FC2ブログ

2013年10月8日(火) 一日ドタバタと

●本日は、昨日拾った情報から落札茶の箱開けして状態確認を朝一番で行いました。とりあえず、問題なし。しかし、昨日の情報内容ではなぜそんな事に、の原因がいまだに分からない状況で。
zen1.jpg zen2.jpg zen3.jpg
□箱のテープ留めの上から帯封がしてあり、それを確認後、帯封とテープを外し、箱ふたをオープン。中の茶袋はきっちりと窒素充填状態で確保されていました。購入茶8点全て問題なしでした。
●試験栽培ハウスでは、黒豆の大豆化待ち。トウモロコシの残渣はすでに片付けて頂いたので、空いた場所に、冬から春に向けてのキャベツ、カブ等の試験栽培を実施する予定です。その前に堆肥と土改剤の投入をしないと。
F1001881.jpg F1001880.jpg
□まだまだ膨らんでいます。大きな粒になってもらいたいなぁ。
●その後、JA青壮年部で取り組むサツマイモの現地圃場で状態を確認。やや葉ばかりさん状態でしたが、イモは大きくなっていました。
imo1.jpg imo2.jpg
□JAのY道指導員が掘り取り、見せてくれたサツマイモ。品種はベニアズマか金時のどちらか、みたいです。
●今日の一冊。飯田辰彦[著]『日本茶の「源郷」-すべては"宇治"からはじまった-』【2012年,鉱脈社,¥2,300+税】。先週、内野清己さんのブログを読んでいて、著者の日本茶関連3冊目の本が出版されている事を知り、2冊目も購入していなかった事に慌てて、2冊同時に注文。三冊目は在庫がないため、しばらく届かないようですが、2冊目は本日到着。朝宮茶、そして宇治茶の生産者等に既した内容で。自分自身も知らない情報がありためになりました。産地、とはやはり動かせない「地」であり、それがまた多様なお茶を産出しているんだ、と改めて認識。3冊目には内野さんも出ているようで。早く読みたいものです。
IMG_0001_20131008195732f54.jpg
[ 2013/10/08 ] お茶 | TB(0) | CM(0)