FC2ブログ

2014年11月30日(日) 11月しゅうりょうぉぉ。

●日曜日。夕方に車検の終わった車を取りに行く予定くらい。結構、かなり、お金掛りました( 一一)。命が掛っているからしょうがないのだが、貧乏人には痛い。
●昨日、FC2ブロガーの方からコメント頂いて。泡坂妻夫先生のお話。手品師の資格?技術を持たれている方で、トリックが巧妙で繊細、そして話もきれいにまとまっていて破綻がない。そんな先生の著作で、手品モノ(奇術トリックの解説)をなぜか購入していたのでアップ。何事にも理論あり。
IMG_2014112920140365b.jpg□泡坂妻夫[著]『魔術舘の一夜』【1987年,㈱社会思想社,\400+税】
●読書三昧。本ってやっぱり、面白い。最近、電子本、kindleを読む場面も増えたのだが、どうも、バックライトの明るさから目の焦点が合わなくなる傾向。やはり、紙本かな。[11:30]
●明日、また「新たな川根茶の販路開拓」のためのプレゼンを行うので、道具とお茶のチェックを。H25全品煎茶二等「土屋鉄郎」をシャンパングラス飲みで。口が贅沢になっているため、水の関係か、保管のためか、やや外側に渋?苦?雑?味が入り込んでいる感じはするが、十分な甘味、美味しさ。お湯出しまで四煎、贅沢に頂きました。
a1_20141130123317d48.jpg a0_2014113012335299c.jpg
□H25全品普通煎茶二等入賞「つちや農園 土屋鉄郎」謹製茶。天空の川根茶の探究者。艶ぽいお茶が素敵だ。
a2_201411301233189f3.jpg a3_20141130123320bf5.jpg
□SFCのコースターは素敵なのだが、グラス飲みの中でのお茶は下が白の方が映える。綺麗な広がり。
a4_20141130123321ca8.jpg a5_201411301233234ab.jpg
□一煎茶目のこの一口が至高の味わい。贅沢の極み。最後はお湯出しで川根特有の後口に残らない渋味を楽しむ。
●TACHIKAMAもそうだが、本当の贅沢な一口のみ、という味わい方もありだと思う。許されるなら。自分自身がそうだが、お茶に対して口が驕ってしまっている人間は、違いが分かってしまうから。俺は馬鹿か。[12:40]
●今日のお昼も子供を塾へ送るついでに外食。「CoCo一番」でカレー。普通に美味しいから好き。エビあさりカレーを3分で食す。カレーは飲みモノ。
F1000084.jpg F1000083.jpg
□普通盛り、普通の辛さ、普通に美味しい。3分完食。
●車検終了で車を取りに行ってきました。お金は掛りますが、走りはいい感じ。あと4ヶ月の通勤は頑張ってもらいたい。
●今日の一冊。ケイ・ミズモリ[著]『底なしの闇の[癌ビジネス]』【2014年,㈱ヒカルランド,\1,611+税】。著者の話をどこまで信じて読めばいいのか、ですが、ネタとしては基本面白い。個人的には、どんな状態も面白ければいい、と思っている。そう思わなくてはやっていけない事も多々あるから。それを前提として、嘘、本当は自分自身で見極めるしかない。もちろん、判断も。理系の人間のため、データ等で示されるとそれなりに考え、それの表裏を思いつつ理解しようとしてしまう。そして、やはり、面白い、が大事。
IMG_0013_201411292021230ce.jpg


[ 2014/11/30 ] 科学 | TB(0) | CM(2)

2014年11月29日(土) 土日連休を思うと気持ちが楽になる

●明日の日曜日もお休みのため、朝から雨降りですが気持ちは楽。車を車検に出さなくてはいけないため、生活空間と化している車内を片付けて。
●スマフォへの切り替えを画策しているのですが、何回行ってもD-shopの対応が如何にも悪く、購入希望が萎えるため、ネット購入に決め、ポチッと注文してしまいました。世相に乗れない人間なので、iPhoneではありません。月曜日到着予定。ポイントもなかっため、カバー等はAmazonでポチッと。
●車検に車を出してきた。川根に来てから2年経たないのに6万km程度走っている。現在16万km超え。次の車検は勧めません、と言われてしまったが、今回の車検もお金が掛る。何にしても毎日130kmを走っているので、微妙な故障が怖くて。足回りとエンジンだけはキッチリやってもらって。それで金が掛る。こんな経費は通勤費には含まれていないしガソリンは高いし。結局、車通勤等していたら持ち出しばっかりになってしまうという事なんだなぁ。ダメだなぁ。
●車を置いて、代車を借りて、図書館へ。雨のため、それほど混んではいない。読みきれてない夢枕獏を数冊。あとは軍師もの、そして、なかなか自分では買えない単行本を複数。
IMG_0001_201411291117090ee.jpg IMG_0002_20141129111710ad6.jpg IMG_0003_201411291117125a9.jpg
IMG_0004_20141129111714b43.jpg IMG_0005_20141129111715ca4.jpg IMG_0006_20141129111943caa.jpg
IMG_0007_20141129111944dfc.jpg IMG_0008_20141129111946ee7.jpg
□人物の書かれた歴史物、好きである。
●子供を塾へ送るついでに、お昼を一緒に。久々に丸源で肉そばと温泉卵ごはん。味が安定していて普通に美味い。
F1000078.jpg F1000079.jpg
□肉そばと温泉卵ごはん。何度も書くが普通に美味い。
F1000076_2014112913300862f.jpg F1000077_201411291330092f3.jpg
□子供達はラーメン以外に鉄板炒飯を頼む。そして、薬味等を使った味の多様化の紹介も。
●家へ帰り、借りてきた本を読む。何だか久々の怠業。
●自宅はいまだにADSL回線を使っているのだが、それについて電話での光回線への勧誘。如何にもNTTとYahooでそういう手続きを進めています、という内容でそうしなくてはいけないと思わせる対応だったのだが、電話口の向こうで、客獲得の拍手が如何にもうるさくて、あー怪しい、と結局、30分程、のらりくらりと聞いて、最後に向こうが、お客様が勝手にネット等で手続きをされた方がよろしそうですね、と半切れで、終了。せっかくの休みに無駄な時間。しかし、光回線への切り替えはしないとなぁ、と思う。最近、よく回線がよく落ちるし。
●今日の一冊。大石貞夫[著]『茶の生育診断と栽培〔第2版〕』【1986年,(社)農山漁村文化協会,\1,100】、『茶栽培全科』【1985年,(社)農山漁村文化協会,\1,900】。これは今の会社に入社して、お茶の普及員やる、と決まった時に、先輩のお茶の普及員の方から、お茶についてはこれを勉強しな、と頂いたもの。まさにお茶の基本。現在は、著者の著作集に編纂されているが、基本的な調査、茶樹の生理、栽培管理、製造、色々な事を学んだ。これらを踏まえて、新しい知見を出さなくてはいけないのが自分達の役割だと思っているが、なかなか、そうはならない。環境も含めて、難しいが、新しい事を見出していきたいと思う。
IMG_0010_2014112911323163d.jpg IMG_0009_201411291132281cc.jpg
[ 2014/11/29 ] お茶 | TB(0) | CM(0)

2014年11月28日(金) 11月もあっという間。小雨の一日でした。

●やはり、50肩で朝起きてしまい、地名まで。雨ポツリ、ポツリ、という感じ。少し休憩してから役場へ。
●午前中に、茶園の耕作放棄地を解消して柑橘類が植わっている圃場を見せて頂いて。植え付け3年目ですが、色々な種類のものが実をつけていました。御本人も、川根本町の気候でここまで出来るとは思っていなかった、との事。
F1000065_2014112820264815d.jpg F1000066.jpg
□傾斜地に色々な柑橘類が。
F1000068.jpg F1000067.jpg
□きれいな実がたわわに。これから冬越えのため、袋掛けをするとの事です。
●色々な作物があるのは嬉しいモノです。でも、やはり川根本町、基幹作物はお茶。頑張らねば。
●静岡のO-CHAプラザに展示していた茶箱の回収に運転手で。さぁーと行って、さぁーと片付けて戻ってきました。その流れで現在、町内の茶茗舘で展示中のインテリア茶箱を見て来ました。素敵ですね。茶器もいいんだ。
F1000069.jpg F1000070.jpg
F1000071_2014112820325620b.jpg F1000072.jpg
□インテリア茶箱撮ったつもりが、茶器ばかり撮ってしまっていました。あちゃぁぁぁ、です。
●事務片づけ切らないけど、とりあえず右肩から右腕が寒くなるとジンジンするので帰る。久々の土日連休。休むぞ。
●明日は、車の車検に行かなくてはいけない。すでに16万km。お金掛ると困るなぁ(>_<)。
●今日の一冊。クリス・バーナード&フランシス・ギルバート&ピーター・マグレガー[著]近藤修[訳]『生物学の考える技術』【1995年,㈱講談社,\760税込】。本棚にあったので(統計本の分類の方でなく)、ペラペラと久々にめくってみたのですが、これではとても満足できない。でも、この程度で良かった時代があったんだなぁ、と。
IMG_20141128204234ada.jpg
[ 2014/11/28 ] 統計 | TB(0) | CM(2)

2014年11月27日(木) 事務と技術

●今日は午前中藤枝で会議だったため、元職場へ寄ってから会議会場(JA)へ。朝が藤枝だとビックリする位、のんびりできます。
●午前中の会議、このような事業、どうなんだろう、と思いつつ、現場と国の意識の違いをしみじみ感じます。
●午後は、懸念の会議だったのですが、何とかクリア。これで一歩進んだかな。
●夜は共同工場連絡協議会の役員会。茶商との意見交換会等今年度事業内容の詳細詰めを行いました。あと4ヶ月、思った以上に仕事ボリュームありです。それだけ茶業待ったなし。
●昨日、視察見学させて頂いた圃場に、点滴かん水の施設が敷設されていました。アンモニアを中心とした液肥管理との事。細かい条件や供給量、間隔等も聞いてしまったのですが、全部話をしてくれて逆に申し訳なかった位で。点滴施肥については、樹体充足と新芽生育での大きな意味でのフェイズの切り替えが必要だと個人的には思っていて、それが濃度、だと考えているのですが。本当は、濃度プレス等をキッチリした形で試験を組みたいと思っているのですが、なかなか、今の仕事条件では難しい。でも、そこが見えると(LP等による時系列茶葉Nの状態変化も追いつつ)、茶樹の施肥吸収の在り方に新しい点が見えそうなのですが。点滴施肥のチューブを見ながらそんな事を思っていました、昨日。
aa1_20141127224021680.jpg
□この点滴チューブはネクトさんの圃場で。
●地名で点滴かん水を利用した高品質化茶芽生産試験の提案はしているのですが。
●昨日の視察研修の際の昼食。焼き肉定食美味しかったです。
F1000064_2014112722402697f.jpg
□焼肉定食にも唐揚げが付くという、肉肉の定食です。
●技術屋でありたいと思いながら、その知識と実際技術の底の浅さを感じており、その充足をどうしていかなくてはいけないのか、と思い悩むばかり。歳を重ねた分だけ、出来て当たり前、と思われるのが一番困るのですが、場面ではそんなポーズもとらなくてはいけない。自分の中の芯づくりのための時間が取れる、そんな職場へ2-3年行かせてもらえたら、と思うのですが、組織的には不要分子、言われるがままに、玉突きの空いている所へ当てはめられるのでしょうが。本当の意味で専門家を育てるつもりはないのが、公務員らしい。
●昨日の研修工場を見て、地名の機械は、一歩進んでいるなぁ、と思いました。つくれるお茶がどうこうではなく、地名の場合は、おそらく人の製造技術を機械がカバーできる割合が高い(いわゆる本当の職人的職人でなくても揉める)と再認識しました。まぁ、他の機械の方が技術的には鍛えられるのでしょうが、それが感覚のままで終わってしまう、そんな気がします。それでは進歩がないし、伝える事が出来ない技術で終わってしまうので。
●技術屋でありたいし、事務屋は全く向かない。でも、技術屋であり続けるためのスキルアップが難しい中で、この先どうしていくのか。やはり自己鍛錬しかないんでしょうなぁ。
●色々と考えますが、100考えて1もできないのが事実。それなら1000考えて5やるしかないので考えます。
●右肩の痛みが継続中。50肩、やばい。
●今日の一冊。柳沢きみを[作]『寝物語⑦』【2014年,kindole,\500】。作者の物語が好きである。絵は好きではない(構図バラバラだし、サイズは狂っているし)。でも、話は、そして登場人物に喋らす言葉の節々に含蓄があって。男とは、という語りをしつつ、人という事を、男女のつながりを通じて語っていて。そんな意味で、読む価値のあるコミック類だと思う。
寝物語⑦
[ 2014/11/27 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2014年11月26日(水) 産地賞受賞産地、本山へ茶園視察に

