んでいません。気持ちのもっていきかたも中途半端なのにも困っています。どうしよう、ダメだ。
●金曜日の浮月楼でのイベント。大変楽しみなんだけど、この対応も自身は不明、・・・、困りモノです。
●そんな事繰り返していてもしょうがないのだけど。明日も又同じ対応です(>_<)。
●今日の一冊。板垣恵介[作]『範馬刃牙』【2015年,㈱秋田書店,BO価格\108税込】。男なら、やっぱり、こうでしょう。強くありたい、と願うは生き様。史上最大の親子喧嘩。強さとは何か。
IMG_0004_2015022420550342a.jpg
[ 2015/02/24 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年2月23日(月) 無風のはずが、最悪(>_<)

●今朝は異様に暖かった。静岡を出る時で14℃、ておかしいよ、と思いつつ、川根に着いたら9℃。しかし十分暖かい。これは本当にお茶の樹にとってこわい。
a1_20150223220049cc3.jpg a2_20150223220051180.jpg
□9℃、暖か過ぎ。更に山霧が立っていました。
●川霧と山霧。川根の特徴である。山と川でつくられる川根茶。何かあるのでしょう、そこに。
●今週は、KKKS週間。しかし、すっかりスルーしたものだと認識していたら、お昼ぐらいから不穏な動きが。対象になっていない市町についても、調書は見ているので、指摘と宿題が出る、という話。結局、夕方過ぎまで引きずり、宿題も出され、その対応を今週の中で進めなくてはならない(>_<)。このやらないよ、て言っていたのに、騙し打ちみたいな処遇は、はっきりいってテッペン来てます。わたしゃ短気だから。
●とはいえ、色々な意味で現場からお城までゴタゴタとバタバタが伝わってくるような夕方のやり取りに更に嫌気が。まぁ、何とか明日しないと。
●そんなんで今週は、だいぶ手抜きブログになると今のうちに公言しておいて。2年前の再来だぁ(ToT)/。
●今日の一冊。三浦靖冬[作]『薄花少女②』【2014年,㈱小学館,\648+税】。連載雑誌がつぶれて、どうなっちゃうのかな、と思っていたら、いつの間にか二巻が発売されていて、昨日やっとゲット。変らずのやさしい感じのやり取りは好きです。ただ、今後どう展開させていくのかな、と思わなくはないのですが。これを読んで良い感じの心持ちになっていたのに、今日、最悪です(>_<)。
IMG_20150223221011ab7.jpg
[ 2015/02/23 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年2月22日(日) 小人閑居にして不善を為す

●頭の中に時間的余裕が出来ると余計な事を考える。それが良い方へ転がればいいのだが、多くは自分で自分の首を占める結果となる。小人閑居にして不善を為す。小人は多忙な中に置いておくのが一番良いのだろう。
●しかし、小人なので多忙な中にいるとそれだけで嫌になってしまう。かといって、暇になると、・・・。人間わがままである。
●古葉の充足。容器の充足状態。容器容量の問題。充足量、限界値。そして、その先の転流。新芽の生育、品質。N濃度、N量。形態的特質。
●単語を並べて、それらを整理する事で見えてくるものがあるのかも、しれない。見えてる事と見えてない事。
●直近の新芽への効果。秋肥にとっての新芽とは。
●1芽の評価。個体群としての評価。収量性の評価。品質の評価。
●さて、床屋にでも行こう。[8:00]
●床屋は子供の頃からお世話になっているお店。既に歳とったおじちゃん、おばちゃんがやってくれるのだが、お任せで済ませてしまう。あまりにこだわりがない。伸びるから切る、という考え。また、お茶時期も近いので、短くしてもらった。確かに頭が軽くなる。髪の毛と言えど、その重量無視できないということか。[9:30]
●その後、奥さんの買い物等に付き合い、なぜか土鍋が欲しい、との事で定価の30%引きで購入。早速使うとの事で、なぜか今日は「おでん」となり、私が準備。家庭の中で、おでんづくりだけは私の仕事と決まっている。そのため、段取り等も慣れたものであるし、モツを串にさしていると、これ1本が80円で原価が幾らだから、等と不遜な逃避をしてしまう。何にしても、串モツと卵、大根、こんにゃくがあれば個人的には十分。しかし、家族はそれでは足りないので、そこに最終的に練りモノが投入されるのだが。しかし、土鍋でやるおでんもなかなか良いものである。
g1_2015022214435026d.jpg
□今日はコンニャクも串にさしてみました。静岡県人だなぁ。
●今日の一冊。こもとも子[作]『ごほうびごはん』【2015年,㈱芳文社,\590+税】。食の幸せ。食べる事は人を幸せにしてくれる。食べなければ生きてはいけないけど、生きるためただけに食べているのではつらいではないか。食べる事を楽しむ、それを糧に明日を頑張ろう。
IMG_0004_20150221032955a77.jpg
[ 2015/02/22 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2015年2月21日(土) 川根へ行って疲れて帰る(-_-)

●今朝は昨日のお酒飲みが楽しかったなぁ、という余韻を残しつつ(働くのメンドクサイ気分で、ヤバいんだけど)、朝から川根路を走り役場へ。
●来週月曜日から静岡へ来襲するKKKS絡みで、追加資料を出せ、との命令が金曜日の夕方にくだり、とりあえず、やっておかないと週明けでは怖くて職場へ。資料をひっくり返して、指示のあった内容を作成し、PDF化まで。午前中いっぱい。
●土曜日ですが、思ったより出勤している職員の方々が多くいらっしゃって。皆さん、忙しいのだなぁ、と。
●何となく目途がついたところで無理をせずに帰宅の途へ。往復3時間の通勤行程。これさえなければ、もう少しマメに、と思うのだが。あと一ヶ月ちょっとかぁ。
●休日の車運転は普段運転をしない色々な方々いるので大変気疲れする。だから余計に来たくないのだが。
●自宅へ着いて、何をする気になる訳でもなく、読書。やはり本は癒される。
●明日は雨模様。床屋にでも行くか。
●今日の一冊。たな[著]『ごはんのおとも』【2015年,実業之日本社,\950+税】。ご飯が好きである。日本人だと思う。そして、このちょっと高野文子ぽい感じの絵と表紙の黄身醤油漬けを乗せたご飯にやられ購入。日本人で良かった、と思う。
IMG_20150221175404c36.jpg
[ 2015/02/21 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2015年2月20日(金) 川根茶の在り方について関係者で熱く語る

●昨日休んでしまったので、机の上の書類状況等を心配しながらの通勤。そして地名へ着けば、久々に-1℃を指していました。株面等に白く霜が降りています。葉が水を揚げてからのこの寒さはどうなんだろう? しばらく、気温がアップダウンする情勢の繰り返しなんでしょうね。
f1_2015022102580627d.jpg f2_20150221025807546.jpg
f3_2015022102580950f.jpg f4_20150221025810d56.jpg
f6.jpg
□まだまだ冬の装い。でも、葉の色変わりのイメージは早いと思っている。
●事務事務ジムをしながら、午前中に課農業室の中で、そして午後の3時位から外部アドバイザーを入れての、川根茶の今後の在り方、について、整理、共有化を図ります。他産地との違いは何か、という事も明らかにしていきます。
●そして、来週2月27日(金)に静岡の浮月楼でやるイベントの打合せも。最高級川根茶の呈茶を行います。リビング新聞にも掲載されています。
浮月楼□協賛なんですね。でも、これに来た方はお得だと思います。飲んだお茶の購入もできます。
●その夕方からの打合せが伸びに伸びて。夜が用件(統計飲み会)があるため、定時退庁時間ピッタリで帰るつもり、后仕事は終了、と言いたかったのですが、前述のように伸びて伸びて対応が進まない。結局、2時間遅れでやっと終了。急いで家へもどり、飲み会の店舗へ。
●清水の美味しいお店「S」ですが、相変わらず美味しい。
f7.jpg f8.jpg
□カツオの炙り。カツオにしっかりとした歯ごたえが。そして付き出しは毛ガニの身とミソ。当たり前に美味い。
f9.jpg f90.jpg
□ヤリイカの天麩羅。イカ揚げても柔らかいんだ。春の緑も美味い。そしてサービスで頂いた肉味噌。
f92.jpg f93.jpg
□平目のサラダ仕立て(カルパッチョ)。見えない野菜の下に、アジが敷かれていて、全てにおいて良い味に。パスタは、チーズパスタ。濃厚なチーズソースなのに飽きられない話で。
f94.jpg□お隣さんの注文。竜田揚げ?
●N村さんとは相変わらず統計談議を重ねていたのですが、隣の席の方々(51歳と23歳のお医者さん。23歳はKO大学医学部の5年生)が面白く、大いに会話を弾ませました。また、お店で落ちあえたら、という話で。
●結構、強いお酒(ウオッカ等)を呑んだので、かなり酔っぱらいました。しかし、楽しい時間でした。
●明日はKKKS関連で土曜日ですが出勤して資料づくりです(>_<)。何でこのタイミング、はぁぁ。
●今日の一冊。ラズウェル細木[作]『美味い話にゃ肴あり⑨』【2015年,㈱ぶんか社,\590+税】。美味しいお店、こんな美味しいお店の常連になって、美味しい肴と美味しいお酒を堪能したい。とはいえ、2月呑んでばかり、反省(>_<)。
IMG_0002_20150221032949039.jpg
[ 2015/02/20 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2015年2月19日(水) 子供対応で静岡にいる一日

