FC2ブログ

2014年2月28日(金) 二月もおしまい

●二月も終わってしまいます。年度で言えばあと一ヶ月。悔いなく過ごせよ、頑張れよ、です。
●本日は雨も上がり、朝から気温も高く。でも地名まで行くと気温は7℃で、川霧のせいかガスっていました。ただ朝の早い時間ですっっと消えてしまいましたが。
F1002592.jpg F1002593.jpg
●昼の時間は気温もあがり、事務所にいても暑い位。一方で、花粉なのか、PM2.5なのか、喉はイガイガ、クシャミは出るわで、よろしくない空気状態でした。
●幾つかの懸念事項を整理。一方で、片付かない、方向性の揺らぐばかりの事項も抱え込んでいます(>_<)。
●去年は今のタイミングで四月からの動向が示されたのですが、今年は色々と降っては来るのですが、確としたものはまだ何も示されず。気持ちも揺らぐばかり。あと一ヶ月頑張れるのかなぁ。
●そうは思いつつ、やっと金曜日。久々に土日連休が待っているので、少し頭も偏頭痛抱えていますが、とりあえず帰って寝るだぁ。
●今日の一冊。梅原真[著]『ニッポンの風景をつくりなおせ』【2010年,㈱羽鳥書店,¥2,600+税】。職場で借りてきました。高知出身のグラフィックデザイナーの著者。柚子で有名な馬路村のゆずジュースのデザインはこの方がされたとか。林業室長はこれから発想を得る、そういう本、と言っています。確かにパラパラ見るだけで面白い。それに文章を併せて読むと更に面白い。お茶の関係が最初の頃に載っていたので、余計に面白い。高知県は良いお茶ができるんだよなぁ。昔、茶市場研修に行っている頃、県外茶の審査を見せてもらった時に一番顔の良いお茶が高知だった記憶があります。ただ、安く買われていたなぁ。そんな意味も含めてのこのページということなんでしょう。色々な事がつながっています。
IMG_0003_20140228203745259.jpg

IMG_0004_20140228203748fa1.jpg
□煎茶のページ
IMG_20140228202654e54.jpg
□紅茶のページ
[ 2014/02/28 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2014年2月27日(木) 久しぶりのまとまった降雨

●今朝からまとまった雨が降って、気温も高め。土もうるおう、お茶もうるおう。これで雨後の気温が上がってくれば、グッと芽の動き出しも始まるのですが、来週はまた冷え込むようで。
F1002588.jpg F1002589.jpg
●一日事務所で事務仕事。公務員ぽい仕事しています。もうすぐお茶が始まれば、机の前にはほとんどいられなくなるのですが。どこへいても、なかなか飽きっぽくなってしまうなぁ、と思ったり。
●議会絡みの対応資料つくったり。公務員ぽいぞ。
●そんな中、林業室に「はぐれレース鳩」が持ち込まれました。レース鳩と言えば「レース鳩777(あらし)」だなぁ、と。少年チャンピオンだったかな?記憶の中に何となく読んだ覚えが。時代が古すぎる。持ち主に宅急便で送るそうです。
F1002590.jpg F1002591.jpg
●昨日、40周年記念DVD第一弾が届きました。最終的には一年間で6枚届くとのこと。もちろん非売品。早速、見て聞かなくては。
IMG_2014022721564203f.jpg
●週末が近づいても、ちょっとダウン気味。喉も痛く、咳も鼻水も出る。花粉なのか、風邪なのか。明日頑張って、週末は大人しくしていよう。
●今日の一冊。中谷宇吉郎[著]『九谷焼』【2014年購入,Kindle,¥0】。お茶に絡めて、焼き物の勉強をする場面がある。とはいえ、せいぜい写真を見ながら、良いな、悪いな、位。何となく何焼き位かは分かる程度。それでも、土の観点から焼き物について語る、やはり中谷先生だなぁ、と思ってしまう。気持ち良くお茶が飲める焼き物、そんなものが最高だと思うが。
九谷焼
[ 2014/02/27 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2014年2月26日(水) 半休

●今朝も冷え込みました。それでもマイナスではなかった。今年は2月、寒い日が続きます。週末の雨の後で、天気、気温がどう変わるのか。そろそろ品評会茶園巡回の日程等を調整していかないと。
F1002585.jpg F1002586.jpg
F1002587.jpg
●気持ちが色々とついていかない場面もあり、銀行に用があったりして、午後から半日休暇を頂きました。昨年もそうですが、土日祭日の振替休みが大幅にあるので、年休を使わずにそれで対応させています。結局、年休は消化できないのですが。お茶時期なんかの身体の疲れは我慢が効くのですが、気持ちの疲れは、やはり休みリフレッシュが必要、だと。
●用事を片付け、いつもより早く帰宅。たまっている本でも読んで、という状態ですか。
●今日の一冊。中谷宇吉郎[著]『「茶碗の湯」のこと』【2014年購入,Kindle,¥0】。中谷先生が何かエッセイ風にと思って読んでみたのですが、本来は「茶碗の湯」という寺田寅彦先生の随筆があり、それは茶碗から立ち上る湯気の中に様々な色が発生し、これはスペクトルの原理うんぬん、という物理的視点での解説、というような、こんな視点で茶碗の湯を見ているのは寺田先生だけだ、という中谷先生の〆。個人的にはお茶の話でもしているのかなぁ、と思ったのですが、ちょっと当てが外れた格好。でも、科学者の話、面白い。ついでに寺田先生の「茶碗の湯」もAmazonで探してみましたが、中古でとんでもない値段がついていました。
地茶椀の湯のこと 中谷宇吉郎 茶碗の湯
[ 2014/02/26 ] 科学 | TB(0) | CM(0)

2014年2月25日(火) 凸凹凹凸

●今日は藤枝の元職場へ寄って一ヶ月報告してから、川根本町へ。地名農林業センターへ寄って、一煎茶パックつくるための品評会入賞茶3点を持って職場へ。JA川根茶業センターで一煎茶パックに詰めてもらいます。
●久々にみた入賞茶。どれも良いけど、もう目の前に今年のお茶が待っているんだ、という気持ちで頑張らねば。
●とはいえ、職場では事務仕事で、何となく時間ばかりが過ぎてしまう感じで。
●少し、メリハリをつけないといけないなぁ、と思うところ。さて、どうしようか。休むか。
●今日の一冊。平林初之輔[著]『江戸川乱歩』【2014年購入,kindle,¥0】。江戸川乱歩といえば、自分の世代ではやはり小学校の図書館や市立図書館で読んだ「怪人20面相シリーズ」に尽きる。一方で大人になってからは、乱歩らしいエログロ系も読んだがハマる事はなかった。この本を読むと乱歩という人は逆に普通人であったような、でもその頭の中は、・・・。発想というものは単純ではないのだろう。まして、普通人には発想できないからこそ、売れるモノとなるのだから。また、怪人20面相読みたくなって。図書館に借りに行ってしまおうかな。
江戸川乱歩
[ 2014/02/25 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2014年2月24日(月) ペットボトル