●本日も、朝から事務でドタバタしてしまいました。その上、今日は一日、隣の市、静岡市へ茶園視察のため、出発しなくてはならず余計にドタバタ( 一一)。
●今年の全国茶品評会で産地賞1位を獲得した静岡本山茶、隣の静岡市へ生産者と関係機関の総勢19名で茶園等視察を行いました。
●最初に「マルカブ佐藤製茶㈱」の生産部門が管理する茶園へ。部長の森山さんが説明をしてくれます。本日は生憎の雨模様でしたが、茶園で1時間以上も色々と話を。当町のトップ生産者の方がも真剣に質問や意見交換をしています。
a1_2014112621371649e.jpg a2_20141126213717f5c.jpg
□「マルカブ佐藤製茶㈱」の品評会出品茶園。緑のジャンパーの方が栽培製造を統括されている森山さんです。
a3_2014112621371851e.jpg a4_20141126213724bd2.jpg
□当町の生産者及び関係者。意見交換に話が尽きません。
●続いて、「㈲ネクト」の出品茶園へ。石原社長に説明をして頂きました。点滴施肥管理、無機態施肥で十分と言い切る管理を行っています。
b0_20141126214012073.jpg b1_20141126214014c56.jpg
□「㈲ネクト」の品評会出品茶園。生憎の雨ですが、傘をさして、石原社長が説明して下さいました(写真中央)。
b2_20141126214017978.jpg b3_20141126214019711.jpg
□雨でも茶園に入って話を聞く姿勢が凄い。
●最後に、JAの品評会製造を行う研修工場を見学させて頂きました。
c1_20141126214018067.jpg c6_20141126214239834.jpg
□JAの研修工場。蒸し機が短胴。
c2_2014112621423475f.jpg c3_201411262142354d1.jpg
□機械はカワサキ製。葉打ちはなく、単体粗揉での下揉み。揉捻がスリム化されたもの。
c4_20141126214236d08.jpg c5_201411262142391fa.jpg
□中揉の制御盤は排気や熱風制御式のようです。皆が集まって見ている精揉機は八木式の35Kの4釜のもの。
●中山間地域の特徴のある山のお茶を作ろうという熱意を強く感じました。それに負けないよう川根も頑張らないと、という気持ちに参加者がなってくれたようで良かったと思います。
●それでも、やはり川根とは異なる産地。同じ事をしてもダメなんだろうなぁ、と思います。その土地土地に合った形での生産方式や栽培、そして、求めるべきお茶というものがあるんだろうなぁ、と。
●JAの研修工場。20年ぶり位に足を入れましたが、こんな小さかったかな、という感じ。今の地名のサイズに慣れてしまっているんでしょうなぁ。このカワサキの機械で揉め、と言われても、すぐには揉めそうもないなぁ、と。そんな意味で、お茶は機械が揉んでくれるものだと、思うのです。
●今揉んだら、静岡のお茶、どんなかな。やはり、昔感じた感覚と同じなのか、それとも全く違うのか。今の身体の中の物差しが川根ベースになっている状態で果たして、どの程度の感覚を持てるのか。
●まぁ、来年いった場所で考えよう。
●視察の後、役場へ戻って事務仕事。まずいなぁ、たまってます(>_<)。
●最近、冷え込むと右肩の肩甲骨の辺りが痛くなって。50肩なのかな、と思うのですが、何にしても歳です。
●温かくして寝よう。
●今日の一冊。唐沢なをき[作]『まんが家総進撃②』【2014年,㈱KADOKAWA,\620+税,】、『漫画家超残酷物語』【2014年,㈱KADOKAWA,\600+税】。マンガが好きである。そして、作者の書く、漫画家の苦しみも好きである。好きな事をしているはずなのに、でも生活があり、人生があり、そして苦悩し迷い、人生の落後者となっていく。ほんの一握りの人間だけが超がつく大金持ちになれる職業。でも、ある意味で苦しかろうと辛かろうと、好きな事をやっている満足感だけは享受できているのではないのだろうか。好きな事をして、そのままぶっ倒れられたら本当に幸せなんだろうなぁ、と。
IMG_0005_20141126215850c35.jpg IMG_0004_20141126215844a3d.jpg
[ 2014/11/26 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2014年11月25日(火) 週が始まり、対応できてません( 一一)

●今日は朝からジャカジャカ雨が降る中、茶園共進会。今年初(そして最後だろう)の共進会、カッパ来て、畑入って、記録用紙濡れないよう傘をさして。そんなんで7圃場回り、講評。整枝が難しかったのかなぁ、今ひとつ。春から遅れた茶の生育が最後まで足を引っ張ったようなそんな園相でした。
●終了後、役場へ行ったら、処理しなくてはいけない事務仕事が目の前にザンザカザン(>_<)。とりあえず、明日も一日出なくてはいけないため(明日は静岡本山の茶園視察)、超速攻で書類仕上げて、対応しました。
●そして、夕方には、共同茶工場関連の研修会絡みで川根の茶商さんのところへ。色々と話をして下さり、方向性はみえないまでも、やっていくしかない、と。川根茶産地をどう残すか、ですか。
●今日は、共進会が川根本町外の対応のため、一日お休みとって対応させてもらいました。ここらへんが難しい話で、自分は何をしなくてはいけないのか、何をやるべきなのか、またやってはいけないのか。なかなか答えが出ないまま2年が経ってしまう、そんな感じです。
●明日は、今年の全品産地賞受賞の静岡本山の茶園視察。川根の茶業者等総勢20名程度で行きます。来年の全品に向けて、勝つための在り方を探ります。
●頭がモヤモヤのため、今日は早く寝ます。
●今日の一冊。今日は凹みが激しく、気持ちもダウンなので、おさぼり。明日2冊載せます。
[ 2014/11/25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2014年11月24日(月・祝) やっとお休み、三連休最終日

●川根茶の一大イベント「川根時間」が終わり、三連休最終日、やっとお休みです。一昨日の夜には長野で震度6弱の地震があり、静岡の自宅も揺れたのですが、島田~川根に掛けては、ほとんど気付いた人がいないレベルだったようです。
●今朝の静岡新聞。極みの間の様子が写真で。一時間待ちだったという事で色々と大変だったんだなぁ、と。自分のコーナーをやっていると他へ回る余裕は全くありませんでした。
IMG_0003_20141124085119aee.jpg
□11月24日静岡新聞朝刊記事。
●先週位から、飛蚊症なのか、視界の斜め上の辺りを飛び回る黒い影が気になります。ハエ?(飛蚊症なのに、認識が蚊でなくハエって( 一一))と思うと実態がなかったりと、多分に疲れている感じです。
●携帯の機種変更を希望し、D-shopへ行ったのですが、当該機種の在庫がない、という事で、また来てね、と追い返されました。ネットで買うか。
●今日の一冊。青木光恵[作]『中学なんていらない』【2014年,㈱KADOKAWA,\1,000+税】。作者は好きですが、この話は重い。色々な社会の歪みが出ているようなイメージ。学校の先生もひどい、ですが、そんな人も多いのかと思います。職業としての仕事、と気持ちの上でのそれに対する思い、人それぞれなので。しかし、何にしても高校合格が一つの救いだったなぁ、と思う次第。
IMG_0003_20141124094535b5e.jpg
[ 2014/11/24 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2014年11月23日(日・祝) 「第4回川根時間」大盛況でした

●本日は、川根茶イベント「第4回川根時間」の本番。朝も平日と同じ時間で出発。道は、・・・、休みの日の運転はイライラしてしまいます。平常心、平常心。
●地名へはいつもどおりに到着。持ち込み茶の搬入をしたりして。朝の地名は4℃で寒い。
F1000063.jpg
□途中道路が濡れていて、雨ではないだろうに?寒くて露が降りたんですね。
●さて、本番です。TACHIKAMAコーナーはこんな感じで。シャンパングラスにガンガン用意して、飲んでもらいます。
a1_2014112320251440d.jpg
□コーナーはこんな仕立てでやらしてもらいました。
a2_20141123202516fe4.jpg a3_201411232025177a9.jpg
□シャンパングラスの中で広がる釜炒り茶が綺麗です。
a4_20141123202519d37.jpg a5_2014112320252112b.jpg
□販売用の缶入り釜炒り茶。25g×2袋(「香駿」「藪北」)。山積みで売り切りを狙います。
●呈茶の最中はとても写真等は撮っていられないのですが、関係者の方が撮って頂いた写真をFBからダウンロードさせて頂きました。S室長、T屋様、ありがとうございます<(_ _)>。
10409638_408009959347471_984008632127802457_n.jpg
□釜炒り先生のY道君とK平場長と一緒にやらしてもらっています。私の仕事は主に購買担当。※T屋様のFBページより写真をDLさせて頂きました。
10302179_528927000578179_2328170016984925269_n.jpg
□シャンパングラス越しに自分が写っていて、ちょっと格好いい写真なので、S室長のFBページよりDLさせて頂きました。
●大盛況、という余裕もない位の人の入りで。昨年より100人以上も参加者が増え、各コーナーで待ち時間で人が待機しているような状況。TACHIKAMAコーナーではそのような形にはならなかったのですが、想定より早く呈茶用に準備したお茶がなくなっていく状況で、想定の1.5倍位の人数に呈茶しました(250人オーバー)。
●釜炒り茶の販売個数も、昨年の1.5倍。値段は倍(量がほぼ倍になっているので)になったので、売り上げは3倍です。
●終わった時にはスタッフ、みなグッタリとなっていました(ToT)/。それでも片づけをキッチリこなして終了。
●動員数等は十分成功なのですが、参加人数の増が参加者の満足増につながっていない、という事実も。それらを踏まえて、来年に向けた検討を進めて行かなくては、という事ですが、とりあえずは、明日の休みで身体を癒さないと。
●一日立ちっ放しで、帰りの車の運転中に右足が危なく攣りそうになってしまいました。危ない。
●でも、シャンパングラス飲みでの釜炒り茶の評判も高く、またそれに呼応するように購入もしてもらい、個人的には多くの部分で満足でした。今日だけは気持ちよく寝よう。
●今日の一冊。うえやまとち[作]『クッキングパパ[131]』【2014年,㈱講談社,\524+税】。最近、ジモンの肉本を読んで、ジモンのDVD観て、あーガッチリ肉喰いてぇ、と思っていたのですが、クッキングパパでもこの表紙。美味しい、不味いではなく、このような厚い肉をほうばる、噛みしめる、という行為をしたい、と思う。
IMG_0005_20141123204235dc4.jpg 
IMG_0001_201411232042270c9.jpg IMG_0002_20141123204229caa.jpg
□このDVD、「あ可ね」と「大木屋」が出ているんだなぁ。
[ 2014/11/23 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2014年11月22日(土) 明日「川根時間」開催。そして、今日は前準備に勤しむ。

