FC2ブログ

2013年9月26日(木) 香駿紅茶&トウモロコシ収穫第2弾

●本日は持ち込み香駿の紅茶製造。萎凋した秋芽を、さてどう発酵処理しましょか。
●とりあえず、揉捻。並行作業で試験トウモロコシの収穫調査があったりして、やや長い揉捻時間になってしまいましたが、紅茶らしい赤化発色は進んだような。秋芽、三枚目が大きく、そこが青み色で残ってしまう。一方、その青みが香駿らしい香りを醸し出しているのだが。紅茶、発酵茶、いまだによくわからない。
F1001642.jpg F1001643.jpg
□一晩静置萎凋。減水率は16%程進んだ。季節によって異なるなぁ。
F1001646.jpg F1001659.jpg
□揉捻葉。どうしても三枚目の萎凋しきれない部分が青く残る。 
F1001661.jpg F1001662.jpg
□水乾途中と乾燥取り出し後。やはり、3枚目が大きいため、荒茶のばらつき感が。仕上で調整だ。秋芽のためか、イメージより歩留まりがいい。
F1001663_20130926210411839.jpg F1001666.jpg
□荒茶のやや黒み感が。水色も薄い感じ。でも、香気は香駿らしさを残していて、味わいは素直で飲みやすい。
●一ヶ月ぐらいに放置し、仕上調整を予定。
●並行でやったトウモロコシの収穫調査。本日は黄色系品種「サニーショコラ」を収穫。ハウス栽培、実が充実。生食全然OKで美味しかった。
F1001652.jpg F1001653.jpg
F1001650.jpg F1001657.jpg
□一部先端不稔等気になりますが、味わいは抜群。前回のホワイトコーンも含めて、何とか取り組みを進めたい。
●色々あって慌ただしい一日でした。明日は日曜日の視察対応の資料づくり完成させないと(>_<)。
●今日の一冊。南信長[著]『マンガの食卓』【2013年,NTT出版㈱,¥1,600+税】。何て美味そうに食べるんだろう、本当に美味しいのか。そんな思いを巡らせながら読むマンガの中の食事シーン。そればかり、取りあげた本、たまらなく美味しい。でも、掲載されている八割は目にした事のあるシーン、食べるの好きだ、自分でそう思う。これを読んで、また本物のコミックの方を読み返してしまう事になりそうだ。
IMG_0006_20130921110116f80.jpg
[ 2013/09/26 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)