●今日も朝から冷え込みが。茶園の降霜の割には温度はそれほどでもなかったのですが。
F1002580.jpg F1002579.jpg
●職場では、先日の東京視察の復命書を書きながら、内容を反芻し、さて今後どうしてこうか、と考える。色々とやりたいけど、やるのは私ではない。どれだけ自身の事として考えてもらえるか。地名でお茶つくってしまうのが一番楽なんだけど。
●川根産一番茶の「こだわりの贅沢緑茶」ペットボトル(1本136円)なるものが、サークルKで地域限定で出ているようで。色合いは確かにそれらしいのですが、味は、・・・、うすい。しかし、ペットボトルという視点で考えれば正しいのかもしれない。ただ、これが贅沢なら、100g3000円の手摘み川根茶10gで水出し茶1㍑作って飲む方がどれだけ味が贅沢か、と思う。
F1002581.jpg F1002582.jpg F1002583.jpg
●明日は元職場へ月に一度の月例報告してから、川根へ。そろそろ行き先、示されるのかな。
●今日の一冊。増田俊也[作]原田久仁信[画]『KIMURA 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか 0巻/1巻/2巻』【2013-14年,㈱双葉社,¥600+税】。プロレス好きでした。時代的に新日本プロレス、アントニオ猪木、タイガーマスク、フェイクと知りながらも楽しんでいた時代。そんな中で格闘技の世界で、最高の強さとは何か、を追及している人々。強いとはどういう事なのか。そんな意味で、プロレス王の力道山と無敵の柔道家鬼の木村の闘い、なぜ木村政彦は負けたのか、なぜ八百長を受け入れたのか、彼にとって真の強さとは何だったのか。そんな事がこれを読み続ける事で分かって来るのかなぁ、と。人が描けている話は、何にしても面白い。
IMG_0001_2014022421034587e.jpg IMG_0002_2014022421034752d.jpg IMG_0003_20140224210350950.jpg
[ 2014/02/24 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2014年2月23日(日) 視察研修明け怠業

●朝起きて、二日間の視察研修をブログにまとめてアップし、考える。今回の視察自体の効果は大きくないけど、つなげていくものはある、と。それをやるための手がかりというか、自身の行く先を示すものが、・・・。所詮、傭兵。
●今の自家用車は走りは大変気にいっているのですが、フロントバンパーとの相性が悪く、何かと言えば傷はつけるは、縁石で破損させるわで、・・・(単に運転が下手なだけなんですが)。今回も視察へ行くために川根へ行く途中で、そんな状態でバンパーあげちゃって(>_<)。何にしても気持ちが萎えます。とりあえず今日ディーラーへ行ってどの程度か見てもらうのですが。毎年この時期なんだよな、何かやるのは。⇒結局、フロントバンパーの固定ネジの所バンパー部分が衝撃で裂けていたけど、何とかディーラーの営業さんにお願いして、無理くり固定してもらいました。どうせ、またやるだろうし、固定できなくなったら、付け替えます。以前一度やっていて、7万円だったなぁ(>_<)。
●視察の最後に東京地下街を歩いて、スイーツ店等を見る事で勉強になるなぁ。一方でお土産探しもして、やっぱり買ってしまいました「ロペプリントクッキー」。家でもうけてます。
F1002564.jpg F1002565_201402230752128b1.jpg
□何と言ってもカラーじゃん、です。
●さて、そんなロペのガチャガチャを又やってしまいました。今回はしっかり「コンソメファイターズチップス」と「ハイパーバトル将棋ガチャガチャ」をゲットしました(^O^)/。どちらも林商店製。ちなみにコンソメファイターズはロペのお父さんが所属する滅茶苦茶弱い草野球チームの名前です。←同僚から指摘があり、これはアキラ先輩の命名で、実際の名前は「葛飾ラビッツ」でした。失礼しました。
F1002578.jpg
●今日の一冊。夢野久作[著]『近世快人伝』【2014年購入,Kindle,¥0】。過去の日本の歴史を紐解いても色々な人物がいる。特に近世については、歴史的学習という形から考えるとあまりに情報を得ないまま人生を生きてきてしまっている感じがする。そんな人物についてのエッセイ。コラムとかショート人物伝等で何となく知っていた人物について学べるという事はためになる、とともに、こんな(変な)人がいたんだ、という人間の面白さを知る事ができるのが嬉しい。
夢野久作
[ 2014/02/23 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2014年2月22日(土) 東京視察2日目【2/23に記載しました】

●本日は、東京都内のお茶専門店で視察聞き取り調査。気が重い。ダウン。
●【帰ってきてから記載しました】
●二日目は、都内の茶専門店(消費地茶商)へ行き、お話を伺うという事で予定を組みました。人数の関係もあり、2グループに分かれて、上野の「茶の君野園」さんと下北沢にある「しもきた茶苑大山」さんへ。私は「しもきた茶苑大山」さんのグループで。下北沢の道路事情等から電車で上野から移動しました。
●事前にこちらの参加者から質問事項等を吸い上げまとめたものを視察先に送らせていただき、それについて回答を頂くという形で。対応して下さったのは「しもきた茶苑大山」の大山拓朗さん。若い頃に、川根でお茶の生産場面への研修にも来られた事もあるという事で、川根への思いも含めて熱い熱い話をしていただきました。2時間30分、ほぼ大山さん喋りっぱなしで、凄かった。また、今後の事に対しても色々と御提案を頂きましたので、今後、各組織で検討して、対応をすすめたいなぁ、と。
e.jpg
□大山拓朗氏。熱いです。語ると話が次々で。
d.jpg
□参加者は11名。場所的にも10人程度が限界との話で。
a.jpg b.jpg
□こちらは喫茶店。開店前の中を見させていただきました。
c.jpg
□川根茶のポスターをお店に入ってすぐの所に貼って頂いていて。隣の黒いのは宮崎の釜炒りのポスター。今後、連動イベントをするとの事です。
f.jpg g.jpg
□こちらが店舗。下北沢の駅(京王・小田急)から歩いて3分程度。
●視察に行くまでの事前の調整では色々とあったのですが、大人の対応をしていただきました。お茶に対する思いは誰もが一緒。良いものをつくりたい、知ってもらいたい、そのために何をするのか。とはいえ、この一ヶ月、結構気持ちに来ていたので、終わった時にはドット疲れが。
●そして東京駅でグループが合流し、昼食後、新装された東京駅地下街の視察(お土産購入?)を1時間弱して、帰路へ。
●夜の遅くならない位に帰って来れました。何にしても疲れたので、ブログ更新やFacebookアップもせずバタン(>_<)。日曜日休んで、また月曜日から頑張らねば。2月も終わってしまうなぁ。●
●今日の一冊。昨日に引き続きトンデモ。でも、いいじゃん、こんな娯楽が人の心には必要です。
IMG_0002_20140220224458876.jpg
[ 2014/02/22 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2014年2月21日(金) 東京視察一日目【2/23に記載しました】