●今日は、明日開催する川根茶イベント「第4回川根時間」の前日準備がお昼から会場の智満寺で行われる。
●そのため、お昼前に出発予定なのだが、休日の道路状況が分からないため、何時に出ていいものか迷ってしまう。通常の通勤では定刻に出て1時間20分。定刻から遅れた時間が倍々ゲームで加算され、車の中で嫌な気持ちの時間を過ごさなくてはならなくなるので、常に緊張して朝は起きるのだが。こんな日は、それでもプラス20分も見ておけば良いだろう、と考えるのだが。11時初を予定。
●現在の職場は、出向、交流で来ているため、事務的な書類等は元職場から指示があるのだが、それが今日指示出して、今週中にとか、意外と無茶を言ってくる。そんな事務書類の書き書き作業をやっているが、銀行へ行って登録印の証明をもらって来い、てどう考えても無理だろう( 一一)。全く、お城にいると出先の更に出先の人間の事情や環境など考えてないんだなぁ、と思ってしまう。面倒だ。
●元職場の上司が、毎年年末のミカンの斡旋をしてくれて、今年も連絡をもらった。その際に、まだ川根にいるのか、と言われて、そうか、その上司とは4年前まで志太榛原で一緒だったんだ、と気付く。川根担当7年目。長くいるのに色々できてないなぁ、と思う。
●お昼前に出発。[11:00]。思った以上に道路における車の流れが悪い。しかもウィンカーも出さずに曲がる輩が多すぎる。休日ドライバーの中で通勤をしてはいけない( 一一)。
●会場の智満寺。まだ紅葉全開ではないけど良い感じです。
a1_20141122195145b4f.jpg a2_20141122195146e72.jpg
□紅葉(もみじ)が綺麗です。
●イベントの1コーナー、TACHIKAMAの担当スタッフと打合せ。目的は、イベントで一つのコーナーにお客が集中しないよう、分散させるための裏コーナーなのだが、セッティングから飲めるまで3-5分のロスが出るため、お客様の集中の際にちょっとどうか、と。ただ、所詮、裏の1コーナー。メインへの集中分散の一助になれば位で考えよう、と。
a3_20141122195148b2d.jpg a4_20141122195149501.jpg
□釜炒り先生のお二人(Y道君とK平場長)と一緒にTACHIKAMAコーナー担当です。きれいな広がり。
●昨日も紹介したが、釜炒り茶の缶入り商品。2種類のお茶が入っている。ラベルは色違いだけど中味は同じ。釜炒り茶も一年置くと味が変わるのは今年確認しているので、是非2個買って、すぐ飲んでもらうのと来年飲むのとで味の違いを感じてもらえれば、と思う。もちろん、「やぶきた」と「香駿」の違いも明確なので、それを水出し、お湯出し等色々なパターンで楽しんでもらいと思うところである。
F1000060.jpg
□しかし、Y道釜炒り先生のデザインは良い感じ。個人的にも購入しなくては。
b2_2014112219545036a.jpg b3_20141122195451e37.jpg
□販売用の釜り茶缶入り積み上げました。香駿&藪北。60缶持ち込みです。
b1_2014112219544854c.jpg b4_20141122195453594.jpg
□川根釜炒り茶の経過、そして飲み方の説明資料も缶に入っています。今日の準備中、スタッフには好評で、取り置きしておいて、と何件か頼まれました。
●ぜひ、至福の一口を飲んで下さい。飲むのはタダです。
●明日は天気も良さげなので、是非来場して、楽しんでもらえたらと思う次第。
●G課長が、自分ちで作ったから焼酎飲むならやるぞ、と酢橘を頂きました。とりあえず、今日は焼酎ではなく、夕飯の鍋のお供にさせて頂きました。フレッシュ柑橘、美味い。香りが良いですね。味に甘味が強く、香味は甘さが前に出てきて。もう少し青果でやや酸味がある方が、香りづけにはいいのかな、と贅沢な事を。
c1_20141122200012fdc.jpg c2_20141122200013648.jpg
□たくさん頂いたので、今度は秋刀魚にかけてみよう。
●今日は、中学校の時の学年同窓会があるとの連絡をもらっていたのだが、明日のイベントを基軸に考えると出てられないので、お断りを。基本、お茶を扱う前に刺激物のものは触れない(お酒、臭いの強いモノ、たばこ等)ようにしている。そんな意味で、誘ってくれた方には申し訳ないが、という形で。最近、小学校時代の同級生との交流が一部再開していたりするので、そちらから又何か展開があれば、と思っているところ。
●さて、明日は、気負わずボチボチで。天気が良いだけでもイベントは成功だ。
●このブログ、ほぼ見て頂いている方は固定していると思っているのだが、意外と想定してない方から、見ている、と言われると、ちょっとドキドキしてしまう。色々と不味い事も書いているので。
●今日の一冊。倉田よしみ[作]『味いちもんめ -にっぽん食紀行[北陸編]-③』【2014年,㈱小学舘,\552+税】。味いちもんめを久しぶりに読んだら、美味しいんぼと同じく、各県食材、料理紹介漫画になっていた。板場の人間関係や主人公伊橋のこなくそ、という感じの泥臭さが好きだったのだが。こなれて面白くなくなるモノも多分にあるんだなぁ、と。
IMG_0003_201411221036441cb.jpg
[ 2014/11/22 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2014年11月21日(金) 三連休を迎えて、でも、イベントだぁ

●今朝の地名は6℃。静岡も7℃で、やはり、起きるのが辛く、5分遅れて出発したら、10分の遅れで地名へ到着。多分に、見事な倍々ゲームで定刻に出発しないと、車に乗っている時間が比例級数的に伸びて行ってしまう。だから、起きなくてはいけないのだ( 一一)。
F1000059.jpg□十分寒いのだが、まだまだ本番はこれから。
●11月23日の「川根時間」のTACHIKAMAコーナーで販売する釜炒り茶商品(缶入り)が届いていました。釜炒り茶のY道先生デザイン。色違いですが、中身は同じです(香駿25gとやぶきた25gの計50g入り)。限定販売のため、見つけたら即買いしてください。1缶1,000円です。
F1000060.jpg
□昨年版とデザインが変わっています。毎年考えていこう、という方向。
●午後から、奥の茶工場で今後の方向性検討会議。少し、方向性が見えた感あり。
a1_2014112121010092b.jpg a2_201411212101027da.jpg
□川根K味園茶工場。香味園メンバーと役場と農林事務所担当で色々と色々と話をしました。
●明日は23日の準備で出勤。本番に向けて頑張らねば。しかし、三連休なんて、ないなぁ。
●清水のH好園さんで頂いた手揉み茶を飲みました。芽がいいため、甘味ありで、美味しかった。
a3_20141121210104a39.jpg a4_20141121210106cd4.jpg
□尺あり、伸びあり、のピンピンのお茶。それがお湯の中で一心2葉の新芽に戻って。いいなぁ。
●今日の一冊。『驚愕の人体実験でわかった体と心の不思議』【2012年,㈱鉄人社,\552+税】。廉価本ですが、内容は意外な程に情報ボリュームと質が高く、勉強になって。扱っている情報の品位、人間というものの愚劣さは置いておいて、知るという事を楽しめてしまった。知りたいの負への欲求の結果、という事なのだろう。
IMG_20141121210828341.jpg
[ 2014/11/21 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2014年11月20日(木) 川根茶が新聞をにぎわして、23日に向けてスパート

●今日は午後一から静岡で会議(事業評価委員会)のため、往復3時間の通勤を鑑みて、午前中お休みを頂き、23日の川根時間のグラス準備(シャンパングラス)等を自宅で。朝の出が遅くなるだけで気持ちが楽になる。通勤、きてるなぁ(>_<)。
●今朝の静岡新聞(11月20日朝刊、中部版)に、川根茶絡みで2件、記事が載っていました。
●県品大臣賞の川崎さん、写真の真ん中に写っています。志太榛原関係での受賞が、という記事は農林からの情報の出しなんだろうなぁ。川根本町茶業者、H20(全品)、H21(県品)、H23(全品、関ブロ)、H24(県品)、H26(県品)、ほぼ毎年のように農林水産大臣賞を受賞していますが、うまく使えてないなぁ、と言う感はあります。そんな意味でこのような新聞記事は嬉しい事なんですが。
IMG_0001_201411200843578c8.jpg
□最近、新聞等写真の川崎さんが常に笑顔で。川根茶の鬼神の笑みは貴重です。
●そして、11月23日(日・祝)の「第4回川根時間」のイベント告知も載せて頂きました。天気も良さそうなので是非足を運んで頂きたい。TACHIKAMA、多分、ここでしか飲めないお茶ですから。
IMG_0002_20141120084956008.jpg a1_201411192045194c5.jpg
□自分の持ち場だけを積極的に宣伝をするのは如何なものかと思うところですが。
●午後の会議に向けて脳内シミュレーション。評価委員の先生方の質問を想定した回答を時間内に的確に。最近、そんな思考に対応できていない自分に気づいてしまっているのだが。仕事も遅れ遅れで、本当にまずい。[10:00]
●午後の評価委員会に合わせて気持ちと体調の調整。お昼は食べず。お腹にモノを入れると気が緩むから。真剣な仕事をする際には、食べない。お茶時期が典型的かな。
●評価委員会。以前から毎年呼びつけられて出ていたので、昔に比べ雰囲気は緩々。評価委員の先生方もお知り合いばかりですが。さて、対象事業については、事前打合せ、事前QA等の効果で問題なくクリア。終わった、という感じです。
●普及の知り合いの方ばかりで、色々と無駄話をしておりました。明日から、また頑張らねば。
●帰宅したら、小腹が空いたので、夕飯前にカップラーメンを。来来亭。食べて思うのは、やっぱり、お店のものが美味い。所詮、カップラーメンなんだよね。
F1000057.jpg F1000058.jpg
□不味くはないけど、美味しいか、といえば、小腹を埋めるにはいいか、ぐらい。
●明日は胃検診が待っている。今日は、雨のせいか、大分喉の調子はいい。でも、まだ完全ではないんだよね。
●今日の一冊。ゾルゲ市蔵[作]『8bit年代記』【2014年,kindle,\200】。喫茶店インベーダーに始まり、ゲームセンター、ゲームウォッチ、ゲーム電卓、ファミコン、プレステ、と時代を過ごしてきた人間にとっては、とっても懐かしい、懐かしすぎる思い出の再現のような内容。今思えばクズのようなゲームも時代とマッチして光り輝いていたなぁ。
8bit年代記
[ 2014/11/20 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2014年11月19日(水) 川根時間迫る。担当はTACHIKAMA

