FC2ブログ

2013年8月31日(土) 8月もおしまい。最終日。5ヶ月経過。

●今朝の新聞。審査結果に一喜一憂する事はよろしくないけど、生産者の努力、産地としての取り組みの努力を見ているだけに、結果が形となり、一般にアピールできる事は素直に嬉しい。
IMG_0001_201308310732217d8.jpg
□産地賞受賞。何だかんだ言っても新聞の一面に産地の名前が載る広告力の大きさは違います
IMG_0003_201308310736278b8.jpg
●昨日の結果に思う事。冷静になって、審査結果表を見ながら、審査員の審査の流れを分析すると。審査項目の順番で。
●外観:満点20点が17点、19点が10点。県品と異なり、この間口を狭めない外観点の付け方で救われた川根本町だと思う。何だかんだ言っても外観傾向は、拝見盆における揃いであり、一方で色目が浅いものははかなり厳しく落とした感はあるが。それでも被覆の濃緑という傾向は上位茶の絶対数から変える事はできないのだろう。
●水色:かなり厳し目に落としている。満点30点は8点。外観点が高くても5点落ち等もあり、見える審査だけに赤みを気にした感が大きい。
●香気:面白過ぎる。上位4点以外の75,74,73点ついてるのが京都、京都、滋賀。そんなにして拾いたいの、て感じ。それに下げ方が露骨で。外観、水色、と満点で来たものを極端に2グループに分けている。よほど、お気にめさないのでしょう。ようするに香気で「さわる」感が強くあるものは否定しているのだろう。しかし、普通煎茶という点でみたら、本来評価されるべきものがマイナス評価になっていると、個人的には判断している。まぁ、前述のように関西系を拾おうと思ったらその評価もしょうがないのだろうが。概評である「新鮮香のある」はどの鼻で判断しているのだろう。「ミル芽香」との違い、審査員は分かっているのだろうか。
●滋味:これも珍しい審査。最後に絞り込まれた上位数点の順番決めではなく、そこに香気で落としたものも点数を満点に持っていこうとしている。味の評価としては適切なのかもしれないが、それがカブセ系のものが並んでいるのみると、どうなんだろう、て思う。
●県品よりはまし、と昨日は書きましたが、内容審査でのブレは何にしてもしょうがない。しかし、やはり、これではどんなお茶を目指すべきなのか、その指針が立てられるものではなかなかない。しかし、県品普通煎茶の外観で一気に間口を狭める方法は完全に???であるが。
●川根茶としての大道、本道。そして、審査対応における技術。今後もこの矛盾は抱えていくしかないのだろう。今年の結果は、接戦の末のギリギリでの産地賞。それが前述の矛盾下での勝負での仕方がない事なのだろうけど。
●そんな中での釜炒り茶の二等入賞は、これは完全な技術反映であることが明確であるため、素直に嬉しい。外観20点を取るための中揉機の使い方、そして仕上調整の努力。釜香付加のための仕上乾燥の工夫、それによる「香駿」の独特の香りのマスキング。三大産地、佐賀、熊本、宮崎、に今回は産地賞という形での割り込みはならなかったが、来年は更に上を目指す事で、技術としての釜炒り茶産地「川根本町」として今後確立がされるだろう。また、これらマニュアル化された技術は、更なるお茶づくりに発展していくと期待しているが。
●何にしても、町へ来させて頂いて、好きにお茶時期過ごさせて頂いた、その結果として、一つの形になった事がありがたいです。結果に少しでも寄与で来た事が朗報です。さて、次は何を目指す。
●そして、8月もおしまい。明日から9月。5ヶ月経過し、あと7ヶ月のカウントダウン。残りの日々でやるべき事をやっていかなくては来た意味がないので。
●今月のJOJO⑧。ワムウと決着、そしてカーズとの闘い。そしてアルティメットシング・カーズは⑨に持ち越し。
IMG_201308302253228e0.jpg
●今日は長男の誕生日。リクエストに応えて「焼肉喰い放題」へ行ってきました。よく食べるわ、子供達は。
F1001478.jpg F1001480.jpg
F1001481.jpg

●今日の一冊。日本植物生理学会[編]『これでナットク!植物の謎part2』【2013年,㈱講談社,¥980+税】。最新の知見も踏まえて、でも素人にもわかり易く。素人としては大変ありがたいし、自分の仕事のネタになりそうな話もチラホラ。嬉しいなぁ、こんな本をどこの学会でも出してくれると嬉しいのですが。
IMG_0001_20130826203101440.jpg
[ 2013/08/31 ] 植物 | TB(0) | CM(0)