●本日から、共同工場の方々と一緒に東京視察。一日目は銀座界隈のお茶トレンド等を確認。
●【帰ってきました。そして記載】
●共同の方々19名と関係機関等5名での参加の今回の視察研修。東京銀座でバスから降りて、2グループの分かれて、3ヶ所の喫茶専門店を回りました(日本茶、紅茶、中国茶)。
●私の方は「うおがし銘茶銀座店」から。煎茶500円の呈茶セットをお願いしたら、最初に日本酒ちょっこり、の後、お茶が2煎とお菓子。おじさんの団体以外は女性のお客様ばかりが、普通に来て、お茶を飲んでいく、というこの日本茶喫茶スタイルも定着したのかなぁ、と感じました。500円のお茶自体は、うおがしのお茶らしく火香で丸くなった味わいで、まぁ、普通。ただ、もう一グループの方で玉露(1000円)を頼んだ人が「良かった。美味しかった」と言っていたので、またお値段の問題もあるでしょう、という事で。最初に出てきた日本酒は、良い感じの舌味わいで。
1_20140223060530fac.jpg 2_2014022306053251f.jpg
□普通にお客様で出たり入ったり。定着感あります。
4_20140223060534575.jpg 3_20140223060533645.jpg 
□お酒を出すというやり方、悪くないと思います(ほんの一口)。一煎目、水色の感じのまま、ぼやーとした火香で丸くした味わいでした。JA担当に言わせると「やや茎臭?硬葉臭?を火香でマスキング?」。そこまで言ってしまうとあれですが、呑める形には整っています。
5_20140223060537896.jpg 6_201402230608418b2.jpg
□お菓子はもなか。甘いなぁ、と思いましたが、二煎目のお茶が硬葉渋味が強くなったので菓子甘味とのバランスで丁度いいかぁ、というところでした。
7_2014022306084396d.jpg
□共同の参加者の方々は、気軽にお隣の女性の方々に話しかけて会話をつくっていて。なかなか出来るものではございませんが、少しお店のスタッフの方の視線が痛かったです。着物を着られた方は、着付けの先生だという事で、おじさん達の無体な問いかけに丁寧に対応して頂いて<(_ _)>。お茶が大好きだということで、ちょうど持っていた土屋農園全品入賞茶一煎茶パックをお渡しし飲んでいただくお礼をさせていただきました。
●二か所目は、そんなに距離の離れていない「THE DARGEELING(ザ・ダージリン)」で、紅茶を頼みました。
8_201402230608443c8.jpg
□Darjeeling紅茶専門店。去年前職場の時に来ていて良かったので、今回も組み込んだのですが、紅茶への感動は前回の方が高かったなぁ、と。時期や茶葉の問題もあるのかなぁ。
9_2014022306084529a.jpg 91.jpg
□私は樹齢150年の古樹の茶「グームティー」を頼みました。香りはややこもり、味も舌に残る渋味が強く、ちょっと、かな。
92.jpg
□ケーキはバナナ&紅茶モンブラン。上品な甘さでマリアージュはなかなか良かったです。
●三か所目は、中国茶専門店(特にプーアル茶)の「三徳堂」へ。さすがに喫茶をする「腹状態」ではみんななかったので、商品だけみせもらいました。プーアル茶専門店は日本でうちだけだよ、って女性店主の方が言っていらして。他の中国茶も売っていたので、硬貨サイズの小さなプーアル茶(1個100円)と武夷岩茶大紅袍(10g630円だから本物ではないのでしょうが)を購入させていただきました。
93.jpg
□2Fに喫茶室があるので、今度行った時には飲んでみなくては、と思いました。
F1002569.jpg F1002568.jpg
□大紅袍、多分一番最初にまともに飲んだ中国茶が岩茶房での大紅袍でその香味にたまらなく感動した覚えがあったので、今でも見かけるとつい。でも、その感動にはそれ以来出会っていませんが。プーアル茶、味はおいておいて、このデザイン感覚で買えるのは面白いのかも。
●三軒回りをした後は東京交通会館へ足を運び、静岡県東京観光案内所へ。所長の目黒さんがお休みだというのにわざわざ来て頂いて御対応していただきました。本当にありがとうございます。
00.jpg 0_20140223064723a84.jpg
□右写真の右に写っている女性の方が、所長の目黒さんです。
●そして一日目の研修終了。宿泊は上野で。明日の研修が本番ですよ、と釘をさした上で、夜の懇親会も盛り上がりました。そして、その後は、夜の上野へ繰り出して、軽く追加飲みして、終了。
F1002533.jpg F1002539.jpg F1002540.jpg
□宴席では宿所属の芸妓さんが踊りを披露してくれました。ちなみ良い顔でその芸妓さん達と写真に入っているのはJAのN君です。
F1002546.jpg F1002547.jpg F1002548.jpg
F1002549.jpg F1002550.jpg
□上野の呑み屋で。宴席の後なのに結構また頼んで食べたり飲んだしてしまいました。明日の不安を払しょくするため(>_<)。でもどの肴も美味しかったし安かった。さすが呑み屋激戦区で競っているお店は質が高い。
●そして戻って明日本番に備えるため、寝る。
●今日の一冊。飛鳥明雄[著]『飛鳥明雄ミステリー大全Ⅲ』【2009年,工学社,¥1,995】。このようなトンデモの中にも思考という美味しいネタが詰まっていて。嫌いでないです、このような本。キリキリとしている時に気持ちも頭もくわぁぁああん、となって、いいじゃん又頑張れば、という気持になれます。癒し?
IMG_0001_201402202244549c6.jpg
[ 2014/02/21 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2014年2月20日(木) 明日から東京

●明日から東京へ共同工場の方々と一緒に視察研修。準備段階で色々あり、気が重い。
●今日も朝から電話では色々あってテンションあがったり下がったり(>_<)。
●勤務時間後に同僚と今年の仕事について色々と話をして。お互いに思っている事、感じている事は似ているのだけど、やはり言葉にしないと分からない点が多分にある。なかなか先が見えない中でどうやっていくのか、難しい。
●そんな気持ちで帰って来て、明日の準備をしつつ。明日、朝出るのが早いので早く寝ないと。
●明日からの2日間は、ブログ対応が難しいので、戻って来てから記載をする予定。
●今日の一冊。佐藤秀美[著]『おいしさをつくる「熱」の科学』【2007年,㈱柴田書店,¥1,600】。地名農林業センターに遠赤外乾燥機が入った際に、光線乾燥の理論や実際を知る為に複数の本を購入。これもその一つ。お茶自体も乾燥製品で、このような基礎勉強は色々な視点につながり勉強になる。特に影響を受けたのは、釜炒り茶製造において。色々な積み重ねが組み合わさり固まり、最終的な一本の理論理解につながっていく。だから、考える事はやめられない。
IMG_20140220224303ad4.jpg

[ 2014/02/20 ] 科学 | TB(0) | CM(0)

2014年2月19日(水) 少しずつ、上向きたい(>_<)