●今日は子供の遠足(薩った峠を登る?歩く?)対応で、お休みをもらいました。本当は昨日の予定だったのが、雨天気で延期になり、家庭の中での対応にも影響が出て。役割分担、色々あるんです。
●仕事もジム仕事をこなす日々を過ごしていて、ちょっと煮詰まり。昨日も、今度地名農林業センターへ設置する簡易点滴施肥システムに絡んで、昔の「水理学」の本を引っ張り出したりして。また、併せて気になる降雨と気温の上昇に絡んだ茶園の芽の動き、さてさて。
●品評会出品園のなるべく早い段階での巡回等も行いたいのですが、JA営農担当も確定申告や年度末決算等で動きづらいようで。
●と、まぁ、そんな中、ボチボチと一日を出たり入ったりで過ごす事となります。[7:50]
●出たり入ったりしながら、それでも積んどく本を読んだり。
●夕方、駅まで迎えに行ったけど、到着が遅れて2時間車の中で待機。本読んでたからいいけどね、別に。[18:00]
●元職場の茶研センター土肥研から問い合わせ。7年以上前の分析機のアプリケーションソフトのバックアップの話をされても、記憶の彼方なのですが、と説明していたら、何とか分析機周りにフロッピーDiskあったようで。でも、今更ながら、昔のFDで動くのかな、と思ってしまう。
●今日の一冊。阿刀田高[著]『幻の舟』【1998年,㈱角川書店,\438+税】。信長の築いた安土城。失われたそれに対する幻想は、現存するものより、より夢を描く事となる。歴史視点を持った小説を書く著者の幻想的なイメージが、するすると読ませてしまう。さて、どうしよう。
IMG_0003_201502190759553e3.jpg
[ 2015/02/19 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2015年2月18日(水) 雨で潤い、気温が上がる。これが3月中旬ならいいのに(>_<)

●今朝の地名は雨上がりで3℃。雲が切れ、大井川には川霧が上がっています。そして心配したとおり、柔らかい芽は寒さにやられ。今の時期でのこの状態、研究的な視点においては大変面白く、現場的には大変面白くない状況です。
e1_20150218210127d33.jpg e2_20150218210124d04.jpg
□3℃の地名の素敵な朝。
e3.jpg e4.jpg
□秋整枝面での茶株面の状態。成葉、良い感じの色と柔らかさ感じちゃいます。
e5.jpg e6.jpg
□一方で春整枝茶株。柔らかい先端芽(秋芽)が水をあげた結果、寒さの戻りで褐変してしまいました。春整枝では落とす部分なので関係ない、と考える場面ですが、この状態になっている、という事をどう考え解析するかが重要だと思います。
e7.jpg
□大井川では川沿いに川霧があがっています。
e8.jpg e9.jpg
□地名の品種見本園。はるみどり(写真左)の成葉、こんな感じの丸っこい柔らかい感じ。甘味の要因を解明したい。一方、隣のべにふうき(写真右)はもち病の餌食になっています。ここも春整枝で落とす部分だから、と言えばいいのですが。
●何にしても、この気温と降水による土壌中の高水分含量状態が心配です。
●と、朝から地名で悩んでいましたが、仕事はジム。役場へ行ってパソコン前で色々と。一方で、平成27年度に向けたお茶の振興策の実行方策について、T畑係長とディスカッション。川根茶だからこそ、川根茶しかできない、だからこそ、評価されるような取り組みを、という整理。そのために、それに関わる人の支援を、という事ですか。
●その後、共同工場の今後について、JA担当も含めた打合せがあったり。今年の一番茶期の地名での対応について検討したり。
●自分がいない、という事を考えつつも、やはり川根茶どうなってもらいたい、という意向は出していきたい。しかし、2月も来週には終わってしまうのに、いまだに何も・・・。忘れられているか、所詮玉突きの最後の穴埋め要員でしかないので。
●明日は、中学生の子供の遠足(山登り?)対応。
●今日の一冊。原田実[著]『トンデモ日本史の真相-史跡お宝編-』【2011年,㈱文芸社、\600+税】。歴史、知っているレベルだと意外と真実に辿り着かない。一方でそんな状況に付け込んで氾濫するトンデモ情報。それらを、このような検証で整理してもらい、新たな提示を含めた多様な情報により、更に深く真実に辿り着くための道を進めるというのは大変楽しいものである。そんな意味で、こんな本好き。
IMG_0001_20150218210126dae.jpg
[ 2015/02/18 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2015年2月17日(火) 釜炒り茶の仕上げをする,no巻

●今朝は雨降り、というか雪予報まで出ていたのですが、川根本町へ着くまではパラパラ位の雨で大したことありませんでした。気温も高め、これなら雪にはならない。
db1_20150217204723616.jpg db2_20150217204724131.jpg
□着いて3℃。そして、パラパラと雨が降っています。
●今日は、釜炒り茶香駿の仕上げ調整。火入れまでの行程を、JAの釜炒り先生Y道君と一緒に。写真が上手く撮れませんが、芽合いも良く、なかなかの出来。基礎乾燥を遠赤乾燥機でやって、最終火入れは水乾機を使って120℃位で。いい感じに味わいも丸くなりました。
db3_20150217204727d2f.jpg db5.jpg
db7.jpg db8.jpg
□製造時に少し炒り葉機の使い方を変えてみたものが2種類。少しタイプが異なります。それが香気と水色に出る。
●でも、やはり香駿は面白い。形状は細くなるし、香気は甘く特徴的だし。萎凋をきっちりと検討して、より香りに特徴をもたせる方向性を考えたい。また、乾燥も遠赤乾燥機、温度コントロール手法が向上したため、かなりきれいに下乾燥が出来ている感じ。もう少し出力を上げた形で時間調整を行っていければ。
●地名にある川根本町農林業センター、活用がいのある施設です。これから点滴施肥の試験ほ場も設置しちゃうし、あー、まだまだ色々とやれれば嬉しいのですが、・・・、しょうがいなっす。誰か、面白いと思ってやってください。
●お昼には、たまたま来られていたK本大先生と茶業界(試験場等も含めて)のあれこれについてお話を。さすがによく知ってらっしゃる。
●役場に戻ったら、S室長の知り合いの島田の料亭さんが、川根本町柚子をリスペクトしたスイーツを考案、持ってきて下さいました。フルーツ・ムースとでもいうのでしょうか。上品な味わいで、大変美味しゅうございました。
db9.jpg db91.jpg
□日本料亭だけあって、柚子釜のイメージなんですね。カップの方は販売を想定したもので中味は同じ。
●先日のスイーツ評価会もそうですが、色々な分野に広がりがみられます。
●ややジムが停滞。明日一日で何とかメドをつけないといけません。
●今日の一冊。吉田類[著]『酒場のオキテ』【2007年,㈱青春出版社,\552+税】。最近、格好いい、でもだらしなく呑む酒飲みにあこがれていて。お酒を美味しいと思いながら呑めるようになりたいなぁ、と。今からでも遅くはない、と思いたい。
IMG_0002_201502172105481e3.jpg
[ 2015/02/17 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2015年2月16日(月) 茶樹が水をあげてるなぁ(>_<)

