FC2ブログ

2014年9月11日(木) 今年の川根茶の展示販売会やりました\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

●今日は川根本町茶品評会出品茶展示販売会<入札販売会>を静岡市葵区北番町の㈱静岡茶市場を会場に開催。朝から静岡市内、変な天気でしたが、茶市場へ行く時間には晴れ晴れで。
●到着後、入札会の準備。ただ、会場づくり等は茶市場の職員の方々が既にやってくださって頂いていて。今年で2回目ですが、このようなイベントをやるには大変いい環境の会場です。
a1_201409112109172e0.jpg a2_201409112109199f5.jpg
a3_201409112109202f6.jpg a4_20140911210922ab8.jpg
□会場準備が整い、スタッフで作業の確認。勿論ポロシャツは「川根茶魂」。でも久々に着たなぁ。
●1時から入札会開始ですが、なかなか参加者の集まりが悪く10分前まで心配していましたが、5分前になるとぞくぞくと集まって頂いて。
b1_2014091121112896b.jpg b2_2014091121112948b.jpg
b3_20140911211131a93.jpg b4_20140911211132baa.jpg
b5_201409112111349a1.jpg b6_20140911211218f1a.jpg
□全品・県品の入賞クラスのお茶から、機械摘みのお茶まで。また、共同工場の一番茶品評会の見本展示や川根本町が取り組む釜炒り茶や新試作茶等も展示してあります。この展示販売会の一番の特徴は、入札茶を含めて、展示茶の試飲による内質確認ができること。通常の品評会では外観の目視確認(せいぜい荒茶香気を非接触で確認する位)する事しかできませんが、ここでは静岡茶市場さんの御好意もあり、水場をお借りして、自由にお茶の内質(香気、水色、滋味)を確認する事ができます。品評会の大臣賞クラスのお茶の確認等、なかなか普通にできるものではありません。そう考えるといい展示販売会だと思うのですが。自画自賛。
●町品評会で手摘みで一番のお茶(相藤園 相藤令治氏出品茶)。この兄弟茶は全品、県品とも二等入賞でした。そして、萎凋発酵芽茶や全品出品釜炒り茶等の展示もしました。若い茶商さん等はこれに興味を持って下さり、色々と話を聞かれました。注文してくれれば作りますよ。
c1_20140911211952af3.jpg c2_2014091121122115d.jpg
□自由試飲のため、減り方が激しい一番のお茶。芽茶は「どうしてつくったの?」という形で興味を引くようです。
●そして3時には落札結果発表。かなりの高値で落札頂きました。ありがとうございました。
c3_20140911211222478.jpg
●出品点数の問題、参加者人数の問題、情報の出し方の問題、等など、2回目になっても検討しなくてはいけない問題はたくさんありますが、このような事を続けて行くことが大事だと思いますし、来て頂いた方に、またお話をお聞きしにいかなくては、と思う訳で。
●結果の取りまとめや参加者への落札結果情報拡散のために、役場へ戻ります。そして、細々した仕事をして、終わった感を出して帰宅の途についたのですが。フラフラと運転した上に、後ろから煽ってくる糞野郎の車にすっかり気分がダウン。もうバカばかりで車通勤疲れました。
●とはいえ、一つのイベントクリアで、次へ切り替えをしていかないと。明日は午前は事務処理、午後は静岡市内で打ち合わせが待っています。
●今日の一冊。夏坂健[著]『ゴルファーを笑え!』【1997年,㈱新潮社,\490税込】。ゴルフ全くやりません。多分、やったらはまるだろうから、と思っているので。そして、はまる癖に大して上手くならない事も見えているので。でも、初期ファミコンの「ゴルフ」ゲームやプレステの「みんなのゴルフ」は好きだったなぁ。そして、こんな本も面白い。技術もそうだけど、やはり、人がやっているスポーツ、ゲームなんだなぁ、と思う。中国ゴルフ起源説も、本当?と思いつつ、ありなのかも、と思ってしまいます。
IMG_2014091121195450f.jpg

[ 2014/09/11 ] 一般 | TB(0) | CM(0)