●今朝の静岡は8℃位。地名へ行くと4℃と冷え込んでいた。部分的に、茶株に霜が降りている。
F1000039.jpg F1000040_201411192033067c5.jpg
□今朝の外気は4℃。そして、茶株には部分的に霜が。クモの巣ではないよ。
F1000041.jpg F1000042.jpg
□秋整枝面での状態と春整枝用に伸ばした株での様子。
●11月23日(日・祝)の「第4回川根時間」。もう目の前に迫ったイベントですが、担当が「TACHIKAMA」という事で、JAの釜炒り先生のY道君と当日の淹れ方について検討をする。「TACHIKAMA」とは何か、と言えば、釜炒り茶のグラス飲み、それを立って飲むので「立釜」⇒「TACHIKAMA」という事。シャンパングラスを使い、釜炒り茶と少量の水で、至極の一口をどう演出し飲んでもらうか。
F1000043.jpg F1000044.jpg
□グラスに茶葉を入れて、水を注ぎ、そして時間を置いて、濃縮抽出された一口を飲んでもらう。
●茶葉量や水量、そして浸出時間等を幾つか検討し、とりあえず、このパターンで行きましょう、という条件を決定。そして「川根時間」の中のほんの一つの、一口のコーナーなのに、こんなの創って宣伝しちゃいます。入口から入ってすぐの場所で呈茶しています。また、「香駿」&「藪北」の缶入りセット商品も販売しています(2品種25gずつセットの缶入り1000円です)。
a1_201411192045194c5.jpg
□下の小さなシール絵が今回の販売商品のラベルです。Y道先生デザイン。
●楽しみですが、たくさん人が来た時に対応しきれるか、ちょっと心配です。
●夕方、地名農林業センターから届けモノが。地名農林業センターは川根本町の農林業の研究施設という位置づけになっていますが、色々な試験栽培も行っていて。今回、ハウスでの試験作のホワイトコーンと無農薬無肥料栽培レモンが持ち込まれました。ホワイトコーンは甘い。時期的な問題で先端不稔が目立ちますが味は逸品です。レモンはこんな風になるんだ、という感じ。無農薬のため、表皮にカメムシ痕が見えますが、無農薬無肥料は売りだなぁ。
F1000047.jpg F1000048.jpg
□JA営農担当との連携による試験栽培。ホワイトは売れる商品だなぁ。この時期でもトウモロコシ美味しい。
F1000049.jpg F1000051.jpg
□最初見た時は、どんな柑橘?と思いました。レモンて感じじゃないだけど、皮を剥くとレモンの香りが強く。
F1000052.jpg F1000053.jpg
□小ぶりのホワイトコーンを生かじりしました。甘い。レモンはレモンの形(お尻の出っ張り)をしているのを写真に。
●明日は補助事業の評価委員会で静岡へ。川根担当になってから毎年呼びつけられて怒られています。私が計画した事業ではないんですが、と毎年心の中では思っています。
●喉咳、風邪からアレルギーに主体が移った感じ。そろそろ花粉症対策のメチル化カテキン入り粉末茶「かなやみどり」(白瀧製茶㈱販売)でも飲み始めるかな。
●とりあえず、日曜日までにはマスクなしで行けるよう治す。
●今日の一冊。小川悦司[作]『すしいち!②』【2014年,㈱リイド社,\552+税】。鮨好き。そして、それを頭で食べるのも好き。鮨コミックも色々あって、そんな中にちっとした情報が詰まっていたりする。これも①の時にはどうかな?という感じでしたが、②では、知らなかった、という事を知る事ができて良かった情報があったりして。どんな本でもそうだけど、一行の、一言の未知情報を知る事が出来るだけでも、購入する価値はある、という事で。
IMG_0002_2014111720451579b.jpg


[ 2014/11/19 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2014年11月18日(火) ミッキーマウスの誕生日

●今日はミッキーマウスの誕生日。トイレに飾ってあるディズニーカレンダーにそう書いてある。しかし、これはミッキーのデビュー記念日なのか、それとも後付けの誕生日なのか?それはよく分かってない。
●今日の地名は6℃。寒いな、寒い日が続きます。
F1000035.jpg□しかし霜も降りてないし、まだまだ寒くないんだよね。
●今日は23日の川根時間の展示物回収のための町内巡回。その際に美味しそうな椎茸や唐辛子の天日干しを見つけたのでパチリ。
F1000036.jpg□肉厚椎茸。干しシイタケにしなくても美味しそう。
F1000037.jpg□こちらはほぼ干しシイタケになっています。
F1000038.jpg□川根の唐辛子は美味しいってS室長に聞いたなぁ。
●咳はまだ出ますが一時期ほどひどくはありません。でもマスクはしてます。
●夜、打合せのための会議をして、帰宅。21時を回るとバイパス道路で工事をしていたりして、走りづらくなっています。
●もう少しで治りそうな雰囲気。今週中には治して、川根時間イベントを万全で迎えないと。
●今日の一冊。山本おさむ[作]『そばもん⑯』【2014年,㈱小学館,\600+税】。表紙の蕎麦の花と、月見そばに釣られて久々に買ってしまいました。蕎麦情報を提供してくれる良質なコミック。でも、なかなか美味しい蕎麦を食べに行く機会がない。美味い蕎麦喰いたいなぁ。
IMG_0003_201411172045122ad.jpg


[ 2014/11/18 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2014年11月17日(月) 一週間が始まった、始まっちゃった( 一一)

●今朝も冷え込んだ。夜中の咳は大分落ち着いた感じ。ただ、咳は出るのでマスクをして出勤。
●朝の地名は4℃。部分的に降霜が見られたので写真を撮ってみる。つゆひかり。
F1000030.jpg F1000031.jpg
□静岡は出る時で6℃。そろそろ氷点下もでるかな。
●今日は、経営計画面談が2件。聞き取りで喋りながら、計画書を作成しながら、という作業。あまり喋ると咳が止まらなくなるのがつらい。それでも、喉の奥から、という感じではなくなってきたのが救いか。あと2-3日でマスクをしなくて済むようになると嬉しいのだが。
●お休みに長野へ蕎麦喰いに行ってきた課の後輩が、皆さんへお土産です、と地方でしかないカップラーメン(これは蕎麦だが)を買ってきてくれた。初めて見るので珍しく、食べるのが楽しみ。
F1000032.jpg
●また、役場の出勤カード受付のところに、柚子、が置いてあったのだが、異様にでかい、変異体のようだが。
F1000033.jpg□手前が普通サイズの柚子。奥のがホルモン異常?
※鬼柚子という品種だと教わりました<(_ _)>
●調子も万全でないため定時で帰る。しかし、定時に帰ると帰り路が混むため、結局、1時間30分以上掛ってしまうのだが。車に1時間半も乗っていると毎日の事ゆえ、飽きる。
●帰りのサークルKで「ぎっしり満足!」シリーズの新しい商品「あずき」が出ていたので買ってみる。このチョコチップは好きなのだが、果たしてアズキはどうか。
F1000034.jpg□チョコミントも好きだったのだが、売り場からは消えてしまった。
●体調が万全でないと気持ちもついてこない。やはり心身同一、体調管理大事です。
●今日の一冊。森鴎外[著]池内紀[編注]『椋鳥通信㊤』【2014年,㈱岩波書店,\900+税】。統計関係で、北大の久保さんと共に尊敬する三中さんがブログで紹介してらして、面白い、とほめていたので、早速購入してしまいました。海外通信のエッセイ。鴎外の本と言えば「舞姫」「高瀬舟」と学校の教科書レベルでの情報位しか知らない、がこれは時代的なリアルとLIVE性があるコラムエッセイのようで。こんな本は大好き。㊥㊦もこれから出るようなので楽しみです。
IMG_0001_20141117204507c72.jpg


[ 2014/11/17 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2014年11月16日(日) やや回復か。喉の上に咳の位置が変わった気が。

●薬効果なのか、時間の経過なのか、それとも良いお茶を飲み続けているお陰なのか、相変わらず喉咳は出るものの咳の位置が喉の奥から喉頭に近い位置まで上がってきているようで、ゴホゴホ咳をしても、前ほど辛くなくなっている。しかし、仕事とイメージして(FBでお茶の事を書いたりする文章作成等をしていると)取り組んでいると、咳が続発する、のは心因性ストレスなんだろう。
●温かいお茶効果も踏まえて、朝から「天空のティーバッグ」3種の最後、ピンクパックを開けて淹れてみる。開封時から、何となくこなれ感(熟成、という意味かな)があったのだが、一煎目を今まで以上に湯量を少なく、湯温も下げて淹れてみる。味わいは、丸い、刺々しさや強さを主張する事はなく、淡々とした感じの旨さ、というのか。去年のお茶?と思わせるような鄙びた感なのか。二煎目以降、湯温を上げて淹れるが、この感じは変わらず。オレンジの前に出る強さ、グリーンの青さ、それに比して、丸いお茶、というイメージ。3種が3種、一定以上のクオリティーを持ちながら、異なるキャラクター性を出している凄い商品だ、と思う。
a1_201411161014599d0.jpg a2_20141116101501011.jpg
□3種ラストのピンクパック。茶香気はやや鄙びた感が。
a3_201411161015031fb.jpg a4_201411161015046c2.jpg
□一煎目は今まで以上に湯量は少なく、湯温は下げて淹れてみる。味わいは、丸い。こなれている。熟成?
a5_20141116101505f45.jpg a6_20141116101711c4e.jpg
□二煎目は湯温は上げるが湯量は少なめで強さを出そうと思ったが、丸い味わいは変わらず。
a7_20141116101712fbe.jpg a8_201411161017142f7.jpg
□四煎目はやや強めにティーバッグを揺らしてみる。水色は強くなり、ちょっと渋味が出てきたが、きついものではない。五煎目は色目やや薄くなり。
a9_201411161017156d3.jpg a91_20141116101717785.jpg
□六煎目。渋味を感じるが嫌なものでなく、普通のお茶に比べれば十分な味わいを持っている。もったいないので、最後は、普段飲みの湯のみで淹れて飲む。さすがに湯量が多すぎて、ぽわぁぁんとした味わいに。
●しかし、今回、つちや農園では初商品化と考えると今までこれらの出物はどのように扱われてきたのかと思うと限りなくもったいない感を覚えてしまう。一方で、今回のように、初心者でも手軽に淹れられて、それでもクオリティーの高い味わいを感じる事が出来る商品の価値というのは、ある意味で一つのステップとなりえると思う。更に言えば、同じ原料の中での(生産者が同じも含めて)、これだけのキャラクターの違いを思えば、生産者が異なった場合のキャラクターの違いは更に際立つと思うのだが。[10:20]
●お昼前から一連で買い物のお付き合い。昼食は久しぶりに「ガスト」などで食べたが、値段の割に、・・・、まぁ、行かないのが無難なんだろう。接客、店舗内の禁煙喫煙状態も悪いし、食事に行く場所でもない。
F1000029.jpg□シーフードナポリタン。普通の味。
●今日の一冊。ジェイムズ・D・スタイン[著]熊谷玲美・田沢恭子・松井信彦[訳]『不可能・不確定・不完全』【2012年,㈱早川書房,\940+税】。多様なといえば聞こえはいいが、散発的な情報提供に近いような内容に感じる。しかし、表題の「不」の共通性には研究的視点を必要とする技術者にとっては惹かれるものである。常に「不」なものを追っかけているのであるのだから。相変わらず数学モノ、分からない癖に買ってしまう。
IMG_0002_201411131946510ac.jpg




[ 2014/11/16 ] 数学 | TB(0) | CM(0)

