FC2ブログ

2014年6月9日(月) 週初め、ドタバタと思うところ

●昨日働いているので丸っきりの週初めではないのですが月曜日、通勤路が混んでいるなぁ、と。
●今朝も地名へ寄ってから役場職場への移動。頭の中に、白茶、一芯1葉、とグルグルしていたので、品種見本園のべにふうきの遅れ芽を摘んでしまいました。
F1003608.jpg□茶園ではこんな芽が遅れ芽で伸びています。これの一芯1葉。
a1_201406092225225c8.jpg a2_20140609222523766.jpg
□たくさん摘んでしまいました。こんな芽を。遅れ芽、赤芽なんだよなぁ。
●これを日干萎凋して、と思ったのですが、時間がないため、そのままバンバン萎凋処理を。
●とはいえ、これが主仕事ではないので、就業時間に間に合うよう役場へ急ぎます。
●今日は、12日の行われるJAの荒茶互評会の事前下見会。営農、茶業センター担当で今年の一番茶の各茶工場等のお茶をみて評価します。そして12日に実際に生産者に見せて、飲ませて、来年に向けた意見交換を行います。
b1_2014060922340027e.jpg b2_20140609223401e96.jpg
□全部で34点の出品。プロの審査、勉強になります。
●そんな事をして、午後は役場で事務。ちょっとトラブルの持ち込みもあったりしたのですが、なかなか難しい事が多いです。とはいえ、そんな感じで月曜日過ぎてしまいます。
●明日はJAおおいがわの茶品評会。これから始まる、町品、県品、全品の最初の前哨戦、というところ。ここでの評価が後の結果に直結したりするので。昨年は審査員をやらしてもらったのですが、今年は外れたので。ただ見に来るのは構わないとの事で、見学をさせてもらいます。午後には町品の町外展示販売会の打合せで静岡の茶町へ。
●その帰りがけ、朝の仕込みと昨日から放置プレイの萎凋発酵茶の乾燥処理を地名へ寄って。乾燥後の2品。
a3_201406092239496f4.jpg a4_201406092239502be.jpg
□芯芽の白(銀)と開葉の黒(濃紅)の対比がいい。BLack&SILver。果たして味は。
a5_201406092239515f8.jpg a6_20140609223952d8c.jpg
□こちらは朝処理のべにふうき。含水率高いのに殺青処理してないためか、斑な感じになりましたが。これも味が気になるのだなぁ。
●どちらも、そのまんま乾燥、なんですが、味わい香味が気になるところ。ただ、それは明日の楽しみにしておこうと。
●こんなお茶もありだなぁ、と思う次第でありますが。FBでは詳しい方に、白茶?と質問されたりしましたが、白茶つくるつもりで作ってないので、結果論? でも、白茶ってどうよ、て思うところで、さて、萎凋発酵、どう考えましょう。
●今日の一冊。興津要[著]『江戸食べもの談』【1995年,朝日新聞社,¥560税込】。杉浦日向子先生の影響で江戸風俗というか江戸食べ物に興味を持つようになり、そこから池波正太郎とドッキングした感じも無きにしも非ず、で。そんな流れでの一冊ですが、これはこれで江戸情緒と江戸風流を江戸期川柳や戯作等から引いていて勉強にもなり、時々、ネタ引きに使わしてもらったり。知の勉強になる本、好きだなぁ。
IMG_201406092225209e1.jpg

[ 2014/06/09 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)