●今朝の地名は気温計は-1℃でしたが、それほどの寒さを感じなかった。放射冷却がなかったのかな。それより、茶樹が、古葉が水をあげている感じ如実に感じられて、まだまだ早いよ、と思ってしまいます。
da1.jpg da2.jpg
□温度のわりに寒さ感がない。空には飛行機雲が。
da3.jpg da4.jpg
□株面古葉の色具合が、瑞々しさを感じてします。春整枝茶芽は柔らかさが見えていて、何とも心配です。
●この時期に水を上げる意味合い。二月の降雨が多かった事と、朝晩は冷えても日中温度が上がっているという事。これらの条件を茶樹の状態に反映できれば、また見えてくるものがあるのだろう。しかし、現場としては、三月に想定される寒の戻りを含めて、低温対策を徹底させていかないといけないと思う。
●新婚旅行でバリへ行っていた課の同僚が「こんなお茶売っていましたよ」と飲ませてくれた、伊藤園の「きよら」、ペットボトル。香りはジャスミン添加(そう書いてあります)で色合いも緑茶かな?、と思いつつ飲んだら、ブファァ~と吹きそうになってしまいました。甘い、たまらなく甘い。砂糖が添加されていて、外観の緑茶感にすっかりだまされました。バリの人達はこれを緑茶だと思って飲むんだ。アメリカでも、アリゾナ・グリーンティーという似たようなものが売られていたなぁ。
da5.jpg da6.jpg da7.jpg
□この緑茶っぽい外観にすっかりだまされちゃいました。
●この味が午前中くらい口に残っていました。午前中は生育不良茶園を見て、と言われてJAのY道君と現地へ。茶樹の生育不良、多くは加湿が要因。今回のも、穴を掘ってみると、砂壌土ですが(シルトが強いかな)、排水が今ひとつかな。加湿ぽく、またそのため根が上根気味で根量も多くない。そのため、道路際の照り返しの強い場所なんかでは、加湿⇒根の生育不良⇒照り返し乾燥⇒乾燥で枯れる、みたいな悪循環が起きているのかなぁ、と推測。とりあえず、排水の悪い土壌を少しでも乾かすような水道づくりが必要、だと思う、というような事を伝えてもらう。
db1.jpg db4.jpg
□今ひとつの生育。そして土壌はこんな感じ。砂土ぽいですが、ニギニギすると意外と絞まる。粘土ではなくシルトて感じかな。
●もう一か所の圃場は成園になったのに元気が今ひとつ。株面古葉も小葉だし、という事で。茶株を開くと、思った以上に茶樹の状態悪し。少し強く枝を押すとバリバリと折れてしまう。枝整理がされてない。土壌は、砂土に近いけど、やはり根張りが悪い。ただ、加湿か、というとそれほどではないし、下層へ水は抜けそうな感じ。一般管理が意外とされてない感じも強く、今年の一番茶後に一度更新してみて、状態回復を図りつつ、土づくりを含めた一般管理の徹底を、というような事を伝えてもらう。
●昔に比べ、一般管理が徹底されていないというか、普通にお茶の樹づくりをしようという熱意が畑から感じられない園が増えた気がする。やはり茶園は手を入れただけ(正しい方法で、ですが)応えてくれるんだと思う。だから、もう一度栽培管理の見直しをしてもらいたい。
●そんな事を思いつつ、Y道君と話しつつ、何にしても茶樹の水揚げ感が強い。まだ2月中旬、ちょっとこわいです。
●何となく、お茶の土壌肥料屋さんみたいな仕事を今日はやった気がして、少し気持ちが上。でも、戻ればジム仕事山だし、時間もない中で、さてどうしよう、と思ってしまう。そう言いながら、明日は釜炒り茶の仕上げ調整をしてしまう。
●明日は雨の様子。川根はもしかして雪なのかなぁ(>_<)。
●今日の一冊。嶋見なる[作]『ラーメン大好き小泉さん』【2015年,㈱竹書房,\580+税】。題名書いていて、これは「ラーメン大好き小池さん」のパロディ題だったんだ、と気付く。今回もJKの小泉さんが美味しくラーメンを食べているお話。変に恋愛に走ったり、無意味な逆が入ったりしないのが嬉しい。しかし、ラーメンって美味しいよなぁ。特に呑んだ後の〆がたまらなく美味しくて。そのためだけに呑みに行きたくなってしまう。
IMG_20150216204615e36.jpg

[ 2015/02/16 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2015年2月15日(日) 朝からまったり(^◇^)

●昨日のヴァレンタインデー。奥さんからは要望を出していた昔懐かし「ハート形チョコ」をたくさんもらいました。
d1_2015021508004771a.jpg
□少しパッケージが変ったような気がしますが、懐かしい味わいです。
●昨日も呑みへ行ってしまいました。2月呑んでるなぁ。少し格好よく呑む事を覚えないといけないと思い、最初からお酒を冷やでもらって、ぐい飲み。意外と美味しくて、また肴がいい。お通しのナガラミを楽しみながら、白身を握ってもらって、海つぼ食べて、2合目を呑みながら、炙り穴子で、(アメーラトマトも食べました)、〆にもう一貫の白身で。贅沢な時間です。
d2_201502150800492ab.jpg d3_20150215080050d38.jpg
□久保田の千壽を冷やで。お通しはナガラミ。静岡だな、という感じですが美味いんです。
d4_20150215080052b05.jpg d5_201502150800532be.jpg
□白身を三貫握ってもらって。手前から、平目、鯛、鰤。どれも冬の味で美味しいです。鯛の身がしっかりしているのがgood。
d6_20150215080446f1b.jpg d7_20150215080447780.jpg
□穴子は最初天麩羅等をお願いしたら、今日は全部煮ちゃっているので、と言われて、握りと炙りなら出来ますよ、と言われ、炙ってもらいましたが、最高。この時期のアナゴは美味いなぁ。そして、お酒は、純米磯自慢。千壽より更に透明感が強く、スルスルと呑めてしまいます。
d8.jpg d9_201502150804503c8.jpg
□相方は、ウニ・穴子・赤身と定番で。ウニが良かったようです。口直しにアメーラトマトを。
d91_20150215080451781.jpg
□〆は、相方はウニ、私は平目。美味しゅうございました。
●これだけ贅沢感たっぷりなのに支払は予想の7割程度。いいお店です。また来るぞ、そのうち。
●と、とっても美味しい時間を過ごしてしまった昨夜ですが、さすがにお酒二合は定量なのか、よい加減で気持ちよく酔ってしまいました。
●そして、今朝は前から気になっていた右腕の痛み解消のため、天神の湯へ子供と一緒に。早朝割引で入って1時間程度、グルグルと幾つかのお湯を回って、気持ちよくなりました。その後は、これまた定番の「コメダ珈琲」へ行って早朝モーニング。このサービスのトーストがふんわりで美味しいんです。
d92_2015021508162965e.jpg
□まだ朝暗いうちから行ってしまいます。
d94_2015021508163241d.jpg d95_20150215081633f76.jpg d93.jpg
□クリームソーダにトーストサービス。シロノワールが有名なようですがモーニングでは一度頼んだ事ありません。
●何だか一日の最初から、グデー、という感じになってしまいました。休みだなぁ、という気持ち満載です。[8:20]

●今日の一冊。細野不二彦[作]『ギャラリーフェイク-江戸の粋-』【2015年,㈱小学館,BO価格\108税込】。「ギャラリーフェイク」とか「ゼロ」とか(「ゴルゴ13」も)、美術であるとか、知識であるとか、歴史であるとか、情報を色々与えてくれるコミックが大好きで。その道へ進まないと分からない事って多分にあると思うのだけど、でも知っていたい、という欲求をある程度満たしてくれるし、そこの基礎知識(言葉も含めて)が何か本格的に学びたい、という足がかりになってくれる場面がある。漫画家の人って、絵も描いて、話も作って、と本当に才能がないとできないなぁ、て思います(そうでない人もたくさんいるようですが)。
IMG_0003_201502150824367ea.jpg



[ 2015/02/15 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2014年2月14日(土) ヴァレンタイン・デー、関係ないし茶樹の事を考える