2014年11月15日(土)ノ2 気になってティーバッグ「グリーン」も飲んでしまう

●職業病で、先ほど飲んだ「天空のティーバッグ」、本当に3種違いがあるのか気になり、グリーンパックを開けて飲んでみる。前回の教訓から一煎目を湯量を減らし、湯温も、もう10℃下げてみる。味わいは、んぅ?ちょっとうすいかな。香味の清涼感は強く感じるモノの、甘味、旨味の味わいはオレンジパックの方が強い感じ。その後、煎を重ねてみるが、甘味、旨味ともオレンジパックに比べ、ちょっと弱い気がしました。一方で、渋味が強いか、と言うとそうではないが、全体の味のバランスから香味における清涼感を感じる口中の余韻に。そして、後口の清々しさは川根茶らしい味わいで。どっちが、と言われれば、オレンジパックに手を上げてしまいますが、先にグリーンを飲んでいたら、美味い、が先に言葉として出たんだろうなぁ、と。これだけ違う違うと書いていて、中味同じだよ、て言われたらどうしよう(ToT)/。
a1_2014111516313048a.jpg a2_20141115163132629.jpg
□グリーンパック。オレンジに比べて、ちょっと細かいかな。浮葉ぽい?
a3_2014111516313429d.jpg a4_2014111516313531c.jpg
□一煎目、湯量を減らし、温度も下げてみました。色合いは薄く、味わいは、オレンジに比べ、ちょっと弱いかな。
a5_20141115163136db1.jpg a6_20141115163404830.jpg
□二煎目は水色強くなりました。味わいは香味の清涼感は強いかな。茶葉も開いて。
a7_20141115163406a74.jpg a8_20141115163407eff.jpg
□これは四煎目です。かなり、強い色目になりましたが、味わいは清々しい感じ。五煎目になると色目薄く。
a91_20141115163410019.jpg
□でも、まだ出ますね。茶葉もしっかり開きました。
●とりあえず、良質茶飲み過ぎで、身体がちょっとHigh状態に。これで、また時間を置いて、ピンクパックを確認するんだろうなぁ。明日かな。
[ 2014/11/15 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2014年11月15日(土) 無理に発声しないなら、いいのか( 一一)

●土曜日、お休み。とりあえず、外圧的行事は土日で入れてないので、喉咳治したい、それだけ。
●アレルギー対応も含めた改善対策を進める一方で、無理はしない、が大事なのかな。
●今朝、奥さんを仕事に送って行った時に外気温が9℃。アメダス静岡では今朝の最低が6.7℃、川根本町は1.6℃。寒い日が固定化したらもう冬が目の前だなぁ、と。
●寒さに対応する形で、温かいお茶を急須で飲む、のが嬉しい季節に。冷蔵庫にある良質茶を適温で。これは清水両河内の手摘みカブセ。伸びの形状が美しいお茶。お茶の開きが意外と早く感じるのはカブセの影響だろうか。こんなお茶を普段飲みにしてしまう贅沢は、お茶の仕事に携わるものの特権である。封を切っての冷蔵庫保管の問題で少しひいてる感が水色に出ているが香味にはほぼ影響なし。
a1_201411150920568a1.jpg a2_20141115092058a52.jpg
a3_201411150920590fb.jpg a4_20141115092101143.jpg
□伸びのお茶、若蒸しで硬く絞った針のようなお茶は何でこんなに美味しいのだろう。味わいが口中で広がり、香味を含めて幅のある余韻を残す。
●とはいえ、お茶に関しては口が贅沢、そして思考が仕事化しているため、純粋に味わう事はできない人間となってしまっている。美味しい、で済ませてしまえば一番がいいのだけど。ケチをつけるのが仕事( 一一)。
●一方、川根尾呂久保の「つちや農園」の品評会粉?のティーバッグ3種を頂いた。地名にある遠赤乾燥機で仕上げをしたものであるが、火入れの具合を含めて確認も、と言われていたため、体調もやや落ち着いた本日、開けてみる。まずは、オレンジパックを開けてみる。三角ティーバッグは今の定番。良質茶を開かせるために空間を取る意味があるのだろう。お茶はもちろんきれい。そして、先に茶碗にお湯を注いでからティーバッグをそれに浸漬する手法で飲む(との指示)。75℃位か。「土屋鉄郎のお茶じゃん」という、いわゆるティーバッグの概念からは全く外れた商品であると認識せざるを得ない味。品評会出品茶の粉、確かに粉かもしれないが、これは雑味なく、そして品評会出品茶である土屋のお茶である。何という贅沢。そして、二煎、三煎、お湯は茶碗に注いでいくが、茶碗も温まり、もう85度位だろう、しかし、煎を重ねても、渋味、あるが、それが味わいに嫌なものを与えない、まさに川根のお茶。そして、香味にはフレッシュな新鮮香があるのに、味わいは甘い、美味い。遠赤の火入れ効果なのか。四煎、五煎、口に残るは口福のみ。品評会の本茶、もちろん素晴らしいが、それに負けない商品になっているのが凄い。THE土屋鉄郎、である。とてももったいなくて、3種類一度に試すのは中止しました。日を置いて、また確認を。売り切れ前に購入しないといけない商品。
b0_20141115093643983.jpg b1_20141115093644638.jpg
□ティーバッグ3種。どれが、どれ(というのは、多分遠赤乾燥仕上の時に、今年の粉と去年の粉、とあと出物で分けたので。ただ記載がないのでどれがどんなだかは分からないのですが)。三角ティーバッグの中ではこんな感じで。
b2_2014111509364688c.jpg b3_2014111509364742e.jpg
□きれいに茶葉が開きます。いい感じ。
b4_201411150936502c4.jpgb5_20141115093807835.jpg
□一煎目水色やや薄し、二煎目は温度加減か色濃く。一煎目、品評会のお茶じゃん。75℃はちょっと高かったかも、と反省。でも、味わいの旨味、甘味、そして山のお茶の香味はそのもの。これがティーバッグ?次元が違う。二煎目は温度なりの渋味を香味として感じるが、後味は甘味に。火の加減なのか。遠赤効果、すげぇ。
b51.jpg b6_20141115093809c3d.jpg
□三煎目、まだまだ味わいが続く。美味い。葉も十分に開いた幹事。
b7_20141115093811b8c.jpg b8_201411150938126b2.jpg
□四煎目、五煎目、いつまで味わえるのだろう。やめてしまうのがもったいない。
●結局、六煎目まで飲んでしまいました。まだいけそうでしたが。飲む時には一度淹れた後にティーバッグを出しておく受けが必要(今回は茶碗をもう一つ使いましたが)。しかし、本茶でなくて、今までまともに単独商品として扱われてこなかったもの(※川根奥大井の㈱澤本園では「贅」という商品名でティーバッグ商品化されています)の価値を見出す事は重要だなぁ、と思いました。
●遠赤乾燥機も使用方法を変えての初の試みで良い感じの火入れにつながっていると思いました。知らぬは損。使わなくてはもったいなさすぎる、技術です。
●朝から美味しいお茶を重ね飲みしてしまうと一日が幸せかも。まだ10時前。[9:50]
●仕事終わりの奥さんを迎えに行く前に図書館へ本を返しに。ついでに、また借りてしまいます。短編モノを幾つか。あとは、やはり美味しい東海林さだお、で。
IMG_0001_201411151526122f6.jpg IMG_0002_20141115152618cef.jpg IMG_0004_20141115152620873.jpg 
IMG_0003_20141115152621620.jpg IMG_0005_20141115152622523.jpg IMG_0006_20141115153146493.jpg
IMG_0007_201411151531486e4.jpg
●お昼は子供を慌ただしく送る関係で「なか卯」で、すき焼き丼とミニ塩鶏うどんのセットを。意外と美味しくて、ちょっと悔しくなってしまった。
F1000028.jpg
□ご飯が邪魔しない味わいでよかった。でも、もっとジャンクで不味い味を想定していたのでちょっと悔しい。
●頂きもののお返しに漆器屋さんへ。このお店の品は見ているだけでいいなぁ、と思う。値段も安い。主人の道楽があからさまである。しかし、良いモノがそろっている。お盆を買った。お気に入りの奴である。[15:00]
●「天空のティーバッグ」。職業病、気になるとどうしようもないので、グリーンパックを開けてみる。その詳細は、「本日ノ2」として掲載。[17:15]
●夏から冷茶に慣れた口が、温かいお茶に身体が反応する。やはり季節は大事。そして、美味いモノは、本物は、常に思いに応えてくれる。夕飯のお茶を飲みながらそう思った。贅沢なお茶生活、である。
●今日の一冊。橋本淳一郎[著]『カメレオンは大海を渡る』【2003年,㈱早川書房,\660+税】。「シュレディンガーの猫は元気か」というサイエンスコラムが大変面白く、今でも手元に。久しぶりに読み返していたら、続編が10年以上前に出ているではないか、という事でAmazonポチっと。このような科学、でもよく分かっていない事、て大好き。世界は謎に満ちているのだから。分からない、という事を知る楽しさ、それを分かりたいと思う好奇心、全てを愛します。
IMG_0001_20141114211448a31.jpg
[ 2014/11/15 ] 科学 | TB(0) | CM(0)

2014年11月14日(金) やっと一週間が終わり、体調改善に励もう

●結局、改善もないまま通勤途へ。運転中に激しく咳こむ場面もあり、運転の緊張等も負荷になっているのか、と。
●静岡の出発時気温が6℃。これだと川根は1℃位かな、と思い、地名へ着いたら6℃。霜も降りてなくて、そんなに冷え込まなかった(寒いですが)のかな、と思い、役場へ向かうと役場の駐車場で4℃。下がっているじゃん( 一一)。
F1000027.jpg□地名の7時で6℃でした。
●今日は経営改善計画作成のための農家面談が2件、本川根地区で。向かうとやっぱり寒い4℃だ。アメダス川根本町は本川根に観測所があるので、そこの最低気温は0.6℃だった。寒い訳だ。
●農家さんと色々とお話をさせてもらいながら計画作成したのですが、マスクをしていても周期的に咳が出て、悲しい(T_T)。喋ると咳に移行するんだな。黙っていればいいのか、しかし、それでは仕事にならない。
●結局、一日改善せず。明日からの土日はお休みなので、しっかりと治したい。でも治し方が分からない。だいたい風邪なのかどうかも?だし。
●今日の一冊。荒木飛呂彦[作]『ジョジョリオン⑧』【2014年,㈱集英社,\400+税】。すっかり内容に置いてきぼりにされている。この展開に読者は附いて行っているのだろうか。個人的には第3部のDVDが欲しいが、値段が高いままで、とても買えそうもない。体調も悪いし、良い事なしぞう君だ(>_<)。
IMG_0004_20141114211442533.jpg

[ 2014/11/14 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2014年11月13日(木) だめだぁぁぁ(>_<)、治らねぇ上に悪化( 一一)

●昨日、丸々何もしないで寝ている日、人とも限りなく話さない日としたのに、喉咳の回復はみられず。
●周囲に迷惑を掛けても、とマスクをして出勤したのですが、日中にかけて咳の状態はひどくなるばかり(>_<)。
●そのうち、頭も痛くなってくるし(熱はない、と思う)、身体の全身のダルさも出て、何なんだ、という自分でも悲しくなるような状態に。結局、夜の会合は外してもらい、定時で帰宅させて頂きました。
●明日は、絶対来なくてはいけない仕事があるので、とりあえず、頭痛を何とかして、喉咳は何とかのりきるしか。それにしてもこんなにひきずる風邪?は初めて。悲しすぎる。
●帰ったら、奥さんがこんなものを買って帰っていました。ネズミーランド、相変わらずの集金能力高し。
F1000026.jpg
□日本流に言えば、目ん玉お化け。
●たぶん、今役場の中で一番使えない人間になっています。回復のさせ方が分からない、困った君状態。土日休みで何とかなるのかな。来週からは23日のイベントに絡んで、もっともっと仕事テンションあげて行かなくてはいけないのに。はぁぁぁぁ~( 一一)_|、て感じです。
●今日の一冊。山本崇一朗[作]『からかい上手の高木さん①②』【2014年,㈱小学館,\552+税】。何というか、女の子とのドキドキ、ってこんなんだよな、とほのぼの、というか西片君がむきになる姿が楽しい。高木さんの事が好き(多分、両想い)という前提で、でもまだまだ子供、という感じです。嫌な気持ちにならないのが嬉しいなぁ。
IMG_0011_20141113194651769.jpg IMG_0003_20141113194651f3b.jpg
[ 2014/11/13 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2014年11月12日(水) やすんじゃえぇ

