FC2ブログ

2013年10月31日(木) 10月も終了してしまいました(>_<)

●10月も最終日。来月はイベント月間のため、それに向けた準備が色々。世界お茶まつり2013で販売を予定している全品入賞釜炒り茶「やぶきた」&「香駿」のラベルづくりが進んでいます。若い人達の感性で、是非、手に取ってもらえるような商品づくりにしたい、と。中身はもちろん、一級品です。それが1缶500円で買える、はお得、と宣伝してしまっていますが、個人的にも5セット位買うつもりでおります。
F1002046.jpg
●さて、一方で今後の川根茶業どう考えますか、という形で町内の共同茶工場の聞き取り調査を行っております。工場により意識とか取り組みとか考え方に差があるのは当たり前ですが、なかなか聞き取る方もどこまでか、という事で悩んだりしています。難しい、茶業情勢は。
●明日は「第3回川根時間」で使用するお茶の一煎茶パック準備のため、冷蔵庫のお茶を開封、詰め直し。そのため、また良質なお茶にふれられる至福の一時(飲む訳ではありませんが)が。
●夜会合連続で年寄りは参っています(>_<)。
●今日の一冊。杉浦日向子[著]『呑々草子』【2000年,㈱講談社,¥667+税】。漫画家としての著者、でも江戸風俗研究家としても一流、そして文章は達者、読んでいて嬉しくなり、楽しくなり、そしてテンポがある。まさに江戸っ子、そして落語調、大好きな方です。ただ、このような方は、やはり早世される。まだまだ描いて書いてほしかったのですが。何度読み返しても、素材が江戸でなくても、江戸が下町が伝わってくるそんな文章です。
IMG_0001_2013103122331390f.jpg
[ 2013/10/31 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)