●今日は慌ただしくない朝を迎えて、やや寝坊。寒い朝は変らず。
●ヴァレンタインデー。昨日、課の後輩の子が課のメンバーみんなに「職場の上司へチョコ」を配ってくれました。この歳になってもらえるのはありがたい事です。とりあえず、もらったメンバーでホワイトデーのお返しをしっかりと。
cg.jpg
□GODIVAのチョコ。単純にパッケージって大事だな、と思うところです。
●しかし、昨日の茶園の状態を見て思うのは、やはり、気温(あるいは地温、あるいは日中最高温度等)による根圏活性、吸収(あるいは吸水)。これに転流が関わるのか、施肥成分吸収の在り方は、また炭水化物の変遷は、等気になる事ばかり。この時期の茶園の状態を多面的データを収集し把握する事で見える事が多分にあると考えている。そんな話も先日の統計飲み会でN村さんとしたばかり。
●個人的には、自身の過去データである「2月下旬から3月上旬頃の、リーフパンチ古葉サンプルにおけるN量の増加」という点が「みかけ」の上では春肥の吸収を示していると考えているが(あるいは樹体内転流かもしれないが)、その時点での樹体(古葉も含む)の充足度により、その「みかけ」の変化は捉え方が変ってくる、というのも先日の飲み会での話。
●一方で、一番茶新芽枠摘み調査では「春肥の影響は如実であるが秋肥の影響力は春肥より小さい」という、単純に「一番茶新芽のNの80%は前年の秋肥まで、残り20%のうち15%が春肥、5%が芽出し肥」という結果と矛盾するような感じを受けるが、要するに樹体の状態(充足度)が明確でない事(あるいは試験処理対象が十分な充足状態であるか)が問題なんだろう、という話も。
●まぁ、ネタは色々あるので、そこら辺りを見ていけば、新しいモノが見えてくるかな、と思っています。四月からそんな事が出来たら面白いのですが。とはいえ、四月からの茶樹の状態は既に新芽観察へ移行してしまうため、状態把握という点がブラックボックスになっている事が問題なんだけど。
●地名では、簡易点滴施肥システムを導入し、3月から稼働予定。これは、根圏域における濃度コントロールの新芽生育及び品質に与える影響調査。質的な意味での可溶性Nを容器内で増加させる事が可能かどうか、という事を検証したく、ほ場を設定してもらいました。とはいえ、その追っかけも自分ができるかどうか、いまだに不明です。
●ちょっとスポット的にでも暇になると、頭の中でこんな事ばかり考えてします。まだまだお茶は面白いと思う。
●先日紹介した「鉄道少女漫画3」。実は、主人公達、大井川鉄道に乗って、千頭まで来ていたんだなぁ。そして、井川線で接粗峡温泉まで行って温泉に入って、というくだり。千頭駅では「山」に感動していました。自分は慣れてしまっているけど、列車でずっと来て、千頭に着いたら「山々しい」場所に来た感動があるんだろうなぁ。
IMG_0005_201502140844393a9.jpg
IMG_201502140844360e7.jpg
□奥大井湖上駅のくだりもあります。
●つらつらと読書にふけながら、頭の中は茶樹の妄想。[9:00]
●先日仕込みをした実家のPCが何ともまだ未完了のため、それに関する具材を仕入れに近所のヤマダ電機まで徒歩で。家の前を流れる巴川。よい天気のため、川べりにシラサギ(アオサギ?)がいて、また、大谷放水路が七夕豪雨以来のこの地域の水利を守ってくれるんだな、とパチリ。
cg2.jpg cg3.jpg
□サギと大谷放水路。
●その後はお昼ご飯用の仕入れを。これまた近所(とはいえ、ヤマダ電機とはまさに対角の方角)の肉屋なかにしへ。ここの揚げてくれるフライが好きな家族です。イカとクリームコロッケだけ共通で後は年齢に応じたものに。おばちゃんが、ヴァレンタインデーという事でビニール袋に入れたチョコをくれました。ありがたい事です。
cg4.jpg cg5.jpg
cg6.jpg
□肉屋の揚げるフライは何で美味しいのだろう。チョコもありがたくいただきます。
●夕方、実家へ行って、PCの設定の続き。とりあえず、TVが見れるようにして、あとは無線LANでのプリンターの設定が残ってます。そのあとは歩いて街が近いため、呑みへ行っちゃいました。詳細は明日。
ch1
□お酒は、久保田の千壽を冷やで。それにナガラミがお通しで。これは静岡だなぁ、と思います。
●今日の一冊。寺沢大介[作]『ミスター味っ子⑩』【2002年,㈱講談社,BO価格\108税込】。やはり、食対決ものの原点は「包丁人味平」【ビック錠[作]】で、それを一般化したのが、この味っ子だと言っても過言ではないだろう。まあ、作者も言っているように実際にこの通り作ってみたら美味しいかどうかわからない(実際に作ってないとの事だし。そこは「クッキングパパ」【うえやまとち[作]】と異なる点だが)という点は置いておいて、単純に楽しい漫画です。単行本もあったのですが、実家火事消失で、久々に行ったブックオフで108円で売っていたので買ってしまいました。文庫本です。
IMG_0002_201502140844401ae.jpg
[ 2015/02/14 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2015年2月13日(金) 13日の金曜日、やっぱり色々あるさ(>_<)

●今朝は連日の低温に比べ気温が高かったのですが。体感はあまり。それでも地名では4℃。
cf1.jpg cf2.jpg
□4℃か、と思いつつ朝の地名を撮っているのですが。
●何となく、茶園の成葉の感じが違う。昨日も朝の冷え込みは置いておいて、日中は気温が上がったから。以前、N村氏に聞いた切り替わり温度の事とか思ったり。何にしても茶葉が水をあげている感じの柔らかさが感じられて。これは、日中温度上がると意外と芽の動き早いのかも、と思ったりしました。
cf3.jpg
□弧状の秋整枝株。葉の色、艶、柔らかさの感じが違います。
cf4.jpg
□こちらは弧状の春整枝予定園。秋芽の柔らかい葉の色艶が何とも違う感じ。
●ぼやぼやしているお茶が始まっちゃう、というか、根が動いて水を上げる、これ大事。やはり、感覚というものは重要で、毎日茶園を見て、触れて、って必要だな、と感じました。
●職場へ行くと、ジム仕事。結構順調に進んでいると思い、地名へ品評会茶の袋詰め替えに行っていたら、赤判押した書類今日まで、と直轄的な命令。慌てて書類整え何とか間に合わせる。が、前任者も退職して、いまだに書類の流れがよく理解できてないため、こんな形で慌ててしまう。
●文書当番という本川根の総合支所へ書類を運ぶ仕事が3カ月に1回位回ってくる。今日は私の当番だったため、夕方の時間で出ようと思ったら、上長尾吹雪いていました。車から写真も撮りましたが、上手く写っていませんが、横殴りでした。でも、本当にほぼ上長尾だけで、本川根へ抜けたら青空。やっぱり、天候おかしいです。
cf5.jpg
●昨日の「スイーツ評価会」、静岡新聞の志太榛原版で大きく取り扱って頂いておりました。スイーツもかなり美味しかったようで、うらやましい。店舗販売が始まったら食べ歩きしないと。
a2_20150213210843154.jpg
□題材が良いと新聞の取り上げが大きくて嬉しいモノです。
●明日、明後日は久々に連休。ちょっと、のんびりです。
●今日の一冊。芦奈野ひとし[作]『コトノバドライブ①』【2015年,㈱講談社,\590+税】。帯にも書かれている「ヨコハマ買い出し紀行」でファンとなり「カブのイサキ」も購入。まったり感、というか、フワフワ感というか、やさしさというのか、ふくやまけいこ先生につながるものもあって良いな、て思ってます(ふくやま先生と言えばやはり「ゼリービーンズ」でしょう)。この重たい社会生活において、安らぎとか幸福感とか、どんな小さい事でも、そんな感じになれる時間を与えてくれる本は貴重です。と言いながら、この本まだ未開封。ビニールパッチ状態です。明日読もう。
IMG_20150213211412548.jpg

[ 2015/02/13 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年2月12日(木) 本当はスイーツ評価会参加の予定が

●今朝も寒かったけど、でも、それほどではない。地名で0℃だけど、数字ほどではない。先日は雪が降ったからなぁ、感じ方が違うんだなぁ。よい天気です。
ce1.jpg ce2.jpg
□寒いけど寒くない。体感ってやっぱり変。
●今日は、農業経営振興会企画の「川根時間chezメゾンナカミチ テ・パラディ」のスイーツ評価会。川根高校生に協力してもらいの、中道シェフも参加の、町内4店舗取り組みのスイーツが並ぶ大変楽しい企画なのですが、私は午後から環境事業絡みの会議があり藤枝へ(>_<)。食べたい、食べられなければ見たい、と思いましたが、明日の写真に期待して。前回の試食会からどの店舗も更なる工夫があったようなので、どんな風になっているのかな。
a1_2015021217313802a.jpg a2_201502121731406c6.jpg a3_2015021217314252d.jpg
□前回の試食会の時の3店舗のスイーツ。これの進化が楽しみです。
●S室長のFBを見ると、大変盛り上がって、美味しそうでした。良かった。
●明日も一日ジム仕事。お茶の詰め替えしなくては。
●今日の一冊。阿刀田高[著]『危険な童話』【1991年,㈱新潮社,\400税込】。著者の短編は、昔から好きなのですが、ブラックで大人で、男と女の機微があって。星新一のショートショートとは異なる、大人の物語、という感じを小さな頃から受けていたのですが。大人になって(いい加減いい歳になってしまった)読むと、また味わい深く、また怖さがあり、良いのですが。
IMG_0001_20150212173733147.jpg
[ 2015/02/12 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2015年2月11日(水・祝) 昨夜は楽しかった、そして今日はPCで苦戦する(>_<)