●本日は、朝から電話依頼等で気持ちが↓。電話苦手。最近、少し対話恐怖症です。
●そんな時に同僚が持っていた「ロペ・付箋」を写真に撮らしてもらいました。「町長に回す書類にアキラ先輩の付箋差し込んじゃうか」て話。アキラ先輩のお姉ちゃんもレアだなぁ、と盛り上がり。
F1002523.jpg
●午後からは、元職場の農林事務所で事業説明会に。よさそうに見える事業なのですが、本当にいいのか、どうか。KKKSに耐えられるものなのかどうか、色々と分からない事ばかりです。来年度事業、さて。
●ちょっとだけ、良い話も聞かせてもらいました。一つクリア、良かった。
●藤枝からの帰宅なので普段よりかなり早く家には帰れて。昔は藤枝の職場も遠いなぁ、と思っていたけど、やはり、今の方が確実に遠いです。
●明後日からは東京へ視察研修で出張。明日はその準備で。
●今日の一冊。ゲアリー・ケラー&ジェイ・パパザン[著]門田美鈴[訳]『THE ONE THING』【2014年,SBクリエイティブ㈱,¥1,360】。仕事の方向性で悩んでいる中で、少しでもヒントを思い、帯の「全米で話題騒然の1冊!」という煽り文句に惹かれて購入してしまいました。ビジネス書、基本興味ないし、読んでも意味ないと思っているのですが。ペラペラ拾い読み段階では、良さげ。また報告します。
IMG_20140219191531e68.jpg

[ 2014/02/19 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2014年2月18日(火) 残念(>_<)な記載

●本日はちょっと気温が高いかな、状態で、でも中仕事一日だったので、それを感じることなく。帰る時にはやっぱり肌寒いなぁ、と感じる川根でした。
●昨日、息子が私立高校合格の知らせ。これで気持ちを高めて、次の本番を頑張ってくれ、という感じです。
●帰ったら、心待ちにしていた40周年記念会員証が簡易書留で届いていました。これで、今年の8月25日に武道館で行われる記念コンサートへ行ける。記念DVD等も楽しみです。月曜日ですが、もちろん何があってもお仕事休んで行きます。しかし、№21668というのも、武道館入りきれないなぁ、と思ったり。
2_20140218200907b6b.jpg
IMG_0005_20140218200909008.jpg IMG_0008_2014021820102736c.jpg
●ブラピ祭りも極まり。さらに「ベンジャミン・バトン-数奇な人生-」も購入してしまいました。これは映画館で観ています。
IMG_0009_201402182010294da.jpg IMG_0010_20140218201032275.jpg
●今日の一冊。青木幸子[作]『茶柱倶楽部⑤』【2014年,㈱芳文社,¥619+税】。第5巻です。本日届きました。今回は、主人公、九州回りですが、天竜茶や本山茶(香寿)が出てきます。主人公が川根出身のためか、川根茶を扱う事がないのが淋しいですが。是非、天空に来て最高のお茶を呑んでもらいたいものです。それに今回は、ちょっとこれは、という点が2点ほど。「本山(もとやま)茶」の見開きでの記載はどう?なんでしょうか。本山(ほんやま)の方々から何かしらの御注進が行くのかしら。それに香寿の「軽発酵」という表現も、正式なところは分かりませんが、個人的には「微発酵」のような表現がいいのかなぁ、と思ったり。それに発酵と萎凋の区別を実際にはしてもらわないとなぁ。多くの方がごちゃまぜにしていると個人的には思っています。お茶を専門的に描いてくれているコミックなので好きなのですが、是非、専門家を入れて、もう少し適切な監修をしてもらいたいなぁ、と思います。
IMG_0011_20140218201034901.jpg
IMG_0012.jpg
[ 2014/02/18 ] お茶 | TB(0) | CM(0)

2014年2月17日(月) 市町交流職員研修&懇親会

●毎週の週末降雪を思うとなかなか職場へ行きづらい気分になるのですが、通勤経路は問題なく、職場まで。
●今朝は晴れたせいか冷え込みが厳しく、久々にマイナスを記録。地名の茶畑も霜おりてます。
F1002522.jpg
F1002519.jpg F1002521.jpg
●午後から、市町交流職員(県⇒市町、市町⇒県、で100名弱)の研修会&懇親会が行われました。研修は、構想日本の加藤代表の講演で、公とは官とは、というお話でしたが、公務員らしい仕事をしてない自分でも、久々に勉強になったという研修会でした。
●研修終了後に、県の幹部職員の方々も参加されての懇親会。1時間程度の立食でしたが、事務方の公務員らしい方々の話も聞けて、ここでも勉強になりました。しかし、月曜日から呑んじゃいかんなぁ。
●自分の中では、ブラピ祭りが続いていて。映画館へ観に行った事がない「SE7EN(セブン)」を購入してしまいました。早く観たい。
IMG_0002_20140217210714fd8.jpg IMG_0003_201402172107189d3.jpg
●今日の一冊。室井まさね[漫画]メディアファクトリー新書編集部[監修]『うんちく書店』【2013年,㈱KADOKAWA,¥840+税】。蘊蓄もの。本は好きだけど、それに関わる蘊蓄についての造作は深くないため、へぇー、と初めて知る事が多々あって勉強になる。この歳になっても、まだまだ何でも勉強だなぁ、と日々思わされるところですが。
IMG_0004_20140212200501b7b.jpg
[ 2014/02/17 ] 一般 | TB(0) | CM(0)

2014年2月16日(日) 低下怠業

●天気は久々の暖かい晴れ休み。なのに気持ちも体調も低下、低圧状態で、上を見れない。
●明日は派遣職員の交流会等というものがあったりして、それも町へ行ったり来たりもあり、・・・。
●気持ちの問題だね。
●今日の一冊。岡本かの子[著]『新茶』【2014年購入,Kindle,¥0】。新茶を呑む事による気持ちの切り替えについて短い文章で語ってくれている。時代の文豪達のお茶に対する評価は高い。良質なものをどう分かる人に提供するのか。それが取り組まなくてはいけない課題なんだと、このような文章を読むと思う。
岡本かの子
[ 2014/02/16 ] お茶 | TB(0) | CM(0)

2014年2月15日(土) 体調低下

●昨日は結局雪にはならなかったのですが、夜の時間も雨と風が強くて。子供の塾等の送り迎えをしているうちに体調が著しく低下。気圧の関係かなぁ。そして床に横たわり朝まで寝続ける(@_@;)。
●今日は雨も弱まりですが、ニュースを見れば東京方面は先週より降雪がひどい模様で。視察研修に経営振興会のメンバーを連れて行っている同僚が心配ですが。無事に予定通り帰って来られますように。
●本日は昨日低下状態を引きずって何となく朝から上向きになれません。そんな時は統計本や数学本を読んで(グラフを見て)、少しテンションをあげないと。読み残している本は多々あるので。
●奥さんの命令で、5月のユーミン名古屋コンサートのチケットを取れ、との事。今時ネット販売でなく、電話での事でつながる可能性は限りなく低いのですが(+o+)。掛けた事にするか。⇒結局、掛けてみましたが×でした。さすがユーミン。
●一日うつらうつらしていました。本だけは読めて幸せ。
●今日の一冊。豊田秀樹・前田忠彦・柳井晴夫[著]『原因をさぐる統計学-共分散構造分析入門-』【1992年,㈱講談社,¥900+税】。因果推論、AIC、構造解析。ブルーバックスですが、おそらく自身のデータ整理に関してのキーを示しているんだと思っています。そろそろお茶時期を迎えてしまいますが、その前に、一度自身の整理を行い、その上で、それに対応でき視点を持ってお茶時期を迎えたいと思います。
IMG_20140215184446e06.jpg
[ 2014/02/15 ] 統計 | TB(0) | CM(0)

