FC2ブログ

2014年4月29日(火・祝) 品評会対応前の最後の休日

●朝から一日雨予報が昨日出たため、4月二日目、10日ぶりのお休み。そして、品評会製造終了までは休みはないだろう。そんな意味で心身ともにリフレッシュかけて、気持ち良くお茶揉みできるようにしないといけません。
●4月の初休みの時もそうでしたが、温泉へ。朝から奥さんと下の子と一緒に天神の湯へ足を運びます。朝から温泉入ってとろける状態。死海風呂という塩分濃度の高いお風呂があり、それに入ると試験製造で傷ついた手がしみるしみる。しかし、この時期は傷がついても治りが早い。お茶に触れているからなんだろうか。でも、お茶にふれるから傷が増える、この矛盾。前回は飲まなかった「森永のコーヒー牛乳ビン」を呑んだ。美味い、こんなに美味しいものか、と。蕩けた身体と脳にしみ渡りました。
F1003069.jpg□正式名称は「森永珈琲」なんだなぁ。美味いッス。
●そして奥さんリクエストで「コメダ珈琲」で朝食。モーニングセット(飲み物頼むとトーストと茹で卵サービス)、トーストが意外と美味い。朝からのんびり贅沢してしまいました。
F1003075.jpg F1003071.jpg F1003073.jpg 
F1003074.jpg F1003072.jpg
□飲みモノは、クリームココア、クリームソーダ、ブレンドコーヒー。トーストと茹で卵は、名古屋発祥らしいサービス。でも、のんびり過ごせそう、という昔ながら喫茶店的雰囲気がいいのかも。
●温泉つかりながら、昨日の製造について思いをはせる。特に尺づくりにおける揉捻の在り方。今まで余裕がなく、手を出せなかったが、葉打ち⇒粗揉についてお茶の在り方にある程度のメドがたち、中揉は高機能制御盤導入でお茶を揉める中揉機になって、精揉は安定温度調整が可能に。そんな状態で、やはり気になっていた揉捻への試験チャレンジを今季から。揉捻の目的と揉捻へ入れるお茶の在り方、そして揉捻でお茶を揉む、という意味合いに思いをはせて、こうしていけば、という方針が見いだせるなら、と思っている。でも、今季のみの一年契約選手。今年は結果につながらなくてもいい処理なので、次へのヒントがあれば位に。でも、ちょっと見えてきたような気はしているんだよな。
●温泉はこのような思考の広がりがあっていい。道後温泉のような温泉街が静岡市内にあってもいいのでは、と思ってしまうのだが。あー、道後温泉行きたいなぁ。一六タルト食べたい。思考の堕落。
●そして帰って来て怠業。まだ9:10。一日がのんびりできる時間があって嬉しい。
●寝てしまう。疲労蓄積。4月は最初から最後まで色々あったなぁ。何回も書くけど、すでに年度が3ヶ月は過ぎ去ってしまったように感じる。明日も雨予報なので、一日事務仕事に徹して、5月1日からの品評会製造に対応していきたい。
●今日の一冊。津々巳あや[作]『女子大生の日常』【2014年,㈱KADOKAWA,¥524+税】。「親の目を気にせず深夜までゲームやってマンガ読んでコンビで牛カルビ弁当食べる為に大学なったようなもんだよね~」という表紙の主人公の「バカ」発言に惹かれ購入してしまいました。でも「一人暮らししたくて、24時間好きに使って、メシはお金がある時は大学近くの美味しい定食屋で、お金が少なくなると、弁当屋のから揚げ弁当大盛りで、全くなくなると親が送ってくれた米を炊いておにぎり作って、道場で昼飯。授業が終われば、弓引いて、そして仲間で酒呑んで、をするために大学生になりました」私に主人公をバカと呼ぶ資格はないのだが。大学生活、楽しかったなぁ。
IMG_0002_20140428222127be2.jpg



[ 2014/04/29 ] コミック | TB(0) | CM(0)