●昨夜は統計飲み会。N村氏と前から行きたかった比内地鶏のお店へ行ったのですが「8時まではいっぱいで」と断られてしまい、それでも8時からなら、と言われ、その時間から予約をして、とりあえず、一軒目軽く飲みましょうと、赤ちょうちんへ。
cd1.jpg cd2.jpg
□とりあえずは生中を頼み、イカのワタ焼き食べて。
cd3.jpg cd4.jpg
□2杯目はこんな派手派手しい色のを飲んでしまいました。リキュールソーダ割りです。
●とりあえず、2杯目飲み終わって時間となったため、鶏料理へ移動。ちょうど時間通りお客も退けていて。初めてのお店ですが、清水のSのママお薦め店のため、ハズレはないんだろうと思いつつ、注文に迷い、焼き串コース(2,500円)を頼んでみました。飲み物は、N村さん選択で白ワインをボトルで。
s95_2015021116301321c.jpg cd5.jpg
□秋田比内地鶏のお店「あべや」。ワイン飲んでるよ、似合わないなぁ、と自分で思う。
cd6.jpg cd7.jpg
□先付けは山菜とキノコかな。鶏レバーのパテがとっても美味しいかった。
cd8.jpg cd91.jpg
□ささみの柚子胡椒のせ。次は、ネギマ。鶏が柔らかく、また味があり美味い。
cd92.jpg cd93.jpg
□砂肝。筋肉なんだ、と思う噛みごたえとうま味。そして箸休めには、粒塩をふった豆腐。
cd94.jpg cd95.jpg
□金針菜という事。柔らかく甘味があり、これ好き。そして、つくねは肉の味がいい。
cd96.jpg cd97.jpg
□串の最後は、腎臓のところ?ゆるふわ感があり、これまた美味し。〆は鶏スープ。上品な味でコラーゲンて感じかな。
●このコースで十分堪能しましたが、まだ鍋コース等もあり(もちろん単品注文も可)、次はそれ食べてみたいなぁ、と思いました。店員の女の子がまた可愛くて、てちがうか。ワインに酔ったか。
●大分、酔いも来ていたのですが、3次会行きましょう、というN村さんのお誘いに賛同し、前回も行った「月の音」へ。前回はアナゴのミルフィーユ等を食べたのですが、今回は、この店鮨屋だから、鮨行きましょう、とお腹一杯なのに、3貫握ってもらったのですが、美味い。鮨いいなぁ、やっぱり。
cd98.jpg cd99.jpg
□メニューが凄いのですが。とりあえず、バイオレットフィズなど飲んでみます。
cd991.jpg cd992.jpg
□先付けがアンキモと贅沢で。そして、穴子、中トロ、ヒラメの3貫盛り。抜群に美味かったです。
cd994.jpg cd993.jpg
□そして〆はお薦めにあった銀だらの西京漬け。柔らかく脂のっていて。しかしいい加減限界状態で。カウンターの上に色々なモノがのっております。
●もうお店を出たらフラフラで、また次回、を約束して解散。静鉄終電間に合う予定だったのですが、なぜかダメで。結局、歌うたいながら歩いて帰りました。典型的な酔っぱらいです。帰りの道、寒かった。
cd995.jpg
□寒々とした北街道。
●お店の様子だけ書くと単に喰って呑んでるだけのようですが、二人での会話は、茶の施肥吸収の在り方であったり、古葉から新芽への転流の予測であったり、茶樹の状態をどう判断するかであったり、とまだまだお茶の研究、面白い事たくさんあるのに、という話で大いに盛り上がって。それなのに、関わる人はそんな面白い事やらないなんて、みたいな事で。特には、N村さんから指摘を受けた、私は新芽生育期に吸収転流のフェイズが変り、直接新芽へ吸収Nが転流していくのではと調査データから思っているのですが、N村氏的には、古葉のタンパク態が分解転流しいるのではないのか、やはり、吸収の流れは基本、順序どおりでは、というお話。これはかなりインスパイアされる話で、春肥と秋肥の効果も含めたモデルが書けそうな、あー、いい話。いや、やっぱり、こんな話が出来る人がいてくれると嬉しいわ。まだまだ、やれる事、やる事山積みです。やれる環境がほしい。
●家には午前様で到着でしたが、道すがら凍死する事もなく無事に。明日は休みだからいいや、という感じ。
●そして、今日は朝から、実家で使うというPCの購入とセッティング作業を。予算金額内でPCとプリンター、ウィルスソフトを購入できたのは良かったのですが、セッティングがなかなか思うようにいかない。windows8.1、よく分からない。何とも使いづらい画面設定だし、Officeも入っているだか入っていないだか画面での確認や呼び出しがよく分からないし、と結局夕方まで掛ってしまって(>_<)。一日無駄にした。
●今日の一冊。荒俣宏[著]『目玉と脳の大冒険-博物学者たちの時代-』【1987年,筑摩書房,\2,950税込】。博物学の時代。そして、それを表現する著者。それに耽溺する自分。読むと見るが両立できる、そしてベルエポック、良き時代を思う。
IMG_20150211171124825.jpg





[ 2015/02/11 ] 科学 | TB(0) | CM(0)

2015年2月10日(火) 雪だぁぁぁぁ、道は凍結ぅぅぅぅぅ

●昨日の吹雪を気にしながら寒い寒い朝を起きて川根へ車を走らせたのですが、道すがら、雪残ってるじゃん、て思えていたのは旧川根町までで、川根本町に入ったら道路に雪が残っていて、状態。とりあえず、地名で一休みですが、この状態では。寒いけど0℃で止まってる。
cc1.jpg cc2_20150210173614953.jpg
cc4.jpg cc3_20150210173615646.jpg
□0℃です。地名の茶園雪が積もってます。茶株の上にも少々。草の上は、シャクシャクと歩くと音がします。
●ここから川根本町役場へ行くまでが大変で。日の当らない場所では凍結気味の道路。そして、いきなりゆっくりになる前方の車。普通なら10分チョイで着く所が20分以上掛ってしまいました。到着した役場の駐車場も雪積もっていて、場所によっては凍っていて、すべる。公用車も雪積んでいました。
cc5.jpg cc6.jpg
□この写真撮っていたら、地元の職員の人に笑われてしまいました。
●この状態では外へ出る気力もなく、たまった報告書と事業関連書類の整理。中にいると暖かいんだ。暖房温度の割に。
●今日は今年初の統計飲み会のため、少し早めにあがって。帰りの道はもう大丈夫でしたが、まだ日の当らない場所で雪が残っていました。
●飲み会報告は又明日。
●今日の一冊。夢枕獏[著]『陰陽師-酔月ノ巻-』【2015年,㈱文藝春秋,\520+税】。出会い本、というか名前だけで買ってしまう。内容はもういいかな、と。ただただ、終わらない物語は終わらせてほしいし、欲を言えば新たな小説も読んでみたい。人の心であったり、肉体であったり、強さであったり、弱さであったり、色々な事を本から学んだ。本は本当に色々な事を教えてくれる。そんな意味で一冊の本は先生にもなる。
IMG_0001_2015021017462523e.jpg
[ 2015/02/10 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2015年2月9日(月) 寒い日に、休みのツケが溜まる

●先週木曜日の午後は静岡で打合せ、そして金曜日、土曜日と東京へ出張だったため、かなり不安で役場へ足を運ぶ月曜日。朝の静岡、バカ寒く、車は良かったものの、地名へ着けば1℃で風があるんだ。冷え込んでいます。
ca1.jpg ca2.jpg
□寒いとスッキリな空の地名です。
●役場へ着いてメールを確認すれば「早急に」とか「とりあえず、ファイルだけでも」とか、とうたわれたメールが連々とあり、朝一番からテンションあげざるを得ない状況で、内容の確認電話を入れた後、各種調整、依頼、書類作成、また電話で確認、と午前中パニックもパニックな状態で過ごしておりました。一応、お昼までに一段落したので、午後は先週の出張関係の報告書作成を進めて。次のステップへ向けて、頂いた意見、また視察調査で感じた事を整理し、より良い川根茶づくり、川根茶の在り方へ、と考えてます。
●一方で、午後予定していた茶業青年団が行っている学校呈茶への参加は、インフルエンザ大流行で生徒の出席が少なく中止に。うちのS室長もインフル休みで、自身がひっかからないよう気をつけないと。
●結局、午後の報告書作成も途中で終わってしまい、上の方は雪が降っているから(徳山より上、本川根方面)、という事で帰宅の途へ。外へ出たら寒い寒い。役場の駐車場で、まだ6時半なのに0℃って何(>_<)、て感じでした。しかし、それは序の口。
ca3.jpg ca4.jpg
□役場の駐車場にて。6時半でも真っ暗です。まだ2月だし当たり前か。
●帰り路、車を走らせて、下泉を過ぎた辺りから、雪が正面から降りつけてくる(>_<)。結局、川根温泉の辺りに抜けるまで結構な形で吹雪いていました。写真の線が、雪の降りつけです。
ca5.jpg
□去年はこんな事なかったなぁ、と気候の違いを実感。
●明日の朝の冷え込みと道路凍結が心配です。行き着けるかな。
●今日の一冊。三浦しをん[著]『木暮荘物語』【2014年,祥伝社,\600+税】。キョンキョンもほめてるしなぁ、と先日の本屋の出会いで2冊買った上に、プラスこの一冊を購入してしまいました。読んでみると、ちょっと自分の求めるモノとはズレてるかな、という感じ。文体もテーマも、語り口も悪くないのですが、キョンキョンの言うように、最後のページを読み終わった時に感じた喪失感、というようなものは、なかったなぁ。多分、女性とは感性が違うのだろう、と思いました。もう少し、地に足が着いている現実感のある話の方が。あくまで個人的感想です。
IMG_0003_20150208072629cb3.jpg
[ 2015/02/09 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2015年2月8日(日) 本でも読もう