2014年2月14日(金) 雪にならず

●本日は朝から降雪を心配しての通勤でしたが、川根本町内で外気温高く、地名で3℃程度。みぞれは混じったものの職場までは雪にならず。
F1002518.jpg
●ただ標高の高い場所(300m以上?)では降雪だったようです。facebookでも確認。東京へ行った同僚は大丈夫かな。
●午後から静岡へ戻って、茶園の共同管理等研修会。なかなか身になるものでもなく(+o+)。
kensyu1.jpg
●寒い雨が続きます。
●「River runs through it」を観て、ブラッド・ピットものに触発され、また買ってしまいました。「ファイト・クラブ」921円。これも映画館に見に行きました。二重人格もので、その一方をブラピが演じているのですが。ブラピのしなやかな筋肉がいいんだなぁ。いい男です。
IMG_0001_201402142017453ed.jpg IMG_0002_20140214201748f0d.jpg
●もう一本頼んでしまった。はぁ、思い出は金がかかる(>_<)。
●今日の一冊。板戸佐兵衛[原作]旅井とり[作画]『めしばな刑事タチバナ⑫』【2014年,㈱徳間書店,¥560+税】。食蘊蓄物。多方面な話題について多様な引用で語ってくれるので勉強になる。一方で漫画である理由はあまりないのかも。もし可能なら文で出してもらいたいなぁ。
IMG_0002_2014021322021677a.jpg
[ 2014/02/14 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2014年2月13日(木) RIVER RUNS THROUGH IT

●本日は事務仕事に勢を出し。一つずつ片付けて行かないと。一方で、この4月にKKKSがまた来襲。丁度一年前の苦労と苦悩が再び(+o+)、と思うと辛いです。
●仕事終了後、当課の課長の母上がお亡くなりになったことから、そのお通夜に参列。この時期は外での参列は寒い。
●それも、明日は雪予報が出ているから余計に。同僚は明日から一泊二日で、経営振興会の視察引率で東京へ。行けるのか、行って帰ってこれるのか。天気次第で無理はしないでください。
●自分も明日の島田~川根の天気状態で職場へ行くかどうかの判断をしないといけなくて。行って帰ってこれなくなるのが一番困るのですが(>_<)。でも、静岡市内は雪ではないから、とりあえず朝出るしかない訳で。
●帰ったら、先日ポチっとしてしまったDVD「RIVER RUNS THROUGH IT(リバー・ランズ・スルー・イット)」が届いていました。映画館で見たのは1993年だから(パンフレット持ってます)、今から20年前。DVDのあおりが「まぶしいほどに美しい、若いブラッド・ピットの代表作!」となっている。確かに、この映画をきっかけにブラピのファンになったのだけど。
IMG_0003_20140213220218e4d.jpg IMG_0004_20140213220222f17.jpg
●でも、20年前、人のほとんどいない静岡の映画館で観たのは、ロバート・レッドフォードの監督作というあおり、と限りなく美しい1920年代の無垢のアメリカの自然の美しさ、が映画の引きでした。でも、そんな、何も知らないで観た映画の中で、輝いていた若き日のブラッド・ピット。映画そのものも、そしてブラピにも感動した、だから、パンフレットまで買ってしまったのですが。そのパンフレットも実家の火事で焼失寸前だったのだけど、何とか火事の痕跡を残しつつ焼け残り。思い出をつないでくれています。
IMG_0005_20140213220226a91.jpg
●このパンフレットの中でのブラピの扱いは「日本では全く知られていない新人だけど、ジェームス・ディーンや若き日のレッドフォードの再来」というような高い評価をされていて。でも、やはり、この映画自体の透き通るような透明感のある映像、そして物語において、ブラピの尖った、幼く、そして優しい、抱きしめたくなるような演技に心打たれた、という事なんだろうなぁ、と今でも思っています。
IMG_0006_201402132207519c2.jpg IMG_0007_201402132207548e2.jpg
●DVD1000円、お買い得だと思いますが。
●こんな事を書いていると昔のブラピの映画が見たくなってしまう。ファイト・クラブも買ってしまおうかな。と、言いながらポチっとしてしまいました。882円。
●明日の朝、天気次第で川根まで走るかどうか判断です。何にしても午後からは静岡の農業会館で茶園の共同管理等研修会に出席予定なので行って戻ってこないといけませんから。
●今日の一冊。伊藤理佐[作]『おいピータン!!⑭』【2014年,㈱講談社,¥657+税】。ギャグ漫画?なんだけど、気持ちが温まる、優しくなれる、そして美味しい。作者は下ネタ漫画家というイメージを前に出しながら、全編に渡り、やさしさを醸し出す。良い漫画です。もっともっと続いてもらいたい。
IMG_0001_20140213220209fe8.jpg

[ 2014/02/13 ] コミック | TB(0) | CM(0)

2014年2月12日(水) ボケボケ

●祭日明け、午前中は、共同製茶協議会が町内の小中学校にH25産一番茶でつくった仕上茶を児童・生徒全員に配る事業関係で、各学校を回って配達してきました。写真は、共同製茶協議会の会長が、中川根中学の校長先生にお茶を渡すところです。
haifu1.jpg
□写真左から、中川根中学校校長先生、井澤会長、田畑副会長。
haifu2.jpg
□箱は大きそうですが、1袋35g入りを生徒数+α渡す形で。
F1002497_20140212201025fe9.jpg
□配布したお茶と生徒さん達へ配った内容紹介文。←は最終的に小学校の低学年児童もいるという事で全てルビふりに。
●思うように進まない仕事。思いが現実に翻弄されている感じです。その思いも確固たるものになってないのもいけないのですが。そんでボケボケ(+o+)。
●帰りに静岡のインストラクターの方に品評会入賞茶を呈茶イベントで使ってもらうため、お茶と茶器を届けに伺ったのですが、ナビを使いながら予想通り、迷いました、これもボケボケ(>_<)。分かってみると、とっても分かりやすい場所なのですが、見つけるまでは???。ナビ意外な程に役に立たない、というか、地図を見れない自分が悪いのですが。
●そんな気分で帰ってきました。明日、頑張ろう。今すぐと追い詰めらていると多分、何もできなくなるなぁ、と。明日頑張ろう、でいいか。
●今日の一冊。武部好伸[著]『ウィスキー アンド シネマ』【2014年,㈱淡交社,¥1,500+税】。映画とウィスキー、特に洋画ではお酒を飲む場面がとっても格好良く描かれていて、お酒は得意ではないけど、ショットバーへ行って一杯、という感じで飲みたくなってしまう。この中で大好きなブラピの「リバー・ラーンズ・スルー・イット」が紹介されていて、ボイラーメーカーを飲む場面、あったあった、と思い出し、またたまらなく映画を見たくなり、DVDをAmazonで探したら、1000円で売っていて。思わず、ポッチッとしてしまいました。早く届かないかなぁ、楽しみです。
IMG_0003_20140212200458e45.jpg
[ 2014/02/12 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2014年2月11日(火・祝) ぼちぼち