●気持ちと体調、治さないといけないし、休んじゃえ、状態。
●一日休みをもらい、本当に誰とも喋らない一日(仕事関係で2-3件電話がありましたが)を過ごす。
●喋らない事で、咳がひどくなる症状は発生しないのだが、完治するか、というと?である。
●しばらく、黙って仕事をする、そんな日々を送るか。
●夜は子供と一緒にカレーを食べる。
●今日の一冊。角田光代[著]『紙の月』【2014年,㈱角川春樹事務所,\590+税】。帰りによるコンビニで、この映画の前売り宣伝がされているのがいつも気になっていて。宮沢りえ、綺麗である。昔から綺麗であったが、歳を重ねて益々。映画観に行こうかな、と思いつつ、寄った本屋で滅多にしない、原作読んでから、映画へのパターンをやってしまえ、と購入。とりあえず、今週末からの映画公開、落ち着いたら観に行く予定。それまでに本を読むなり。ただ、このカバー、映画宣伝用で、文庫本より微妙に小さい。外して見ると普通の素朴なカバーでした。
IMG_0005_201411091857068b4.jpg IMG_0006_20141109185658737.jpg
[ 2014/11/12 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2014年11月11日(火) ゾロ目の日、喉咳治らないけど良い事多かったかな

●喉咳治ったら、飲みに行こう、そう思わないと、それ位の御褒美がないと頑張れない日々。
●今朝の地名は雨でした。気候も関係あるのかなぁ(>_<)。
F1000014.jpg F1000015.jpg
□今朝の気温は13℃でした。でも、雨で朝から元気が出ない。
●川根時間で使用するお茶の詰め替え作業のため、役場と地名を行ったり来たり。昨年の釜炒り茶香駿を呑みましたが、こなれた感じで美味い。飲んで美味しいお茶になっていました。どうしても、味わいは「やぶきた」の方が上だなぁ、と感じていたのですが、一年置くと変るもんですね。これは、水の森ビルの世界緑茶協会に差し上げて呈茶に使ってもらいます。
●T係長から、500円の瓶入り茶がコンビニで売っているよ、という情報はもらっていたのですが、静岡のコンビニでは確認できないため、本日、川根本町のサークル●で購入。併せて先日買った「冠茶」も買ってみました。こちらは200円。飲んでみましたが、この前に詰め替えた香駿飲んでいたため、どう考えても、香駿が当たり前に美味しい。これらのお茶は、とても値段なりの価値を感じません。でも、こんなお茶で満足している人がたくさんいるんだなぁ、と思うと、・・・、です。というか、お茶として飲んでいるのだろうか。
F1000016.jpg F1000017.jpg F1000019.jpg
□このお茶、普通のペットボトルと同じ値段なら、あー工夫して美味しくしたんだ、でまだいいのだけど、これに500円を付ける感覚が分からない。コンビニで500円出すなら、えー、これ何!?と思わせるものではなくてはいけないはずなのに、ペットボトル茶の領域を超えないものでつくって、何が満足なのだろう。消費者を愚弄していると思う。企業としてありなのだろうか、伊F園、天狗状態か。まぁ、500円出した者としては、勉強させてもらってます、という感じですか。
●こちらが今日詰め替え作業をしたH25全国茶品評会釜炒り茶の部二等入賞[12位]の香駿です。昨年飲んでいた時は、香駿感のあるちょっと青い渋味を感じていましたが、一年置いた結果、丸みのある味わいは、香駿の香味を持ちながらホッとする味になっています。美味い。あとは、これをもっと身近に飲んでもらう工夫。その一つが、グラス飲みだったりするのだが。今度の川根時間で試行。TACHIKAMAコーナーつくりました。
F1000020_2014111120175903a.jpg
□昨年の香駿はもう残っていませんが、今年バージョンが11月23日の「川根時間」から販売されます。2個買って、一つは今飲み、そしてもう一つは一年後飲み、というのも絶対に面白いと思います。全品出品の「香駿」&「藪北」25gずつ入って、50g1000円缶入りで販売です。
●昼間の仕事中、電話で話をする、人と会話をする、その度に咳こむ感じに。何だか風邪だけではない嫌な感じの症状が続きます。どうしたら、すっきりするのか。そんな時に「喉薬だ」と頂いた焼酎。
F1000021.jpg F1000022.jpg F1000023.jpg
□アルコール消毒、喉に効くでしょうか。薩摩焼酎なので芋です。
●家に帰ったら、明日から「ネズミの国」へ羽を伸ばしに行く奥さんが今年初の「うなぎ」を夕飯に用意してくれていました。日常のある家族を置いて行くのが余程後ろめたいのでしょう。でも、ありがたく頂きました。鰻美味し。
F1000024_20141111203125fa8.jpg F1000025_201411112031286e9.jpg
□本当に久しぶりのまともな鰻。でも、今度はお店で食べたいなぁ。庶民には無理か( 一一)。
●咳が治らず、調子も気持ちも最低。それに職場で風邪菌をばらまいているような状態も申し訳なく、明日は一日大人しくしている日としてお休みを頂きました。家でパソコン仕事をしようの日とします。
●昨晩も夜中に喉咳が出てよく眠れなかったので、早めに寝て、合計睡眠時間を稼ぎます。咳なんかどっかへ行ってしまえ\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?
●ネットを見ていたらYahooニュースで「RSウィルス感染症」という見出しが。読んでみると自分の今の症状にピッタリで。関東地域で拡大中との事、これかなぁ、と思ってしまう。とりあえず、特効薬もないようで、大人しく対処療法で対応。大人しくするしかない、病気という事なのだろうか。
●今日の一冊。小泉武夫[著]『うわばみの記』【2006年,㈱集英社,\600+税】。発酵の大家の著者を尊敬しています。もう少し勉強が出来たらそちらの方面へ進んだのですが、学生の頃はバカなので、そんな事を真剣に考えず、取り組めないんだよね。お酒を飲める人間ではないのですが、お酒に絡んで人がいて、そして時代がある、そんな本は大好きです。
IMG_0002_20141109104141a34.jpg
[ 2014/11/11 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2014年11月10日(月) 色々と調整をして

●月曜日です。相変わらず喉咳引きずっているのが辛いです。特に職場へ行って、電話で喋っていると、断続的に咳が止まらなくなり、という状態。喉の痛み自体は大分ひいてきたのですが、やはり、大人しい生活が必要なのかな。
●今朝の地名は霧がかかっていました。雨上がり、この霧が美味しいお茶を生んでいる、と思って。
F1000011.jpg
□霧に朝の日差しが反射しています。
●今年の4月に地名で揉ませてもらった選抜在来のお茶を頂いて。まず形状の良さに、川根茶だぁ、と思い、更に飲み口が甘い。香味も甘い。90℃位で淹れても嫌味が全く出なく、渋味は感じるけど、後口は綺麗に甘い。凄い、お茶だと思う。園主は今、挿し木で増やして、園を拡大中。今年は、1ホイロにも足りない位の量でしたが、来年は1ホイロ、そして、このお茶を是非増やしてもらいたい、と思いました。あと、名前をつけてもらいたいなぁ。
F1000013.jpg
□手摘みのお茶です。30kgない位の生葉でむりくり揉みましたが、仕上がったお茶を見るといいなぁ、と思います。それに何より味がいい。
●自宅へ帰ってきても、喉咳が続く。いやだなぁ。
●今日の一冊。ピーター・コロージモ[著]坂斉新治[訳]『神々の秘密』【1997年,㈱角川春樹事務所,\?】。カバー喪失。世界は謎に満ちている。子供の頃の本によく語られていたこんな台詞が大人になっても、いまだにワクワク感をもって感じられるこんな本、真実かどうか、が問題ではなく、面白いじゃん、という視点で。今でもネアンデルタール人が生きている、というそれを写真入りで語ってしまう、そのくだらなさ、だけでも十分に楽しめる。この系統を真面目に語る本が少なくなってしまったのは逆に悲しいなぁ、と。
IMG_0003_20141109104142827.jpg
[ 2014/11/10 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2014年11月9日(日) 大人しく過ごすなり

●日曜日、で雨。大人しく過ごし、とりあえず喉咳を治したい。
●先日、購入した「冠茶」は、値段の割には、・・・、と言いましたが、併せて買った「生姜炭酸」は、生姜だなぁ、と。喉には効きそうな感じがしました。そして買い控えた「希少珈琲」も買ってみましたが、コーヒー良く分からないのもあるのですが、そんなに美味いか、と言われれば、たいした事ないじゃん、て感じ。いまだにコーヒーのベストは、神戸のUCCコーヒー博物館で飲んだのが一番だなぁ。
20141107122202_201411090145051a1.jpg 20141107122218_2014110901450880b.jpg
□結局、希少糖を使っているから、なのだろうか、この名称?
●買っている金魚が死んだ、と騒ぐ家族。生き物は死ぬものである。
●11月は各種イベントが休日に開催されている模様であるが、とりあえず、身体の回復に努める。
●奥さんに買い物の荷物持ちを命令される。家にいると如何にもさぼっているようなのだが、心身の健康回復に努めているのだが。外にはそう見えないが悲しい。
●伊勢丹のリニューアルした地下食品売り場を見学。築地東頭買おうか迷ったが、石部さんもいないし、やめる。奥さんは「おんな泣かせ純米吟醸」の特売を見つけ、購入。4合瓶であるが。
F1000007.jpg F1000008.jpg F1000009.jpg F1000010.jpg
□「おんな泣かせ純米大吟醸4合瓶」。2100円+消費税。しかし、この設定、2000円の消費税(5%)に更に8%消費税を掛けた値段のように思えるのだが。
●相変わらず、治らない喉咳。つらい。
●実態はおいておいて、妄想を含めて、こんなDVDで美味しいモノを食べた気になる。寺門ジモン、食の神である。
IMG_0007_20141109185706dba.jpg IMG_0008_20141109185707172.jpg
□このシリーズ、たまらなく好きである。
●今日の一冊。宮田親平[著]『毒ガスと科学者』【1996年,㈱文藝春秋,\?】。カバー喪失。大学の時に化学分析系の研究室にいたので、その頃に国分寺駅前の古本屋で購入した記憶だったのだけど、発行年と付け合わせると合わない。サリンと言う言葉をオウム事件の前に知っていた記憶があるのだが、記憶の錯誤なんだろうか。内容的にはドイツで開発されたマスタードガスから始まる毒性薬品の歴史。化学的視点からは知っておくべきだし、勉強になる。一方で、そこにオウム事件が絡むと、・・・、となってしまうのだが。知は必要、しかし、使用者には理念が求められる。
IMG_0001_20141109104137c75.jpg

[ 2014/11/09 ] 科学 | TB(0) | CM(0)