●2日間さぼってしまった(というか、自宅PCでないとなかなかブログを書きようがないIT状況が問題なのだが)、ブログ書きをやり、写真もアップ。このような仕事絡みの情報アップは、仕事をしている時にも、使えるので大事。とはいえ、飲んだり食ったりしているものが常に半分以上を占めるのが自身のブログであるのだが。
●昨日、呑みへ出た時に久しぶりに本屋へ寄ったら、出会いがあった本が何冊か。Amazon買いで定着しているけどやっぱり本屋で棚を順繰りに見て、目に留まる楽しさはAmazonではない。やはり、本質はペーパー本だなぁ、と。
●東京駅地下街や丸ビル等の店舗を見ていると、バレンタインデーが近いため、その系の商品が並んでいるのだが、やはり、その系の商品はセンスがあるし、あ、これはいいなぁ、と思うモノが目につく。思わず買ってしまったチョコレート。このミニチュア細工のような形状はある意味で凄いなぁ、と思う。
c998.jpg c999.jpg
□これは、グラス呈茶のお茶菓子につかえるかも、と思ってしまいました。ありだな。
●今日は、実家に頼まれたPC探しにお店探索をする予定。[7:50]
●雨降りの中、車を出して、電気屋とパソコンshop巡り。だいたいの当たりはつけたので、あとは値段の折り合いだけ。
●惰眠をむさぼる。寒い一日。明日の朝の凍結が心配だ。
●今日の一冊。田中芳樹[著]『タイタニア⑤≪凄風篇≫』【2015年,㈱講談社,\880+税】。本屋での出会いモノ。まだ読んでません。それでも、著者が26年かかっての卒業と書いてあるので完結編、という事なんだなぁ、と。26年前に「銀英伝」の流れで購入した「パックス・タイタニア」「タイタニア・エイジ」の語り口。20歳の自分がそれらにはまるのは当たり前の事だったんだ、と。先年でた④から語り口も変り、そして終わりを前提とした展開に時の流れを感じつつ、しみじみと読み切りたいと思います。
IMG_0004_201502080726356be.jpg
[ 2015/02/08 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2015年2月7日(土) 研修2日目都心を歩き、戻ってきて、色々と反省する【2015年2月8日記載】

●本日は、東京駅、有楽町駅等周辺の各県アンテナショップ等の視察調査。
●以下、明日記載します。【2015年2月8日に記載しました】
●昨夜のお酒が大分残っていて、眠れたり眠れなかったりだったのですが、とりあえず朝6時にロビー集合という事で、集まったメンバー5人で、築地場内市場まで築地メシを食べに。ところが、土曜日のためか、その時間で既に各店長い長い行列が。それも外国の方(韓国系、中国系、そして西欧亜米利加等)が8割近く。一緒に行った2名は、並ぶのは嫌なので、と脱落。残った3名で並んでいたのですが、築地の仲買のおじさんが「こちらのお店もそれ程は味は変わらんよ」と教えてくれたお店に入る事に。岩佐寿し。せっかく来たのだから、と朝の6時半の時間で、おまかせ握り12貫巻物1本味噌汁付き(\3900)を頼んで食べましたが、まぁ、当たり前に美味いです。白身もそうですが、イクラ、ウニ、穴子、大トロも本当にとろけました。満足。お土産に岩ノリくれたし。
c95.jpgc93.jpg
c94.jpg
□12貫ですが、握られた端からガンガン食べてしまったので、12貫揃いの写真は撮れませんでした。スミイカも美味しかったし、アナゴはフワフワだし。元々は貝類の取り扱い業者さんだったようで、貝類も美味しかった。というか、この値段払って不味かったらキレちゃうなぁ。
●しかし、時計が7時前を指している時間に、こんな鮨を食べている自分、我に返るとその異様性に、こんな事していていいのか、と思ってしまったりしましたが。まぁ、美味ければいいか。
●そして、午前中の時間から歩きで銀座、有楽町、東京駅界隈の各県アンテナショップを視察調査。やはり、北海道、沖縄、京都はお客も入っているし、品ぞろえ、接客もしっかりしている。それに対して、あまりお客の入らない県のshopは、今ひとつどころか、何でやっているの、て感じてしまう位。考えなくてはいけない事が多々あるなぁ、と思いました。
●そんなアンテナショップでテンションが下がったので、東京へ来るとよく来る「THE Darjeeling」へ美味しいダージリン紅茶を飲みに、5人程度で。農園茶を明確にしていて、ケーキが美味しくて、参考になります。
c96.jpg□このチャートで傾向を確認し、お茶を選べます。
c97.jpg c98.jpg
c99.jpg c991.jpg
□私が頼んだのは、アルヴァリー茶園。優しい味わい、渋味も舌に強く残らないもので、川根茶に通ずる感があります。この店はお茶だけだと800円なのですが、ケーキセットにすると1160円。このケーキが銀座のケーキという感じで美味しいんですなぁ、まったく。
●そして東京駅地下街を散策し、視察研修も終了。家にたどり着くまでが研修という事で、新幹線内でも研修結果を意見交換しながら静岡へ。いい勉強をさせて頂きました。
●戻ってきて、夜は夜で呑みへ出てしまいました。海人(うみんちゅー)。先日は食べれなかった「豚シャブ」食べました。当たり前に美味かった。特に雑炊、感動モノです。
c992.jpg c993.jpg
□付き出しは昆布類。そして定番ゴーヤチャンプル。
c994.jpg c995.jpg
□先日食べてはまった「モツの塩煮」。本当にこれだけあればいい位の酒の肴です。そして、豚シャブ用のアーサー豚。臭みなくとろける脂が素晴らしい。
c996.jpg c997.jpg
□そして、鍋をやったらこれを食べなきゃ絶対にいけない雑炊。モズクが入って神の味です。そして別腹の〆は、大将お薦めの杏仁豆腐です。
●こういう美味しいお店、良いです。
●今日の一冊。岩間眞知子[作]『喫茶の歴史-茶薬同源をさぐる-』【2015年,㈱大修舘書店,\2,000+税】。お茶に詳しい方のFBページで紹介されていたので購入。歴史的なお茶の位置づけを自身の中で確認する必要性は感じている。そしてそれをどう今のお茶の在り方に活かすのか。幾つになっても勉強は大事だと認識はしています、伴いませんが。
IMG_0002_2015020807263041a.jpg

[ 2015/02/07 ] お茶 | TB(0) | CM(0)

2015年2月6日(金) 東京出張~川根本町農業経営振興会視察研修会[2015年2月8日記載]