●天気も曇り時々晴れみたいな。寒さは感じる位。一方で花粉が飛び始めたのか、少々鼻と喉にきているので、外出はマスクをして。マスクすると楽だなぁ、と思う。素晴らしい発明。
●買い物ついでに又見つけてしまったガチャガチャ・ロペ。新しいのだとすぐ喰いついてしまいます。アキラ先輩の「吹き戻し」。できれば別のが出てほしかった(>_<)。
F1002517.jpg
IMG_0002_20140211125405197.jpg
●2月も半ば。年度もあと1ヶ月半と思うとやれてない事ばかり。一方で4月にはお茶が始まる、と思えば慌てざるを得ないというところですが。
●明日は町内の学校へお茶の配布と打ち合わせ。少しでも良い方向へ物事が進みますように。
●今日の一冊。岡本綺堂[著]『中国怪奇小説集』【2014年購入,kindle,¥99】。中国物怪奇小説。怖さより不思議?という感じのもの。中国の長い歴史における各時代の奇怪譚が著者の分かりやすい訳により語られている。面白い。
中国怪奇小説集
[ 2014/02/11 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

2014年2月10日(月) 休みの谷間の仕事

●本日は飛び石連休の谷間の仕事。人によっては4連休、という方もいらっしゃるのでしょうが、水曜日仕事の準備等もあり、出勤。先日の雪模様で通勤路が心配でしたが特に不具合もなく、行けました。しかし、日が出るまでは寒かった。
●学校配布用のお茶の表ラベル貼りと数分け。意外と一人でやっていると手間取ります。終わったら、各種事務仕事を。
●色々な情報を頂きながら、お茶どうしようか、と考える日々。しかし、一人で考えていてもグルグルするばかり(+o+)。
●隣席の同僚と「ハァ~」と同時にため息をついてしまい、お互いに抱え込み、どうしましょうか、という感じです。
●祭日休みを使って気持ちのリフレッシュが必要、しかし、出口が見えないものはなかなか休みでも頭から離れてくれなくて。思うばかりです。異動の件も心に負担に(>_<)。
●何にしても嫌な心持ちの時には寝るしかありません(--〆)。
●今日の一冊。熊田プウ助[作]『トーキョーホモルン定食』【2014年,実業之日本社,¥1,048+税】。ホモの方の食エッセイ。ホモのくだりが組み込まれている以外は普通の食エッセイである。ホモだから特殊な味覚である、事もなく、普通に美味しいものは美味しい、不味いものは不味いと。紹介されていたイカ焼き(イカ入りクレープみたいな奴)喰いたいなぁ。先日も家たこ焼きやったばかりですが、粉モノは美味しくいいなぁ。
IMG_0002_201402091306186f5.jpg
[ 2014/02/10 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2014年2月9日(日) 曇天時々雨

●今日は晴れ予報だと思っていたのだけど、日中も曇天、でやや肌寒い。山の方を見れば雪雲がかかっていて、明日の通勤が心配になって来る。凍結してませんように。
●今日は出入りはあるけど、のんびり休日。寒さもあるし、コタツが役にたっています。一方で出れば雨に降られたり。何て予報の当たらない日なんだろう(+o+)。
●先日、正月に行われた書き初め展の展示会を市民文化会館まで見に行ってきました。なかなか頑張って書いたなぁ、という感じですか。
F1002516.jpg F1002513.jpg
F1002512.jpg
□貼りだされ展示されるだけでもえらいと思う。大人になって習字ってやらないし。
●明日は飛び石連休の間の一日職務。やる事はあるので行かないといけないのだが、何となく気持ちは鈍る。寒いからかぁなぁ。
●今日の一冊。西村しのぶ[作]『下山手ドレス(別室)②』【2014年,㈱祥伝社,¥800+税】。8年ぶりの神戸エッセイ。著者の描く男前の美女は基本作者が反映されているのだろう、と思っている。読んでいて、知る事も多々あり、色々な事が基本勉強だと思っている。知に浸り、そしてそれを楽しみたい。
IMG_0001_2014020913061478f.jpg
[ 2014/02/09 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2014年2月8日(土) 雨が雪に、・・・、変わらず

●夜の降り出しも遅かったようですが、今朝起きてみたら、雪ではなく、雨でした。さすが静岡。
●しかし、Facebook等を確認すると勤め先の川根本町では降雪状態の模様。清水の茂畑等でも。土日はさむので、月曜日の通勤には問題はないのでしょうが、これが平日だと、職場行く、という判断自体が難しい事になってしまう(@_@;)。
●久々に近所の「来来亭」へ。ネギラーメン喰って、風邪及びインフルエンザ対策を万全にしないと。
F1002509.jpg F1002510.jpg
□相変わらず美味い葱らーめん。そして男三人でラーメンを囲む図。
●そんな昼食の帰り、雨だなぁ、と思っていたらしぐれていました。さて、どうなる事やら。
F1002511.jpg
●そんな中、受験生の子の塾への送り迎えに合わせて、細かい買い物等を。こんな日でも人は出てるんですね。私もか(-_-)/~~~ピシー!ピシー!。
●年末に購入や頂いた柑橘類。やっと片付こうかな状態(青カビ発生や腐敗等も度たびでしたが)。ポンカン、ネーブル等、甘い柑橘類を食べているとトイレでの出が違う感がする。薄皮ごと食べるので、腸における食物繊維(というレベルでなく、もっと雑とした部分での清掃作業能力?)の影響が違うのかな、と。コタツを持つ家庭が減り、需要が減少との事ですが、風邪対策に対するミカンとかお茶の影響力を思っても、昔ながらの食生活はやはり人間の生活上で効果的ではないのかな、と思う。
F1002508.jpg
●今日の一冊。鈴木みそ[作]『X(てん)までとどけ』【2014年購入,Kindle,¥950】。Kindle本なのに、それなりにお金を出して買ってしまった。Apple本。マックファンでもないのに読んでしまったのだが。基本著者の情報量の多い描きぶりは好きで、昔から多様な本を購入している。情報量と言えば、昨日、職場で終業後に「しずる感って何?」という話で同僚と盛り上がった。「しずる感」自体は「感覚的な良品の捉え方」みたいなものだったのだが、その後、男女のモノ購入における視点や基準の話でトークがヒートアップしてしまった。基本、無駄なものを含めて、ある意味の無形情報にお金を出すのが男、に対して、感覚で捉えトータルコーディネート評価しながらも実を取るの女性、という分かるような分からないような話に拡散して行って、結局結論はよく分からなかったのだが。まぁ、大きく男女で分けることでもなく、個人的には無駄情報も含めて細かいものが好きだな、ということ。
鈴木みそ
[ 2014/02/08 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)