2014年11月8日(土) やっと休み、という感じ

●しばらく、休日どちらかに仕事が入る週を一ヶ月ほど過ごしてきたため、何だか休んだ気がしない。特に、日曜日仕事とかだと土曜日落ち着かないし、結局、翌日から一週間が始まってしまうので、ダラダラと仕事を流している感じになってしまう。お茶時期は、毎日が真剣勝負(お茶揉みが続くので)なので、それに対しては前のめりで入り込んでいるため、3ヶ月で10日しか休みがなくても我慢が効くのだが。
●そういえば、先日「8000」の切り番をチェックしてしまった。自分はカウントされないので、誰かが確認してくれるのだろうか、こういうものは。
20141108002229.jpg
●しかし、最近の喉咳が治らない状況は、年齢相当に身体に来ているのかな、と思ってしまう。どこかでリフレッシュみたいな事をしないといけないんだろうなぁ、と。
●とはいえ、今日はお休み。頭も身体もペースを落として過ごす予定。息子の中学の授業参観が午後に。午前中は図書館へ本を返しに行かないと。[7:50]
●先日、異動の話を書いたのだが、この歳になっても現場でウロウロしていたい、という素直な希望が通らない状況というのはどんなものか、と思う。そんな組織だ、と考えるしかないのだが、年寄りの戯言としては、若い人が技術を学び、それを頑張っていこう、というシステムが現状組織にないため、結局、技術屋(お米の宮田さんがいう技術屋という言葉、重みがあるんだよなぁ)の後継者は普及現場ではほぼ育っていない、というか、この子いいなぁ、と思ってもどっかへ行ってしまう。そんな意味で、こんな年寄りがいつまでも現場でウロウロしているのが実態であるのだが。とはいえ、若くてバリバリやる子が来たら、じゃぁよろしく、て譲るのか、と言えば、そんな気持ちはさらさらないのも老害と言われる原因なのかもしれないが。
●ただただ、自分がやってきた、やっている中で、まだまだ分からない事が分かり、また、更に良いモノへ昇華していく、そんな経験値を積み上げていきたいだけなのだが。県庁へいた経験からすると、そんな現場でウロウロしているような奴は行政的にはあまり役には立たないけど、意外とお城の中にいると拾いきれない現場情報を持っていたりするので、うまく使うのも手と思ったりするのだが。そんな意味で、うまく使ってくれる人間がお城とか上の方にいてくれて、自由にやってろ、て言ってくれるのが望ましいだが。皆、上を見るのに忙しく、現場へ気持ちを置いてくれるような人はみえないなぁ。
●静岡のお茶も、山のお茶の衰退が著しい中で、明確にそれに対処する姿勢を示すために、山のお茶研究室、みたいなものを立ち上げ、そこへ現場技術員を配置して、各種対応をさせる、みたいな事をやってもいいのでは、と思う。そんな職場できたら、喜んで異動希望を書くのだけど。可能なら、今の地名へ町と県の連携協力でそんな場所ができるといいなぁ、と思っている。妄想だが。でも、人件費とそれに対応できる人だけ用意すればいいので、そんなに難しい事ではないのだけど、結局つまらない制約が色々とあるのだろう、やろうとすると。全く、つまらない。
●お茶は限りなく、面白いものであるのだけど、本当は。愚痴だぁ。
●図書館へ行って本を借りる。今日、明日で読めるようなものをサラサラと選び、8冊。少し読んだ事のない人の本も入れて、著者の新規開拓を図る。
IMG_0001_20141108163837048.jpg IMG_0002_20141108163839b61.jpg IMG_0003_20141108163840aed.jpg
IMG_0004_20141108163841c5f.jpg IMG_0005_20141108163843b93.jpg IMG_0006_20141108164235285.jpg
IMG_0007_20141108164237ece.jpg IMG_0008_20141108164238349.jpg
●そして、帰りがけに「来来亭」でチャーシュー麺を食べる。このお店は細麺で、麺臭さがないため、大変愛好している。家からも近いし。いつ行っても満員状態で流行っているんだなぁ、と思う。流行っているお店は味が安定して嬉しい。
20141108115321.jpg 20141108115333.jpg 
□相変わらず喉の調子が悪いのでネギ大盛りにしてもらいました。値段は同じ。細麺うめぇ。
●午後は息子の授業参観に。中学では初めて(長男の時は行かなかったなぁ)。数学の発表をしていたので写真撮っちゃいました。親バカ。
a1_2014110816460146b.jpg□チョークって書きにくくないかなぁ、といまだに思う。
●歩いて往復1時間弱。健康のために歩きました。通り道に畳屋があり、こんな幟が。やはり、い草は熊本なんだなぁ、と。でも、ここでもくまモンなんだね。
20141108152348.jpg□さすが、くまモンである。
●家に帰って、のんびり読書を始める。幸せだ。
●携帯の不調は、microSDを入れ替えて直った。16Gで1000円でした。スマフォ、欲しいタイプの発売が11月中旬。値段を見て判断しよう。
●今日の一冊。出久根達郎[著]『人は地上にあり』【2002年,㈱文藝春秋,\590+税】。古本屋出身の著者のエッセイは好きで、よく読む。文章も上手いし、ネタも引かれるモノがある。本に関わる仕事がしたい、と真剣に思った時期があったが、結局食べていけない、と思い今の道に進んでいるのだが、生きていけるなら、好きな事をやっていた方が幸せなんだろうなぁ、と思うこの頃。特に次の異動は、・・・、ふぅぅ。
IMG_0009_201411081642403ac.jpg
[ 2014/11/08 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2014年11月7日(金) やっと金曜日

●結局、風邪も治らず、でもやっと金曜日。明日と明後日は久々の土日連休。
●そう思っていたら、携帯の調子が悪く。色々と調べてみるとmicroSDがダメみたいで。写真等データは吸い取ってあったのですが、携帯メール情報等は喪失。しょうがない。やはり、そろそろスマフォへの切り替え何だなぁ、と。
●一日、事務をやりながら、色々と考える。前を向いた話もあったり、一方で後退したり。
●夜は農業経営振興会の会合。これも前を向いた話で良かったりするのだが。
●しかし、やはり夜仕事が辛くなる年齢。しかも終了後帰ると午前様に近い時間になってしまう。
●何とか本日中に帰宅。お風呂入って夕飯食べて、そして、簡単にブログを書いて、寝る。
●明日は朝の起床を気にせず、寝てられる。嬉しい。
●今日の一冊。湖西晶[作]『〆切ごはん①』【2014年,㈱芳文社,\819+税】。漫画家、てこんな感じの生活何だろうか。クリエーターというのは大変です。でも、合間合間の安っぽい感じの食事が、逆に美味しそうで。学生時代を思い出してしまう。ある意味で、貧乏だったけど幸せだったなぁ。今が貧乏じゃない訳ではないのだけど。幸せ感は昔の方が強いか。かといって、あの頃に戻りたい訳ではない。人間我がままです。
IMG_0006_20141107235041844.jpg
[ 2014/11/07 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2014年11月6日(木) 異動面談で思うなりno巻

●今朝の地名は12℃。温度は高く感じるけど、朝は冷え込んでいるなぁ、と感じる毎日になりました。
F1004388.jpg□外気温が12℃だった地名。
●11月23日(日・祝)のイベント「第4回川根時間」の関係で、会場となる千葉山智満寺へ現場確認等に行ってきました。お寺って広いなぁ、と感じますし、立派な絵が複数飾られていたりして、すごいなぁ、と。当日の雨天だけが心配ですが、今年も盛大に「川根時間」やりますので、是非足をお運びください(と、ブログで書いてもあまり効果はないのですが)。
a1_201411061952433bd.jpg a2_201411061952561a5.jpg
□本堂で現場確認しながら打合せ。そして飾られた絵を見て、すごいなぁ、と一人感嘆していました。
●お寺の飼い猫さんには睨まれてしまいましたが。
a3_20141106195257992.jpg
□なかなか怖い顔しています。シャッターチャンスが悪いのかな。
●午後には普段行った事のない茶園に行ったりして。大井川が望める場所です。
a4_201411061952591a4.jpg
□ちょと前の植林が邪魔ですが。これも大きくなると冷気を停めて、低温の影響を受けやすくするので注意です。
●夕方には、異動面談で、元職場(藤枝の事務所)へ。立場的には、県⇔町の交流人事という形になっていて、実所属は県の藤枝の職場。働いている場所が町役場、という形。そのため、異動面談等になると普段接しない事務所の上司と行う事となります。
●言われたのが「いい加減自分の年齢を考えた異動希望を書くように」という事。ようするに、立場で仕事をするような年齢になってくるのだから、いつまでも自身の技術向上だ何だというような希望を書くな、というような事で(試験場で勉強したいなぁ、みたいな事を書いてあるので)。これは自分の中では研究者になりたい、というより、現場に還元できる技術構築を図って、それを現場で実現したいという視点で、それを実現するために試験場と言う場所に行きたい、という考えなので、それはどう説明しても現在の組織システムの中においては、理解はしてもらえない、のですが。
●自分自身は、現場の技術者である、という自負を持ちつつ仕事をしているのですが、どうしても、現場にいるだけでは自身の技術向上につながらない(現場の問題点等の把握は出来るのですが)のが事実で、そんな意味で試験場での経験は、たかだが通算5年程度ですが、自身の中の芯となり、それに頼った技術論の構築となっていて。茶園の施肥、という考え方についても、やはり試験場に行かせてもらえたので、今のような思考を持って考えられるのであって、それは普及現場だけにいたら、多分行き着けなかった思考だと思っています。事実、茶園施肥の話をまともに出来る人は、試験場で一緒だったMさんとNさん、Oさんだけ、というと語弊があるかもしれませんが、同じ視点でものをみて、技術論を交わせるのは実際それ位の方々だけで。
●そんな視点で考えれば、普及においておけば技術屋になれる、というのは嘘で、やはり、適切な技術研究の経験を幾年かに一度は経験する必要があると自分は思っています。そんな意味での異動希望を書いたりしているのですが、研究者になるつもりのない人間はおいておけない、という事。ただ、結局、それでは、現場技術者は育たないし、結局、現場からもいらない、と言われてしまう、と思うのですが。まぁ、県には技術者はいらない、という事かもしれませんが。ただ、いらない人間と言われても、戻る場所はつくってもらわないと行き場所なくて困ってしまうので。どこか普及の隅っこでいいので空けてもらいたいなぁ。
●最近、過去のデータの見直しをしていて、リーフパンチ法での施肥の影響確認へつなげられそうな施肥ポイントと量(濃度)の影響が解析できそうな感じがあって、それをを再度、試験場で取り組んでまとめられたらなぁ、と思っていたのですが、それも望めそうもないので、来年異動に合わせて、既存データだけでも論文報告にまとめようと誓う今日でありました。
●樹体充足と新芽生育への影響。施肥時期と量、濃度。面白いなぁ。まだまだお茶、面白い事たくさんあるなぁ、と。
●ここ一週間ほど、風邪で調子が悪かったので、食べていなかった納豆を、本当に風邪が治らないので、神頼み的に今日の夕飯から復活させました。納豆菌が風邪菌に対抗してくれる可能性を信じて(小泉武夫先生によれば、納豆は万能薬みたいなもんだ、との事なので)。
●今日の一冊。大井昌和[作]『モトカノ★食堂②』【2014年,㈱双葉社,\600+税】。①を買った時には「元カノのお店での恋愛ゴタゴタギャク漫画」かな、と思っていたのですが、「モトカ」さんのお店での人生色々相談漫画、でした。まさに人生色々、思う事多分にありますね。こんな小料理屋で美味しい肴を食べながら一杯呑んでいたいなぁ。
IMG_0002_201411062021442c6.jpg
[ 2014/11/06 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2014年11月5日(水) カモシカ捕り物帳のはずが