●東京へ出張。ブログを書く手段がないため、明日以降に記載します。【2015年2月8日に記載しました】
●東京出張は、川根本町農業経営振興会の視察研修に同行。
●行きの新幹線に乗る前に、そのパッケージがあまりに懐かしすぎて久々に駅売りのサンドイッチを買って食べてしまいました。
c1_2015020806262692f.jpg c2_20150208062627d7e.jpg
□記憶が刺激される味でした。値段もそれなりで。
●東京駅到着したら、とりあえずお昼を。鴨南せいろ。
c3_2015020806262960c.jpg□普通、あまりに普通。
●一日目は有明の東京ビッグサイトで行われている「Gift Show」の最終日を視察調査。「FOODEX JAPAN」には何度か足を運ばせてもらったのですが、ギフトショーは初めて。特に今後の販売展開や商品づくり等に関わる出展ブースを中心に確認。何にしても広くて広くて、歩きまわりました。
a1_2015020805492421a.jpg
□最終日の午後だというのに凄い人でした。
●写真撮影が基本禁止という事で、名刺を出し、許可を頂いたブースのみ撮影させて頂きました。
a2_20150208054926061.jpg a3_20150208054928cd0.jpg
a4_201502080549293c6.jpg a5_20150208054930c16.jpg
■当町でも最近、柚子の加工を含めた取り組みが盛んとなっていますが、やはり四国は先駆者。鬼頭柚子(徳島県)、というは初めて聞く(あまり柚子について突っ込んで学んでないので)ものでしたが、手搾りという点と、様々な加工品の取り組み、特に結晶化された柚子の抽出物は香りも保持されており、これは方向性ありか、と思いました。
b1_20150208055521ef6.jpg b2_201502080555244d7.jpg
■お茶では、牧之原市のカネジュウ農園(渡辺知泰代表)がセンスの良い出展をしていて。農林時代に同僚が担当していた時に紹介してもらったのですが、若いのに先駆的経営者です。幾つかの大きな商談もできた、というような話も聞いて、お茶もまだまだやり方だと感じました。
b3_201502080555259af.jpg b5_20150208055528f37.jpg
aa1_20150208060300704.jpg aa2_20150208060302648.jpg
■こちらは台湾出展の印刷&パッケージの会社。紙性の箱等なのですが、しっかりしたつくりと多様なデザイン、また印刷に対応可能との話に、現在検討中のお茶のクオリティを反映させられるパッケージにかなり対応させる事ができるのでは、とT畑係長と話を。けっして、案内の女の子が可愛いから喰いついた訳ではないです。でも、可愛かった、日本語上手いし。
b6_20150208060637248.jpg b7_20150208060639def.jpg
b8_20150208060640685.jpg
■こちらは「伊萬里茶」のブース。伊万里茶、という言葉自体初めて聞く産地だったのですが、伊万里焼きデザインを使ったパッケージは、それが従来の茶袋であっても、大変重厚感のある価値を感じさせるものとなっており、目を惹きました。お茶としては名が売れてませんが、伊万里焼きは世界に通用しますから、という話。お茶も飲ませてもらいましたが、まぁ普通。でも、この売り出しはあり出し、これから色々な展開が図れる可能性が高く、羨ましく思うところで。
c1_20150208061153b93.jpg c2_20150208061154761.jpg
c3_201502080611559b0.jpg
■これも又目を惹くパッケージでした。飴、だそうですが、容器とポスターのデザインがセンスいいなぁ、と。容器自体が軽く、手に取ると最初のインパクトと違い重厚さに欠けますが(値段設定も微妙な感じでした)、ありだなぁ、と。これまたブース対応していた女性が可愛かった(そればっかり)。
c4_201502080616395fb.jpg c5_20150208061641a30.jpg
■山梨県ブースでは、昔からの知り合いの「まるわ茶園」の一ノ瀬さんが出展されていました。山梨県で唯一のお茶生産者(だと聞いていますが)。良質なものを作られる生産者なのですが、最近のFB等情報では積極的な販売戦略を県を挙げて行っているとの事。
●歩きまわりましたが、勉強になりました。見るという視覚認識での傾向と、やはりアロマ系の香気の重要性は確認。ただ香気に関しては、香料ではなく、ナチュラルをどう活かすのか、という事を考えなくてはいけないと思いましたが。
●夜は皆で情報交換をお酒も入りながら行いましたが、ちょっと飲み過ぎました。4月からどうするんだ、と散々声を掛けて頂けるありがたさに感謝しております。しかし、本人も全くその点については分からない、所詮、サラリーマン、一傭兵なのでしかないで。
c4_201502080626301f4.jpg c5_2015020806263493a.jpg
c7_20150208063308217.jpg c8_20150208063309e17.jpg
□これだけ並ぶと天麩羅蕎麦食っているようですが、もっと色々食べましたお酒も散々飲ませて頂きました。日本酒飲み過ぎて頭が痛くなる状況で。
●とても二次会に対応できる状態ではなかったのでそのままホテルへ直行しバタン。なぜかテレビで亀梨と深キョンのドラマをやっていて頭痛い癖に見ちゃいました。一時期デブデブだった深キョンが綺麗になっていてビックリものです(ヤッターマンのドロンジョ様とかひどかった)。
c9_201502080633100b5.jpg c92.jpg
□最初、フラフラの頭で見ていて、この女優さん誰だろう?と全然分からなかった。
●宿泊したホテルが築地のそばのため、朝一番で築地メシを食べに行くぞ、と茶農家の方々に誘われている事を頭の片隅に残しつつ初日終了。
●今日の一冊。押切蓮介[作]『ピコピコ少年SUPER』【2015年,㈱太田出版,\660+税】。最近、kindleでピコピコシリーズ購入していたら、最新巻(そして完結)が自宅に届いていて(Amazonで頼んだのをすっかり忘れていた)。だから、kindleで安く販売していたんだなぁ、と思いつつ、最新刊も変わらず、ゲーマーだった自身の郷愁を誘うのであった。
IMG_0005_20150208072639116.jpg


[ 2015/02/06 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年2月5日(木) 地名から雪、そして静岡で川根茶について打合せ

●今朝は静岡は雨。昨日、川根は雪予報が出ていましたが、静岡がこれ位なら又大丈夫だろうと、突き進んだ訳ですが、鹿島田の川口を越えた辺りで、霙交じりの雨に、そして、笹間渡を越えて、川根本町地名へ入ると、雪降ってるじゃん状態に。このパターンは自身も初めてだったので、ちょっと驚き。とりあえず、地名で休憩している間に、積もる積もる雪が積もる。気温は1℃だけど、て感じでした。
bj1.jpg bj2.jpg
□気温は1℃。雪が吹雪いているのですが、写真だとよく分かりません。
bj3.jpg bj5.jpg
□車のサイドミラーに積もった雪。そして茶園にも。
bj4.jpg bj6.jpg
□霜ではなく、雪です。そして地面も歩いた足跡が付く程度に降っていて。
●役場まで行くと、山は普通に真っ白で。昨夜から降っているようで。このまま降り積もったら移動できるのかな、と心配しましたが、お昼前には降雪は止んで。午後が静岡のため、お昼前に移動。藤枝の事務所へ寄って、KKKS情報等を仕入れてから、静岡まで。
●午後の部は、異業種コラボをやった静岡のシューズセレクトshop「quasi」の太田代表と、川根茶のブランディング等に関する打合せを行いました。全くの異業種の目から見たお茶の評価、商品としての在り方、やるべき事、方向性等、T屋PやT畑係長と熱い意見交換の時間をセノバのカフェで。3時間以上、そんな話を続けたため、店員さんからはかなり冷たい目で見られていましたが、やらなくてはならない事、をある程度共有化できた気がします。私も残り少ない日々の中で、それが実行に移せるよう段取りや基礎的構築を進めたいと思います。
bj7.jpg
□カフェオレ一杯で3時間。まさに喫茶店の過ごし方。
bj8.jpg bj9.jpg
□太田代表、T屋PとT畑係長。熱い熱い議論となりました。
●これらの議論の中で、どうしても自分の4月からの立ち位置が明確でない事が足を引っ張る感が強いです。悲しい。
●明日、明後日と農業経営振興会の視察研修に同行し、幕張でやっているギフトショー等視察調査を行います。色々な事を今後のために活かしたいと思っています。
●今日の一冊。押切蓮介[作]『ピコピコ少年TURBO』【2015年,kindle,\99】。もちろん、これも紙本で持っていますが、\99に釣られて購入してしまいました。kindle、とりあえず気軽に読めるから。感想は昨日と同じく、そういう時代だったのよ、と言いたい。
ピコピコ少年TURBO
[ 2015/02/05 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年2月4日(水) 市町村交流職員研修会&交流会、後一人呑み