2014年2月7日(金) 雪に備えて

●今日は朝寒くてなかなか起きれなかったのだけど。それでも地名まで来て外気温を見ればこんなもの?体感はもっと寒いのだけど、風邪?
F1002505.jpg
●午前中は、やはり奥の茶商さんと関係生産組織の方と連携を模索した話し合い、今後の方向、何をしなくてはいけないのか、という意見交換。やるしかない、やらないならやめる事を前提にしてかなくてはいけない。煽りではなく、それだけ実態が切実だということで。そのくらいの気持ちで平成26年はやっていかないといけない、真剣にそう思う。
●そんな一方で、切干芋をつくったから、と持ち込んでくれた生産者が。色どりがきれいで。早く食べてみないと。
F1002506.jpg
●林業室の方で展開を図っているジビエ肉。来週のイベント用に室長が島田のレストランへ持ち込むとのこと。多様な部位があるんだなぁ、と。メゾンナカミチ、またやりたいなぁ。食べたいなぁ。
F1002507.jpg
●日本茶インストラクターの今年度分の会費納入通知書が届いて。本当の幽霊会員なのですが、会費だけは納めています。やめるのも決断だけどと思わなくはないのですが。とりあえず、今日振り込み。
●今夜は雪模様のようですが、今の段階だと本当に降るのかな?という感じ。でも、少し遅くまで起きて降雪の様子を見てみようかな、と静岡県人ぽい思考をしてしまう。
●明日は炬燵で雪見酒かぁ。
●今日の一冊。寺島令子[作]『うは「うどん会」のう』【2013年,朝日新聞出版,¥952+税】。うどんが好きである。そばとうどん、と言うと、そばは蕎麦と気取った感じになるし、食べていてもちょっと色々考えてしまったりする。一方で、うどんは、うどんだし、饂飩とはあんまり書かない。それに駅の立ち食いうどんが大好きで、あんなもんで十分と思えるシチュエーションが貧乏くさいのがまた良かったりするのだが。数年前に夏によく手打ちうどんをつくって家族で食べていた時期があった。多分つくるのに飽きてしまったのでやってないのだけど、あれはあれで、手抜きうどんでしたが美味かったなぁ。そんなうどんネタでこまか~く情報を描き込んでくれる作者の本は、やはり面白い。また、うどんが打ちたくなってきた。温かくなったら、またやろう。
IMG_0001_20140207210605cfc.jpg

[ 2014/02/07 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2014年2月6日(木)強農交付金事業評価委員会

●本日は静岡の県中部総合庁舎で「強い農業づくり交付金事業評価委員会」というものに出席してきました。これは、国等の補助事業で整備したお茶の施設等について、成果目標等の評価を外部委員により行うもので、成果目標に達成しないと毎年呼ばれてしまいます。
●川根関係で過去5年間厳しい評価委員の指摘を受けながら(T_T)きましたが、今年は対象から外れた(成果目標が達成できた、という事ではなく、評価委員会のやり方が変わった)ので、気分は楽。評価委員のS先生には昔富士農林にいる時に指導を頂いたりしたので(10年前だぁ)、開始前に、今年も来ちゃいました、と挨拶に。
hyou1.jpg
□評価委員会の様子。空気が重たくなるのはしょうがない事ですが。
●事業評価終了後、静岡県が最近お世話になっている経営コンサルタントの田川先生のお話を聞かせて頂きました。これはこれで勉強になります。ただ最近思うのは、私が勉強しても・・・。やはり、こんな話を聞いて生産家、あるいは茶商の方が、そうだ、やらなくては、と思って頂かないと、という事で。
hyou3.jpg
hyou4.jpg
□タガワコンサルタントオフィス代表 田川由美子先生。
●市内での仕事だと帰宅が早くて楽だなぁ。ブログも余裕を持って書けるし。
●明日は、また現地で生産組織と茶商との話し合いの場で意見交換。いい形になるといいのだが。
●今日の一冊。吉田戦車[作]『おかゆネコ②』【2014年,㈱小学館,¥743+税】。昨日に引き続き、第二巻。いい味出てるな吉田戦車。さすが伊藤理佐の旦那だ。
IMG_0002_20140204201835b8f.jpg
[ 2014/02/06 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2014年2月5日(水) 予定変更\(゜ロ\)(/ロ゜)/

●今日は午前中休みをもらい、島田の「山の家」で行われている向笠会の研修会へ行くつもりだったのですが(元愛知農試の木下さんが話をするとの事だったので)、とりあえず、明日一日つぶれてしまう予定と今日中の処理事務を考えて、取りやめ。聞きたかったなぁ。
●そして、事務をこなしながら郵便発送の準備をしたり。その合間にお茶を届けに行ったりしたら、そこで話が長くなってしまい2時間ロス。内容はこれからの川根茶を考える良い話がバンバンでて、それをどう実行しようというものなのですが、事務が先送り先送りになってしまい個人的にあたふた状態で\(゜ロ\)(/ロ゜)/。
●戻ってから、何とか何とか処理終了で、とぼとぼ帰りのバイパスをボケっ~と車運転。なぜか混んでいる。それが続くとイライラから嫌になってしまう。水曜日なのに。
●明日は静岡で交付金事業の評価委員会。毎年、成果目標達成できないという対象を抱えていて(市町担当として)憂鬱な会議だったのですが、今年は対象から外れたという事で気は楽です。
●明日は息子の私立高校受験。気持ちを落ち着けて頑張ってもらいたいものです。ただ、なかなか面と向かって頑張れ、と言いづらい男親です。
●今日の一冊。吉田戦車[作]『おかゆネコ①』【2013年,㈱小学館,¥743+税】。著者と言えば「伝染るんです。」が時代の寵児だったなぁ、と。あのシュール感は大学生の間で受けていたなぁ。これは「ネコとおかゆ」がテーマ。喋るネコがお粥をつくるというやはりシュールなものですが、色々なお粥が紹介されていて。お粥好きだなぁ。日本人です。米とお茶、そしてみそ汁、漬物。日本人でいたいし、日本人で良かったと心から思います。
IMG_0001_20140204201831f5e.jpg
[ 2014/02/05 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2014年2月4日(火) 色々と話をしていく中で

●今日は午前中、奥の茶工場と茶商の方との話し合いに同席。今後、奥の茶産地をどうしていこうか、そのために自分達の組織をどうしていこうか、という話を危機感もある中でかなり煮詰めた話をしました。それが即実行、という形にはならないにしても、この煮詰めた(ある意味話が煮詰まって来るのですが)事が後々、影響を及ぼす事になるのだろうと思わずにはいられません。
●自身の脳味噌も煮詰まって午後は事務仕事を進めます。
●夜は川根本町は雪予報が出ていたのですが、雨が夕方降った後は、綺麗に晴れてしまいました。星と月が綺麗な夜。
●明日は冷え込むぞ\(゜ロ\)(/ロ゜)/。
●今日の一冊。おざわゆき&渡邊博光[作]『築地はらぺこ回遊記』【2013年,㈱ぶんか社,¥1,000+税】。築地の食べ歩きしたい、と前作も含めて読んで思うところ。傍にホテルを取って、朝一から食べ歩きというパターンを望む。誰か一緒に行ってくれないかな。そんな計画を考えています。しかし、お茶始まっちゃうしなぁ(@_@;)。
IMG_0003_2014020420183894f.jpg
[ 2014/02/04 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2014年2月3日(月) 向笠会研修会