●相変わらず、喉咳は治らず。一日の何もしない休みが必要ですが、何にしても今週日曜日まではそんな日にはなりそうもなく。朝も、結構冷え込みます。昨日が8℃、今朝は10℃の地名でした。もう11月だからなぁ。
F1004386.jpg F1004387.jpg
□朝の地名の外気温。4日が8℃、5日が10℃。明日は何℃かな。
●ゴホゴホしながら事務仕事をこなします。分からない事が多分にある事業をどう解消しながら、進めて行くか。あー、わからない。そんなこんなで知恵熱も発生してきます。調子悪し。
●そんな時に、我が課の林業室に「カモシカが道路に倒れている」との捕り物帳の出動命令が。林業室長に誘われて、私も一緒に出動します。追い払い用の棒を持ったりして、気合を入れて行きます。
●実際は行ったら死んでいた、状態で、そうすると担当する課が変ります(生きていたら、産業課林業室。死亡カモシカの場合は、天然記念物のため、教育総務課の担当となります)。とりあえず、サイズ計測して、写真を撮っておくと。
a1_201411052010589f0.jpg a2_2014110520105842b.jpg
a3_2014110520105934a.jpg a4_201411052011010bc.jpg
□サイズは全長1.2m程度。それほど大きくない個体でした。こんな間近で見るのは初めてで。しかし、これで又スカベンジャー等と当室のS室長に言われてしまうなぁ。死体獣愛好家。
●しかし、本当に身近に野生獣がいると感じる町職員仕事です。山と川。限りなく自然に近いんだよなぁ。
●帰宅して、夕飯食べて。そして寝る準備。毎日、眠る時に、明日は風邪治ってますように、と願っているのですが。今夜も風邪が完治するようドンドン寝るのだなぁ。
●今日の一冊。若井ケン[作]『女子かう生②』【2014年,㈱双葉社,\600+税】。完全なサイレントの女子高生日常モノですが、何というか、日常のおバカ感がセリフなしで増幅されて笑える。学生の頃の悩みって、平和だなぁ、と思う。でも、それが青春なんだよね。歳を取るとシミジミとそう思う。若さはバカさだから。
IMG_0004_20141105202742ca1.jpg
[ 2014/11/05 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2014年11月4日(火) 1週間経過したけど、風邪、完治せず

●昨日お休み、だったのですが、日曜日の雨の中のイベント片付けで、喉咳、完全には完治してないし、2日遅れでパネルや机運び等重たい荷物運びが、筋肉痛として全身に出ている。年寄りだなぁ(>_<)。
●今日は午前中に地名農林業センター研修茶工場で、メーカー担当と精揉機の改良等の打合せ。現在2社の精揉機を使用しているのですが、来年の品評会に向けて、より対応性の高い整備を進めます。個人的には、地名の工場での品評会揉みは出来るのですが、これが又場所が変った場合に(機械も変って)対応ができるかどうかは、多分、即対応は無理だろうなぁ、と(数と年数を重ねて機械の癖をつかんで、という経験値が必要となるんだろうなぁ)。
a1_201411042052115e5.jpg a2_20141104205213265.jpg
□自分は今の品評会製造においては直接的に精揉機を使用する場面は皆無なので、実際としてどう揉むかは、20年前の清水での経験でほぼ止まっている(諸田式精揉の引き方)のですが。今の中揉出しでの引き方対応、自分ならどう引くかなぁ、と思う事もありますが。
●基本、昔の精揉の引き方は、上乾き中揉の出し度での引き方だと個人的には思っている。そんな意味で制御盤を最大限活用した今の中揉機での出し度対応とは違うんじゃないのかなぁ、と。特にはやはり芯水のキレ方の問題が、引いてくる(加重を掛けてくる時)時間や戻すタイミングに大きく影響していると思うのだが。そのうち、また最初から最後まで自分で揉むような立場になれば色々と考えるようになるんだろうなぁ、と。
●午後は、牧之原の茶農家さんへ、来年から川根の子が研修で入る関係での打ち合わせに。ここでも色々と教わる事ばかりです。話す、って大事だなぁ。
●帰りのコンビニで変なものを見つけました。どうなんだろう、一本200円とお高いし。でもとりあえず買ってみました。
b1_2014110420590147f.jpg
●「別格」て、200円でねぇ、そう言われても。だいたい「冠茶」(かぶせちゃ)て読めないし。飲んでの感想は、酸化防止剤(アスコルビン酸)きつぅぅ。味は、2.5倍の茶葉量ですか、これがイメージするかぶせ茶ですか、て感じ。200円だしなぁ。でも、これなら、一番茶の手摘みの品評会出品茶クラスのお茶を買って自分で水出しで淹れる方が100万倍美味い、と当たり前の感想になってしまった。
b2_20141104205906a3f.jpg b3_20141104205903a50.jpg
●生姜炭酸の方が実は気になっているのですが、これは明日にでも飲んでみよう。
●今日の一冊。汐村友[作]『スイようび②』【2014年,㈱KADOKAWA,\552+税】。相変わらず、サイレントな主人公(スイ)であるが、その分、周囲に登場人物も増えて、台詞回しは増加中。この時期の発売本にはどうしても夏季テーマが盛り込まれるため、夏祭りの回が入っていて。そういえば、夏祭り、って最近経験していないなぁ。実家の傍のお寺のお祭りが7月にあるので、あれが夏祭りなのかなぁ。季節的には今の時期に各地で祭りをやっている感じがします。
IMG_0005_201411042113396b0.jpg
[ 2014/11/04 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2014年11月3日(月・祝) 良い天気、風邪ももう少しで

●夜に何度か痰が絡む形で咳が出るのですが、耳詰まりもなくなり、大分回復基調。今日は一日お休みなので、のんびり自宅で、と思ったのですが、息子のテニスの試合を見に行く(息子は出ないのですが)、という奥さんに付き合う事に。
●出発まで時間があったので、今年、芽茶でやらしてもらった萎凋発酵で、その後乾燥処理を行わなかったお茶の状態を確認。近々、遠赤乾燥で乾燥止めでもしようかなぁ、と思っていたのですが。匂いは、ちょっと酸の入ったような香りが刺す感じ。でも、発酵のまったりとした甘い感じもあったり。飲んでみると、紅茶かな、という感じの味わいと共に、昔飲んだ高知の碁石茶を思い出すような乳酸発酵系の香味も。さて、止め乾燥をするとどう変わるかな。
a1_201411030904586a8.jpg a2_2014110309050059f.jpg
□左がお湯で淹れる前、右が淹れた後。やっぱり萎凋⇒発酵まで処理してあるので、赤みになるなぁ。しかし、芽茶試験は色々と分かる事が多く面白い。
●歩いて草薙まで。家の前の巴川に飛ぶ鳥発見。アップで撮ってみましたが、鷺の一種でしょうか。青鷺?
b1_20141103171422038.jpg b2_201411031714256a6.jpg
□なかなか格好いい飛び姿(川面に映っているのが、また)。目がこわいなぁ。
●テニスの試合、結局、一日いましたが、なんだかなぁ、というか、見ていても面白いものではない。自分でやる、スポーツなんだなぁ、と思った。暑い一日でお腹も減って、風邪悪化。なんだかなぁ、の休日になってしまいました。
●明日の仕事は、ボチボチで過ごせれば。余計なメールが来ない事を祈るばかり。
●今日の一冊。大竹利朋[作]『もぐささん③』【2014年,㈱集英社,\514+税】。相変わらず美味しそうに食する百草さんですが、幼稚園時代からの菓子隠しアイテム(これは帽子ですが)が凄い。食への貪欲な嗜好にはあこがれるものがあります。今回の夏祭り、焼きトウモロコシ美味しそうだなぁ。また、コミック買いのため気付かなかったのですが、バカに出版感覚早いなぁ、と思っていたのですが、実は週刊誌連載(@_@;)。その割には週刊誌連載を感じさせない展開のノンビリ度、山のなさもまた凄いと思ってしまいました。
IMG_0001_20141103074841132.jpg
[ 2014/11/03 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2014年11月2日(日) 川根本町産業文化祭、裏方の一日なり(@_@;)

●今日は川根本町産業文化祭。雨が心配されましたが、朝から暑い位の天気となりました。風邪も大分いい感じに。喉がひっかかりますが、昨日よりも回復基調かな。
●7年間川根に通っていますが、これに参加するのは初めてで。町の行事なんだなぁ、と。仕事は、舞台袖で、舞台の準備と片付けの繰り返し。演目が10件以上あるので結構大変です。そして、終わった後の色々な片付けも。
a1_20141102185143ec6.jpg
●町のアイドル、ゆるキャラ「オチャピー」。妖精の女の子だそうです。
a2_20141102185144f51.jpg a3_20141102185145f8b.jpg
□小さな子達に人気者です。
●そして、最後に「餅まき」が恒例で行われているとの事ですが、参加者みな真剣で怖い位です。3500個のお餅が撒かれたとのこと、凄い。
a4_20141102185148a28.jpg
●午後から雲が出てきて、少しポツポツ雨が。でも、餅まき、までは何とかもって。その後の片付けの時には結構降りました。結局、濡れ濡れになってしまって。せっかくもう少しまで回復した風邪がぶり返さないといいのですが。
●明日はやっとお休み。この一週間でボロボロになった身体をどう修繕しようか、と。でも、やっと朝の起きる時間を気にせずに眠れるというのは嬉しい。
●今日の一冊。サワミソノ[作]『ちちゃこい日記②』【2014年,㈱双葉社,\620+税】。読んでいて、ちょっと恥ずかしく、でも優しい感じのするストーリー。こんな恋、気持ち、空間、時間、きっとその時には分からないまま過ぎて行くものなんだなぁ、と。でも、優しい話は好きです。終わってしまったけど。
IMG_0003_201411021909100d2.jpg
[ 2014/11/02 ] コミック | TB(0) | CM(2)

2014年11月1日(土) 日直で一日が終わる

●風邪は喉咳の定期的な発生に移行し、もう少しで何とか、と思っているのですが、雨の一日で。
●今日は、旧本川根庁舎での日直仕事。休日の役場の電話番仕事を一日。
●必要な仕事ですが、自分何をやっているんだろう、と思わなくもなく、一日が過ぎて行くのでした。
●帰りは山越えで時間は短縮できたのですが、対向車怖いわ、後ろからは煽られるわ、霧は出るわ、で時間は掛ってもいつもの道でいいです、と思ってしまいます。
●明日は、川根本町産業祭の裏方仕事。雨天気が心配ですが、予報だと曇りになったようで、カッパを着なくても済むかも、と思っているところでありんす。
●とりあえず、今日も寝るばかり。病気は寝て治せ◎。
●明後日の三連休最終日は、風邪の完全回復に努めたいところですが。
●今日の一冊。三浦しおん[著]『星間商事株式会社社史編纂室』【2014年,kindle,\500】。腐女子、ニート、会社の傷、等色々盛りだくさんなのですが、今ひとつ感情移入できないのは、ちょっと上滑り? 何というか、えー、そうなの(@_@;)、というような驚き小ネタみたいのがないのがねぇ。何というか、こんなんで、あんなんで、やっぱりそうなるんだぁ、というような。いえ、普通に読ませてくれる筆力はあると思っていますが。やはり、風邪を引きずっているせいか毒舌が続く。
星間商事㈱社史編纂室
[ 2014/11/01 ] 小説 | TB(0) | CM(0)