●今朝の地名も寒かった。0℃。しっかり霜降りてます。ぼさっ樹に霜が降りるとやっぱり寒いんだなぁ、と感じます。
bg1.jpg bg2.jpg
bg3.jpg bg4.jpg
□寒い日の地名はこんな感じです。
●とりあえず、ジム仕事に専念。午後は、市町村交流職員(私の事だ)の研修会&交流会が県庁で行われるため移動。交流会ではお酒が入るため、自宅へ車を置いて、という面倒な移動。
●研修会は、大学の先生の「今後の公務員の在り方」みたいな講義でしたが、何ともステレオタイプ的な公務員事例を説明されても、公務員意識のあまりに希薄な職場を渡り歩いて来ているだけに、何にも感銘を受けないという不遜な態度での受講。
●更に、その後の交流会では1時間の限られた時間の中で、来賓のあいさつ&乾杯あいさつで、1/3消費という、偉い人ほど喋りたい現象が顕著に出ていて。結局、ビールを2杯、お酒を1杯、食べ物はパスタを半人前にイカリング2個、これで2200円も取るという暴挙に唖然でした。
●中途半端な飲み、中途半端な食べ、でそのまま帰るのも、と思い、「海人(うみんちゅー)」へ行き、軽く泡盛1合(カラカラで八重泉を)、島らっきょう、豚モツの塩煮(これがたまらなく美味かった)、そして、アーサーそば、で〆て満足。これで交流会とお値段それほど変わりません、て。やはり、飲むなら美味しい行きつけの店で、が鉄則だなぁ、と思いました。
bg5.jpg bg6.jpg
□付き出しの牛蒡揚げ、と八重泉のカラカラ。
bg7.jpg bg8.jpg
□島ラッキョウと豚モツの塩煮。塩煮だけでずっと飲めちゃう。柔らかく、甘い。美味しい。
bg9.jpg
□〆は、アーサーそば。思った以上にボリュームがあり、ちょっと食べすぎです(>_<)。
●明日も午後は静岡へ移動。ジムさえなければ、静岡で一日、とか思ってしまうのですが。ウェザーニュースで出る川根本町での雪マークが心配です。
●今日の一冊。押切蓮介[作]『ピコピコ少年』【2015年,kindle,\99】。ペーパー本で持ってます。ただ、ダンボール詰めで整理してしまったため、直ぐに読める状態になく、kindleストアで\99だったので購入。この作者は今、ゲーム版権問題で、出版本の回収の憂き目にあったりして残念なのですが、内容的には時代ぴったりで共感と面白さが抜群です。主人公と同じく、ゲームに夢中、の時代は何も考えていなかったなぁ。
ピコピコ少年
[ 2015/02/04 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年2月3日(火) 節分、一難去って

●本日は、午前中、向笠会の互評会へ参加させて頂きました。牧之原で大規模経営をされている向笠氏が受け入れた他県を含めた研修生とともに行っている勉強会。声を掛けて頂き、今年で3年目の出席。私自身は、製茶が専門でないのですが、茶業界では誰もが知っている、元国立試験場の深津先生、そして元県立茶業試験場の高橋さん、岸本さん、それにJA清水の技術員の深沢與雄さんと製造・審査のプロの方々出席されて講師役を務めてらしているので気楽に、このお茶は・・・、なんて話をしたり、今年の春先の低温少雨が味わいを淡泊に・・・、なんて言ってみたり。しかし、他県の若い人たちを含めて、とても熱心な勉強会。本当にためになります。
bf1.jpg bf2.jpg
□たくさんのお茶が並びます。
a1_20150203211252a49.jpg□元静岡茶試製茶研究室の高橋研究主幹。変らないなぁ、喋りが。
a3_20150203211253189.jpg a4_20150203211255aa2.jpg
□お茶の互評後に皆で意見交換。深津先生、高橋さん、そして岸本さん。写真がありませんが、JA清水の深沢與さんもいます。
●このレベルの方々の話を聞いて勉強するので、お茶が良くならない訳がない。見るのは三年目ですが、誰ものお茶が進歩しているのを感じました。高橋さんの審査方法や篩分けの考え方等、私も初めて聞く事も多く、勉強になります。
●午後もまだまだ深い研修が構成されているのですが、午後から役場で打合せのため泣く泣く退散。残念。
●それでも役場に戻れば一つの朗報が。とりあえず、月末、KKKS、川根本町には来ない、という事で。一難去って、の状態にはなりました。又一難とならない事を祈るばかり。
●午後打合せも年度内、そして新年度での取り組みや展開を踏まえての話が深く、そして議論の下、考える事多々ありですが、少しでも、一歩でも前へ進まないといけません。
●KKKS、来町を外れただけでも嬉しい。今日だけは、ホッと一息、させてもらいます。
●帰り際に、昔、牧之原を担当していた時にお世話になっていた茶農家さんの訃報を知りました。残念です(T_T)。
●今日の一冊。杉浦日向子[著]『4時のおやつ』【2006年,㈱新潮社,\514+税】。仕事をしていて夕方が近づくと小腹が空いてきます。それでもやはり仕事中、堂々とおやつを食べる訳にはいかないのですが。作者の視点、そしてその道具として出てくるおやつが、また話にぴったりで。読み返して思うのは、まだまだ書いて頂いて色々な本をお読みしたかった。
IMG_20150203214608a06.jpg
[ 2015/02/03 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2015年2月2日(月) お茶の調整(火入れも)

●今朝は静岡を出る時に既に0℃、でしたが、地名へ着いたら-2度でしたので、それほどでは、という感じ。風がないせいかな。それでも日陰に入ると寒い、寒い。まだまだ冬です。
bd1.jpg bd2.jpg
□相変わらず氷点下になると茶株面には霜が降りて。
●月曜日です。ジムを少しやり、昨日の打合せ結果をT畑係長に報告し、今後の対応を進めたり。一段落したところで、地名農林業センターへ移動し、冷蔵庫に保管してあった各種茶の整理をしました。年次茶は、袋を開けて確認し、やっぱり、美味い、川根茶だなぁ、と思ったり。遠赤使って再火で調整したり。
bd3.jpg
□こんな感じのお茶がズラズラと出てきてます。
●いつもお世話になっている方から「こんなの好きでしょう」と言われて、いただきました。ブログ見られてるなぁ。
bd4.jpg
□ロペ、っすか。多分、アキラ先輩ヴァージョンもあるんだろうなぁ。
●明日は、KKKSの対象市町の発表日。全く気が重い。2月になってもやる気が出ません。
●今日の一冊。すがやみつる[作]『ゲームセンターあらし①』【2015年,kindle版,\0】。この時代、ど真ん中で、ゲームにはまった世代。読み返すと、今のゲームに比べれば本当にショボイのですが、あの頃は夢中になってやっていたなぁ、と(実際、炎のコマ、なんて言ってジョイスティック叩いていた記憶も)。今の子達が読むとは思えないけど、おじさん世代には懐かしのバイブルです。kindleで無料、即購入してしまいました。
ゲームセンターあらし①
[ 2015/02/02 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2015年2月1日(日) 二月始まりました

●昨日の披露宴で頂いたお酒が、なzzzzzか頭に残り、また、明け方の冷え込みで、布団の中でゴロゴロしてしまいました。今朝は思い切り寝坊。2月の始まりだというのに締まらない始まりで。
●昨日の披露宴で、最初は変った席案内の筒だな?と思ったものが、茶缶だったのに感激。高田農園製のべにふうき紅茶。センスのある茶缶、高田農園はお茶自体も素晴らしいけど、商品性がいいなぁ。
z1_2015020109304387b.jpg z2_20150201093045b9b.jpg
□名前は消してありますが、奥様になる方が書道の先生と言う事で、達筆で各自の名前が書かれていました。
●新郎が高田農園と親戚との事で、いらしていた高田惠夫さんとも話をしました。70歳を超えてますます盛ん。お茶に関して話される事には気付かされることばかりで、篤農家とはこういう人を言うんだ、と思うばかりです。
●今日は実家とquasiへ。
●実家では仕事で使うパソコン購入の相談をされ、とりあえず、自分の方で段取りして揃える事に。もちろんお金は実家餅ですが
●quasiでの打合せ前に実家の傍の中華料理屋へ。昔からある「銀杏亭」というお店ですが、昔ながらのラーメンが普通に美味しくて。いつも行っては、ワンタン麺を食べます。GABANのコショウがある店って最近少ないよなぁ、と思って。
bc1.jpgbc2.jpgbc3.jpg
□この店以外でワンタン麺、て食べないなぁ。そういえば、チャーシュー麺という選択肢も最近ないなぁ。
●ラーメン食べた足で、シューズセレクトshop『quasi』へ。川根茶の新たな展開に向けた打合せを太田代表と。お茶の話をしながらコーヒーというのも、と言いながらコーヒーを飲みつつ2時間ほどお邪魔してしまいました。楽しい事をできたら、という点を基軸に、色々な話をして頂き、毎回そうですが、勉強になります。帰り際に店に来られたお客さんが、quasiで呈茶イベントをやった時の方で「よかったです。友達に話したら、参加したかった、て言ってました。またやってください」というありがたいお話を頂いたり。それらの点を含めて、色々な展開を図りたいと思います。
bc6.jpg
bc4.jpgbc5.jpg
□quasi店内にて。コーヒーカップがソーサーが深くて、ちょっと不思議に見えて。プクプク鯛焼きはエアインチョコで持ち込みお土産です。
●今日の一冊。中村明日美子[作]『君曜日②鉄道少女漫画③』【2015年,㈱白泉社,\714+税】。このシリーズは好きです。ただ、段々と鉄道要素より恋愛要素比率が増加していくのはしょうがない事なんでしょうが。
IMG_2015020109242776d.jpg
[ 2015/02/01 ] コミック | TB(0) | CM(2)