●本日は、休みを頂き(担当地域外の事のため)、牧之原の向笠園の「向笠会」研修会(向笠園で研修をした全国の研修生が一同に会して毎年行う研修会)に参加させて頂きました。島田市の川口にある青少年自然の家「山の家」で実施されます。研修生の皆さんが持ち寄った平成25年産茶について、自身で感じている問題点や改善策を参加者全員で相互評価したりするもの。
mukasa4.jpg
□準備を進めている方(写真左)が、代表の向笠安行氏。
mukasa2_20140203215326e22.jpg
□各種のお茶が並べられ、外観評価。
mukasa3_20140203215328646.jpg
□そして内質評価まで。
mukasa1_20140203215325e3f.jpg
mukasa5.jpg
●審査の助言者として集まった方々がまた豪華で。元国立茶試の深津先生、県立茶試の岸本元場長、県立茶試の製茶研究室の高橋元研究主幹、JAしみずの深沢技術員、そして元愛知農試の土壌肥料の木下さん。現存の製茶研究等の最高峰の方々が集まって、というか、私自身、試験場にはいましたが、深津先生と岸本さんと高橋さんの審査3ショット等見るのは初めてで(@_@;)。一緒に呼ばれている自分自身が恥ずかしい位ですが、これだけのメンバーがいる場面での、勉強の機会もないため、先生方の後ろについて、荒茶の評価等の言葉を生産者以上に聞き取りさせてもらったり。
●木下さんとは茶研時代に土壌肥料にいたので交流もあったりしたのですが、変わらず元気ですなぁ、という感じ。
●そして朝から夕方まで丸一日かけて、評価会やって。皆さんはこれから三日間、みっちり研修スケジュールが入っているとのこと。今日も夜夕食を食べながら意見交換とか。こちらは役場で夜会議があるため、終了次第川根路を上って行きました。
●夜会議も何とか無事に終了。しかし、月曜日から慌ただしかった(+o+)。
●明日は明日で重たい打合せが現地であります。お茶の情勢を鑑みると色々な意味で難しい事が多すぎます。
●寝るだぁ。
●今日の一冊。上山智嗣&宮本誠[共著]『マイクロバブルの世界-水と気体の織りなす力-』【2011年,森北出版㈱,¥1,900+税】。先日の妻が購入したシャワーヘッド。顔スベスベ効果は確かに実感しているのだけど、どうも理屈がよく分からない。このため、Amazonで探してみるとわずかな専門書が見つかったので購入。読んでみると、あんな簡単な機構でできるものではない、と思うだけど、何となく効果の理屈は見えなくもない。しかし、単純なシャワーヘッドだけの機能では?と記載内容を読むと思うのだが。しかし、水粒子の微細化の意味合いはあるのだから、その効果の持続性と実際に肌表面で何が起こっているのか、それが理解できれば、と思うのだが。でも、これが実効果としたら、別の方面で使えそうで良いネタなのかも、と思っているところですが。
IMG_201402032322417a4.jpg
[ 2014/02/03 ] 科学 | TB(0) | CM(0)

2014年2月2日(日) 朝から雨模様

●今朝は朝から雨模様。土壌が水を含み、温かくなるなら植物にとってプラスに働くのだが、その後の冷え込みの繰り返しがどの程度まで影響するのか。かなり乾いた日が続いていたため、水と温度への植物反応性はかなり高まっているため、心配するところではあるのですが。しっかしりした越冬葉づくり、そのための仕立て等、まだまだきっちり栽培・肥培技術として押さえなければいけない点は多々あると思うところですが。
●明日、お休みして、牧之原のお茶農家さんが全国の研修生達と実施するお茶の互評会へ出させていただく。目的を持った農家さん達の集まりで、取り組みが真剣、勉強になります。名刺つくらなくては。
mukasa1.jpg
□昨年の研修会の様子を掲載(2013年2月4日実施)
●昨夜の夕飯は、いただきもののアマゴを塩焼きにして。川魚なのに臭みなく美味しかったです。サイズも大きくて食べでがありました。
F1002503.jpg
●今日の一冊。田山花袋[著]『新茶のかおり』【2014年購入,Kindle,¥0】。昔の文豪がお茶について語ったエッセイが意外とあるものだな、とKindleで探していて思う。季節の様子を新茶のかおりで表現したエッセイ。良いです。
新茶のかおり
[ 2014/02/02 ] お茶 | TB(0) | CM(0)

2014年2月1日(土) 二月開始。今年度もあと2カ月です。

●今日から2月開始。とはいえ、土曜日で久々に怠業モードでのお休みは嬉しい。
●腰もだいぶ回復し、痛みも鈍痛程度に。もうちょっと落ち着いたら腹筋開始しなくては。
●昨日の資料読んでみると、大正時代、当たり前ですが、実生の茶樹。そんな視点を置いて、研究がみれるのは大変楽しいのだろう。しかし、死蔵させてしまった理由自体は、その時代にそんな視点が自分になかった、という事で。やはり経験すること、そしてそれを積み上げる事は重要だ、と再認識するわけで。
●施肥の話。四月の時期に「色づけ肥として液肥」の利用記載。当たり前の技術としてあったという事。考えましょう、皆さん、施肥について。
IMG_0002_20140201074049b00.jpg
●まずい。読むと面白い。
●昨日の「川根時間chezメゾンナカミチ」最終日も盛況で終わったとの報告を同僚と中道シェフから頂きました。感謝ばかりです。その結果の取りまとめを早急にやらないといけないのは今月の仕事。
●怠業でも、自分の買い物等で外出。車の水抜き剤等、使ってみると必要性がよく認識されるわけで。
F1002501.jpg
●エンジンは定期的に水抜き剤を使う事で悪くなる事なく来ているのですが、やはり距離を走るので足回りがどうしてもつらくて。タイヤは本当にマメに交換しています。それも運転下手でよくパンクさせたりするので。とりあえず、タイヤの空気圧はいつも気をつけています。見れる時には必ず点検。
F1002502.jpg
●そしてこんなに良い天気なのに怠業モードに。
●今日の一冊。星新一[著]『きまぐれ体験紀行』【1981年,㈱講談社,¥300】。ショートショートの神様、星新一に感化され読書好きになった自分。小学校低学年の頃から古本屋を回り「ボッコちゃん」の文庫版を見つけたりした時は喜んだものでした。ほぼ全ての星新一本は購入読破していましたが、やはり実家の火事でほぼ焼失。これもたまたま焼失逃れ本ですが、著者の断食体験等がのっており、色々な意味で先端を走っていたな、と思います。また、星新一読み返したくなりました。
IMG_201402010740335d1.jpg
[ 2014/02/01 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)