FC2ブログ

2013年11月20日(水) 今日も茶園共進会で寒い

●本日も茶園共進会。場所は川根へ。共同製茶連絡会での実施。8工場9茶園の審査を実施。今年の気象の影響が出ている場面が多々。病害虫も近年の傾向ですね。茶園の仕立て、そして丁寧な管理を期待したいです。
F1002118.jpg F1002120.jpg
●夜は共同工場方向性聞き取り調査。標高の高い茶工場のため、外気も冷たく感じます。それでも色々な意見は活発に出て、良い話が聞けました。外に出れば、空が近く星が綺麗で。しかし、寒い。
●風邪、薬を飲んでいる間は治らないなぁ、と。でも飲まないと咳が止まらなくなって周囲にも迷惑で。土曜日までには完全に治さないと。早く寝る寝る。寝る薬ほど効果的なものはなし。
●今日の一冊。松下明弘[著]『ロジカルな田んぼ』【2013年,日本経済新聞出版,¥850+税】。県の農業畑で仕事をしていながら、視野が狭く、お茶以外の事はほとんど知らずに来てしまいました。そんな時に同じ課にお米の先生である宮田主幹が来られて。宮田さんは現場からは神様先生で、でも、本人は生粋の技術屋たらんとするとって良い方で、私のつたない技術の疑問等に応えてくれて。そんな宮田さんがいたおかげで、お名前を知った松下さん。この松下米50%喜久酔は、まさに神の酒。平成20年に日本一に輝いた、私が知っている最高のお茶「つちや農園土屋鉄郎氏」の煎茶と同じく、香味が下から喉へ落ちることなく、頭を抜けて天へ昇っていく、そんな飲みモノ。そんな松下さんの思想にふれるこの本は、まさに「なぜ」を追求する技術屋そのものだと感服の極み。もったいないので少しずつ読んでいます。
IMG_0005_20131119204249f87.jpg
[ 2013/11/20 ] 農業 | TB(0) | CM(0)