FC2ブログ

2013年12月6日(金) やっと週末を迎えられる

●やっと金曜日。でも色々と片付かない事ばかりで。
●更に、まぁ、一言で言えば、バカな事を言っている頭の悪い野郎、に短気な私が立場を考えず喧嘩を売ろうとして、間にいる人がオタオタ、というような。しかし、何で普通に当たり前に物事を考えて、それを適正に進めようとしないのだろう。楽して、目の前の事だけをやり過ごそうとするのだろう。
●多分、バカに馬鹿って言ってしまう自分が一番馬鹿野郎だと思いますが、今の居候的ポジションで、居候先を背負った発言をしてはいけない訳で。だから黙って、持ち帰ろう、という事になるのだろう。
●政治家も政治屋も変わらない。本質を見ていない。だから昔のままやろうとするから、だめだ。
●さて、そんなイライラの一日で、一方、品評会茶での商品づくり。それも、色々と同僚の子に言われて、方向性が見えない訳で。価値を決める?のは買う人だよね。でも値段を決めるのは売る人。同じものが違う値段でも、いいんじゃないか、とも考えるし、それは同じでなくてはいけない、とも言えるし。でも、目的である「やっている人が継続できる価格」さえ確保できるなら、その先は、それを活用する人が考えればいいわけで。と思ってしまったりするだが、???である。
●個人的には原価で買ったお茶を商品にビルドアップして、それを提供できればいいと思うのだけど。
●多分、自分で言っていてもよくわからない。休みに考えるしかないのだなぁ、これが。
●今日の一冊。ネイト・シルバー[著]西内啓[解説]川添節子[訳]『シグナル&ノイズ』【2013年,日経BP社,¥2,400+税】。帯にある「私たちはシグナルを探そうとしてノイズを集めている」に心ひかれ、即買い。英語版ペーパーbookと値段で迷ったのですが、多分、英語版買うと読み切れないと考え、日本語訳版を購入。まだパラパラ読みですが、好きなグラフもたくさん載っていて楽しめそう。まずは一読、それから理解。楽しい本を読む時間を大事にしたい。
IMG_2013120222183980a.jpg
[ 2013/12/06 ] 統計 | TB(0) | CM(0)